転職チャレンジ!〜会社を辞めたい人の為の仕事の探しとやめ方まとめ

会社での悩み

学歴コンプレックスが辛い人の為の学歴コンプレックス解消方法11選

更新日:

1.学歴コンプレックスが辛い人に克服する方法を伝授!

ついつい自分と他人の学歴を比較してしまい、コンプレックスを抱いてしまう方は少なくありません。

今回は、そんな学歴コンプレックスを克服する方法について詳しくご紹介していきます。

先にポイントをまとめると以下の通りです。

・好きなことや得意なことを極める
・これからの人生計画を作成してみる
・取得難易度の高い資格にチャレンジする
・今の学歴によるデメリットを書き出してみる
・学歴を重視しない企業も増えていることを知る
・目の前の仕事で成果を出す
・低学歴を逆に活かす
・信頼される人間になる
・学歴コンプレックスは周りから嫌われやすいことを知る
・活躍しやすい会社に転職する
・改めて大学受験する

『周りの学歴が気になって仕方がない』『学歴コンプレックスがひどくて、自分に自信が持てない』

このような悩みを抱えている方は、是非最後までご覧ください。

 

2.学歴コンプレックスの意味とは?

そもそも学歴コンプレックスとはどういう意味なのでしょうか?

まず初めに説明しておきます。

学歴コンプレックスとは、自分の学歴に対して劣等感を抱くことを指します。

例えば、高卒の方は大卒の方に対して学歴コンプレックスを抱いたり、大卒の方はさらに有名大学の卒業者に対して学歴コンプレックスを抱いたりします。

 

【大卒・高卒・中卒で学歴コンプレックスに違いはある?】

一言で学歴コンプレックスといっても、大卒・高卒・中卒では微妙に違います。

簡単にまとめると以下のようになります。

大卒の学歴コンプレックス:

最も多い学歴コンプレックスがこちらでしょう。

大卒の場合は自分よりも偏差値の高い大学を卒業している方に対してコンプレックスを抱きます。

他のパターンに比べて嫉妬心が非常に強い学歴コンプレックスと言えます。

高卒の学歴コンプレックス:

高卒の学歴コンプレックスは、大学に進学したかったにも関わらず、家庭の事情などでやむなく進学を諦めた方が抱きやすいでしょう。

特に同世代の大卒者が就職した際に、給料に差が出ることに対してコンプレックスを感じるケースが多いです。

中卒の学歴コンプレックス:

中卒者の中には学歴コンプレックスを感じないという方も多いです。

しかし、中卒の場合、就ける仕事も限られており、かつ給料も低く抑えられてしまうことに対して、コンプレックスを感じる方はいるでしょう。

 

3.学歴コンプレックスを乗り越える11の方法

それでは続いて、学歴コンプレックスを乗り越えるための方法をご紹介していきます。

 

【1.好きなことや得意なことを極める】

まず初めにおすすめしたいのが、自分の好きなことや得意なことを極めるという方法です。

学歴コンプレックスを抱く方には、自分に自信が持てない方が非常に多いです。

そのため、『これなら誰にも負けない!』というものを自分の中に作ることで、自信を持つことができるでしょう。

好きなことや得意なことを極めると、自然と学歴が気にならなくなります。

 

【2.これからの人生計画を作成してみる】

これから先、自分はどのような人生を送りたいのか、人生計画を作成してみることも有効です。

できるだけ具体的に、『●歳までにはこのようになっていたい』と時系列で考えることをおすすめします。

人生計画が完成したら、最初からもう一度見直してみてください。

学歴が人生に与える影響が、いかに小さいか気付くでしょう。

 

【3.取得難易度の高い資格にチャレンジする】

資格は、あなたのスキルを分かりやすくアピールできるポイントです。

例えば学歴が低かったとしても、公認会計士や司法書士などの超難関資格を持っていれば、有り余るアピールになります。

過去の学歴を変えることはできませんが、資格の取得はこれからの努力で実現できます。

公認会計士など、特に受験資格を設けない資格もあるので、是非チャレンジしてみてください。

 

