転職チャレンジ!〜会社を辞めたい人の為の仕事の探しとやめ方まとめ

転職ノウハウ

未経験の志望動機24の例文と注意点を転職のプロが解説

更新日:

1.未経験職に転職する際の志望動機の書き方解説!

転職を検討している方の中には、これから未経験の業界や職種にチャレンジしようと考えている方もいるでしょう。

そんな時に多くの方が頭を悩ませるのが志望動機です。

そこで今回は、未経験職に転職する際の志望動機の書き方について詳しく解説していきます。

本記事で取り上げる未経験職に転職する上での志望動機の注意点は以下の通りです。

・なぜその業界や業種に興味を持ったのか盛り込む
・なぜその企業を選んだのか盛り込む
・貪欲に学ぶ姿勢をアピール
・前職の経験を活かせることをアピール
・応募先企業でのキャリアプランを盛り込む
・150〜250文字程度でまとめる

『これから未経験職に転職しようと考えているが、志望動機がうまく作れない』『未経験職求人の応募書類や面接がなかなか通らない』

このような悩みを抱えている方は、是非最後までご覧ください。

2.未経験職に応募する志望動機の避けるべき特徴&NG例文

まず初めに、未経験職に応募する際に避けるべき志望動機の特徴とNG例文をご紹介します。

1.転職理由が曖昧

未経験職や未経験業界に応募する際に絶対やってはいけないのが、曖昧な転職理由を書いてしまうことです。

未経験の仕事に挑戦するということは、非常に大きな負担を抱えることになります。

転職理由が曖昧であれば、その負担を負う覚悟を示すことはできないでしょう。

2.志望動機がネガティブ

未経験の仕事や業界に転職する方の中には、『前職の仕事が自分に合わなかったから』といったように、ネガティブな転職理由を挙げる方がいますが、これもNGです。

未経験の人材を雇うのは、企業側にとっても大きな負担になります。

そのような状況で、ネガティブ思考の人材を採用したいと思う企業はありません。

3.業界の特徴や応募先企業の仕事を理解できていない

未経験業界への転職だからといって、何の下調べもせずに志望動機を作成するのはいけません。

『詳しい業務内容などはまだ把握できておりませんが、これから頑張ります』といった内容を書いてしまうようでは論外です。

採用担当からも、『この応募者は本当に転職する気があるのだろうか?』と疑われてしまうでしょう。

4.教えてもらうという受け身の姿勢になっている

間違ってはいけないのが、企業は学校ではないということです。

未経験職への転職者の中に、『貴社の仕事を通して学ばせていただければと思います』といった内容を志望動機に書く方がいますが、これもNGです。

教えてもらうという受け身の姿勢ではなく、自ら学んでいく積極的な姿勢をアピールしない限り、採用される可能性は低いといえるでしょう。

5.自分自身を雇うメリットをアピールできていない

前述したように、未経験の人材を採用するのは企業側にとって大きな負担になります。

そのため、志望動機の中に自分自身を雇うメリットを盛り込めていない場合は採用される可能性も低いでしょう。

自分を採用するメリットをできるだけ具体的にアピールすることが重要です。

6.やる気や情熱だけの精神論で終わってしまう

自分を採用するメリットを盛り込むことが重要だと説明しましたが、『頑張ります!』といった精神論だけで終わってしまってもいけません。

自分の過去の経験やスキルを説明しながら、どのように未経験の仕事に挑戦していくのかという点をアピールする必要があるのです。

採用担当を納得させる論理的な説明が求められることを忘れないようにしましょう。

7.NG例文をチェック

ここまで未経験職の志望動機を仕上げる際に避けるべきポイントを取り上げてきましたが、最後に具体的な例文をご紹介しておきます。

例えば以下のような志望動機はNGです。

『前職は不動産企業で事務スタッフとして働いておりましたが、私の友人が生命保険会社の営業職として働いているため興味が湧き、御社を志望致しました』

こちらの志望動機は、転職理由が曖昧です。

また、以下のような例文もNGになります。

『私はもともと御社で働くことに強い憧れがありました。経理の仕事は未経験のため、どこまでお役に立てるか分かりませんが、精一杯頑張りますのでよろしくお願い致します』

こちらの志望動機からはあなたを採用するメリットが伝わってこない上に、精神論のみで仕上げられているため納得性に欠けます。

3.未経験者の志望動機の中で採用担当がチェックしているポイントは?

