転職チャレンジ!〜会社を辞めたい人の為の仕事の探しとやめ方まとめ

みんなの転職体験談

トヨタの転職求人条件と募集タイミング~世界のTOYOTAへ就職したい人必見!

更新日:

1.トヨタの転職求人について詳しくご紹介!

日本人であればトヨタという会社を知らない方はいないでしょう。今や日本だけでなく世界中の方々から親しまれる自動車メーカーになっています。

今回はそんなトヨタに転職したいと考えている方向けに、トヨタの転職求人について詳しくご紹介していきます。是非最後までご覧ください。

2.トヨタとはどんな会社?

トヨタの転職求人についてご紹介する前に、そもそもトヨタとはどういう会社なのか簡単に触れておきます。

トヨタとは、1937年に設立された日本を代表する自動車メーカーです。日本の自動車販売台数ではシェア率40%を超えており、外に出ればトヨタ車を見ない日はないと言っても過言ではありません。

また、その優れた品質は世界でも認められており、ゼネラルモーターズやフォルクスワーゲングループと世界首位の座を争うほどの人気の高さを誇ります。まさに日本の技術の高さを世界に知らしめた企業だと言えるでしょう。

これまでにクラウンやカローラ、AE86、スープラなどその時代を象徴する名車を数多く世に送り出してきました。これからも時代を牽引する自動車を作り続けていくことに多くの国民が期待を寄せているでしょう。

3.トヨタの転職求人条件をご紹介!

トヨタがどのような会社であるか分かったところで、さっそくトヨタの転職求人条件について見ていきます。

基本的にはこちらで取り上げる条件を満たしていないと求人に応募することもできないので、トヨタへの転職をお考えの方は必ず事前にチェックしてください。

【技術職希望であれば理工系の高専または大学を卒業している】

トヨタの転職求人は大きく「技術職」と「事務職」に分類されます。その中で技術職への転職を希望される場合は、理工系の高専か大学を卒業していることが条件です。

トヨタの発展を支えるのはその圧倒的な技術力の高さだと言っても過言ではないでしょう。当然ながらきちんとした知識を習得していない方は採用されることはありません。

【事務職希望であれば4年制大学を卒業している】

一方で事務職への転職を希望される方は4年制の大学を卒業していることが条件になっています

事務職の仕事は会社を経営していく上で欠かせない仕事でしょう。技術者の方々が自分の仕事に没頭できるのも事務職の方々のバックアップがあるからこそです。そういう意味で、事務職に応募する条件はやや厳しく、どの仕事であっても最低4年制大学を卒業していることが条件となっております。

【実務経験が5年以上ある】

トヨタが転職者に求めるのは即戦力となるスキルです。そのため実際に携わる業務の実務経験を5年以上積んでいることが条件になります。こちらは技術職・事務職共に同じです。

仕事のスキルというのは一朝一夕で身に付くものではありません。特にトヨタの中でもすぐに戦力として活躍できる人材になるには最低でも5年は実務経験を積まなければならないと考えられているのです。

【最終面接日より半年以内に入社できる】

トヨタは是非一緒に働きたいと思う方にしか内定通知は出しません。逆に言えば内定通知を受け取った方はすぐにでも入社して欲しいということです。そのため最終面接日より半年以内に入社できる方しか選考に臨むことはできません。

ちなみに内定通知を受け取っても半年以内の入社が難しい場合、合格は取り消しになってしまうので注意してください。トヨタに転職したいと考えている方は、まず今の仕事の退職スケジュールを事前にしっかりと立てることが大切でしょう。

4.トヨタに転職する方に求められるものとは?

さて、トヨタの転職求人条件について取り上げましたが、続いてはトヨタが求める人材とはどういうものなのかについて詳しく解説していきます。

トヨタに転職したいと考えている方は、トヨタが求める人物像を知っておくことが欠かせません。是非参考にしてみてください。

【仕事でチャレンジし続ける姿勢】

まず一つ目に挙げられるのは仕事に対してチャレンジし続ける姿勢を持つ人材です。

トヨタの歴史は挑戦の歴史と言っても良いでしょう。日本で初めて外国の技術に頼らない乗用車を開発できたのも、日本人の手で日本に自動車産業を興すという想いを持って挑戦し続けてきた結果です。

その後もトヨタの技術を世界に広める挑戦であったり、今では地球環境と共存できる次世代自動車の開発にも挑戦しています。

これらのことからも常に夢や目標を持ち、日々の仕事にアクティブに関わっていける方こそトヨタが求めている人材だと言えるでしょう。トヨタの採用面接ではあなたの大きな夢や目標を面接官に伝えてください。

【現状に満足せず常に改善していく意識】

スポンサードリンク

チャレンジングな仕事に挑戦し続ける姿勢と重なる部分もありますが、今の現状に満足せず常に改善を繰り返していくという意識もトヨタで働く上で求められるものです。

大きな挑戦を乗り越えるためには、日々行われている業務一つ一つの進化や革新が欠かせません。一つ一つの業務の進化が結集することで大きな挑戦を乗り越える技術になるのです。

このような考え方から、今の現状に満足せず、常に改善し続ける人材をトヨタは求めていると考えられます。

【素早い決断力と実行力】

日本を代表する自動車メーカーとして業界を牽引し続けるためには素早い決断力と実行力が無くてはならないでしょう。

また、トヨタのライバルといえばゼネラルモーターズやフォルクスワーゲンのような世界のトップ企業です。ちょっとした決断の遅れが大きな損失につながりかねません。

変化が激しく競争が激化しているビジネスの世界を勝ち抜くためには、素早い決断力と実行力を持つ人材を増やしていくことが欠かせません。前の仕事で決定権を持つ業務に携わっていた方は、採用面接の際にアピールすると良いでしょう。

