転職チャレンジ!〜会社を辞めたい人の為の仕事の探しとやめ方まとめ

転職ノウハウ

社会不適合者でも出来る仕事6選~プロが教える職業はこれ!

更新日:

1.社会不適合者でも出来る仕事を厳選紹介!

『社会不適合者の自分に勤まる仕事ってあるの?』といった疑問をお持ちの方も少なくありません。

今回は、そんな方のために社会不適合者でも出来る仕事を厳選してご紹介していきます。

先に簡単にまとめると以下の通りです。

  • 在宅ワーク
  • カウンセラー
  • プログラマー
  • デザイナー
  • プロブロガー
  • 起業

『社会不適合者でも働く方法が知りたい』『そもそも自分は社会不適合者なのか知りたい』

このような方は是非最後までご覧ください。

2.社会不適合者とは?

まず初めに、社会不適合者がどのような人を指すのか説明します。

社会不適合者とは、一般的な社会のルールやマナーに適合できない人を指します。

例えば、人と協力し合うことが求められる場面でもうまく協力し合えなかったり、なかなか人とコミュニケーションが取れなかったりする人が当てはまります。

ただし、見方を変えれば「個性的な人」とも捉えることができるので、はっきりと社会不適合者と断定することは難しいです。

次の章で社会不適合者の特徴について詳しく見ていきましょう。

3.社会不適合者の8つの特徴

【1.周りの人を信じられない】

社会不適合者の中には周りの人を信じられないという人が多いです。

このような人間不信に陥ることで、常に人を疑うようになり、周りと徐々に距離を置くようになってしまいます。

周囲にいる方々も『あいつは常に自分たちを疑っている』と感じて積極的に関わり合おうとしないため、結果的に孤立することになるのです。

【2.約束を平気で破る】

約束を破ることに何の罪悪感も感じないというのも社会不適合者に多い特徴です。

例えば、約束の時間に平気で遅れてきたり、待ち合わせに来なかったりといったケースが挙げられます。

約束を平気で破ることで周りからの信用も失い、友達も徐々に少なくなっていくでしょう。

気が付いたら孤立した社会不適合者になっているのです。

【3.仕事が続かない】

ついつい仕事を転々としてしまう方も社会不適合者の可能性があります。

言うまでもなく仕事は周りと協力し合いながら行うものです。

そのため、周りとうまく協力できない社会不適合者は、仕事そのものを苦痛に感じてしまいます。

特に人間関係の悩みで仕事が続かないという方は要注意でしょう。

【4.嘘つき(虚言癖)】

日常の中でちょっとした嘘をつくことは誰にでもありますが、社会不適合者の場合は嘘をつく頻度が異常です。

虚言癖があるといっても過言ではありません。

人を信じられないという特徴ともつながりますが、信じられないが故に本音を話せず、無意識のうちに嘘を重ねてしまうのです。

次第に話を信じてくれる方もいなくなり、孤立することになってしまいます。

【5.極端に自己中心的な性格】

社会不適合者の中には異常なほど自己中心的な性格の方も多いです。

常に自分中心で世界が回っているため、周りに迷惑をかけても全く気にしません。

このような場合も残念ながら周りから相手にされなくなるでしょう。

【6.自信過剰】

あまりに自信過剰すぎる場合も社会不適合者の可能性が高いです。

自信過剰な方はついつい『周りと協力するより自分一人でやった方がうまくいく』と考えてしまいます。

そのため無意識のうちに周りとの関係を絶ち、一人で行動するようになるのです。

こういった期間が長引くと、うまく人間関係を構築できなくなり、完全な社会不適合者になってしまいます。

【7.劣等感が強すぎる】

ついつい周りと自分を比較して劣等感を感じるという方も、社会不適合者になりやすい傾向があります。

このような方は発想もネガティブになりがちで、常に『自分はダメな人間だ』と考えてしまいます。

憂鬱な気分が長引くことで、精神的に疲弊してしまい、部屋に引きこもってしまったり、うつ病などを発症する方も多いです。

次第に社会との接点が少なくなり、社会不適合者になってしまうのです。

【8.思い込みが激しすぎる】

最後にご紹介する社会不適合者の特徴は、思い込みが激しすぎるということです。

周りと比較して劣等感を感じることと関係していますが、『自分は社会に必要ない人間だ』と本気で思い込んでしまうのです。

家族の方がどれだけ励ましても、自分の思い込みを信じてしまうので効果はありません。

自ら社会と関わることをやめてしまうため、そのまま社会不適合者になってしまうのです。

4.社会不適合者は病気なの?

