転職チャレンジ!〜会社を辞めたい人の為の仕事の探しとやめ方まとめ

会社での悩み

働くのが怖い人が現状を打破する8つの方法をプロが徹底解説!

更新日:

スポンサードリンク

1.働くのが怖い人に対策を伝授!

『働きたいけど働くのが怖い』といった悩みを抱えている方は意外と多いです。

今回はそんな悩みを抱えている方向けにおすすめの対策をご紹介していきます。

先に対策についてまとめると、以下の通りです。

  • 働くのが怖い理由を明確にする
  • 自分を責めない
  • 働くことで得られるメリットを考えてみる
  • 自分で自分を褒める
  • 短期の仕事で働くことに慣れる
  • 自分の適職を見つける
  • 在宅ワークをしてみる
  • 病院で診察を受ける

『働くことへの恐怖を克服したい』『働くことが怖い理由が分からない』

このような方は、是非最後までご覧ください。

2.働くのが怖い人って?

そもそも働くのが怖い人とはどういう人なのでしょうか?

こちらで詳しく見ていきましょう。

【1.就職に失敗した過去がある人】

働くことに恐怖を感じる人の中で最も多いのが、以前就職に失敗した過去を持つ人です。

例えば、『以前ブラック企業に勤めていて身体を壊してしまった』といった人の場合、『次の転職先もブラック企業だったらどうしよう』と怖くなってしまい、なかなか一歩踏み出せなくなるのです。

このような精神的なトラウマは克服するのに時間がかかるため、長く悩み続けている方も少なくありません。

【2.いじめられた経験がある人】

これまでの人生の中で誰かにいじめられた経験を持つ人も、働くことが怖くなりやすいでしょう。

これは単純に人と関わることに恐怖を抱いてしまうからです。

自分一人で完結する仕事は存在せず、必ず他の誰かとのコミュニケーションが求められるため、人との関わりに恐怖を感じる人はそのまま働くことにも恐怖を感じてしまいます。

このようなケースは、働くこと以前に外出することにも抵抗を感じる人が多いです。

【3.仕事覚えが悪い人】

仕事覚えが悪く、働くことに対して自信が持てない人も、働くのが怖くなりやすいです。

このような人は、『自分が働くことで周りに迷惑をかけてしまう』と思い込んでいる可能性があります。

しかし、仕事を覚えるスピードは人それぞれなので、企業側もそこまで気にしていないという場合も多々あるのです。

つまり、このようなケースで働くのが怖いと感じてしまうのは、必要以上に周りの視線を気にしすぎてしまうからとも言えるでしょう。

【4.ブランクがある人】

特に出産や育児を終えた女性に多いのがこちら。

久しぶりの社会復帰で、『昔みたいに働けなかったらどうしよう』『今の自分を必要としてくれる会社はないのではないか?』といった恐怖を抱きやすくなるのです。

しかし、こういった方々も勝手に自分で思い込んでいるだけで、実際は違ったというケースが多いです。

ネガティブな思い込みこそが恐怖の原因だと言えるでしょう。

3.働くのが怖いのは病気の可能性もある?

『働くのがこんなに怖いなんて自分は病気ではないか?』と不安に感じる方もいるでしょう。

結論から言うと、病気の可能性もあります。

前述したように、自分の単なる思い込みで恐怖を感じる方もいますが、前職でのストレスが原因でうつ病などを発症しているというケースも考えられます。

うつ病を患っている場合は思考もネガティブになりがちなので、働くのが怖いと感じやすくなるでしょう。

こういったケースはまず治療に専念することをおすすめします。

4.働くのが怖い現状を克服する8つの方法

働くことに怖さを感じる場合、放っておいても状況は良くなりません。

こちらでは働くのが怖い人に実践して欲しい具体的な方法を取り上げていきます。

【1.働くのが怖い理由を明確にする】

まず初めに行いたいのが、そもそもなぜ働くのが怖いのかという理由を明確にすることです。

働くことに恐怖を感じる理由は人それぞれなので、自分なりの理由をハッキリさせた上で、適切な対策を取る必要があります。

まずは自分の中で思いつく理由を紙に書き出してみてください。

【2.自分を責めない】

働くのが怖いという人には、ついつい自分を責めてしまうという人も少なくありません。

例えば、働くのが怖い理由として、うまく人間関係を築けなかったというのが挙げられたとします。

その際に、『上手に人間関係を築けなかった自分が悪い』と自分を責めてしまう人は要注意です。

自分を責め続けているとネガティブな思考から抜け出しにくく、いつまでたっても状況は改善しません。

反省すべきところは反省し、『次の職場ではどうするか?』とポジティブに考えることで、働くことへの恐怖も解消されていくでしょう。

スポンサードリンク

【3.働くことで得られるメリットを考えてみる】

働くことで得られるメリットを書き出してみるのも効果的です。

例えば、安定した収入であったり、社会的な信頼、仕事を達成した後の充実感などが挙げられるでしょう。

大切なのは、思いつく限りたくさん書き出すことです。

書き出したメリットが多ければ多いほど、『頑張って働いてみようかな』といった気持ちが沸き上がってくるでしょう。

【4.自分で自分を褒める】

働くのが怖い人の中には、自分に自信がないという方も少なくありません。

そのため、ちょっとしたことでも良いので自分で自分を褒めてあげてください。

例えば、『怖いけどなんとか会社に出社することはできた』『職場の人に挨拶できた』『頼まれた仕事を一つ終わらせた』といったレベルでも構わないので、とにかく自分を褒めてみましょう。

