転職チャレンジ!〜会社を辞めたい人の為の仕事の探しとやめ方まとめ

転職ノウハウ

向いている仕事を探す8つの方法~プロが教える自分に合う仕事の探し方

更新日:

1.向いてる仕事が見つかる方法を伝授!

『自分に向いてる仕事が分からない』と悩むビジネスパーソンは少なくありません。

そこで今回は、自分に向いてる仕事の見つけ方をまとめてご紹介していきます。

ご紹介する方法を先にまとめると、以下のようになります。

  • 自分の才能を知る
  • 自分の好きなことは何か考える
  • 頑張らなくても上手くできることは何か考える
  • 絶対にやりたくない仕事を書き出してみる
  • 今までで人に感謝されたことを思い出す
  • 子供の頃に好きだったものを思い出す
  • 適職診断を受ける
  • 気になる仕事があれば短期間働いてみる

『今の仕事は自分に向いてるのか知りたい』『次こそ自分に向いてる仕事に転職したい』

このように考えている方は、是非最後までご覧ください。

2.向いてる仕事とは?

そもそも向いてる仕事とはどういう仕事なのでしょうか?

結論から言うと、向いてる仕事とは以下の2点のどちらか、または両方を満たしている仕事を指します。

  • 自分の才能を活かせる仕事
  • 自分がやっていて楽しいと感じる仕事

この両方を満たしている仕事に巡り会えた場合、それはあなたにとっての天職といっても過言ではないでしょう。

それでは早速次の章で、向いてる仕事の探し方を解説していきます。

3.向いてる仕事を探す8つの方法

【1.自分の才能を知る】

向いている仕事は、自分の才能を活かせる仕事でもあるとご紹介しました。

そのため、まずは自分の才能について知ることが重要だと言えるでしょう。

自分の才能は、ついつい無意識にやってしまうことの中に隠れている場合が多いです。

例えば、ついつい人の悩みや相談を聞いてしまうという方はカウンセラーのような仕事に向いてるでしょう。

また、ついつい人を驚かせたり、笑わせたりしてしまうという方はイベント会社などの企画の仕事に向いてるでしょう。

あなたが普段思わずやってしまうことはないか一度振り返ってみてください。

【2.自分の好きなことは何か考える】

 

