転職チャレンジ!〜会社を辞めたい人の為の仕事の探しとやめ方まとめ

転職ノウハウ

会社辞めるなら今が1番のチャンス!転職できる機会は減っていく

更新日:

1.会社を辞めるタイミングは今!その理由を詳しく解説!

会社を辞めると決めていても、なかなか行動に移せていない方は多いでしょう。

今回はそんな方向けに、今すぐ辞めるための行動を起こすべき理由について、詳しく解説していきます。

先に理由についてまとめておくと、以下の通りです。

  • 年齢的に若い方が転職に有利
  • あなたの代わりはすぐに見つかる
  • 人間関係の悪さは環境を変えないと改善しない
  • 身体を壊す危険がある
  • 働くことそのものへのモチベーションが保てなくなる

『会社を辞めたいけど何から手を付ければ良いのか分からない』『上司から強く引き止められるのが不安』

このような悩みを抱えている方は是非最後までご覧ください。

2.会社を辞める理由ランキング

【1.給料が安い】

会社を辞める理由で最も多いのは、給料が安すぎるからというものです。

特に若い方であれば何となく同世代と年収を比較してしまいがち。

また、歳を重ねていけば、出費も増えたり、家族を養わなければならなくなったりと、仕事を決める上で給料の大きさは重要なポイントになります。

そのため自分の働きに対して給料が安すぎる場合、辞める方が多くなるのです。

【2.人間関係が悪い】

おそらくどの職場であっても付きまとう問題が人間関係のトラブルでしょう。

自分の性格や行動を変えることは可能ですが、人の性格や行動を変えることはかなり難しいです。

そのため人間関係の悪い職場に勤めている場合は、辞めてしまう方が多いのです。

【3.仕事内容が合っていない】

一般的には一日8時間、週5日働くことになるため、自分に合っていない仕事に就いている方は非常に大きなストレスを抱えることになります。

特に若い世代であれば、これから長く働くことを考えると、自分に合った仕事に転職する方も多いです。

【4.長時間労働】

拘束時間が長く、長時間労働が常態化している職場では、社員も疲弊しきっている傾向があります。

良い仕事をする上で十分な休息時間を確保することは欠かせません。

休息時間が十分に与えられず、疲れを残した状態で働き続ければ、当然身体や心を壊してしまうことにつながります。

そのため、長時間労働を強制する会社の場合、辞める方が多いのです。

3.会社を辞める祭に使いたい退職理由

【1.挑戦したい仕事ができたから】

会社を辞める祭、多くの方が悩むのが退職理由でしょう。

最もおすすめなのは、挑戦したい仕事ができたからという理由です。

なぜその仕事に挑戦したいと思ったのかという理由も併せて考える必要がありますが、キャリアの選択は個人の自由なので、基本的に引き止められる心配はありません。

逆に避けたい理由としては、「給料が低いから」「人間関係が悪いから」といったように会社を悪者にしてしまう理由です。

こういった理由を使うと、『給料を多く払うから』『部署を異動させるから』といって引き止められる可能性が高いでしょう。

退職理由には本音と建前をうまく使い分けることが大切です。

【2.家族の介護が必要になったから】

家族の介護が必要になったからという退職理由も有効です。

家族の問題には会社としてもなかなか突っ込みにくい部分があるため、深掘りされずに退職を認めてくれることが多いでしょう。

ただし注意点として、会社の中にあなたの家族について知っている方がいると、嘘をついていた場合すぐにバレてしまうので気を付けてください。

4.会社を辞めるなら今すぐ実施すべき理由

【1.年齢的に若い方が転職に有利】

会社を辞めると決めたならすぐに行動すべき大きな理由として、年齢が若い方が転職に有利だからというものが挙げられます。

日本には長期的な視点で人材を育成しようとする企業が多いため、年齢が若いという理由だけで採用してもらえるケースも少なくありません。

特に新しい業界にキャリアチェンジしたいという方は、できるだけ早く転職活動をスタートさせましょう。

【2.あなたの代わりはすぐに見つかる】

会社をなかなか辞められない方の中には、『自分が辞めてこの会社は大丈夫だろうか?』と心配している方もいるでしょう。

しかし、結論から言うとあなたの代わりはすぐに見つかるので心配しなくて大丈夫です。

そもそも会社を経営していく上で、人材が辞めるリスクについては当然考えられています。

もしあなたが辞めてしまうことで業務が回らなくなるような会社であれば、経営的にもかなり危険な状態だと言えるので、なおさら早めに辞めるべきです。

【3.人間関係の悪さは環境を変えないと改善しない】

人間関係の悪さをなんとか努力で改善しようとする方もいますが、かなり難しいのでおすすめできません。

理由は前述したように、人の性格や行動を変えることは難しいからです。

もし上手くいったとしても、そこに至るまでには非常に大きな労力と時間が必要になるでしょう。

それをあなたが負担する必要はありません。

人間関係の改善に費やすパワーを転職活動に使い、より良い環境に移る方が断然おすすめです。

【4.身体を壊す危険がある】

会社を辞める理由は人それぞれですが、長時間労働で疲労が溜まっていたり、人間関係のストレスに悩んでいたりする場合、そのまま働き続けることで身体を壊す危険が考えられます。

