転職チャレンジ!〜会社を辞めたい人の為の仕事の探しとやめ方まとめ

転職ノウハウ

シングルマザーにおすすめの仕事7選~母子家庭ママ必見の職業とは

更新日:

1.シングルマザーがチェックすべき仕事を厳選紹介!

『シングルマザーとして子供を育てなければいけないけど、なかなか仕事が見つからない』

このような悩みを抱えている方は、意外と多いです。

そこで今回は、そんなシングルマザーにおすすめしたい仕事を厳選してご紹介します。

先に本記事で紹介する仕事をまとめると、以下のようになっています。

  • 介護職
  • Webライター
  • 保険の外交員
  • 歯科衛生士
  • 家事代行
  • 医療事務
  • 調剤薬局事務

『シングルマザーの自分に最適な仕事って?』『シングルマザーが仕事を選ぶ上で重要なポイントは何?』

このような疑問をお持ちの方は、是非最後までご覧ください。

2.シングルマザーのリアルな現状

シングルマザーにおすすめの仕事を紹介する前に、最近のシングルマザーの現状について簡単にご紹介しておきます。

【1.平均年収は180万円程度】

平成27年度厚生労働省の調査によると、シングルマザーの平均年収は180万円程度と言われています。

日本のサラリーマンの平均所得が400万円前後なので、その半額以下ということになります。

シングルマザーとして子育てする上で、経済面の問題はかなり深刻だと言えるでしょう。

シングルマザーと聞くと、経済的に苦しんでいるイメージがありますが、それはあながち間違いでないということです。

【2.正規で働くシングルマザーは約43%】

平均年収が低いこととも関連していますが、同じく平成27年度厚生労働省の調査によると、正社員として働くシングルマザーは全体の約43%に留まっていると言われています。

