転職チャレンジ!〜会社を辞めたい人の為の仕事の探しとやめ方まとめ

転職を成功させる方法

コミュニケーションが苦手な人必見!コミュ障でもできる仕事10選

更新日:

1.コミュ障におすすめの仕事を厳選紹介!

『自分はコミュ障だから社会に出て働けない』と諦めている方はいませんか?

コミュ障でも問題なく働ける仕事はあります。

今回は、そんなコミュ障の方向けにおすすめしたい仕事を詳しく見ていきましょう。

先に仕事についてまとめると以下の通りです。

  • 工場
  • Webライター
  • ビルメンテナンス
  • 清掃員
  • 警備員
  • 自動車整備士
  • プログラマー
  • 靴職人
  • 飼育員
  • 農業

『コミュ障だけど頑張って働きたい』『コミュ障の自分に向いてる仕事が分からない』

このような悩みや疑問を抱えている方は、是非最後までご覧ください。

2.コミュ障とは?

まず初めに、コミュ障がどのようなものなのか簡潔に説明します。

コミュ障とは、人とコミュニケーションを取ることが極端に苦手な人を指す言葉です。

少し話すのが苦手な人もコミュ障と言われることがありますが、それは口下手な人であってコミュ障ではありません。

実際のコミュ障は、簡単な問いかけにも答えられなかったり、人前に立つと頭が真っ白になり何も喋れなくなるような極度のあがり症の方を指します。

3.コミュ障に向いてる仕事の特徴は?

人とコミュニケーションが取りにくいコミュ障の大きな壁となるのが仕事でしょう。

人と全く関わりのない仕事は存在しないからです。

そんなコミュ障の方に向いてる仕事の特徴は、ずばり「できるだけ人と関わらなくて済む仕事」だと言えます。

人と全く関わらなくて済む仕事はありませんが、関わりが少なくて済む仕事ならあります。

このような仕事を選択することで、人間関係のストレスを減らし、コミュ障でも長く働くことができるのです。

それでは次の章で詳しい仕事について見ていきましょう。

4.コミュ障でもできる仕事10選【正社員あり】

【1.工場】

コミュ障におすすめしたい仕事の代表例といえば工場の仕事でしょう。

工場の仕事は、製造ラインに流れてくる商品を組み立てたり、決まった配置に整えたりといったものになるので、基本的には一人で黙々と作業する時間が多くなります。

もちろん休憩時間などに職場の人達とコミュニケーションを取ることはありますが、ほとんどの時間は一人での作業になるため、他の仕事に比べると圧倒的に人とのコミュニケーションは少なくて済みます。

特に単純作業が得意だったり、同じ繰り返し作業が苦にならないという方におすすめです。

【2.Webライター】

一人で作業する時間が長い仕事としてWebライターも挙げられるでしょう。

徐々に普及しているクラウドソーシングなどを活用し、Webライターとして在宅ワークを始める方も増えています。

仕事内容としては、与えられたテーマに対し、どういう読者ニーズがあるのか探りながら記事を書いていく仕事なので、一人で黙々と作業する時間がほとんどです。

文章を書くことが得意なコミュ障の方にぴったりの仕事と言えるでしょう。

【3.ビルメンテナンス】

職人肌のコミュ障の方にはビルメンテナンスの仕事もおすすめです。

ビルメンテナンスの仕事は、ビル設備の保守点検がメインになります。

機械いじりが好きな方にはぴったりの仕事だと言えるでしょう。

ただし、ビル設備の保守点検以外にも、ビルのテナント業者との折衝やビルのオーナーとのやり取りなども仕事に含まれる点に注意してください。

【4.清掃員】

続いてご紹介するのは清掃員です。

清掃員の仕事で最もイメージしやすいのは、ビル清掃員でしょう。

主に、床や壁、照明器具、トイレなどの清掃が仕事になります。

こちらも仕事中は清掃に集中するため、基本的に周りとコミュニケーションを取る必要はありません。

特別な資格などは必要ないので、すぐにでも働き始めることができます。

【5.警備員】

比較的人と関わりの少ない仕事として警備員も挙げられます。

警備員の仕事にはいくつかの種類があり、一般的にイメージされやすいショッピングセンターやテーマパークなどで警備に当たる仕事や、工事現場などで交通整理をする仕事、高価な貴金属などを警備する仕事などがあります。

