転職チャレンジ!〜会社を辞めたい人の為の仕事の探しとやめ方まとめ

転職ノウハウ

仕事続かない人の8つの特徴と仕事を長続きさせる13の方法

更新日:

1.仕事が続かない人必見!仕事を長続きさせるための秘訣を伝授

『なかなか仕事が続かない』と頭を抱えている方も少なくないでしょう。

今回はそんな方向けに、仕事が続かない人の特徴から仕事を長続きさせるための方法までをまとめてご紹介していきます。

先に特徴と方法についてまとめると、以下のようになります。

 

《仕事が続かない人の特徴》
  • そもそも働くことが嫌い
  • 理想が高すぎる
  • 人とコミュニケーションを取ることが苦手
  • 我慢できない
  • 経済的に恵まれている
  • サボり癖がある
  • 言い訳が多い
  • 働く目的が分からない
《仕事を長続きさせる方法》
  • なぜ仕事が続かないのか理由を自覚する
  • 仕事を頑張りすぎない
  • 一人暮らししてみる
  • 自分なりのストレス解消法を見つける
  • 仕事から得られるものは何か考える
  • 期間を区切って働く
  • 休息はしっかり取る
  • 仕事後にご褒美を用意する
  • 目的を持って仕事を選ぶ
  • 通勤しやすい企業で働く
  • 職場の人達と仲良くする
  • 職場で好きな異性を作る
  • 給料で欲しいものを買う

『なんで自分は仕事が続かないのか理由を知りたい』『次こそは長続きする仕事を見つけたい』

このような方は是非最後までご覧ください。

 

2.仕事が続かない人の8つの特徴

【1.そもそも働くことが嫌い】

仕事が続かない人の中には、そもそも働くことが嫌いだという人も少なくありません。

働くことが嫌いな理由は人それぞれですが、過度な叱責で仕事に対してトラウマがあったり、仕事でなかなか成果が出せず単純に楽しくない、といったケースが多いです。

このような方は、仕事を長続きさせる以前に、働く楽しみについて知ることが最優先でしょう。

【2.理想が高すぎる】

『今よりももっと良い給料が欲しい』『もっと楽しい仕事をしたい』といった理想を持つことは決して悪いことではありませんが、あまりにも理想が高すぎる場合は問題です。

仕事が続かない方の中には、こういった理想が高すぎる人も少なからず含まれます。

『給料が良くて、仕事が楽しくて、福利厚生が整っていて、休日が多くて、残業がほとんどなくて』といったように希望の条件を挙げればきりがありませんが、全ての条件を満たす会社などありません。