褒めることで徐々に自信がついていき、働くことへの恐怖も消えていきます。

【5.短期の仕事で働くことに慣れる】

働くのが怖くてなかなか就職に踏み切れないという方は、短期のアルバイトなどから始めてみると良いでしょう。

このような方は、いきなり正社員として働ことしてもハードルが高いと考えられます。

そのため、少しずつ働くことに身体と心を慣らしていく必要があるでしょう。

『少し働いてみたら思ったよりも楽しかった』『好きだと思える仕事が見つかった』といった方も実際にいるので、是非試してみてください。

【6.自分の適職を見つける】

もし前職でのトラウマが原因で働くのが怖いという人は、単純に前職が自分に合っていなかったという可能性も考えられます。

このような方はしっかりと自分の適職を見つけることで、働くことへの恐怖を解消できるでしょう。

具体的な適職の見つけ方は次の章で詳しくご紹介します。

【7.在宅ワークをしてみる】

人との関わりが怖くて働けないという方は、在宅ワークを検討してみてはいかがでしょうか?

在宅ワークも最低限のコミュニケーションは必要になりますが、一般的な仕事に比べると、圧倒的に人とのコミュニケーションは少なくて済みます。

徐々に普及しつつあるクラウドソーシングサービスを活用すれば、手軽に在宅ワークを開始することができます。

『働くことにまず慣れたい』という方にもおすすめです。

【8.病院で診察を受ける】

ここまでご紹介した方法を実践してみてもなかなか働くことへの恐怖が解消できない場合、うつ病などの精神的な疾患を患っている可能性があります。

そのため一度病院で診察を受けることをおすすめします。

仮にうつ病などを発症していた場合は、働くよりもまずは治療することに専念してください。

仕事については体調が回復してから考えましょう。

5.働くのが怖い人が適職を見つけるなら転職エージェントを使う

『自分に合った適職を見つけて働く恐怖を解消したい』と考えている方におすすめしたいのが、転職エージェントの活用です。

転職エージェントに登録することで、転職のプロであるキャリアコンサルタントが、あなたの適性を見極めた上で最適な求人を紹介してくれます。

求人紹介だけでなく、今後のキャリアに関する相談にも気軽に乗ってもらえるので、登録しておいて損はないでしょう。

求職者は転職エージェントのサービスを無料で利用できるため、積極的に活用してください。

6.働くのが怖いという新卒の方へ
まだ社会に出て働いた経験のない新卒の中で、働くのが怖いという人もいます。

こういったケースのほとんどは、『自分はちゃんと働けるだろうか?』『職場の人達とは仲良くできるだろうか?』『ミスして周りに迷惑をかけたらどうしよう』といった具合に、まだ起きてないことに対して恐怖を感じているのです。

このような方に知っておいて欲しいのは、働くことに対して恐怖を感じるのはあなただけではないということ。

新卒入社の場合、全てが手探り状態なので、不安に感じることは当然です。

あなたが入社した会社でバリバリ働いている方も、そういった時期を乗り越えて今に至っています。

このように皆が同じ時期を乗り越えて働いていることを理解すれば、気持ち的にもずっと楽になるでしょう。

【まとめ】働くのが怖いのはあなただけではない!

社会人として働いていれば、誰しも一度は働くことに怖さを感じるものです。

今まさに働くことに恐怖を感じている方も、決して自分だけがそのような状況になっているとは思わないでください。

少しずつで良いので、今回ご紹介した対策を実践してみましょう。

最後に働くことへの恐怖を克服する方法をおさらいしておきます。

  • 働くのが怖い理由を明確にする
  • 自分を責めない
  • 働くことで得られるメリットを考えてみる
  • 自分で自分を褒める
  • 短期の仕事で働くことに慣れる
  • 自分の適職を見つける
  • 在宅ワークをしてみる
  • 病院で診察を受ける

今回の記事をきっかけに、少しでも働くことへの恐怖を解消していただければ幸いです。



2017年現在の今は転職の絶好のチャンスです。タイミングを逃すと転職が難しくなるのは間違いありません。

就職氷河期と比べ、好景気の今は完全な売り手市場。

企業も積極的に採用を進めており、条件面も格段にアップしています。

しかし、好景気には必ず終わりが訪れ仕事が無くなる時が必ず来ます。

実際に、『オリンピック前には状況がガラっと変わる。』と予測する専門家も少なくありません。

また、年齢とともに転職が難しくなるのは言うまでもないですよね。

将来的な転職を考えているのであれば、人生を失敗しない為にも、1日でも早く行動をする事をおすすめします。



<よく読まれている人気記事>


スポンサードリンク

-会社での悩み

Copyright© , 2018 AllRights Reserved.