特別に人とコミュニケーション取る必要もないので、コミュ障の方でも問題なくこなせるでしょう。

興味のある方は自分に合った警備員の仕事を選択すると良いです。

【6.自動車整備士】

コミュ障の中で車をいじるのが好きな方は、自動車整備士の仕事も良いでしょう。

基本的には工場勤務と同様で、自分の担当の持ち場で黙々と作業することになるので、他の仕事と比べて人とのコミュニケーションも少なくて済みます。

整備工場だけでなく、ガソリンスタンドや塗装修理のペイントショップなど自動車整備士が活躍できる場も広まってきています。

何か手に職をつけたいという方にもおすすめです。

【7.プログラマー】

コミュ障の中には、PCに関する知識が豊富な方も少なくありません。

そんな方におすすめなのがプログラマーという仕事です。

プログラマーは、システム開発に必要なプログラミングを行う仕事になります。

特に顧客対応などはしなくて良いので、コミュ障でも比較的就きやすい仕事だと言えるでしょう。

【8.靴職人】

根っからの職人肌の方におすすめしたいのが靴職人という仕事です。

仕事内容は言うまでもなく靴を作ることで、工房内で一人で黙々と作業することになります。

職場によって様々ですが、中にはヘッドホンなどで好きな音楽を聴きながら仕事に没頭する方もいます。

そのため人とのコミュニケーションではなく、自分の世界に入り込める仕事とも言えるでしょう。

靴が好きな方はもちろん、手先が器用な方にもおすすめです。

【9.飼育員】

コミュ障の中には、人とのコミュニケーションは苦手でも動物と触れ合うことは好きだという方もいます。

そんな方におすすめしたいのが、飼育員という仕事です。

仕事内容は動物のお世話がメインになります。

スポンサードリンク

ただし、全く人とのコミュニケーションを取らなくて良いわけではなく、動物園勤務の場合は来園客の接客業務なども発生するので、注意してください。

【10.農業】

コミュ障の中で、自然が好きだという方には農業をおすすめします。

農業は主に「個人経営農家」と「雇われ農家」の2パターンに分けられ、特に個人経営農家の場合は人とコミュニケーションを取る必要はほぼありません。

雇われ農家の場合は、経営者とコミュニケーションを取る必要があるでしょう。

しかし、基本的に自然を相手にする仕事なので、他の仕事に比べるとコミュニケーションの頻度は少ないと考えられます。

5.コミュ障の人が仕事を探すなら転職エージェントを活用
コミュ障の方で、自分に最適な仕事を見つけるなら、絶対転職エージェントを活用すべきです。

転職エージェントを使うことで、専属のキャリアアドバイザーがあなたに最適な求人を厳選して紹介してくれます。

キャリアアドバイザーは紹介する企業の情報についてしっかり把握しているため、コミュ障でも働きやすい環境かどうか客観的に判断してくれるでしょう。

一方、自力で転職活動すると、求人内容と違うブラック企業に誤って入社してしまうリスクなどもあります。

安心して働ける会社に転職するためにも、転職エージェントの活用は必須だと考えておいてください。

6.コミュ障の仕事探しに使いたい転職エージェント

【1.パソナキャリア】

コミュ障の方がマストで利用すべき転職エージェントといえば、パソナキャリアでしょう。

コミュ障といえばなかなか転職が難しそうなイメージがありますが、パソナキャリアは利益よりも社会貢献を優先する企業なので、コミュ障の方にもしっかり寄り添ってサポートしてくれます。