理想が高すぎる人は、その事実に気づかず、コロコロと職を変えてしまうのです。

【3.人とコミュニケーションを取ることが苦手】

仕事は人と人との関わりによって生まれるものなので、全く人とコミュニケーションを取らなくて良い仕事は存在しません。

そのため、人とコミュニケーションを取ることが極端に苦手な方は、なかなか仕事が続かないと考えられます。

ただし、このような方に対して、無理に人とコミュニケーションを取らせようとしても難しいでしょう。

まずはできるだけ自分一人で作業できるような仕事から始め、少しずつ長く働けるようステップアップしていくべきです。

【4.我慢できない】

仕事が続かない人の特徴として、ちょっとしたことでも我慢できないというのも挙げられます。

働き続けていれば、どんな仕事でも理不尽な扱いを受けることはあります。

多くのビジネスパーソンはそのような壁を乗り越えて働き続けているでしょう。

しかし、我慢ができない人は、少しでも嫌な思いをすればすぐに仕事を辞めてしまうのです。

【5.経済的に恵まれている】

仕事が続かない人の中には、そもそも働く必要がないという方もいます。

つまり、親と同居しているなど、自分で働かなくても生活できてしまうということです。

このように経済的に恵まれている方に必要なのは、いつまでも今の状況が続くわけではないことを早めに認識することでしょう。

親からの援助も無制限に受けられるわけではないことを理解できれば、仕事も長続きするようになると考えられます。

【6.サボり癖がある】

サボり癖がついている人も、なかなか仕事が続かない傾向があります。

我慢ができないという特徴と関連していますが、少しでも面倒だったり、嫌なことがあると、『明日から頑張ればいいや』とサボってしまうのです。

このようなサボり癖がついてしまうと、会社を休むことに何の抵抗も感じなくなります。

いつしかそのまま退職してしまい、次の職場でも同じことを繰り返してしまうのです。

【7.言い訳が多い】

仕事をしている中で、ついつい言い訳が多くなってしまう人も仕事が長続きしない傾向にあります。

何か仕事で失敗し、自分のミスを認めず言い訳ばかりしていると、周りの方からも見放されてしまうでしょう。

つまり、言い訳が多い人は上手に人間関係を築けなくなるのです。

いつしか孤立してしまい、居心地が悪くなって退職することになります。

【8.働く目的が分からない】

最後にご紹介する特徴は、働く目的が分からないという人です。

例えば、『欲しいものを買うために働いてお金を貯める』『自分の才能を活かすために働く』といったように、目的がハッキリしている場合は長く働き続けることができるでしょう。

しかし、『自分は何のために働いてるのか分からない』という人は、自分を支える軸がないため、何か少しでも嫌なことがあるとすぐに仕事を辞めてしまうのです。

 

3.仕事が続かないのは病気?

よく挙がる質問に、『仕事をコロコロ変えてしまう人は病気なのでは?』といったものがあります。

こちらでは、その疑問について詳しく見ていきましょう。

【病気の場合と甘えの場合がある】

結論から言うと、仕事が続かないのは病気の場合と、単なる甘えの場合に分けられます。

  • 仕事を頑張りすぎる人は病気の可能性が高い
  • 特に頑張らずすぐに辞めてしまう人は単なる甘えの可能性が高い

仕事が続かない人の中には、一つ一つの仕事に対して頑張りすぎる余り、精神的なプレッシャーから体調を崩してしまう人もいます。

スポンサードリンク

このような方はうつ病などの精神的な疾患を抱えている可能性があります。

一方で、少しでも嫌なことがあったり、面倒に感じてすぐに辞めてしまう人は、単なる甘えによるものと言えるでしょう。

 