未経験職へ転職する際の志望動機のNG例が分かったところで、次に採用担当が志望動機のどういうポイントをチェックしているのか確認しましょう。

1.活躍してくれるポテンシャルがあるか

採用活動がビジネスである以上、応募者がしっかりと企業にとって利益をもたらしてくれる存在であるかどうかは見極められます。

ただし、未経験で過去のキャリアから判断することができないため、本人の持つポテンシャルをしっかりチェックされていると言えるでしょう。

例えば、志望動機が明確かつ具体的であれば、『この応募者は熱意を持って働いてくれるだろう』と判断される可能性が高いです。

2.企業の社風にマッチしているか

ポテンシャルが高かったとしても、企業に馴染めない応募者では意味がありません。

そのため、採用担当は応募者が企業の社風にマッチしているかどうかも志望動機から見極めます。

例えば、社会貢献を第一に考える企業に対し、『前職で培った経験を活かし、御社の売り上げアップに貢献できると考えたため志望致しました』とアピールしても、あまり響かないでしょう。

これは応募者の性格と社風が合っていないからです。

3.長く働いてくれそうか

長く働いてくれるかという点も、日本の多くの企業が大切にしているポイントです。

特に未経験者の採用の場合、企業側にとっても育成する手間がかかるため、できるだけ長く働いてもらうことがメリットになります。

面接などで長く働けるかどうかを確認されるのはそのためです。

4.未経験の志望動機を仕上げる際の注意点【履歴書・面接】

それでは次に、未経験の志望動機を仕上げる際の注意点について解説していきます。

1.なぜその業界や業種に興味を持ったのか盛り込む

採用担当が最も気にしているといっても過言ではないポイントがこちら。

なぜこれまで積み上げてきた業界や業種ではなく、あえて未経験の分野に転職したいのかという点です。

このポイントは非常に大切なので曖昧にせず、しっかりと盛り込みましょう。

2.なぜその企業を選んだのか盛り込む

未経験の業界や業種に興味を持ったきっかけを盛り込んだら、その中でなぜ応募先企業を選んだのかという点も明確にしてください。

この点が志望動機のメインの内容になるため、できるだけ具体的に説明しましょう。

応募先企業を志望する理由が曖昧だと、『それなら他の企業でも良いのでは?』とマイナス評価を受けることになるので、注意してください。

3.貪欲に学ぶ姿勢をアピール

未経験であるからこそ、貪欲に学ぶ姿勢をアピールすることが重要です。

未経験者は経験者に比べて採用される可能性も低いと考えられます。

そのため、先輩社員のアドバイスや実際の仕事を通して貪欲に学んでいく姿勢をアピールしないと、ポテンシャルを疑われてしまうでしょう。

勉強中の資格などがあれば、積極的に書くようにしてください。

4.前職の経験を活かせることをアピール

仕事そのものは未経験かもしれませんが、前職の経験を全く活かせない仕事というのは少ないです。

例えば、事務職の方が身に付けたPCスキルや、営業職の方が培ってきた対人コミュニケーション能力など、異なる業種でも活かせるスキルはあるでしょう。

このように、できるだけ前職の経験を活かせることをアピールすると、採用につながる可能性も高まります。

5.応募先企業での長期的なキャリアプランを盛り込む

前述したように、日本の企業には長く働いてくれる人材を求める傾向があります。

そういう意味で、応募先企業での長期的なキャリアプランを盛り込むことも大きなアピールになるでしょう。

例えば、『御社の中で営業職としてキャリアを積みながら、いずれは営業部長のポジションを目指して精進したいと考えております』と説明すれば、長期的な視点を持って応募してきていることをアピールできます。