特に精神的に追い詰められてしまうと、最悪うつ病などを発症していまう可能性もあり、そうなるとしばらくの間休息が必要になってしまいます。

転職活動もすぐにできなくなる上、元気になってもうつ病の経歴がある方は転職活動で不利になりがちです。

身体を壊す前に行動すべきでしょう。

【5.働くことそのものへのモチベーションが保てなくなる】

『会社を辞めたい』という気持ちを引きずりながら働き続けても、意欲的に働くことができず、なかなか成果も出せないでしょう。

そうなると上司からの厳しい叱責があったり、給料も上がりにくくなってしまい、最終的に働くことそのものに対してモチベーションが維持できなくなります。

今の会社を辞めたいという気持ちから、もう働きたくないという気持ちに悪化してしまうのです。

このような状態に陥ると、転職活動もままならなくなるため、できるだけ早めの行動が重要になってきます。

スポンサードリンク

5.会社を辞めるのに必要な期間はどれくらい?

会社を辞める準備をする上で、どれくらいの期間が必要になるのか予め知っておくと良いでしょう。

一般的に会社に退職届を出してから、実際に辞めるまでに最低必要な期間は2週間と言われています。

しかし、現実的に2週間で会社を辞めるのはかなり厳しいです。

今の会社をトラブルなく円満退社するためには、少なくとも2ヶ月前には退職することを伝えておきましょう。

その期間中にあなたが担当していた仕事の引き継ぎもしっかり行うことで、スムーズに退職することができます。

6.会社を辞める際の注意点

【1.次の転職先を決めてから辞める】

すでにうつ病を患っていたり、このまま働き続けると身体を壊してしまう危険がある方を除き、次の転職先を決めてから辞めることをおすすめします。

次の転職先が決まらないまま会社を辞めてしまうと、いわゆる無職の状態になってしまうので、精神的なプレッシャーがズッシリとのしかかってきます。

特に経済的に生活面が圧迫され始めると、『早く次の転職先を見つけなければ』といった焦りから、余計空回りしてしまったり、ブラック企業に転職してしまう危険が高まるでしょう。

【2.円満退社を目指す】

特に同じ業界の企業へ転職する場合、今後もどこかで今の会社と一緒に仕事をする可能性が高いです。

また、ケンカ別れのように退職してしまうと、業界内で悪い噂を流されてしまうこともあります。

そのため、ケンカ別れより円満退社を目指すべきでしょう。

円満退社を実現する具体的なステップについては、この後の章で解説していきます。

【3.就業規則をチェックする】

会社を辞める祭に、就業規則をチェックすることも忘れてはいけません。

就業規則を確認し忘れたがために、使えるはずの有給休暇が消化できなかったり、退職金が不当に減額されてしまったりといった問題が実際に起っています。

有給休暇の消化や退職金の受け取りはあなたの権利なので、就業規則に従って、しっかりと請求するようにしましょう。

【4.貯金しておく】

無事に転職先が決まったとしても、すぐに今までと同程度の収入を得られない場合があります。

そのため、給料が下がったとしてもしばらくは生活に困らない程度の貯金をしておくと安心です。

収入面は転職する際にしっかり確認する必要がありますが、場合によっては妥協せざるを得ないこともあるので、あらかじめ貯金できていると良いでしょう。

7.会社を辞めることをメールや電話で伝えるのは問題ない?