つまりシングルマザーの半数以上はアルバイトやパート社員などの非正規雇用で働いているということです。

子供を育てる上で安定した収入源を確保することは欠かせませんが、なかなか難しい現状になっています。

3.シングルマザーの仕事選びのポイント

私達の想像以上に厳しい状況に立たされているシングルマザーですが、仕事を選ぶ上で是非押さえておくべきポイントがあります。

こちらの章で詳しく見ていきましょう。

【1.給料がしっかり貰える】

まず押さえておかなければいけないポイントは、何と言っても給料がしっかり貰えるということでしょう。

前述したように、シングルマザーの中には経済面で苦労している方が非常に多いです。

そのため、できるだけ給料の高い仕事を選ぶことが重要だと言えます。

もしくは、最初は少なくても、徐々に昇給が見込める仕事などもおすすめです。

【2.勤務時間に融通がきく】

子育てをしていれば、保育園のお迎えやイベントへの参加などに時間が取られることも多々あるでしょう。

そのため、ある程度勤務時間に融通がきく仕事を選ぶことも重要です。

身近に頼れる方がいれば安心ですが、自分しかいない場合はどうしても仕事を早めに切り上げなければならない場面も出てきます。

そのようなシングルマザーに対して寛容な会社であれば、安心して働くことができるでしょう。

【3.長く働ける】

子育てしていく上で安定した収入源を確保することは必須事項だと言えるでしょう。

そのため、できるだけ長く安定して働ける会社を選ぶことも大切になってきます。

シングルマザーの場合、子育てをしながらの転職活動は言うまでもなく大変です。

しっかりと腰を据えて働ける会社を選ぶことで、仕事も子育ても両立しやすくなるでしょう。

【4.これだけは譲れないという条件を一つに絞る】

ここまでシングルマザーにとって重要な仕事選びのポイントをご紹介しましたが、全ての条件を満たす完璧な会社というのはほぼ存在しません。

そのため、自分の中で『これだけは譲れない!』という条件を一つに絞り込むことが大切です。

絶対に譲れない条件と、場合によっては妥協しても良い条件を決めておくことで、転職活動もスムーズに進むようになります。

ご自身の中で、今回ご紹介したポイントに優先順位付けしてみてください。

4.シングルマザーにおすすめの仕事7選

【1.介護職】

まず最初におすすめしたいのは介護職です。

介護職は、様々な雇用形態を選びやすい業界でもあるので、子育ての状況に合わせて働き方を変えることもできます。

また、少子高齢化の流れもあり、今後間違いなく需要が高まる仕事なので、早めにキャリアを積んでおくことでキャリアアップも狙いやすくなるでしょう。

介護職に関する資格なども豊富なので、地道にスキルアップしていきたいという方にもおすすめです。

【2.Webライター】

文章を書くのが得意なシングルマザーには、Webライターという仕事もおすすめできます。

徐々に普及しているクラウドソーシングサービスを活用すれば、気軽にWebライターの仕事を開始することができるでしょう。

Webライターの多くは在宅で働くことができるので、自分で子供の面倒を見る必要のあるシングルマザーにとって、ぴったりの仕事と言えるでしょう。

肉体労働と違い年齢が上がっても働き続けられる仕事なので、長期的な視点で働きたいという方にもおすすめです。

【3.保険の外交員】

子育てしながら保険外交員として働く女性は意外と多いです。

仕事を頑張れば、その分給料にも反映されやすいため、高年収も目指せます。

みなし労働時間制を取り入れている会社も多く、時間に融通がきくため、シングルマザーにとっても予定を調整しやすくおすすめできます。

ただし、成績が残せない場合は給料も下がりやすくなるため、仕事も子育てもバリバリ頑張りたいという方向けの仕事だと言えるでしょう。

【4.歯科衛生士】

初任給からしっかり給料を貰えるのが歯科衛生士です。

働く上で資格を取得する必要がありますが、どの地域にも歯科医院はあるため、職に困ることはないでしょう。

『安定して働きたい』『しっかりと給料を貰いたい』という方にはかなりおすすめできる仕事です。

ただし、資格を取得するのにある程度の時間がかかる点に注意しましょう。

【5.家事代行】

働ける日時を設定しやすく、子育てと両立しやすい仕事として、家事代行も挙げられるでしょう。

仕事内容としては、顧客のお家で料理を作ったり、掃除をしたりする仕事なので、主婦としての経験がある方なら問題なくこなすことができます。

家事が好きで子供との時間も大切にしたいという方におすすめできる仕事です。

ただし、給料は低く抑えられがちなので、地域によっては生活が困難になる可能性も高いと言えます。

【6.医療事務】

シングルマザーも含めて女性に人気の仕事といえば、医療事務も要チェックでしょう。

病院での勤務がメインになるので、資格を取得していればどの地域でも働くことができます。

独学でも資格を取得することができるので、これから働きたいという方にもおすすめです。

ただし、医療事務も比較的給料は低めなので、その点は注意が必要でしょう。

スポンサードリンク

【7.調剤薬局事務】

医療事務と同様、女性におすすめの仕事として調剤薬局事務も挙げられます。

残業が少なく、勤務時間と休日が決まっている職場が多いため、子育てとも両立しやすい仕事と言えるでしょう。

調剤薬局も全国にあるため、仕事探しに困る心配はありません。

医療事務と比べて担当する範囲も小さいため、資格が取りやすい点も魅力です。

5.シングルマザーとして働く際の注意点

シングルマザーにおすすめしたい仕事をご紹介しましたが、続いてシングルマザーとして働く際に押さえておくべき注意点を取り上げていきます。

【1.小さいお子さんがいる場合は託児所を探す】

シングルマザーとして働くならば、仕事と並行して託児所を見つける必要があります。