4.仕事が続かない人におすすめしたい仕事を長続きさせる13の方法

【1.なぜ仕事が続かないのか理由を自覚する】

仕事を長続きさせるためにまず行わなければいけないのは、なぜ仕事が続かないのかという理由を明確にすることでしょう。

この理由が分からないことには、具体的な改善策が見えてこないからです。

今までにいくつか仕事を転々としている方は、それぞれの職場を辞めた理由を一つずつ洗い出してみてください。

きっと共通する理由が分かるはずです。

【2.仕事を頑張りすぎない】

前述したように、仕事を頑張りすぎた結果、うつ病などの精神的な病を発症し仕事を辞めてしまうという人がいます。

このような人の場合、仕事を頑張りすぎないことが重要です。

仕事を頑張りすぎる人は責任感が強く、どんな仕事も自分でやり切ろうとします。

こういった心意気は大切ですが、そのせいで病気になってしまうと本末転倒なので、うまく周りの方々に協力してもらいながら、仕事を進めるようにしてください。

【3.一人暮らししてみる】

経済的に恵まれているため働かなくても良いという方は、まずはその環境から飛び出すことが重要です。

思い切って一人暮らしを始めましょう。

一人暮らしを始めたら、仕送りなどには頼らず、自分の稼ぎでなんとか生活するようにしてください。

自分が稼がないと生活できないという状況を強制的に作り出すことで、今までのように簡単には仕事を辞められないようになるでしょう。

【4.自分なりのストレス解消法を見つける】

仕事で何か嫌なことがあるとすぐに辞めてしまうという人は、自分なりのストレス解消法を見つけると良いでしょう。

うまく仕事のストレスを解消できるようになれば、仕事で嫌なことがあっても徐々に耐えられるようになります。

ストレス解消法は人それぞれですが、例えば週の終わりに好きなお店でご飯を食べるといった方法も良いですし、仕事の合間に好きな音楽を聴くといった方法もアリです。

数日に一度一気にストレスを解消させる方法と、一日の中に少しずつストレスを解消する方法をうまく組み合わせるのもおすすめです。

【5.仕事から得られるものは何か考える】

働く目的が分からず仕事を辞めがちな方は、仕事から得られるものを考えてみると良いです。

例えば、安定した収入や、仕事をやり終えた後の達成感、一緒にいて楽しい仲間、周りからの期待などが挙げられるでしょう。

大切なのは、どんなに小さなことでも良いので、思いつく限りたくさん洗い出すことです。

今の仕事を辞めると、この全てを失ってしまうということが分かれば、『もうちょっと頑張ってみようかな』と思うきっかけになるはずです。

【6.期間を区切って働く】

あらかじめ働く期間を区切っておくという方法も効果的でしょう。

例えば、前職を半年で辞めてしまった場合、『次の職場は少なくとも8ヶ月は働くようにしよう』といったように、少しずつ働く期間を伸ばしていくのです。

最初に働く期間を決めておくことで、少なくともその期間は頑張ろうという気持ちになります。

大切なのは、一気に働く期間を伸ばすのではなく、少しずつ伸ばしていくことです。

【7.休息はしっかり取る】

特に仕事を頑張りすぎる人は、休日もついつい仕事のことを考えがちです。

しかし、仕事を長続きさせる上でしっかりと休息を取ることも重要でしょう。

前述したように、自分なりのストレス解消法を見つけて、休日はしっかり心と身体をリフレッシュしてください。

働く時はしっかり働き、休む時はしっかり休むというメリハリのある働き方をすることで、仕事も長続きしやすくなるでしょう。

【8.仕事後にご褒美を用意する】

仕事後に何かご褒美を用意しておくのもおすすめしたい方法です。

これは毎日ちょっとしたご褒美を用意しても良いですし、何か大きな仕事を終わらせた後に贅沢なご褒美を用意するのも良いでしょう。

『この仕事が終わったらあのご褒美がある』と思うだけで、不思議とやる気が湧いてくるものです。

【9.目的を持って仕事を選ぶ】

特に、『自分は何のために働いているのか分からない』という方は、まず前提として目的を持って仕事を選ぶことが大事でしょう。

働く目的は本当に人それぞれなので、仕事を通して自分が得たいものを考えてみてください。

例えば、『お金を貯めて海外旅行に行きたい』『自分の得意な外国語スキルを活かしたい』『人から感謝されたい』といったものでもOKです。

働く目的さえしっかりしていれば、仕事を続ける上での大きな支えになってくれるでしょう。

【10.通勤しやすい企業で働く】

家から5分で着く職場と、1時間かかる職場とでは、出社するためのハードルが全然変わってきます。

そのため、できるだけ通勤しやすい企業で働くことが、仕事を長く続ける上でも大切だと言えます。

仕事で嫌なことがあっても、『この仕事が終わった10分後には家のソファーでくつろげる』と思うだけで、なんとか頑張れるでしょう。

【11.職場の人達と仲良くする】

職場の人達と良好な関係を築くことも、仕事を長続きさせる上で重要なポイントになってきます。

仕事で抱えるストレスの多くは人間関係によるものだと考えられます。

そのため、人間関係さえうまく築くことができれば、かなり居心地の良い環境になる可能性が高いのです。

【12.職場で好きな異性を作る】

独身の方に限られますが、職場で好きな異性を作るというのもおすすめです。

学生時代、同じクラスに好きな異性がいて、毎日学校に通うのが楽しみだった経験は誰しもあるでしょう。

社会人になっても、場所が会社になるだけで同じことが言えます。

【13.給料で欲しいものを買う】

将来に備えて貯金することも悪くありませんが、たまには自分のためにお金を使うことも大切です。

欲しいものがあれば、思い切って給料で買ってみましょう。

ご褒美を用意する感覚に近いですが、欲しい物が多い人にとって、働く上での目的にもなりやすいのでおすすめです。

 