転職希望者の中には、どうしても直接上司に退職することを伝えられず、『電話やメールで会社を辞めることを伝えたい』と考える方もいます。

結論から言うと、電話やメールで会社を辞めると伝えることは法律上問題ありません。

しかし、社会人としてはマナー違反になるのであまりおすすめできません。

また、注意点としてメールや電話で退職を告げても、向こう2週間は会社を辞めることはできません。

そのため、メールで伝えた後も会社に行かなければならないため、かなり気まずい思いをすることになるでしょう。

そのため、やはり直接上司に伝えることがベストです。

8.会社をスムーズに辞めるための具体的ステップ

【1.転職エージェントに登録】

会社を辞めると決めたら、まずは転職エージェントに登録しましょう。

転職エージェントを使うことで、専属のキャリアアドバイザーがあなたの転職活動をしっかりとバックアップしてくれます。

求人紹介だけでなく会社を円満退社するためのアドバイスも受けられるので、かなりおすすめです。

【2.転職先を決める】

転職エージェントに登録した後は、サポートを受けつつ次の転職先を早めに見つけてください。

この期間は、転職活動していることを会社にバレないようにする必要があります。

転職を考え直すように引き止められる可能性があるからです。

特に上司は、自分の部下がこっそり転職活動していないかどうか目を光らせるものなので注意してください。

【3.退職希望日を設定】

無事に次の転職先が決まったら、退職希望日を設定しましょう。

その際には、次の転職先の入社日と調整しながら決めるようにしてください。

ただし、前述したように退職希望日は少なくとも2週間以上先の日程にする必要があります。

今の仕事の引き継ぎなども考慮して、できるだけ迷惑をかけないよう、余裕をもって設定すると良いでしょう。

【4.仕事の引き継ぎスケジュールを作成】

退職希望日が決まったら、上司に相談する前に今の仕事の引き継ぎスケジュールを作っておきます。

これは上司から、『今の仕事の引き継ぎはどうするの?』と質問された時に、スムーズに答えられるようにするためです。

上司としても、次の転職先が確定しており、仕事の引き継ぎスケジュールも作ってあるなら、無理に引き止めることもないでしょう。

【5.上司に退職することを伝える】

ここまでの準備が整った上で、上司に退職することを伝えます。

その際には必ず二人きりになれるミーティングルームなどを確保してください。

退職理由と仕事の引き継ぎスケジュール、次の転職先も決まっていることを端的に伝えましょう。

引き止めにあっても悩む素振りを見せてはいけません。

『もう自分の中で決めたことなので』と、毅然とした態度で話してください。

【6.仕事の引き継ぎを行う】

上司への報告が済んだら、さっそく仕事の引き継ぎに取り掛かりましょう。

仕事の引き継ぎに関しては、できるだけ丁寧に行うことがポイントです。

雑な引き継ぎ方をしてしまうと、転職した後に仕事のことで転職先に連絡が入る可能性もあります。

転職先に迷惑をかけないためにも、しっかり丁寧に引き継ぎを行ってください。

【7.お世話になった方へ挨拶】

仕事の引き継ぎが終わる頃には、今までお世話になった方々へ挨拶回りをしておきましょう。

時期によっては、転勤や長期休暇などで入れ違いになってしまう可能性もあるので、少し余裕を持って早めに行うことをおすすめします。

挨拶に出向く際には、ちょっとしたお菓子などを持っていくと喜ばれます。

すでに退職されている方には、電話でお礼を伝えると良いでしょう。

【8.円満退社】

ここまでしっかり準備をしておけば円満退社間違いなしです。

是非この手順を参考にしてみてください。

9.会社を辞めるかどうか悩んでいる場合は転職エージェントに相談

会社を辞めるか検討している方の中には、『そもそも自分は辞めるべきなのか?』と悩んでいる方もいるでしょう。

そんな方は、転職エージェントに相談してみることをおすすめします。

転職エージェントは、転職を決めている方だけでなく、転職するかどうか悩んでいる方のキャリア相談にも乗ってくれます。

そこであなた自身の転職市場価値などを教えてもらいながら、会社を辞めるかどうか判断すると良いでしょう。

たまに家族や友人に相談するという方もいますが、キャリアについて的確なアドバイスができるのは、転職エージェントだけだと考えておいてください。

【まとめ】会社を辞めると決めたら早めに行動!

いざ会社を辞めると決めたなら、ダラダラ働き続けてもあまり良いことはありません。

できるだけ早く会社を辞めるための行動を起こしましょう。

最後に、会社を辞めると決めたなら早めに行動すべき理由についておさらいしておきましょう。

  • 年齢的に若い方が転職に有利
  • あなたの代わりはすぐに見つかる
  • 人間関係の悪さは環境を変えないと改善しない
  • 身体を壊す危険がある
  • 働くことそのものへのモチベーションが保てなくなる

今回の記事を参考に、円満退社を実現してもらえたら幸いです。





2017年現在の今は転職の絶好のチャンスです。タイミングを逃すと転職が難しくなるのは間違いありません。

就職氷河期と比べ、好景気の今は完全な売り手市場。

企業も積極的に採用を進めており、条件面も格段にアップしています。

しかし、好景気には必ず終わりが訪れ仕事が無くなる時が必ず来ます。

実際に、『オリンピック前には状況がガラっと変わる。』と予測する専門家も少なくありません。

また、年齢とともに転職が難しくなるのは言うまでもないですよね。

将来的な転職を考えているのであれば、人生を失敗しない為にも、1日でも早く行動をする事をおすすめします。



<よく読まれている人気記事>


スポンサードリンク

-転職ノウハウ

Copyright© , 2018 AllRights Reserved.