仕事が見つかっても子供の面倒を見てもらえなければ働けないからです。

託児所の中には、シングルマザーを優先して受け入れているところも多いので、その点はメリットと言えるでしょう。

しかし、託児所そのものの数は不足しているため、できるだけ早めに探し始めることをおすすめします。

【2.子供が病気になった時の対応を決めておく】

特に小さい子供は熱を出しやすかったり、いつ病気になるか分かりません。

このように急に子供が病気になった場合、どのように対応するのか事前に考えておくべきです。

具体的には、自分が看病できるように緊急時の休暇を取りやすい会社を選ぶのか、病児保育施設を利用するのか、などが挙げられます。

緊急時の対応を決めておくことで、慌てずスムーズに対応することができるでしょう。

【3.出勤できる時間や休日数の目安を設定しておく】

子供を預ける託児所の状況や、子供と過ごす時間などを考慮して、自分が働ける時間と必要な休日数の目安を設定しておくことも大切です。

このポイントを整理せずに仕事を探してしまった結果、子供との時間が全く確保できなくなった、といった事態にもなりかねません。

子育てと仕事をうまく両立できるバランスを見極めて、仕事を探すようにしてください。

【4.緊急時に頼れる人や施設を見つけておく】

事前にしっかり考えておけばそこまで心配する必要はありませんが、子供が病気になった時の対応などを決めておいても、どうしようもなくなるという状況も起こり得ます。

例えば自分が体調を崩してしまった場合などが考えられるでしょう。

そんな緊急時に頼れる人や施設を見つけておくと、より安心です。

近くに両親などがいれば頼ることができますが、そうでない場合は誰に頼るのか、事前に考えておいてください。

6.シングルマザーでなかなか仕事が見つからない方への対策

シングルマザーの中には、『なかなか仕事が決まらない』と頭を抱える方も少なくありません。

そんな方におすすめの対策をこちらでご紹介していきます。

【1.不採用になっても落ち込みすぎない】

まず真っ先に挙げたいのが、不採用になっても落ち込みすぎないということです。

確かに不採用が続けば、『自分は社会から必要とされていないのでは?』と感じてしまうでしょう。

しかし、前述したようにシングルマザーで仕事がなかなか見つからないのはあなただけではありません。

就職には縁や運も大きく関わってくるため、『自分が働くべき会社は他にある』と割り切って、ポジティブに就職活動を続けてください。

【2.希望の条件を変更する】

なかなか就職が決まらないシングルマザーの中には、条件を高望みし過ぎている方もいます。

『給料が高くて、残業がなくて、休日はしっかり確保できて、福利厚生が整っていて』といったように、希望の条件を挙げればきりがありませんが、全ての条件を満たす会社などはありません。

まずは自分の中の希望条件を確認してみてください。

そして絶対に譲れない条件を一つに絞り、改めて就職活動をしてみましょう。

【3.就職に有利な資格を取得する】

特に目立ったスキルや経験がないシングルマザーの場合、就職に有利な資格を取得するのもおすすめです。

資格は分かりやすいアピールポイントになるため、就職面接の際の大きな武器になります。

また、資格を取得することで選べる仕事の幅もグッと広がるでしょう。

シングルマザーにおすすめの資格については、次の章で詳しく取り上げますので、参考にしてみてください。

【4.マザーズハローワークを活用】

『子供の面倒を見ながら仕事を探す時間が取れない』と悩んでいるシングルマザーには、マザーズハローワークの利用をおすすめします。

マザーズハローワークとは、子育てをしながら仕事を探している女性を支援する機関です。

求人をチェックしたり、相談員さんのアドバイスを受けている間、施設内で子供の面倒を見てくれる方がいるので、安心して仕事探しに集中できます。

全国のハローワークの施設内に、「マザーズコーナー」として設置されているケースが多いので、是非チェックしてみてください。

【5.転職エージェントを活用】

ここまでご紹介した方法を実践しても仕事が見つからないというシングルマザーは、転職エージェントを活用すると良いです。

転職のプロによる的確なアドバイスを受けることで、改善すべきポイントが明確になるでしょう。

また、転職エージェントを使うことで、あなたの適性やスキルを活かせる仕事を厳選して紹介してもらえます。

選考対策などのバックアップもしてもらえるので、自力で就職活動するよりも内定を獲得しやすいと考えられるでしょう。

転職エージェントは無料で利用できるため、是非気軽に登録してみてください。

7.シングルマザーにおすすめしたい資格

シングルマザーが仕事を見つける上で、資格の取得がおすすめだとご紹介しました。

そこでこちらでは、具体的にシングルマザーにおすすめしたい資格を取り上げて解説していきます。

【1.介護職員初任者研修】

まず初めにおすすめしたい資格が、介護職員初任者研修です。

こちらは、介護業界で働く方が最初に取得する資格になっております。

いずれ介護業界で働きたいというシングルマザーにおすすめしたい資格です。

日本は高齢化社会に突入しており、今後介護職の需要はどんどん増えていくでしょう。

そのため、仕事探しに困らないためにも取得しておいて損はありません。

未経験者でも最短3週間程度で取得できる難易度なので、気軽にチャレンジしやすい点も魅力です。

【2.介護福祉士】

介護業界でさらにキャリアアップを目指したいというシングルマザーには、介護福祉士という資格もおすすめです。

こちらは国家資格になり、認知度も高いため、介護職の中でも待遇面で優遇されやすくなります。

ただし、こちらの資格を受験するには実務経験が3年以上必要になるため、まずは現場で働いてみて、『自分は介護業界でこれからも頑張っていきたい』と感じたシングルマザーにおすすめします。