6.150〜250文字程度でまとめる

志望動機は採用の可否を決める大きなポイントだと言えますが、詰め込んで書きすぎることは逆効果になります。

目安としては、150〜250文字程度でまとめることをおすすめします。

採用担当は毎日多くの応募書類に目を通し、忙しい日々を送っているものです。

志望動機をダラダラと長文で仕上げてしまうと、それだけで最後まで読んでもらえなくなるでしょう。

5.未経験の志望動機3つの例文【事務職編】

それでは続いて、実際の志望動機の例文を見ていきます。

まずは未経験から事務職に転職する際の志望動機例文です。

1.商品に対する魅力をアピール

私は高いデザイン性を誇る貴社の商品を長年愛用しており、是非貴社で働きたいと思い志望致しました。

前職では営業職として働いており、日々ワードやエクセルを使った資料作りを行っておりましたので、事務の仕事も問題なく任せていただけると考えております。

大好きな貴社の商品がもっと世の中に広まるよう、精一杯貢献して参りますので、何卒よろしくお願い致します。

2.事務職に向いていることをアピール

もともとデータ整理などの細々とした作業が得意なため、貴社の事務職を志望致します。

貴社の仕事を通してコツコツとスキルを積み、いずれ事務職のエキスパートを目指したいと考えております。

少しでも早く貴社に貢献できるよう精進して参りますので、何卒よろしくお願い致します。

3.社風に惹かれたことをアピール

貴社のホームページを拝見し、若手にもどんどん仕事を任せる社風に魅力を感じたため志望致しました。

前職では販売職として、日々エクセルを使いながら売り上げの管理をしておりましたので、PC操作には自信があります。

私自身、貴社の社風に合っていると感じており、貪欲に新しい仕事にチャレンジしていきたいと考えておりますので、何卒よろしくお願い致します。

6.未経験の志望動機2つの例文【IT業界編】

続いて、未経験でIT業界に転職する際の志望動機例文です。

1.IT技術の影響力に感動したことをアピール

前職で貴社のシステムを導入し、働き方が劇的に改善した時の感動が忘れられず、是非貴社で働きたいと思いました。

IT技術には人々の生活や働き方に大きな影響を与える力があります。

貴社のIT技術をもっと広め、お客様の課題を解決できるよう精進して参りますので、何卒よろしくお願い致します。

2.前職の経験を活かせることをアピール

貴社のアプリケーション開発に、前職の経験を活かせると考えたため志望致しました。

私は販売職として3年間働く中で、お客様が真に求めているニーズを引き出すヒアリング力を磨いて参りました。

このヒアリング力を貴社のアプリケーション開発に活かすことで、売上アップに貢献できると考えております。

7.未経験の志望動機3つの例文【工場編】

次に、未経験で工場に転職する際の志望動機例文です。

1.細々とした作業が得意なことをアピール

細かい手作業が得意で、自分の特技を活かせると思い貴社の自動車工場を志望致しました。

私は田舎で生まれ育ったため、幼い頃から車は生活の一部でした。

貴社の仕事を通して技術を学び、人々の生活を豊かにできる自動車を世の中に普及させたいと考えておりますので、何卒よろしくお願い致します。

2.集中力の高さに自信があることをアピール

私は一つの作業に没頭する集中力の高さに自信があり、コツコツと作業できる貴社の工場でこそ自分の特性を活かせると感じたため志望致しました。

前職は営業職として働いておりましたが、現状に満足せず、毎日少しずつ業務改善を行うことで、働き始めた当初よりも2倍以上の業務をこなせるようになりました。

貴社でもこの経験を活かし、効率的かつ正確に業務を遂行できるよう精進して参りますので、何卒よろしくお願い致します。

3.夜勤や残業にも耐えられる体力をアピール

幼い頃から手先が器用だと言われており、細かい作業が大好きなため貴社の工場を志望致しました。

学生時代にはラグビーで身体を鍛えておりましたので、夜勤や残業も問題なく対応できます。

持ち前の器用さと体力で貴社に貢献して参りますので、何卒よろしくお願い致します。

8.未経験の志望動機2つの例文【経理編】

次は、未経験で経理職に転職する際の志望動機例文をご紹介します。

