転職チャレンジ!〜会社を辞めたい人の為の仕事の探しとやめ方まとめ

みんなの退職体験談

退職はいつでもできる!仕事を辞めたくなったら試してみて欲しい3つのこと

更新日:

すぐに仕事は辞められない!退職を考えたときに実際にやってみた3つのこと

会社を辞めたい。

誰でもお金をもらって働いていたら思うことはあると思います。

取引先に怒られた。

書類を間違えた。同僚、上司との人間関係残業が多くて疲れている。

など数えたらきりがないくらい悩み事はでてきます。

何もかも投げ出して好きなことをしたい。多くの人が思うことです。

私も上記の複数がたまってやめたいと思った時したことです。

①自分のために、これまでないくらいに贅沢にお金を使ってみる

働いていたら、たまには贅沢。

と思えるお金の使い方をしたことがあるのではないでしょうか。

日々今日はがんばったからスタバでお茶しよう。

エステに行こう。

マッサージ。

旅行。

ジュエリーなど。

ささいなことですが、この少しの贅沢はリフレッシュするのに必要です。

自己満足ですが、この自己満足がとても大事なのです。

このささいなことx10倍、使ってみました。

どっちにしろ、考えすぎて煮詰まったら、会社をやめようとまで思っていたので、少しは気分よくなろうと思ったのです。

とにかく自分が心地よく、誰にも気を使わなくていい、自分にすべての人が気を使ってくれるシチュエーション。

そのようなことを考えました。

買ったことないブランドものをブランドショップで購入。

アマゾンで買いたいものを買いまくり。

朝から飲んだことのない髙いワイン、チーズ、チョコレートを食べる。もちろんホテルの部屋で。

1日に朝からエステ、美容院、カフェ、一流ホテルのレストラン、そしてスイートルームに泊まる計画している時は、会社のいやなことを忘れるということはありませんが、世の中こんなに楽しいことかある。私はこれをできる。

もっともっと楽しいこと考えてやる。という気持ちで

これまでやりたかったことを考え続けました。

②今辞めちゃったらどうなる?冷静にかかるお金の計算をしてみた

もし次の身の振り方が決まっていない状態で会社をやめるということであればすぐに困るのがお金です。

毎月決まった金額が口座に振り込まれるという安心感は何ものにも代えがたいものです。

なくなってはじめて、とてつもない不安が襲ってくるものです。

一体これは総額いくらだろう。

給料何か月分?

これまでのリボ払いやクレジットカード払いなどの残金があったのでそれも一緒に計算してみました。洋服などを買っていたので結構残金はありました。

ここで少し冷静にはなりましたがすぐやめるわけではないし、なんとかなる。

という気持ちでした。

スポンサードリンク

③退職を決断する前に、環境を変えるために部署の移動をかけあってみた

私はいる部署がかなり人間的にも、部署の採算的にもきつかったということがありました。

勤務してすでに何年かたっており、部署移動している同期も何人かいたので、そのようなことが可能かどうか、他の部署に動けるかどうか、ということをそれとなく聞いたりしてみました。

やめたいと何度も思いましたが、一度相談した部署の上司に少し動いてもらい、タイミングがあった時点で他の部署に移動することができたことがあります。

その部署では、人間的にぎすぎすすることもなく、がんばって仕事をしようと思える状況で頑張ることができました。

その後再度訪れたつらい時。

この後の身の振り方がなんとなく決まりそうな環境でした。

上記の①と②を何か月か繰り返しながら、やはり続けることができない状態になりようやくやめる決心をした後したことです。

まず後任の方に引き継ぎをしっかりしました。

これをしなければやめる前にご迷惑をかけることになります。

立つ鳥後をにごさずです。

③有給休暇や保養所の利用など、会社員でいる特典を大いに利用!

●会社には有給休暇という制度があります。

もし消化していなければ、どんどん消化しましょう。

引き継ぎをしているので、もう心置きなくお休みできます。

会社を辞めた後も続けたい人間関係があるようでしたら、めちゃくちゃな有給の取り方は避けたほうがいいと思います。

●会社の保険証はやめた後使えなくなります。

継続療養は使えるので、歯医者に行きました。

虫歯など、在職中にかかったものは会社の保険証で大丈夫です。

●新しい口座やクレジットカードなどを作りました。

会社の名前は大きいものです。上記のようなものを作るとき必ず会社名を書く場所があります。

会社が自分の存在を信頼してくれるのです。

●会社の保養所などを使いました。

会社の保養所はお客さんのために、結構いいところにあったのですが、社員もあいていたら使うことができました。

やめてしまったら使うことができません。

3000円くらいのお安い金額でよい場所にある保養所に泊まることができたので、何か所か泊まりに行きました。

最後には、会社をきれいに去れるように、仕事の書類の整理、私物の整理などをしました。

また失業手当をもらえるように総務と打ち合わせをしたりしました。

総務の人と打ちあわせをする中で、これまでに話したことのない総務で長くいる女性の方と話す機会があり、会社の株や、社内預金(退職後も持ち続けられるもの)の退職後の運用の仕方などを教えてもらいました。

総務の方はいろいろ得なやり方を知っているんだなぁと感心したことを覚えています。



2017年現在の今は転職の絶好のチャンスです。タイミングを逃すと転職が難しくなるのは間違いありません。

就職氷河期と比べ、好景気の今は完全な売り手市場。

企業も積極的に採用を進めており、条件面も格段にアップしています。

しかし、好景気には必ず終わりが訪れ仕事が無くなる時が必ず来ます。

実際に、『オリンピック前には状況がガラっと変わる。』と予測する専門家も少なくありません。

また、年齢とともに転職が難しくなるのは言うまでもないですよね。

将来的な転職を考えているのであれば、人生を失敗しない為にも、1日でも早く行動をする事をおすすめします。



<よく読まれている人気記事>


-みんなの退職体験談

Copyright© , 2018 AllRights Reserved.