転職チャレンジ!〜会社を辞めたい人の為の仕事の探しとやめ方まとめ

転職ノウハウ

あなたにとって仕事とは9つの例文と好印象を与える方法

更新日:

1.あなたにとって仕事とは?の質問への答え方解説!

企業の採用面接時によくされる質問として、『あなたにとって仕事とは何ですか?』というものがあるでしょう。

この質問は、しっかりと回答上のポイントを押さえておかないと、面接官にネガティブな印象を与えてしまいます。

そこで今回は、『あなたにとって仕事とは?』という質問を通して好印象を与える方法や実際の回答例をご紹介していきます。

本記事でご紹介する好印象を与えるポイントは以下の通りです。

・最初に結論から話す

・結論に対する理由をしっかり説明する

・応募先企業の社風に関連させる

・〜したいという前向きな姿勢をアピールする

・応募先企業への入社意欲をアピールする

『よく聞かれる質問だけど今の自分の回答で大丈夫なのか知りたい』

『これから面接を控えているのでしっかり準備しておきたい』

このような方は、是非最後までご覧ください。

2.あなたにとって仕事とは?という質問では何を見極められている?

まず初めに、こちらの質問でどういうポイントを見極められているのかご紹介します。

1.仕事に対するやる気をチェックしている

『あなたにとって仕事とは?』という質問では、まず仕事に対するやる気をチェックされていると覚えておいてください。

例えば、『私にとって仕事とはお金を稼ぐ手段です』という回答と、『私にとって仕事とは自分のスキルを活かして社会に貢献することです』という回答では、後者の方が仕事に対するやる気を感じます。

面接官はこの質問を通して、より仕事へのモチベーションが高い応募者を見極めているのです。

2.仕事の捉え方が自社の風土に合っているかチェックしている

また、自分にとっての仕事がどういうものか答えることで、仕事に対する価値観を確認することもできます。

面接官はこういった応募者の価値観が、自社の風土に合っているかどうかもチェックしています。

例えば、『私にとって仕事とは、目標を達成する喜びを感じるものです』という回答をした場合、数字に徹底してこだわる営業系の企業からは高評価を獲得できるでしょう。

面接官は自社の風土に合った応募者から優先して採用していくのです。

3.あなたにとって仕事とは?という質問を通して好印象を与える方法

それでは続いて、『あなたにとって仕事とは?』という質問を通して面接官に好印象を与える方法をご紹介していきます。

1.最初に結論から話す

まず大切なのは、『あなたにとって仕事とは?』という質問に対する答えを先に伝えることです。

つまり、『私にとって仕事とは●●です』と結論を真っ先に伝えましょう。

いきなり回りくどく説明しようとすると、ダラダラと話しが長くなりがちで、むしろマイナスの印象を与えてしまいます。

まず結論から話すことで、面接官もあなたに興味を持ちやすくなるのです。

2.結論に対する理由をしっかり説明する

結論から話すことは大切ですが、それだけで終わってはいけません。

『私にとって仕事とは●●です』と伝えた後は、なぜそうなのかという理由もしっかり説明しましょう。

結論を聞いた後に理由も知りたくなるのは、どの面接官も同じです。

ただし、理由の説明も長くなりすぎないように1分程度で端的にまとめるようにしましょう。

3.応募先企業の社風に関連させる

前述したように、面接官はこの質問を通して自社の社風にマッチしているかどうかを見極めています。

つまり、応募先企業の社風に関連させた回答をすれば、面接官にも好印象を与えることができるのです。

事前にホームページなどの情報をチェックすれば、どのような社風の会社なのか、どんな人材が活躍しているのか、把握することができます。

このような社風を意識した回答を事前に準備しておきましょう。

4.〜したいという前向きな姿勢をアピールする

面接を受ける中での基本的なポイントですが、ネガティブな発言は控えましょう。

当然、『あなたにとって仕事とは?』という質問に対する回答も、『〜したい』とポジティブにまとめることで、前向きな姿勢をアピールできます。

例えば、『私にとって仕事とは社会貢献です』と回答した場合、『御社の●●事業に携わり、▲▲のような方々をサポートしたいと考えております』と締めくくることで、仕事へのやる気をアピールできるでしょう。