1.前職がきっかけで経理に興味を持ったことをアピール

営業職として日々数字と向き合いながら働く中で、経理の仕事に興味を持ち、貴社を志望致しました。

経理の仕事は未経験ですが、簿記2級の資格を取得しているためすぐにでも活躍できると考えております。

コツコツとキャリアを積みながら、経理のエキスパートを目指して精進して参りますので、何卒よろしくお願い致します。

2.前職の経験を活かせることをアピール

企業経営にも大きく関わる経理の仕事に興味を持ち、この度貴社を志望致しました。

前職では店舗販売員として働いておりましたが、日々PCを使った事務作業も行っておりましたので、PC操作には慣れております。

現在、日商簿記検定の資格取得に向けて勉強しており、貴社の業務に貢献できるよう精進して参りますので、何卒よろしくお願い致します。

スポンサードリンク

9.未経験の志望動機2つの例文【製造業編】

次に、未経験で製造業に転職する際の志望動機例文をご紹介します。

1.手先の器用さをアピール

私は小さい頃から手先が器用だと言われることが多く、自分の特性を活かせるモノ作りに携わりたいと思い、貴社を志望致しました。

貴社は、自動車業界の中でも特に先駆けて海外に進出しており、世界に目を向けた経営戦略にも共感しております。

前職の仕事で英語を日々使用していたため、その経験を活かし、貴社の中でもグローバルに活躍できる人材になりたいと考えておりますので、何卒よろしくお願い致します。

2.前職の経験を活かせることをアピール

前職では、貴社でも開発している医療機器の営業として働いており、その時の知識を活かせると思ったため志望致しました。

日々お客様の要望を聞きながら営業している中で、私も医療機器の開発に携わりたいと思うようになりました。

医療機器の種類やメンテナンス方法は前職で一通り学んでおり、その知識とお客様と接し続けた経験を活かして、貴社の仕事に貢献できると考えております。

10.未経験の志望動機3つの例文【営業職編】

次に、未経験から営業職に転職する際の志望動機例文です。

1.コミュニケーション能力の高さをアピール

総務職の仕事で身に付けたコミュニケーション能力を活かせると思ったため、貴社の営業職を志望致します。

総務の仕事では、幅広い部署の方々とこまめにコミュニケーションを取りながら、業務がスムーズに進むよう意識しておりました。

この度、自分自身の成果が分かりやすい営業職に興味を持ったため転職を決意致しました。

貴社では前職で身に付けたコミュニケーション能力を活かし、売上アップに貢献して参りますので、何卒よろしくお願い致します。

2.成果主義に魅力を感じたことをアピール

私は、自分が努力した分はしっかりと成果に反映される仕事に向いていると感じたため、貴社の営業職を志望致しました。

営業の仕事は自分の成果が数字となって表れるため、モチベーションを高く維持しながら働けると考えております。

前職で培ったコミュニケーション能力と先輩方の活躍を参考に、貴社の売上アップに貢献して参りますので、何卒よろしくお願い致します。

3.会社の方針に共感したことをアピール

貴社のグローバルに事業を展開していく方針に強く共感したため志望致しました。

前職では健康食品の開発業務に携わっており、日本だけでなく世界に健康食品を広めたいと思い、この度営業職に転職する決意を致しました。

もし貴社にご縁をいただきましたら、営業職として貴社の商品を世界に広めるために尽力致します。

11.未経験の志望動機4つの例文【エンジニア職編】

続いて、未経験でエンジニア職に転職する際の志望動機例文です。

1.大学で学んだ知識をアピール

大学で学んだプログラミングのスキルを活かしたいと思い、貴社のエンジニア職を志望致しました。

前職では営業の仕事に携わっており、常に高い目標を目指し、向上心を持ちながら働いておりました。

エンジニアとしての経験はありませんが、前職で培った向上心でコツコツとスキルを磨き、学生時代に学んだプログラミングの知識を活かしながら貴社に貢献して参ります。

2.前職がきっかけで興味を持ったことをアピール

前職の業務の一環として自社ホームページの更新を担当していく中で、エンジニアの仕事に興味を持ち、この度志望致しました。