【4.今の学歴によるデメリットを書き出してみる】

学歴コンプレックスを抱える方は、失敗を学歴のせいにしがちです。

このような場合、今のあなたの学歴によるデメリットを紙に書き出してみることをおすすめします。

そうすることで、意外と学歴によるデメリットは少ないことに気付くでしょう。

むしろ、学歴コンプレックスを抱えることの方がデメリットを増やしてしまうのです。

 

【5.学歴を重視しない企業も増えていることを知る】

以前は採用時に学歴フィルターを使う企業も少なくありませんでしたが、現在では学歴を重視しない企業も増えてきています。

つまり、企業も応募者の学歴とパフォーマンスにはさほど関係がないことに気付き始めているのです。

このような変化からも、学歴を気にしすぎることの無意味さを知ることができるでしょう。

 

【6.目の前の仕事で成果を出す】

社会人の方で学歴コンプレックスを抱いている場合は、とにかく目の前の仕事で成果を出すことに集中しましょう。

前述したように、学歴コンプレックスを抱く方は、自分に自信を持てません。

仕事で成果を出し、周りから認められることで、学歴など一切気にならなくなるでしょう。

 

【7.低学歴を逆に活かす】

発想の転換で、自分の低学歴を逆に活かすという方法もあります。

学歴が低いにも関わらず、仕事で活躍することができれば、周りからの評判も一気に高まるでしょう。

スポンサードリンク

つまり、低学歴というハンデは、逆に言うと認められやすいというメリットをはらんでいるのです。

このメリットを活用して、一気に社内の注目を集めましょう。

 

【8.信頼される人間になる】

仕事で成果を出すことと関連しますが、結果を残せばそれだけ周りから信頼されやすくなります。

もちろん、成果だけに限らず、低学歴でも真面目に仕事に取り組んでいれば、どんどん仕事も任せてもらえるでしょう。

このように、周りから期待されたり、信頼されるようになると、不思議と学歴など気にならなくなります。

 

【9.学歴コンプレックスは周りから嫌われやすいことを知る】

学歴コンプレックスを早く克服すべき理由としてこちらが挙げられます。

学歴コンプレックスを感じてしまうことで、ついつい周りに卑屈な態度を取ってしまったり、嫌味なことを言ってしまうでしょう。

そのような人と仲良くしたいと思う方はいません。

学歴コンプレックスがひどくなると、友達も失ってしまうのです。

 

【10.活躍しやすい会社に転職する】

学歴コンプレックスを克服するために、仕事で成果を出すことが重要だとご紹介しましたが、なかなか成果が出せないと悩む方もいるでしょう。

そのような方は、自分の適性と今の会社が合っていない可能性があります。

このような場合、自分が活躍しやすい会社に転職することをおすすめします。

具体的な転職方法については次の章を参考にしてください。

 

【11.改めて大学受験する】

ここまでご紹介した方法を実践しても学歴コンプレックスを克服できない方は、改めて大学を受験し直す必要があるでしょう。

つまり、自分が納得できる学歴をこれから手に入れるのです。

しかし、大学に入り直すということは、当然お金と時間を多大に使うことになります。

そのため、どうしても学歴コンプレックスを克服したい方の最終手段として使ってください。

 

4.転職するなら転職エージェントを活用

学歴コンプレックスを克服するために転職を検討しつつも、『具体的にどう転職すればよいのか分からない』と悩む方も多いでしょう。

そんな方におすすめしたいのが、転職エージェントの活用です。

転職エージェントを使うことで、あなた専属のキャリアアドバイザーが、適性やスキルを考慮して最適な求人を紹介してくれます。

転職のプロのアドバイスを受けることで、自力の転職活動よりも成功する可能性がグッと高まるでしょう。

転職エージェントは無料で利用することができるため、マストで活用してください。

 

5.学歴コンプレックスを抱えている人の特徴

ここまで学歴コンプレックスを克服する方法についてご紹介してきましたが、最後に学歴コンプレックスを抱えている人の特徴についてご紹介します。

『自分は学歴コンプレックスを抱えているのか分からない』と悩む方は、是非自分でチェックしてみてください。

 

【1.無意識に周りと自分を比べてしまう】

まず初めに挙げられる特徴は、無意識に周りと自分を比べてしまうというものです。

学歴コンプレックスを抱える方は、とにかく学歴のみを気にするように思われがちですが、実はあらゆることで自分と他人の間に優劣をつけたがります。

このような性格の一つとして学歴にもこだわっているのです。

 

