転職チャレンジ!〜会社を辞めたい人の為の仕事の探しとやめ方まとめ

転職ノウハウ

何がしたいかわからない人が最適な仕事を見つける8つのポイント

更新日:

1.何がしたいかわからない人必見!最適な仕事を見つけるポイントを解説!

『自分は将来何がしたいかわからない』という悩みを抱える方は非常に多いです。

むしろ、『自分はこれがやりたい!』と明確な目標を持っている方の方が少数派でしょう。

今回はそんな何がしたいかわからないという方向けに、自分にぴったりの仕事を見つける方法をご紹介します。

先にポイントについてまとめると以下の通りです。

  • 自分を卑下することをやめる
  • 様々な制限を外して考える
  • ついついやってしまうことは何か考える
  • やりたくない仕事を書き出してみる
  • 主体的に適職を探す意思を持つ
  • 好奇心を持って興味のあることは何でもやってみる
  • いろんな人の話を聞いてみる
  • 目の前の仕事に一生懸命取り組んでみる

『やりたいことを見つけたいけど方法が分からない』『今の仕事にやりがいを感じない』

このような悩みを持つ方は、是非最後までご覧ください。

2.何がしたいかわからないという悩みを抱えがちな人

【1.大学生】

『何がしたいのかわからない』といった悩みを抱えがちな大学生は非常に多いと考えられます。

きっかけとなるのは、やはり就職活動でしょう。

『どうせ働くなら自分のやりたい仕事に就きたい』と意気込むものの、『自分は何をやりたいんだっけ?』と何がしたいかわからない現実に気付くのです。

時間に余裕のある大学時代に、自分のやりたいことを一生懸命探す方も少なくありません。

【2.社会人】

そんな大学時代を経て、無事に就職し、社会人になった後も、『自分のやりたいことは本当にこの仕事なのか?』と不安になる方も多いです。

大学時代にはやりたいことを見つけられず、とりあえず内定が出た企業に就職し、引き続き自分のやりたいことを探し続けているという方もいるでしょう。

何がしたいのかわからず、転職を繰り返す社会人もいます。

3.何がしたいかわからない原因

【1.相手に合わせ過ぎて自分の感情が分からなくなっている】

自分で何がしたいのかわからないという方は、自分よりも相手を優先してしまうタイプの方が多いです。

今まで相手に合わせ過ぎてしまったせいで、自分の感情が分からなくなることがあります。

つまり、『これが楽しそうだから自分はこれがやりたい』といった自分の意志を尊重する行動が取りにくくなっているのです。

このような状況では、なかなか自分のやりたいことは見えてきません。

【2.ネガティブな思考】

何がしたいかわからない方の中には、ネガティブ思考の方も少なくありません。

このような方は、『自分は何をやってもダメだ』『この歳でチャレンジしても失敗する』『周りから笑われるのではないか』といったように、無意識に自分のやりたいことに蓋をしている可能性が高いです。

つまり、自分の中にやりたいことはあるにも関わらず、ネガティブな思考がそれに向き合わせないようにしているのです。

非常にもったいないケースだと言えるでしょう。

4.何がしたいかわからない人の特徴

【1.ついつい自分を犠牲にしがち】

何がしたいかわからない人に多い特徴として、ついつい自分を犠牲にしてしまうというのが挙げられます。

『自分が楽しめなくても周りが楽しんでくれればそれでいい』といった考えで、他人を優先しすぎてしまうあまり、自分が何に対して楽しいと感じるのか分からなくなってしまうのです。

このように自分の感情が麻痺してしまった結果、何がしたいかわからないという状態に陥ってしまいます。

【2.自分で決断できない】

自分で決断できないという性格も、何がしたいかわからない方に多い特徴です。

今まで周りに合わせて生きてきたため、いざ自分の意志でやりたいことを見つけようとしても、なかなか難しいでしょう。

また、このようなタイプの方は、周りの意見に流されやすい傾向があるため、自分の意志よりも周りの意見を優先してしまい、結果的に混乱してしまう方も多いです。

5.何がしたいかわからない人が最適な仕事を見つける8つのポイント

【1.自分を卑下することをやめる】

前述したように、何がしたいかわからない方の中にはネガティブ思考の方が非常に多いです。

そのため、まずは自分を卑下することをやめましょう。

『自分は何をやってもダメだ』『どうせ失敗する』といった気持ちで仕事を探しても、自分に最適な仕事は見つかりません。

『諦めずに探し続ければ必ず最適な仕事は見つかる』というポジティブ思考で探してみてください。

【2.様々な制限を外して考える】

何がしたいかわからないという方は、無意識のうちに自分で様々な規制をかけている場合があります。

スポンサードリンク

例えば、給料であったり、働く場所などが挙げられるでしょう。

つまり、『●●の仕事がしたいけど、給料が低くて生活できないから無理』といった感じで、無意識に候補から外しているのです。

まずはこのような規制を外してしまい、とにかく『やってみたい』という気持ちのみに集中して、やりたいことを探してみましょう。

【3.ついついやってしまうことは何か考える】

普段の生活の中でついついやってしまうことはありませんか?