エンジニアとして働いた経験はありませんが、現在独学でプログラミングの勉強をしており、自分一人でホームページを自作できるようになりました。

今後は週末にパソコンスクールに通い、もっとプログラミング技術を磨いて参りますので、何卒よろしくお願い致します。

3.手に職をつけたいことをアピール

手に職をつけたいと思い、国内でも有数の技術力を誇る貴社を志望致します。

貴社の仕事は長期的なプロジェクトが多く、じっくりとエンジニアとしてのキャリアを積める点にも魅力を感じております。

私は一つのことにコツコツ取り組むことが得意な性格のため、いずれはエンジニアのリーダー職を目指して精進して参ります。

4.前職での経験を活かせることをアピール

営業職として4年間働く中で身に付けたコミュニケーション能力を活かせると思い、貴社を志望致しました。

日々お客様の要望をヒアリングしている中で、いつしか自分でシステムを開発したいと思うようになりました。

プログラミング経験はありませんが、現在PCスクールに通いながらプログラミング言語を習得しております。

営業職としてお客様のニーズをヒアリングしてきた経験をもとに、ユーザーが求めるシステムを開発できるよう精進して参りますので、何卒よろしくお願い致します。

12.未経験の志望動機2つの例文【介護職編】

次に、未経験で介護職に転職する際の志望動機例文をご紹介していきます。

1.以前から介護職に興味があったことをアピール

以前より介護職に興味があり、未経験でも応募できる貴社を志望致しました。

現在、介護職員初任者研修の資格取得に向けて勉強しており、来月には取得できる予定です。

任せていただける仕事にはどんどんチャレンジし、貪欲にスキルを磨いていきたいと考えておりますので、何卒よろしくお願い致します。

2.前職の経験を活かせることをアピール

前職では店舗販売の仕事に携わっており、お客様一人ひとりに親身に寄り添う販売経験が活かせると思ったため貴社の介護職を志望致しました。

前職の店舗には高齢者のお客様も多く、感謝の言葉をいただく中で介護の仕事に興味を持つようになりました。

これまでの接客で培ってきた経験を貴社の仕事にも活かして参りますので、何卒よろしくお願い致します。

13.未経験の志望動機1つの例文【サービス業界編】

次は、未経験からサービス業界に転職する際の志望動機例文です。

1.コミュニケーション能力の高さをアピール

私は相手が求めていることをうまく聞き出すコミュニケーション能力に自信があり、このスキルを活かせると感じたため貴社を志望致しました。

前職では総務事務スタッフとして、様々な部署の方々と接する機会がありました。

そんな中で、業務をスムーズに進めるために相手が求めていることを素早く見極めるスキルを磨いて参りました。

貴社にご縁をいただきましたら、このスキルを活かし、お客様に信頼していただけるスタッフになれるよう精進して参りますので、何卒よろしくお願い致します。

14.未経験の志望動機1つの例文【人材派遣編】

続いて、未経験から人材派遣企業に就職する際の志望動機例文を見ていきます。

1.前職がきっかけで興味を持ったことをアピール

前職では塾講師として働いており、生徒から将来に関する相談を受ける中で、人のキャリアに関わる仕事がしたいと思い、貴社を志望致しました。

人材派遣の仕事は未経験ですが、生徒一人ひとりの将来について一緒に考える時間はとても有意義で、やりがいを感じました。

今後は貴社の仕事を通して、より多くの方々のキャリアに親身に寄り添うコンサルタントになりたいと考えておりますので、何卒よろしくお願い致します。

15.未経験の志望動機1つの例文【受付スタッフ編】

最後に、未経験から受付スタッフに転職する際の志望動機例文です。

1.人と接することが好きなことをアピール

幼い頃から人と接することが大好きで、この度貴社の受付スタッフの仕事を志望致しました。

前職では接客スタッフとして働いており、お客様とコミュニケーションを取ることにも自信があります。

また、正しいビジネスマナーを身に付けるために秘書検定2級を取得致しました。

受付スタッフの仕事は未経験ですが、前職での経験と資格を活かしながら貴社に貢献して参りますので、何卒よろしくお願い致します。