5.応募先企業への入社意欲をアピールする

こちらも面接を受ける際の重要ポイントですが、質問に対する回答の最後に、さり気なく入社意欲をアピールすることが大切です。

上記の例のように、回答として社会貢献を挙げた場合、『別にうちの会社以外でも社会貢献できるよね?』と面接官に思われるとマイナス評価につながります。

そのため、なぜ応募先企業でないといけないのかという理由を必ず盛り込むようにしてください。

そうすることで、志望度の高さをしっかりアピールすることができるのです。

4.あなたにとって仕事とは?という質問に対する回答例文9選

『あなたにとって仕事とは?』という質問を通して高評価を獲得するポイントが分かったところで、さっそく例文を見ていきたいと思います。

1.自己成長

私にとって仕事とは自己成長の機会です。

仕事をスムーズに進めるためには、コミュニケーション能力や人間関係構築力、課題にチャレンジしていく挑戦心など、非常に多くの要素が求められるからです。

特に、大きな壁にも果敢にチャレンジし、試行錯誤しながら乗り越えていく力は非常に重要だと考えております。

スポンサードリンク

この力を磨き、将来的には御社の新規事業立ち上げに携わりたいです。

2.夢の実現

私にとって仕事とは夢を実現するための手段です。

私には、幸せに働ける会社を一つでも多く増やしたいという夢があります。

そのためには、会社経営の基幹となる人事部をサポートする仕事に就くことが大切だと考えました。

御社の、『機能する人事部を一つでも多く増やす』という経営理念は、まさに私の夢と重なっていると感じました。

3.自分の価値を提供する場

私にとって仕事とは、自分の価値を提供できる場だと考えております。

私は小さい頃からよく手先が器用だと言われていましたが、なかなかその能力を発揮する機会に恵まれませんでした。

鞄職人という仕事を知った時、『自分の手先の器用さを活かせるのはこの仕事だ』と感じました。

特にお客様の細かい要望を聞き、フルオーダーメイドで鞄を作る御社の仕事に是非携わりたいです。

4.生きがい

私にとって仕事とは生きがいそのものです。

前職は営業職として働いており、自分を信頼して商品を買っていただけることが何より幸せでした。

これからは御社のプレイングマネジャーとして、自分自身も仕事を楽しみつつ、部下たちにも営業職の楽しさを伝えていきたいと考えております。

5.社会貢献

私にとって仕事とは社会貢献です。

人は社会と繋がりながら生きており、一人ひとりが自分の仕事を通して社会に貢献することで、より良い世の中に変わっていくと考えているからです。

そのため、御社の利益よりも社会貢献を優先する考えにとても共感いたしました。

6.人の役に立つ

私にとって仕事とは人の役に立つことだと考えております。

どんな仕事でも突き詰めると誰かの役に立っています。

そんな中で私は、自分の強みでもあるプログラミングの知識を活かせる御社のシステム開発という仕事に携わりたいと思いました。

御社の技術力と私のスキルを合わせて、一人でも多くのビジネスマンがより良い仕事ができるようなシステムを作りたいと考えております。

7.何か物事を成し遂げ達成感を得る

私にとって仕事とは、何か物事を成し遂げて達成感を得るものです。

どんな仕事にも数値目標やノルマはあります。

その目標に対して自分なりに工夫をし、達成した時の喜びは何にも代えがたいものがあります。

個人の成果にこだわる御社では、高いモチベーションを持って働けると考えました。

8.自分という人間を知る

私にとって仕事とは、自分という人間を知るための手段だと考えております。

仕事を経験していく中で、自分が苦手だと思っていたことが意外と楽しかったり、思いもよらなかった仕事にのめり込んだりと、知らなかった自分に出会うチャンスがたくさんあるからです。