もしある場合は、それがやりたいことを見つける重要なヒントになるでしょう。

例えば、『ついつい誰かを驚かせたり、楽しませることを考えてしまう』という方なら、イベント企画の仕事などが候補に挙がります。

他にも、『ついつい色んな人に料理を作りたくなる』という方なら、料理関係の仕事が最適だと言えるでしょう。

このように、つい普段の生活の中でやってしまうことの周辺に仕事がないか探してみてください。

【4.やりたくない仕事を書き出してみる】

やりたい仕事を見つける上で、やりたくない仕事を洗い出すことも有効です。

やりたくない仕事をどんどん書き出すことで、自然とやりたい仕事が絞り込まれていくからです。

例えば、『人と積極的にコミュニケーションを取る仕事はやりたくない』という場合、営業などの仕事は候補から排除されます。

他に、『座りっぱなしの仕事はやりたくない』という場合は、事務職などの仕事は候補から排除されるでしょう。

このように、やりたくない仕事をどんどん排除することで仕事の範囲を限定し、その中から集中して探すことで、やりたい仕事が見つかりやすくなるのです。

【5.主体的に適職を探す意思を持つ】

わざわざ言うまでもないことですが、自分のやりたい仕事は誰かに見つけてもらうのではなく、自分で見つけるものです。

このように主体的に適職を探そうという意思を持つことが非常に大切になります。

本当にやりたい仕事は、諦めずに頑張って探し続けた先に見つけられるのです。

『いつかやりたい仕事が見つかるまで待っていよう』というような受け身な姿勢では、適職を見つけることはかなり難しいと考えてください。

【6.好奇心を持って興味のあることは何でもやってみる】

興味を持ったことは、何でもやってみるという心構えも非常に大切でしょう。

何がしたいかわからないという方の中には、『こんなことをしても無駄だ』と最初から決めつけてしまい、フットワークが重くなっている方が多いです。

確かにすぐに飽きてしまい、三日坊主で終わってしまう可能性もありますが、それでも良いのです。

とにかく色々やってみることで、夢中になれるものが見つかる可能性も高まります。

夢中になれるものが見つかったら、その周辺に仕事がないか探してみることで、適職を見つけることができるでしょう。

【7.いろんな人の話を聞いてみる】

『何がしたいかわからない』という悩みを抱えているのはあなただけではありません。

意外と身近にも同じような悩みを抱えていたり、それを乗り越えて適職を見つけた方がいたりするものです。

そのためいろんな方の話を聞ける飲み会やランチ会などには積極的に参加し、自分の悩みを相談してみてください。

うまくいけば、『自分はこうやって適職を見つけた』というような貴重な話が聞けるでしょう。

【8.目の前の仕事に一生懸命取り組んでみる】

今働いている方であれば、とにかく目の前の仕事に一生懸命取り組むことをおすすめします。

最初は自分のやりたい仕事ではなかったとしても、本気で取り組むことで大きな達成感を味わい、やりがいが生まれ、いつしか自分の適職になっていた、というケースも実際にあります。

このように考えると、どんな仕事もあなたの適職になる可能性があると言えるでしょう。

本気で取り組んだ先に見えるものが必ずあるので、是非試してみてください。

6.何がしたいかわからない人は転職エージェントを活用するのもおすすめ

最後にもう一つおすすめの方法をご紹介します。

それはずばり転職エージェントを活用することです。

転職エージェントに登録することで、これまでに多くの転職者を支援してきたキャリアアドバイザーが、あなたの適職を客観的に分析し、最適な仕事を紹介してくれます。

転職のプロならではの的確なアドバイスをしてもらえるでしょう。

求職者の場合、無料で転職エージェントを利用できるため、是非積極的に活用してください。

【まとめ】何がしたいかわからない人生からは早めに脱出!

一日8時間、週5日働くことを考えると、自分のやりたい仕事に就いている場合とそうでない場合とでは、人生の充実度もまるっきり変わってくるでしょう。

『何がしたいかわからない』という悩みは多くの方が抱えていますが、その悩みはできるだけ早く解消すべきです。

最後に、今回ご紹介した自分の適職を見つけるための方法をおさらいしておきます。

  • 自分を卑下することをやめる
  • 様々な制限を外して考える
  • ついついやってしまうことは何か考える
  • やりたくない仕事を書き出してみる
  • 主体的に適職を探す意思を持つ
  • 好奇心を持って興味のあることは何でもやってみる
  • いろんな人の話を聞いてみる
  • 目の前の仕事に一生懸命取り組んでみる

今回の記事を参考に、自分のやりたい仕事を見つけ、充実したワークライフを過ごしてください。



2017年現在の今は転職の絶好のチャンスです。タイミングを逃すと転職が難しくなるのは間違いありません。

就職氷河期と比べ、好景気の今は完全な売り手市場。

企業も積極的に採用を進めており、条件面も格段にアップしています。

しかし、好景気には必ず終わりが訪れ仕事が無くなる時が必ず来ます。

実際に、『オリンピック前には状況がガラっと変わる。』と予測する専門家も少なくありません。

また、年齢とともに転職が難しくなるのは言うまでもないですよね。

将来的な転職を考えているのであれば、人生を失敗しない為にも、1日でも早く行動をする事をおすすめします。



<よく読まれている人気記事>


-転職ノウハウ

Copyright© , 2018 AllRights Reserved.