転職チャレンジ!〜会社を辞めたい人の為の仕事の探しとやめ方まとめ

転職ノウハウ

転職は周囲に流されず自分で決断!転職が成功する要因とはなにか?

更新日:

4回の転職を経験して感じた、転職の成功と失敗、それぞれの要因

現在44歳の男性会社員です。

20年以上会社員生活をしています。

いままで4回転職し、現在の会社が5社目です。

30代半ばくらいまで、しょっちゅう会社を辞めたいと思っていました。

実際今まで4回辞めました。40代半ばとなった現在は、会社を辞めたいとは全く思いません。

①今勤務している会社の待遇がよい、②人間関係も悪くない、③辞めても生活はよくならない、④年を取って目標がなくなった、⑤新しくやろうとすることもない、というのが主な理由だと思います。

30代半ばくらいまでは、毎日のように会社を辞めたいと思い続けて、実際4回辞めた経験のある私からの体験談です。

成功と言える転職とはなにか?経験から実感した定義とは?

会社を辞めたいと思ったときにとる行動は、①会社を辞める、②我慢して会社にしがみつく、の2つしかありません。

会社を4回辞めましたが、2回は成功、2回は失敗だったと思います。

成功と失敗の定義は、人によって異なるとは思いますが、私の中では以下のように定義しています。

「成功した会社の辞め方」

・辞めた後、やることが決まっている。

・周りに振り回されずに自分で決めている。

・辞めた後の方が人生の方が楽しい。

「失敗した会社の辞め方」

・辞めた後やることを決めずに衝動的に辞めてしまう。

・自分で決めずに、周りに振り回される。

・辞めた後、辞めたことを後悔する。

2回辞め方を失敗しましたが、退社後の予定もなく、衝動的に辞めてしまったり、周りに振り回されたりしました。

逆に辞めて成功したと思うのは、自分で決め、辞めた後の方が人生を楽しんでいることです。

会社員を20年以上続けると、会社員は実につまらないものだと思います。

会社に拘束され、決まった額の給与で生活します。

ただ、他に選択肢がないから自分は会社員をしぶしぶやっているということをきちんと理解する必要があります。

辞めたい気持ちはよくわかりますが、特出した資格や技能がない限り、会社員を辞めても生活は決してよくなりません。

ギャンブルや酒におぼれてしまったり、いかがわしいマルチ商法に勧誘されたり、宗教活動にはまってしまうというケースも多々あるようです。

最初に入った会社の辞め方は、最悪でした。

20年以上経過した今でも非常に後悔しています。

衝動的に出社しなくなり、そのまま辞めてしまいました。

社会人としての自覚がなかったと思います。

猛省し、このような辞め方はしないように決意しました。

2回目に会社を辞めた時も失敗でした。ある大企業から採用通知が来たのですが、親の意見で転職しました。

転職してみると、実に仕事がつまらなく、入社して間もなく辞めたくなりました。

スポンサードリンク

転職では親の意見はあまり参考にならないものと個人的には思います。

その後の2回会社を辞めましたが、2回とも成功だったと思います。

3回目に会社を辞めたときは、米国への留学が決まっていたからです。

周囲からは大反対されましたが、今から思うと本当に会社を辞めて留学してよかったと思います。

米国公認会計士の資格を取得し、今でもグローバル企業の財務・経理の仕事に従事しています。

30歳目前にして、結婚も決まっていましたが、あの思い切った判断は私の誇りであり、自信です。

40代半ばになり、ただのおじさんになりましたが、米国公認会計士という資格を持ち、日々研鑽に努めています。

転職するのは自分自身!周囲の意見に惑わされずに決断しよう!

会社を辞めることに周囲は反対することが多いと思いますが、辞職の責任を最終的にはとる本人がすべて決めることです。

周囲の意見を気にするべきではありません。

頼んでもいないのに、あれこれ言ってくる人がいます。

徹底的に無視してください。

最終的な責任を取るわけでもなく、人の人生にあれこれ言ってくる人たちには本当に腹が立ちます。

頼んでもいないのに、あれこれ言ってくる人は、ろくな人がいません。

自分の人生に満足していないからといって、他人の人生を邪魔する権利はないと思います。

辞める際にいろいろ無責任なことを言われた経緯があるため、会社の退職等の相談については、私は本人の判断に任せます。

私は、どちらかというと会社を辞めることに賛成する方です。

理由は、以下の通りです。

・人生は、一回限りである。思い切って賭けに出た方が死ぬときに後悔しない。

・辞めたいと思うような会社に長くいるべきではない。

・終身雇用制度など、日本にない。辞めたいと思うような会社に長くいることはリスクである。

もちろん会社を辞めて、人生がうまくいく保証もありません。

私自身、2回会社を辞めて失敗しています。

ただ、このような失敗などは、大した失敗ではありません。

今後、私も会社を辞めて失敗することもあるとは思いますが、常に前向き進んでいきたいと思います。

4回会社を辞めた私からのアドバイスをまとめると以下の通りです。

・新しい目標ができたら、会社を積極的に辞めよう。

・会社を辞める判断は、すべて自己責任で行う。無責任なアドバイスは無視すべし。

・会社を辞めて失敗しても、取り返しがつく。

会社を辞めたいと思うということは、少し大げさにいうと、人生について真剣に考えているということです。真剣に悩み、周囲に流されず、納得いく決断をしてください。4回会社を辞めた私から最後に一言。会社を辞めるのは、結構快感があります。





2017年現在の今は転職の絶好のチャンスです。タイミングを逃すと転職が難しくなるのは間違いありません。

就職氷河期と比べ、好景気の今は完全な売り手市場。

企業も積極的に採用を進めており、条件面も格段にアップしています。

しかし、好景気には必ず終わりが訪れ仕事が無くなる時が必ず来ます。

実際に、『オリンピック前には状況がガラっと変わる。』と予測する専門家も少なくありません。

また、年齢とともに転職が難しくなるのは言うまでもないですよね。

将来的な転職を考えているのであれば、人生を失敗しない為にも、1日でも早く行動をする事をおすすめします。



<よく読まれている人気記事>


スポンサードリンク

-転職ノウハウ

Copyright© , 2018 AllRights Reserved.