社会不適合者という言葉を見ると、なんだか精神的な病気を患っているイメージがありますが、実際のところはどうなのでしょうか?

結論から言うと、病気と断定することは難しいです。

理由は、社会不適合者のタイプも人それぞれなので、ある意味個性として捉えることができるからです。

ただし、社会不適合者の特徴を見ると、うつ病などの精神的な疾患を患いやすい方も多いため、病気につながりやすい性質ではあると言えるでしょう。

5.社会不適合者でも出来る仕事6選

【1.在宅ワーク】

まず最初に社会不適合者におすすめしたい仕事は、ずばり在宅ワークです。

社会不適合者の中には直接人とコミュニケーションを取ることに苦手意識を持つ方も少なくありません。

その点、在宅ワークの場合、一人で黙々と作業することがほとんどなので、気持ち的にもかなり楽でしょう。

今だとクラウドソーシングサービスを活用すればすぐにでも仕事を開始できるので、是非試してみてください。

【2.カウンセラー】

 

社会不適合者として過ごした経験を活かして、カウンセラーになるという選択肢もアリでしょう。

自分が実際に経験しているからこそ、似た立場の方にしっかり寄り添ってカウンセリングすることができるのです。

ただし、こちらの仕事に就くためには、まず社会不適合者としての自分を克服する必要があります。

スポンサードリンク

【3.プログラマー】

プログラマーの仕事も社会不適合者におすすめです。

プログラマーも基本的には仕様書に従って、プログラミング言語を使いながら黙々と作業していく仕事なので、人間関係の悩みも少ないでしょう。

しかし、プログラマーの仕事には厳しい納期が設けられることも多いため、時間にルーズな方にはおすすめできません。

【4.デザイナー】

一言でデザイナーといっても様々な種類がありますが、しっかりデザインの目的さえ確認しておけば、あとは一人で淡々と仕事を進めていくことになります。

デザイナーが携わる領域も年々広がってきているため、将来性もある仕事と言えるでしょう。

アイデアが豊富だったり、柔軟な発想ができる方におすすめの仕事です。

ただし、全く人とコミュニケーションを取らなくて良いわけではないので、絶対に人と関わりたくないという方にはおすすめできません。

【5.プロブロガー・Webライター】

社会不適合者の中で文章を書くことが好きだという方にはプロブロガーやWebライターという仕事もおすすめです。

比較的最近増えてきた仕事なので、入りやすい業界とも言えます。

どのような記事に需要があるのかをリサーチしながら、ひたすら文章を書いていく仕事なので、人付き合いが苦手な方でも心配する必要はないでしょう。

歳を重ねるごとに書ける文章に深みが出てくるため、肉体労働とは違って長く働ける点も魅力ポイントです。

【6.起業】

雇われる働き方をやめて、思い切って起業するというのも一つの方法でしょう。

社会不適合者の場合、考え方や感性が独特なので、起業して成功する方も少なくありません。

ただし、当然ながら起業にはリスクがつきまとうため、自信のない方にはおすすめできません。

『これなら絶対誰にも負けない』といった得意分野がある方は是非チャレンジしてみてください。

6.社会不適合者診断でチェック

ここまで社会不適合者についてご紹介してきましたが、『もしかしたら自分は社会不適合者かもしれない』と不安になった方も多いでしょう。

そこでこちらでは、自分が社会不適合者かどうかをセルフチェックできる質問項目をまとめておきます。

以下の項目のうち、6個以上当てはまった場合は社会不適合者予備軍、8個以上当てはまった場合は社会不適合者の可能性が高いです。

  • なぜルールを守らなければいけないのか分からない
  • 休日はできるだけ一人でいたい
  • 飲み会には参加したくない
  • つい相手の意見を否定したくなる
  • 元気いっぱいの人が苦手
  • 周りと同じ制服やスーツを着たくない
  • 非現実的なことをよく考えてしまう
  • 尊敬できる先輩や上司が一人もいない
  • 人の視線が気になって仕方がない
  • 同僚が褒められていると耳を塞ぎたくなる