【2.ついつい相手の学歴を確認してしまう】

学歴コンプレックスを抱える方の典型例がこちらでしょう。

学歴コンプレックスを抱える方は、とにかく相手の学歴が知りたくて仕方ないのです。

そのため、初対面の方にもすぐに学歴を聞いてしまいます。

また、学歴を確認して自分よりも学歴が高かった場合、自分の学歴については話したがらないのも特徴です。

 

【3.友だちが少ない】

前述したように、学歴コンプレックスを抱える方は嫌われやすい傾向があります。

そのため、信頼できる友達も少ないのです。

もしあなたが、なかなか友人ができないと悩んでいるのであれば、それは学歴コンプレックスが原因である可能性も考えられます。

 

【4.好きになる異性は自分より下の学歴】

本来、好きという感情に学歴は関係ないはずです。

しかし、学歴コンプレックスを抱える方は違います。

自分よりも高学歴の異性とは付き合えないというプライドが、好きという感情を上回ってしまうのです。

異性を見る際に、学歴を気にしてしまう方は学歴コンプレックスを抱えているといって良いでしょう。

 

【5.相手の学歴で態度が変わる】

学歴コンプレックスの方が嫌われやすい最も大きな理由がこちらでしょう。

学歴コンプレックスを抱えている方は、相手の学歴によって態度をコロッと変えるのです。

具体的には、自分よりも高学歴の場合、ひがみや妬みといった感情を表に出します。

一方で、自分よりも学歴が低い場合は小馬鹿にした態度を取るのです。

他にも、上司が学歴コンプレックスを抱く場合、自分よりも低学歴の部下ばかりを可愛がるというケースもあります。

 

【6.子供に学歴を押し付けてしまう】

学歴コンプレックスを抱えている方は、自分の子供に同じ思いをさせないように、子供の教育に熱心になります。

子供の教育に熱心なのは良いことですが、注意したいのは、子供に高学歴を押し付けてしまうことです。

子供の希望を聞かずに、『もっと良い高校へ』『もっと良い大学へ』と学歴を押し付けてしまうのは、やはり問題でしょう。

 

【7.高学歴の人に対して卑屈になる】

学歴コンプレックスを抱える方は、相手の学歴を見て態度を変えるとお伝えしましたが、特に多いのがこちら。

嫉妬心やプライドの高さから、とにかく自分より高学歴の方に対して卑屈になります。

学歴コンプレックスがひどくなると、高学歴というだけで、その人の人間性を否定するような考えも生まれることがあります。

 

【まとめ】学歴コンプレックスは克服できる!

学歴コンプレックスを抱えることは、非常に多くのデメリットをもたらします。

『なんとか学歴コンプレックスを克服したい』と頭を抱える方も多いでしょう。

本記事でもご紹介したように、学歴コンプレックスは克服できます。

最後に、学歴コンプレックスを克服するための方法を再度おさらいしておきましょう。

 

・好きなことや得意なことを極める
・これからの人生計画を作成してみる
・取得難易度の高い資格にチャレンジする
・今の学歴によるデメリットを書き出してみる
・学歴を重視しない企業も増えていることを知る
・目の前の仕事で成果を出す
・低学歴を逆に活かす
・信頼される人間になる
・学歴コンプレックスは周りから嫌われやすいことを知る
・活躍しやすい会社に転職する
・改めて大学受験する

 

今回の記事を参考に、学歴コンプレックスを克服していただければ幸いです。



2017年現在の今は転職の絶好のチャンスです。タイミングを逃すと転職が難しくなるのは間違いありません。

就職氷河期と比べ、好景気の今は完全な売り手市場。

企業も積極的に採用を進めており、条件面も格段にアップしています。

しかし、好景気には必ず終わりが訪れ仕事が無くなる時が必ず来ます。

実際に、『オリンピック前には状況がガラっと変わる。』と予測する専門家も少なくありません。

また、年齢とともに転職が難しくなるのは言うまでもないですよね。

将来的な転職を考えているのであれば、人生を失敗しない為にも、1日でも早く行動をする事をおすすめします。



<よく読まれている人気記事>


-会社での悩み

Copyright© , 2018 AllRights Reserved.