16.未経験職の志望動機に悩んだら転職エージェントに相談

ここまで未経験者が転職する際の志望動機の書き方についてご紹介してきましたが、『どうしても自分一人で志望動機を仕上げる自信がない』という方もいるでしょう。

そんな方におすすめしたいのが、転職エージェントの活用です。

転職エージェントに登録することで、転職のプロであるキャリアアドバイザーがあなたの転職をサポートしてくれます。

適性に合った求人紹介はもちろん、志望動機の添削もマンツーマンでアドバイスをもらえるため、非常に心強いでしょう。

以下に、未経験からの転職に活用したいおすすめの転職エージェントをご紹介します。

1.マイナビエージェント

特に20代の若手や第二新卒者におすすめしたいのがマイナビエージェントです。

マイナビエージェントは一人ひとりの転職者に親身に寄り添うサポート力に定評があり、未経験からの転職もしっかりバックアップしてくれます。

大手企業だけでなく中小企業の求人も多く扱っているため、自分に合った企業を幅広い求人の中から選ぶことができるでしょう。

2.ハタラクティブ

東京を中心とした関東圏での転職を希望される方にはハタラクティブをおすすめします。

未経験OKの求人を1,500件以上抱えており、あなたの希望する条件に合致した企業をきっと紹介してもらえるでしょう。

ハタラクティブの担当者が実際に足を運んで精査した優良求人のみを扱っている点も見逃せない魅力ポイントです。

3.リクルートエージェント

転職業界でNo.1の実績を誇るのがリクルートエージェントです。

未経験OKも含む圧倒的な求人数の多さが魅力で、その数非公開求人だけでも10万件以上と言われています。

とにかくたくさんの求人の中から自分に合った企業を見つけたいという方におすすめです。

応募書類の添削や模擬面接といった選考対策のサポート力にも定評がある転職エージェントです。

4.就職Shop

次の転職先をできるだけスピーディーに見つけたいという方には、就職Shopをおすすめします。

就職Shopの特徴は、書類選考がないことです。

つまり、いきなり面接からスタートすることができます。

また、就職Shopで転職を成功させた方の4人に3人は正社員未経験の人材なので、自分のスキルや経験に自信がないという方にもおすすめできる転職エージェントでしょう。

5.パソナキャリア

転職エージェントを通してなかなか納得のいく求人に出会えなかったと悩んでいる方には、パソナキャリアをおすすめします。

パソナキャリアは独占求人を多く抱えており、他の転職エージェントでは紹介してもらえないような求人を紹介してもらえます。

また、利益の追求よりも社会貢献を掲げている企業なので、未経験者の転職もしっかりとサポートしてくれるでしょう。

まとめ.未経験職の志望動機には正しい書き方がある!

未経験の転職は決して簡単ではありません。

そのため、しっかりと作り込んだ志望動機がないと内定を獲得することは難しいでしょう。

最後に、本記事で取り上げた未経験者の転職の際に押さえておくべき志望動機の注意点をおさらいしておきます。

・なぜその業界や業種に興味を持ったのか盛り込む
・なぜその企業を選んだのか盛り込む
・貪欲に学ぶ姿勢をアピール
・前職の経験を活かせることをアピール
・応募先企業でのキャリアプランを盛り込む
・150〜250文字程度でまとめる

今回の記事を参考に、未経験の業界や仕事への転職を成功させていただければ幸いです。



2017年現在の今は転職の絶好のチャンスです。タイミングを逃すと転職が難しくなるのは間違いありません。

就職氷河期と比べ、好景気の今は完全な売り手市場。

企業も積極的に採用を進めており、条件面も格段にアップしています。

しかし、好景気には必ず終わりが訪れ仕事が無くなる時が必ず来ます。

実際に、『オリンピック前には状況がガラっと変わる。』と予測する専門家も少なくありません。

また、年齢とともに転職が難しくなるのは言うまでもないですよね。

将来的な転職を考えているのであれば、人生を失敗しない為にも、1日でも早く行動をする事をおすすめします。



<よく読まれている人気記事>


-転職ノウハウ

Copyright© , 2018 AllRights Reserved.