転職チャレンジ!〜会社を辞めたい人の為の仕事の探しとやめ方まとめ

みんなの退職体験談

ステップアップのために退職するか悩んだら、働きながらできることを試す

更新日:

退職を考えたとき、まず「この会社に未練はないか?」をよく考えた

私が会社を辞めたいと思った時、まず考えたことは、「この会社に未練はないか?」ということです。

これは、自問自答するべく、自分に投げかけた事です。

私はそのとき、新入社員として入社した会社に8年在籍している時でした。

何度も、イヤなこと、辛い事、面白くない、会社に行きたくない…という出来事は経てきました。

そのたびに、その事柄自体に関して、これは解決できることだろうか、今後、打開してまた前向きに仕事に取り組んでいけるだろうか、と考えました。

その結果、8年は続けて仕事をしてきた、という結果が出ているということです。

でも、8年経った時、また今までとは違ったきっかけで、会社を辞めたい、辞めようか、と考えることとなったのです。

今までとは違うきっかけ。

それは、自分の仕事に関して感じることがあったこと、次の目標を持っていたこと、この2点に関してなのです。

これらは今までの、会社を辞めたいと思ったきっかけとは、明らかに違う種類のきっかけだったのです。

自分としては、このわき上がった考えは、かなりポジティブなきっかけだと思いました。

一応、自問自答する中でわき上がった考えですし、その時点では、特に仕事上イヤな事があったわけではないのです。

「この会社に未練にはないか?」

これは、自分の在籍している会社に斜に構えているわけではなく、すでにやり遂げた実感を持ってのことだったのです。

その上で、未練がないか?と自問自答することは、悔いなく仕事をやり上げてきたか?ということがポイントです。

自分にとっては、このポイントはとても大事。

なぜなら、この成功体験こそが、次のステップへの自信とキャリアを確信するものとなるからです。

そこで、在籍していた会社への未練はないか?と自問自答すると、答えは、感謝とやり遂げた感が思い浮かんできました。

その自己評価は正しい?自分を客観的に見直すための自問自答

自分としては、在籍してきた会社への感謝の念を持っているので、今まで頑張ってきてよかったという満足感があります。

そして、やり遂げた仕事の数々も思い浮かぶので、自分としては満足。

これらがきっと、自分の成功体験で、自信で、キャリアになっているのだろうと、思わざるを得ません。

でも、果たしてそれは、本当にそうだろうか?

ここでも、自問自答を更に投げかけました。

やはり、自分の過去の仕事への満足感というものは、ようするに、自己満足だけとなっていることがあるでしょう。

自分だけで考えていると、どうしてもそうなります。

もちろん、自分自身の考えとしては正解だと思いますが、果たしてそれが、社会の中ではどうなのでしょうか。

井の中の蛙になっていないでしょうか。

それではきっと、今後の道を見誤るし、次のステップは失敗すると感じました。

スポンサードリンク

どうしても今後、やりたいことがある…と、常々思ってはいましたが、それは、会社に在籍しているという安心感や優越感があるからこそ、次のステップを夢見れるのです。

実際は本当に、そんなに甘くはないでしょう。

そこに自分自身で気づいているのか否か、それは一人での考えでは、見れていない部分も大きいと思ったのです。

会社を退職する前に、ステップアップできないかを打診してみた

自分の在籍している会社には、未練はありませんでした。

ただ、感謝と愛社精神はたくさん感じます。

これはありがたいことに、本当は、まだ同じ会社で仕事をしていけることの有り難さも含んでいるのです。

その上で、次のステップへ向けた試練を自分に課していると言っても、過言ではありません。

そしてそれは、消して悪いことではないと思うのです。

でも、それが果たして正解なのか。

ようするに、経済的に確立でき、そして本当に次のステップでも良い仕事の結果がおさめられ、更に自己実現へとつなげられるかどうか。

在籍しながら、次のステップへの打診をしてみることにしました。

現実を知ろうということです。

次のステップは、簡単に言えば、海外に進出しての仕事、生活ということだったのです。

今までの仕事での実績が、直接結びつくわけではありません。

ただ、キャリアとして、そして自分の仕事力としては自信をもって使っていけるでしょう。

打診はいくつかの方法、いくつかの職種でトライアルしてみました。

違う業界での面接にも入り込んでいきました。

募集がなくても、切り開く意気込みで、自分のやりたいことを先方に伝えるという方法です。

既成概念だけにとらわれてしまうと、やはり目的には到達しないからです。

その結果、希望どおりのポジションが手には入ってしまったのです。

そこで、気づいたことがありました。

それは、悩んでしまった自分です。

ステップアップに成功し、改めて今の仕事について考え見えてきたこと

言えば、希望どおり、望みどおり、海外での仕事が可能になるという現実が自分の手中に収めたのです。

そこで感じたことは、やはり、今まで在籍してきた会社への有り難さだったのです。

もう気が済んでいたと思ったのですが、その愛社精神のようなものは、きっと今、手放すものではないのだろうと、実感がわいてきたのです。

どちらの道にしようか、かなり悩みました。

でも、悩んだということは、今のタイミングで現在を変える必要がない、ということだろうと、自分なりに到達しました。

でも、この体験を通して感じ取ったことは、自分だって、次のトライアルへの挑戦をしようと頑張ったら、手に入れることができるのだという事。

天秤にかけるような行動で、それに関しては社会的に申し訳無かったのですが、先方にはお断りしました。

会社を辞めたいと思った時、一度、立ち止まり、さまざまな角度から自分自身、自分の実力を検証することは良い結果へ、そして納得へと導くことだと思います。





2017年現在の今は転職の絶好のチャンスです。タイミングを逃すと転職が難しくなるのは間違いありません。

就職氷河期と比べ、好景気の今は完全な売り手市場。

企業も積極的に採用を進めており、条件面も格段にアップしています。

しかし、好景気には必ず終わりが訪れ仕事が無くなる時が必ず来ます。

実際に、『オリンピック前には状況がガラっと変わる。』と予測する専門家も少なくありません。

また、年齢とともに転職が難しくなるのは言うまでもないですよね。

将来的な転職を考えているのであれば、人生を失敗しない為にも、1日でも早く行動をする事をおすすめします。



<よく読まれている人気記事>


スポンサードリンク

-みんなの退職体験談

Copyright© , 2018 AllRights Reserved.