『自分の好きなことは何だろう?』と考えることも、向いてる仕事を見つけるヒントになります。

あなたが普段の生活の中で時間を忘れてしまうほど夢中になることは何か考えてみましょう。

もし今現在そのように夢中になるものがなかった場合、過去に夢中になったものでもOKです。

夢中になったものに関連する仕事があれば、それはあなたに向いてる仕事の可能性が高いと言えます。

【3.頑張らなくても上手くできることは何か考える】

自分の才能を活かしやすい仕事を見つける上で、特別頑張らなくても上手くできることは何か考えるのも効果的です。

例えば、人を楽しませる才能がある方の場合、特別にテクニック本などで勉強しなくても人を楽しませることができるでしょう。

人に何かを教える才能がある方も、天性の感覚で分かりやすく物事を教えることができます。

これまでの人生を振り返ってみて、特に努力しているわけでもないのに周りから評価されたことがあれば、それに関連する仕事を調べてみてください。

【4.絶対にやりたくない仕事を書き出してみる】

逆転の発想で、向いてる仕事を見つけるために、絶対にやりたくない仕事を洗い出すという方法もあります。

仕事の種類やジャンルもある程度限られてくるため、絶対にやりたくない仕事を書き出していくことで、自分に向いてる仕事の種類が徐々に限定されていくのです。

例えば、『人と話す仕事は絶対にやりたくない』という方は、一人で黙々と作業する仕事に向いてる可能性があるでしょう。

また、『事務職のようにずっと座りっぱなしの仕事は絶対にやりたくない』という方は、営業や接客などの仕事に向いてる可能性があります。

このように、自分に向いてる仕事の種類を限定していくことで、より効率的に探すことができるでしょう。

【5.今までで人に感謝されたことを思い出す】

仕事はある意味、人に感謝されてお金を頂くこととも言えるでしょう。

人に喜んでもらえたり、感謝されることで、特に意識していなかった仕事が自分に向いてるように感じられるものです。

そのため、これまでに人に感謝された出来事を思い出してみることが、向いてる仕事を探す上で重要なヒントになるでしょう。

スポンサードリンク

例えば、誰かに料理を作って感謝された経験があれば、料理に関する仕事が向いてる可能性が高いです。

また、お年寄りを助けて感謝された経験があれば、ケアマネージャーのような仕事が向いてると言えるでしょう。

【6.子供の頃に好きだったものを思い出す】

子供の頃に好きだったものや憧れていたものを思い出すことも、自分に向いてる仕事を見つける上で役立ちます。

仕事を選ぶ上で多くの大人は将来性や収入面などを意識するでしょう。

一方で、子供の頃に好きだったものの中には、単純に「好き」という気持ちしかありません。

将来性や収入面などの余計な枠組みがない分、シンプルに自分に向いてる仕事を見つけるヒントになるのです。

【7.適職診断を受ける】

今ではインターネット上で手軽に適職診断を受けることができるようになりました。

こういった無料の適職診断を活用することも、向いてる仕事を探す上で有効でしょう。

適職診断にも様々な種類があるので、いくつか併用することで、より多角的に自分の適職を分析することができます。

『たくさんありすぎてどの適職診断を受ければ良いのか分からない』という方は、この後にご紹介するおすすめの適職診断を参考にしてみてください。

【8.気になる仕事があれば短期間働いてみる】

もしあなたが現在正社員として働いていないのであれば、気になる仕事を片っ端から経験してみるというのもアリです。

今では短期のアルバイトや派遣社員のように、期間を区切った働き方も多様化しているため、積極的に活用しましょう。

実際に働いてみることで分かる情報もあります。

紹介予定派遣のように、いずれ正社員として働ける雇用形態もおすすめです。

4.向いてる仕事を見つけるおすすめの適職診断

【1.職業適性テスト(arealme.com)】

まず初めにおすすめしたい適職診断は、職業適性テスト(arealme.com)です。

こちらのテストを受けることで、あなたの性格について詳しく知ることができます。

二択式の質問で構成されており、質問数は50問とやや多めですが、生まれ持った性格について詳しく診断してくれます。

診断結果からは、「専門家」や「芸術家」といった職業タイプが分かるため、向いてる仕事探しのヒントも得られるでしょう。

【2.適職タイプ診断テスト(@type)】

『もっと手軽にサクッと適職を教えてほしい』という方には、こちらのテストをおすすめします。

こちらのテストは1分程度で自分の適職を教えてくれるので、時間がないという方にぴったりです。

具体的には、あなたを4つのタイプに分類し、その中でさらに4つの適性のある仕事を提示してくれます。

手軽に受けられるテストの割に、意外と納得できる答えが返ってくるので驚く方も多いでしょう。

こちらで提示された結果をもとに、そのままあなたの適性にマッチした求人も紹介してもらえるのでかなり便利です。

【3.3分間適職診断(リクナビnext)】

最後にご紹介する適職診断は、3分間適職診断(リクナビnext)です。

多くの転職希望者が利用している転職サイト「リクナビnext」が展開しているサービスになっております。

合計22問の質問に答えることで、あなたが仕事を選ぶ上で大切にしている価値観を教えてくれます。

全体にかかる時間は約3分程度なので、忙しい方でもちょっとした隙間時間に受けることが可能です。

こちらも診断結果に基づき、適性な求人を紹介してもらえるので、向いてる仕事を効率的に探すことができるでしょう。

5.今の仕事が自分に向いてるかどうかを判断する方法

自分に向いてる仕事を見つける方法についてご紹介してきましたが、『そもそも今の仕事が自分に向いてるかどうか知りたい』という方もいるでしょう。

そんな方向けに、今の仕事が自分に向いてるかどうかを判断する方法について解説していきます。

【とにかく一生懸命目の前の仕事に取り組んでみる】

具体的な方法としては、とにかく一生懸命今の仕事に取り組んでみるということです。

一生懸命取り組むというのは、受け身な姿勢ではなく、主体的に仕事に関わっていくということです。

自分なりに工夫したり、先輩からアドバイスを受けたりしながら仕事をしてみて、それでもなかなか成果が出せない場合は、自分に向いてない仕事の可能性が高いでしょう。

6.向いてる仕事に転職するなら転職エージェントを使うのもアリ!

今の仕事が自分に向いてない方は、向いてる仕事に今すぐ転職すべきです。

おすすめの方法として、転職エージェントの活用が挙げられます。

転職エージェントに登録することで、専属のキャリアアドバイザーがあなたに向いてる仕事を見極め、最適な求人を紹介してくれるでしょう。

ほとんどの転職エージェントでは、求人紹介の前に、キャリアアドバイザーとの面談が設定されるため、その際に自分の興味のあることや、試しに受けた適職診断結果などを伝えておくと良いです。

また、転職エージェントは単なる求人紹介だけでなく、選考対策や入社後フォローまでワンストップでサポートしてくれるので、自力で転職活動するよりも成功する可能性が高いと言えます。

求職者は無料でサービスを利用できるので、是非有効活用してください。

【まとめ】向いてる仕事がない人はいない!

『自分に向いてる仕事が見つからない』といった悩みを抱える方は多いですが、諦めずに探し続けることできっと見つけることができます。

向いてる仕事がない人はいないのです。

最後に、今回ご紹介した向いてる仕事を見つけるための方法について、もう一度おさらいしておきましょう。

  • 自分の才能を知る
  • 自分の好きなことは何か考える
  • 頑張らなくても上手くできることは何か考える
  • 絶対にやりたくない仕事を書き出してみる
  • 今までで人に感謝されたことを思い出す
  • 子供の頃に好きだったものを思い出す
  • 適職診断を受ける
  • 気になる仕事があれば短期間働いてみる

今回の記事を参考に、自分に向いてる仕事を見つけて、幸せなワークライフを実現していただければ幸いです。



2017年現在の今は転職の絶好のチャンスです。タイミングを逃すと転職が難しくなるのは間違いありません。

就職氷河期と比べ、好景気の今は完全な売り手市場。

企業も積極的に採用を進めており、条件面も格段にアップしています。

しかし、好景気には必ず終わりが訪れ仕事が無くなる時が必ず来ます。

実際に、『オリンピック前には状況がガラっと変わる。』と予測する専門家も少なくありません。

また、年齢とともに転職が難しくなるのは言うまでもないですよね。

将来的な転職を考えているのであれば、人生を失敗しない為にも、1日でも早く行動をする事をおすすめします。



<よく読まれている人気記事>


-転職ノウハウ

Copyright© , 2018 AllRights Reserved.