もし、社会不適合者に当てはまった場合は、今後の自分の生き方について改めて考えることをおすすめします。

社会不適合者に合った仕事へ転職したい方は、次の章を参考にしてみてください。

7.自分に合った仕事に転職するなら転職エージェントを使う

社会不適合者の中には、『どうしても今の仕事が自分には合わない』と感じている方も多いでしょう。

そんな方が自分に合った適職へ転職するためにおすすめしたいのが、転職エージェントの活用です。

転職エージェントを使うことで、専属のキャリアアドバイザーがあなたの転職をしっかりバックアップしてくれます。

キャリアアドバイザーは転職のプロなので、今後のキャリアについて的確なアドバイスを受けることができるでしょう。

転職エージェントは無料で利用できるので、是非有効活用してください。

8.社会不適合者におすすめの転職エージェント

【1.マイナビエージェント】

20代の若者の転職支援に強みを持つのがマイナビエージェントです。

求職者一人ひとりにしっかりと寄り添ってくれるサポート力に定評があり、利用者の満足度もかなり高い転職エージェントになっています。

メジャーな就職サイトである「マイナビ」で築き上げた企業とのコネクションがあるため、良質な求人も豊富に揃えています。

エンジニア系の求人もかなり多く扱っているため、社会不適合者はマストで登録すべき転職エージェントと言えるでしょう。

【2.パソナキャリア】

30〜40代の行き場をなくした社会不適合者におすすめしたい転職エージェントがパソナキャリアです。

利益よりも社会貢献を掲げる企業なので、転職の難しい社会不適合者もしっかりとサポートしてもらえるでしょう。

他の転職エージェントでは紹介できないような非公開求人も多く扱っているため、他の転職エージェントでサポートを断られた方も諦めずにパソナキャリアに登録してみてください。

【3.リクルートエージェント】

言わずと知れた転職業界No.1の実績を誇るのがリクルートエージェントです。

非公開求人だけで10万件以上の求人数を抱えており、職種や業種も幅広いため、社会不適合者でも活躍できるような求人をきっと紹介してもらえるでしょう。

受かる応募書類の作り方や模擬面接といった選考対策に定評があり、初めて転職活動するという方にもおすすめできます。

【まとめ】社会不適合者でも活躍できる仕事はある!

社会不適合者の中には、うまく社会に馴染めない自分を責めてしまう方も多いでしょう。

しかし、今回ご紹介したように社会不適合者でも活躍できる仕事はあります。

社会にうまく適合できないことも、自分の個性として受け止めて、できる範囲で社会に貢献しようとする姿勢が大切です。

最後に、社会不適合者におすすめしたい仕事を再度まとめておきます。

  • 在宅ワーク
  • カウンセラー
  • プログラマー
  • デザイナー
  • プロブロガー
  • 起業

 

転職エージェントをうまく活用しながら、自分の活躍できる場を見つけていただければ幸いです。



2017年現在の今は転職の絶好のチャンスです。タイミングを逃すと転職が難しくなるのは間違いありません。

就職氷河期と比べ、好景気の今は完全な売り手市場。

企業も積極的に採用を進めており、条件面も格段にアップしています。

しかし、好景気には必ず終わりが訪れ仕事が無くなる時が必ず来ます。

実際に、『オリンピック前には状況がガラっと変わる。』と予測する専門家も少なくありません。

また、年齢とともに転職が難しくなるのは言うまでもないですよね。

将来的な転職を考えているのであれば、人生を失敗しない為にも、1日でも早く行動をする事をおすすめします。



<よく読まれている人気記事>


-転職ノウハウ

Copyright© , 2018 AllRights Reserved.