【3.ケアマネージャー】

同じく介護業界の資格で、介護福祉士よりもワンランク上のケアマネージャーも是非取得を目指していただきたい資格になります。

ケアマネージャーの平均年収は400万円前後となっており、シングルマザーでもしっかりお金を稼ぎたい方にぴったりです。

また、ケアマネージャーの資格を取得することで、事務的な仕事に関わるケースが多くなるため、体力的にも楽になるメリットもあります。

ただし、こちらの資格は介護福祉士の資格を取得した後、5年以上の実務経験を積む必要があります。

【4.医療事務】

全国どのエリアでも活かせる資格として、医療事務も忘れずにチェックしておくべきです。

医療機関の求人は景気に左右されにくい傾向があり、安定して求人のニーズがあります。

医療事務は座った状態での仕事も多いため、体力に自信のないシングルマザーでも長く働くことができるでしょう。

残業も少ない仕事なので、子供との時間もしっかり確保したいというシングルマザーにもおすすめです。

【5.調剤事務】

医療事務と並んで人気の資格が調剤事務です。

調剤薬局も全国様々なエリアにあるため、資格を活かせる場所も多いと言えます。

正社員だけでなくパート社員などの多様な働き方を採用する調剤薬局も多く、自分に合った働き方を選びやすい点もメリットでしょう。

基本的には座り仕事になるため、体力に自信のないシングルマザーにもおすすめです。

【6.保育士】

子供と触れ合うことが大好きなシングルマザーには、保育士の資格をおすすめします。

保育所だけでなく、児童福祉施設やベビーシッターなど、保育士の資格を活かせる仕事はたくさんあり、ニーズも高まってきています。

保育士の資格は、一度取得すると更新する必要がなく、かつ定年まで安定して働きやすい点が魅力ポイントです。

また、保育士としての知識は自分自身の子育てにも十分活かすことができるでしょう。

【7.高等技能訓練促進費の給付の利用がおすすめ】

最後に、資格を取得する際に是非活用していただきたい制度をご紹介します。

それが、高等技能訓練促進費です。

これはシングルマザーが介護福祉士や保育士などの専門的な資格を取得する際に、最大10万円を毎月生活費として支給してくれる制度になっています。

資格を取得するにしても、ある程度の期間が必要になるため、その間の生活費をどう確保すればよいか悩むシングルマザーも多いでしょう。

こちらの制度を有効活用することで、生活費も確保しつつ、就職のための資格の勉強に集中することができるのです。

【まとめ】シングルマザーでも働ける仕事はたくさんある!

経済的な問題に頭を抱えるシングルマザーは非常に多いです。

しかし、今回の記事でご紹介したように、シングルマザーでも働ける仕事はたくさんあります。

最後に、シングルマザーにおすすめしたい仕事を再度おさらいしておきましょう。

  • 介護職
  • Webライター
  • 保険の外交員
  • 歯科衛生士
  • 家事代行
  • 医療事務
  • 調剤薬局事務

今回の記事を参考に、子育てと両立しやすい仕事を見つけていただければ嬉しいです。



2017年現在の今は転職の絶好のチャンスです。タイミングを逃すと転職が難しくなるのは間違いありません。

就職氷河期と比べ、好景気の今は完全な売り手市場。

企業も積極的に採用を進めており、条件面も格段にアップしています。

しかし、好景気には必ず終わりが訪れ仕事が無くなる時が必ず来ます。

実際に、『オリンピック前には状況がガラっと変わる。』と予測する専門家も少なくありません。

また、年齢とともに転職が難しくなるのは言うまでもないですよね。

将来的な転職を考えているのであれば、人生を失敗しない為にも、1日でも早く行動をする事をおすすめします。



<よく読まれている人気記事>


-転職ノウハウ

Copyright© , 2018 AllRights Reserved.