私は幅広い事業を展開する御社で、選り好みせずにどんな仕事にもチャレンジしていこうと考えております。

9.物事に責任を負う

私は仕事を物事の責任を負うことだと考えております。

どんな仕事も人との信頼関係の上に成り立っており、信頼関係を築くためにも、責任を持って自分の仕事をやり遂げることが大切だと考えるからです。

この度、御社の営業部長という求人を拝見した時に、私のこれまでの経験を活かすのに最適だと感じました。

ご縁がありましたら責任を持って仕事に邁進して参ります。

5.あなたにとって仕事とは?という質問に対するNG回答

『あなたにとって仕事とは?』という質問に対する回答例文をご紹介しましたが、続いて使ってはいけないNG回答例をご紹介していきます。

1.お金を稼ぐ手段

『私にとって仕事とはお金を稼ぐ手段です』と回答される方がいますが、これはやめましょう。

お金を稼ぐために働くのは、ほぼ全ての方に当てはまることだからです。

面接官もそれを分かった上で質問しています。

また、働く目的がお金のためだけであれば、『生活するために仕方なく働いている』という印象が強くなり、面接官にもネガティブに捉えられる可能性が非常に高まります。

2.趣味を楽しむため

没頭している趣味を楽しむために仕事を頑張るという方も稀にいますが、これもNGです。

面接官に、『趣味の片手間に仕事をしている応募者だな』と思われる可能性が高いからです。

面接官としては、より働くモチベーションが高い人材を採用したいと考えるため、この回答をしてしまうとほぼ間違いなく採用の優先度を下げられてしまうでしょう。

3.応募先企業の社風に合っていないもの

最後にご紹介するNG例は、応募先企業の社風に合っていない回答をしてしまうことです。

例えば、社会貢献を最優先する企業に、『私にとって仕事とは、誰よりも商品を多く売り、No.1の達成感を味わうための手段です。』と回答してしまうと、社風が全くマッチしておらず不採用になる可能性が高いです。

応募先企業がどのような社風で何を大切にする企業なのかを事前に把握しておくことが重要になります。

6.あなたにとって仕事とは?という質問の回答に悩んだら転職エージェントに相談

ここまで、『あなたにとって仕事とは?』という質問への答え方についてご紹介してきましたが、『本当にこの回答で大丈夫なのか心配だ』という方もいるでしょう。

そんな方におすすめしたいのが転職エージェントへの相談です。

転職エージェントに登録することで、転職の専門家であるキャリアアドバイザーが面接対策を実施してくれます。

転職エージェントの模擬面接を受けておくことで、本番も焦らずに受け答えすることができるでしょう。

求職者の場合、転職エージェントは無料で利用できるため、是非有効活用してください。

まとめ.あなたにとって仕事とは?という質問は自分をアピールするチャンス!

『あなたにとって仕事とは?』と質問されると、思わずドキッとしてしまう方も多いでしょう。

しかし、回答上のポイントを押さえておくと、しっかり面接官にあなたの魅力をアピールできます。

最後に、本記事でご紹介した、『あなたにとって仕事とは?』という質問を通して好印象を与える方法をおさらいしておきましょう。

・最初に結論から話す

・結論に対する理由をしっかり説明する

・応募先企業の社風に関連させる

・〜したいという前向きな姿勢をアピールする

・応募先企業への入社意欲をアピールする

今回の記事を参考に、是非内定を勝ち取ってください。



2017年現在の今は転職の絶好のチャンスです。タイミングを逃すと転職が難しくなるのは間違いありません。

就職氷河期と比べ、好景気の今は完全な売り手市場。

企業も積極的に採用を進めており、条件面も格段にアップしています。

しかし、好景気には必ず終わりが訪れ仕事が無くなる時が必ず来ます。

実際に、『オリンピック前には状況がガラっと変わる。』と予測する専門家も少なくありません。

また、年齢とともに転職が難しくなるのは言うまでもないですよね。

将来的な転職を考えているのであれば、人生を失敗しない為にも、1日でも早く行動をする事をおすすめします。



<よく読まれている人気記事>


-転職ノウハウ

Copyright© , 2018 AllRights Reserved.