5.仕事が続かない人に知っておいて欲しい注意点

【1.いずれ仕事がなかなか見つからなくなる】

年齢が若ければ、新しい仕事も見つかりやすいですが、年齢が上がるにつれて徐々に転職も難しくなっていきます。

それは年齢が上がれば、その分求められるスキルや経験のレベルも上がっていくからです。

仕事が続かない人は、腰を据えてキャリアを積むことができないため、スキルも身につきにくいと言えます。

そのため、企業が求めるスキルに届かないケースがどんどん増えてくるのです。

また、転職回数が多いことも、企業の採用担当にとってはネガティブにとられることが多いので注意してください。

【2.最低でも1年間は続けないと仕事の楽しさは分からない】

『今の仕事はつまらない』『この仕事は自分に合っていない』といった理由で転職する場合、少なくとも1年間は働いてみた上で判断すべきです。

例えば、1ヶ月程度働いただけでは仕事の楽しさは分からないでしょう。

それは仕事を楽しむだけでの技術がまだ身についていないからです。

今の仕事が自分に合っているかどうかを判断するのも同様です。

1年間で技術を身につけ、仕事が分かってくれば急に楽しくなるといったケースも多くあります。

数ヶ月程度でコロコロ仕事を変えていては、仕事の楽しさは分からないことを覚えておいてください。

【3.家庭を持ちにくくなる】

特に男性にとって仕事が続かないということは非常に深刻な問題だと言えます。

仕事をすぐに辞めてしまう男性と家庭を作りたいという女性はかなり稀でしょう。

つまり、仕事が続かない場合、結婚して家庭を持つということが非常に難しくなります。

結婚願望がある方は、早めに克服しましょう。

 

6.それでも仕事が続かない場合は転職エージェントを活用!

ここまで仕事が続かない方向けに、仕事を長続きさせる方法をご紹介してきましたが、それでも仕事を続けられないという方もいるでしょう。

そのような方におすすめしたいのが、転職エージェントの活用です。

転職エージェントに登録することで、専属のキャリアアドバイザーがあなたのキャリアについてマンツーマンで相談に乗ってくれます。

長続きする仕事を選ぶポイントなども詳しくアドバイスしてもらえるので、自力で転職活動するよりもあなたに最適な求人が見つかりやすいでしょう。

転職エージェントは無料で利用することができるので、是非積極的に活用してください。

 

【まとめ】仕事が続かない人は早めに克服すべし!

仕事が続かないということは想像以上に多くの不利益をもたらします。

今回ご紹介した方法を参考に、早めに克服すべきでしょう。

最後に仕事が続かない人の特徴と、仕事を長続きさせる方法についておさらいしておきます。

《仕事が続かない人の特徴》
  • そもそも働くことが嫌い
  • 理想が高すぎる
  • 人とコミュニケーションを取ることが苦手
  • 我慢できない
  • 経済的に恵まれている
  • サボり癖がある
  • 言い訳が多い
  • 働く目的が分からない
《仕事を長続きさせる方法》
  • なぜ仕事が続かないのか理由を自覚する
  • 仕事を頑張りすぎない
  • 一人暮らししてみる
  • 自分なりのストレス解消法を見つける
  • 仕事から得られるものは何か考える
  • 期間を区切って働く
  • 休息はしっかり取る
  • 仕事後にご褒美を用意する
  • 目的を持って仕事を選ぶ
  • 通勤しやすい企業で働く
  • 職場の人達と仲良くする
  • 職場で好きな異性を作る
  • 給料で欲しいものを買う

 

仕事がなかなか続かないという人にとって、今回の記事が少しでも役に立てれば幸いです。



2017年現在の今は転職の絶好のチャンスです。タイミングを逃すと転職が難しくなるのは間違いありません。

就職氷河期と比べ、好景気の今は完全な売り手市場。

企業も積極的に採用を進めており、条件面も格段にアップしています。

しかし、好景気には必ず終わりが訪れ仕事が無くなる時が必ず来ます。

実際に、『オリンピック前には状況がガラっと変わる。』と予測する専門家も少なくありません。

また、年齢とともに転職が難しくなるのは言うまでもないですよね。

将来的な転職を考えているのであれば、人生を失敗しない為にも、1日でも早く行動をする事をおすすめします。



<よく読まれている人気記事>


-転職ノウハウ

Copyright© , 2018 AllRights Reserved.