【仲間を尊重し協力し合う姿勢】

最後にご紹介するトヨタが求める人物像は、仲間を尊重し協力し合う姿勢を持つ方です。

どんなに優秀な人材であっても自分一人でできる仕事には限界があります。世界のトップ企業と渡り合っていくためには、社員一人ひとりの個の力を集結し、チームで戦う必要があります。

逆に言えばどんなに優秀なスキルを持っていたとしても、ワンマンプレーの人材であれば採用される可能性は低いでしょう。チームの中での自分の役割をしっかりと認識し、責任を果たした経験のある方はトヨタの中でも非常に重宝される人材になるでしょう。

5.トヨタが転職求人を募集するタイミングは?

ここまでトヨタの転職求人について見てきた方の中には、是非トヨタへ転職したいという気持ちが強くなっている方も少なくないでしょう。

そこでこちらではトヨタが転職求人を募集するタイミングについてご紹介していきます。

【トヨタ本社への転職求人は非常に少ない?】

転職求人を掲載しているサイトなどを見ると分かりますが、結論からお伝えすると、トヨタ本社への転職求人は非常に少ないです。転職サイトに掲載されているトヨタに関する求人の多くは下請け企業や工場のライン業務になっています。

トヨタ本社への転職を希望されている方はかなりの狭き門であることを認識しておいてください。そのため具体的な転職求人を募集するタイミングというのも定まっておらず、強いて言えば業務上人員が必要になったタイミングに募集がかかるということです。

とは言えいつ募集が出るかも分からない状態では常に転職求人をチェックしなければならず大変でしょう。そんな方のためにトヨタはホームページ上にある仕組みを設けています。

【ホームページ上にあるキャリア登録を利用すると良い】

トヨタの採用ホームページにはキャリア登録という仕組みが設けられています。

キャリア登録とは、トヨタへの転職を希望している方向けに自分のこれまでの職務経歴を登録することができるシステムです。そしてあなたのキャリアにぴったりの仕事の求人が発生したタイミングで個別にオファーが来るという仕組みになっています。

今すぐにトヨタへ転職したい方にとって可能性は低いですが、いずれトヨタで働きたいと考えている方にとってはキャリア登録しておくことで長い目で見るとオファーが届く可能性もあります。

ただし、注意点として考えられるのはホームページ上で自由に登録できるため非常に多くの方がキャリア登録している可能性が高いということです。トヨタほどの大企業になると人気の高さも想像をはるかに超えるものでしょう。

その中で埋もれずに個別オファーを勝ち取るためには希少性のあるスキルや経験が求められるでしょう。トヨタへの転職が難しいことは変わらないということです。

6.トヨタに転職したいなら転職エージェントを使う!

トヨタへ転職するための方法についてご紹介しましたが、もう一つおすすめの方法があります。それは転職エージェントを活用するということです。

転職エージェントとは求職者のスキルや経験、適性を考慮した上で最適な転職先を紹介してくれるサービスです。

注目したいのは転職エージェントでしか扱っていない求人が存在することです。特にトヨタのような人気企業の場合は一般的なハローワークなどに掲載すると募集が集まりすぎるため、優秀な人材を紹介してくれる転職エージェントを通して採用活動を行う可能性も高いでしょう。

まずは転職エージェントに登録し、専属で相談に乗ってくれるキャリアコンサルタントにトヨタへの転職を希望することを伝えてください。もし求人を扱っている場合は紹介してくれる可能性もあります。場合によってはトヨタに転職するにはまだスキルが不足しているなどのアドバイスを受けることもあるでしょう。

転職活動を成功させるためには自分自身の転職市場価値を知ることが欠かせません。転職のプロから見た自分の現状をしっかりと受け入れることも大切です。もし今現在のスキルではトヨタへの転職が難しい場合は、来るべきチャンスの時までしっかりとスキルを磨いてください。

【まとめ】トヨタへ転職するには事前の準備が欠かせない!

トヨタの転職求人条件について詳しくご紹介しましたが、参考になりましたでしょうか?

今となっては日本を超えて世界の自動車産業を牽引していると言っても過言ではないトヨタですが、転職するためのハードルもそれなりに高いことを認識していただけたと思います。

トヨタで働きたいと考えている方は今の仕事でしっかりとした実績を残すことが欠かせません。それと並行しながら転職エージェントを活用しつつ、しっかりと事前の準備を整えてください。

転職求人条件は厳しいですが、入社することができればやりがいのある仕事に没頭できる環境は用意されているでしょう。トヨタへの転職をお考えの方は是非今回の記事を参考にしていただければ幸いです。



2017年現在の今は転職の絶好のチャンスです。タイミングを逃すと転職が難しくなるのは間違いありません。

就職氷河期と比べ、好景気の今は完全な売り手市場。

企業も積極的に採用を進めており、条件面も格段にアップしています。

しかし、好景気には必ず終わりが訪れ仕事が無くなる時が必ず来ます。

実際に、『オリンピック前には状況がガラっと変わる。』と予測する専門家も少なくありません。

また、年齢とともに転職が難しくなるのは言うまでもないですよね。

将来的な転職を考えているのであれば、人生を失敗しない為にも、1日でも早く行動をする事をおすすめします。



<よく読まれている人気記事>


スポンサードリンク

-みんなの転職体験談

Copyright© , 2018 AllRights Reserved.