パソナキャリアからしか応募できない独占求人も豊富に扱っているため、レアな優良案件に出会える可能性も高いでしょう。

特に首都圏の転職に強みがあるので、首都圏で転職したいという方は是非積極的に活用してください。

【2.マイナビエージェント】

20代でコミュ障に悩んでいる方には、マイナビエージェントをおすすめします。

マイナビエージェントは特に若い世代の転職に定評のある転職エージェントです。

単なる求人紹介だけでなく、求職者一人ひとりの将来について親身に相談に乗ってくれます。

有名な求人サイト「マイナビ」で培った全国の優良企業とのコネクションがあるので、全国どこでもあなたにぴったりの求人を紹介してもらえるでしょう。

【3.リクルートエージェント】

転職業界No.1の実績を誇り、圧倒的な求人数を抱えているのがリクルートエージェントです。

その数は非公開求人だけでも10万件以上と言われています。

コミュ障でも働ける求人をきっと紹介してもらえるので、登録しておいて損はないでしょう。

応募書類の添削や模擬面接といった選考対策に定評があるので、『なかなか選考に通らない』と悩むコミュ障の方は是非活用してください。

7.コミュ障の人が抱えがちな仕事の悩み

【1.周りの視線が気になる】

こちらではコミュ障の方に多い仕事の悩みをご紹介します。

まず初めにご紹介するのは、とにかく周りの視線が気になって仕方がないということです。

コミュ障の中には、『自分は周りから嫌われている』と勝手に思い込んでしまい、なかなかコミュニケーションが取れないという方も少なくありません。

そのため、一般的な人以上に周りからの視線を気にしてしまうのです。

常に誰かに見られているという感覚を抱きながら働くことになるので、仕事上のストレスも大きくなりがちでしょう。

【2.ミスが多い】

周りの視線が気になることとも関連しますが、肩に余計な力が入ってしまうことで仕事上のミスも多くなりがちです。

ミスが多くなり、上司からの叱責を受けることが増えるため、さらに自分の中の殻に閉じこもってしまうという悪循環に陥ります。

また、仕事上必要なコミュニケーションが取りにくいことで、思わぬミスを招いてしまうということも多いでしょう。

【3.仕事が嫌い】

仕事上のミスが多く、成果もなかなか出せないとなれば、次第に仕事へのモチベーションも保てなくなるでしょう。

そのためコミュ障の中には今の仕事が嫌いだと感じている方が多いのです。

一般的には一日8時間、週5日働く必要があるため、毎日大きなストレスを抱えながら働いている方も少なくありません。

【4.仕事が続かない】

当然ながら仕事へのモチベーションが維持できなくなると、仕事も続きにくいでしょう。

そのため、せっかく就職してもあっさり仕事を辞めてしまうコミュ障の方も多いです。

転職を繰り返していると、次第に転職先も見つかりにくくなります。

だからこそ、今回ご紹介した仕事にできるだけ早く転職することをおすすめします。

8.コミュ障で仕事ができない人におすすめしたい対策

【1.聞き上手になる】

kikijouzu

コミュ障の中には、『何とかして今の自分を変えていきたい』と思っている方もいるでしょう。

そんな方にまずおすすめしたいのが、聞き上手になるということです。

コミュ障の方が無理に話し上手になる必要はありません。

相手の話に適度に相槌を打って、相手が気持ちよく話せるように意識してみてください。

慣れてきたら、相手が質問して欲しそうなことを予測して聞いてあげてください。

相手に質問できるようになると、さらに会話が弾むようになり、コミュニケーションの取りやすい人だという印象を与えることができるでしょう。

【2.飲み会などにはできるだけ顔を出す】

コミュ障の中には苦手な方も多いでしょうが、できるだけ誘われた飲み会などには参加するようにすべきです。

『毎回絶対参加する』といった目標は精神的にも辛くなるので、例えば最初は3回誘われたら一度は出席、そして徐々に2回誘われたら一度出席、といった具合に慣らしていけば良いでしょう。

飲み会に参加しても無理に話し上手になる必要はなく、聞き役にまわってください。

飲み会の席で聞き上手になることで、『●●さんにもっと私の話を聞いて欲しい』といったポジションを獲得することができるでしょう。

【3.できるだけ笑顔でいる】

いくらお喋り好きな人でも、ムスッとした顔の人にはなかなか話しかけにくいでしょう。

人とコミュニケーションを取る上で、表情は非常に重要なポイントになります。

うまく人と話せなかったとしても、できるだけ笑顔でいれば自然と話しかけてもらえるでしょう。

話しかけてもらえれば、あとはうまく聞き役にまわるだけで良いです。

【4.少しずつ友達を増やす】

『コミュ障の自分には友達なんてできない』と最初から諦めてはいませんか?

世の中にはいろんな方がいるため、コミュ障であっても気の合う友人は必ずできます。

例えばあなたが聞き上手になることができれば、お話好きの方が友だちになってくれる可能性も高いです。

このように少しずつ友達を増やすことができれば、会社の中でも随分過ごしやすくなるでしょう。

【5.どうしても馴染めないなら転職する】

ここまでご紹介した方法を試してみて、それでも職場に馴染めない場合は潔く転職することをおすすめします。

たまたまその職場の人達とうまく付き合えなかっただけで、決してあなたが悪いわけではないので、あまり落ち込まないようにしましょう。

世の中にはあなたを受け入れてくれる会社が必ず存在します。

前述した転職エージェントを上手に活用して、あなたにぴったりの会社に転職してください。

【まとめ】コミュ障でも働ける仕事はある!

『自分はコミュ障だから仕事はできない』と考える方も少なくありません。

しかし、諦めなければコミュ障でも活躍できる仕事はきっと見つかります。

最後に、今回ご紹介したコミュ障の方におすすめしたい仕事をおさらいしておきましょう。

  • 工場
  • Webライター
  • ビルメンテナンス
  • 清掃員
  • 警備員
  • 自動車整備士
  • プログラマー
  • 靴職人
  • 飼育員
  • 農業

コミュ障も一つの個性として考えれば、決して悲観することではありません。

今回ご紹介した内容を参考に、自分にぴったりの仕事を見つけていただければ幸いです。



2017年現在の今は転職の絶好のチャンスです。タイミングを逃すと転職が難しくなるのは間違いありません。

就職氷河期と比べ、好景気の今は完全な売り手市場。

企業も積極的に採用を進めており、条件面も格段にアップしています。

しかし、好景気には必ず終わりが訪れ仕事が無くなる時が必ず来ます。

実際に、『オリンピック前には状況がガラっと変わる。』と予測する専門家も少なくありません。

また、年齢とともに転職が難しくなるのは言うまでもないですよね。

将来的な転職を考えているのであれば、人生を失敗しない為にも、1日でも早く行動をする事をおすすめします。



<よく読まれている人気記事>


-転職を成功させる方法

Copyright© , 2018 AllRights Reserved.