転職チャレンジ!〜会社を辞めたい人の為の仕事の探しとやめ方まとめ

転職を成功させる方法

仕事変えたい人必見!自分にベストな職場を見つける4つの方法

更新日:

1.今の仕事を自分に合う仕事に変える方法はある

会社員の方の中には『今の仕事が自分に合っていない』『日々ストレスを感じながら働いている』といった悩みを抱えている方も多いでしょう。

結論からお伝えすると、今の仕事を自分に合う仕事に変える方法はあります。

具体的には以下の4つの方法があります。

・転職エージェントを活用する
・無料の適職診断を受ける
・求人ごとに条件のマッチ度を数値化する
・頑張らなくても評価されることを仕事にする

今回は上記の4つの方法について詳しく解説していきます。

『自分に合う仕事を見つけたい』『仕事を変えたいけどどうすればいいか分からない』といった悩みを抱えている方は、是非最後までご覧ください。

2.仕事を変えるべき人の特徴

まず初めに、仕事を変えた方がいい人の特徴についてご紹介していきます。

どれかのポイントに当てはまっている方は、注意してください。

【仕事を通して成長している実感がわかない】

一つ目に取り上げるのは、今の仕事を通して成長している実感がわかない方です。

日々の仕事を通して、ビジネスパーソンとしてのスキルを磨いていくことはとても大切なことです。

しかし、自分に合っていない仕事に従事している場合、なかなか積極的に仕事に取り組むことは難しいでしょう。

受け身な姿勢で仕事に取り組んでいても成長には結びつきません。

自分に合っている仕事ならば、自然とモチベーション高く働くことができ、日々成長を実感できるものです。

あなたが仕事で成長できないのは、単純に今の仕事が合っていないだけの可能性も高いと考えられます。

【今の仕事にワクワクしない】

自分に合った仕事に従事している場合、自然とワクワクとした好奇心がわいてくるでしょう。

こういった好奇心もなく、仕事を楽しめていないならば、それは今の仕事が合っていない可能性が高いです。

仕事は人生の時間の中でも大きな割合を占めるものです。

自分に合っていない仕事に多くの時間を費やすことは、より良い人生を送る上で避けなければなりません。

自分に合う仕事を見つけられれば、それだけでも充実した人生を送ることができるでしょう。

【仕事のことを考えると憂鬱になる】

自分に合わない仕事に従事している場合、総じて仕事のことを考えると憂鬱になります。

土日が休みの方であれば、日曜日の夜に憂鬱に感じる方も多いでしょう。

こういった方々の多くは、自分の体力や精神面をすり減らしながら、生活のために働いています。

とても健全な働き方とは言えません。

『仕事なんてそういうもんだ』と考える方もいますが、あなたにぴったりの仕事はこの世の中に必ず存在します。

諦めて我慢し続ける人生よりも、自分に合った仕事を見つけて、幸せな人生を送る方が絶対良いでしょう。

3.自分のベストな仕事に変える4つの方法

仕事を変えるべき人の特徴が分かったところで、さっそく今の仕事を自分のベストな仕事に変える方法をご紹介していきます。

【1.転職エージェントを活用する】

まず一つ目に、転職エージェントを活用するという方法があります。

転職エージェントは、いわば転職に関するプロフェッショナルです。

転職エージェントに登録すれば、専属のキャリアコンサルタントがあなたの適性やこれまでのキャリアを踏まえて、最適な仕事を紹介してくれます。

自分の仕事の適性について客観的なアドバイスができるのは、転職エージェントだけだと考えておいてください。

また、転職エージェントは単なる仕事紹介だけでなく、履歴書の添削から模擬面接まで、転職活動を全面的にバックアップしてくれます。

自分に合う仕事に転職するために、どういったことが必要なのか悩む方は、転職エージェントに相談してみてください。

求職者の場合、転職エージェントのサービスを無料で利用できるので、気軽に登録しましょう。

【2.無料の適職診断を受ける】

続いて、インターネット上で受けられる無料の適職診断を使ってみるのもおすすめです。

今の時代、インターネットで検索すればたくさんの適職診断を無料で受けることができます。

闇雲に自分に合う仕事を探し始めるより、こういった適職診断の結果を参考に探す方が効率的ですし、何より確実でしょう。

注意点としては、数ある適職診断の中からどれを受ければいいか分からなくなることです。

おすすめは「3分間適職診断(リクナビNEXT)」と「適職タイプ診断テスト(@type)」です。

3分間適職診断(リクナビNEXT)は、たった22の質問に答えるだけで、仕事を選ぶ上で重要視している自分の価値観や性格を教えてくれます。

名前通り3分程度で終わるため、ちょっとした隙間時間などでも受けられます。

適職タイプ診断テスト(@type)はもっとスピーディーに診断したい方におすすめで、1分程度で受けられます。

ざっくりと4つのパターンに性格を分類し、そこからさらにおすすめの仕事を4パターン紹介してくれるので、気軽に受けられるにも関わらず、かなり満足のいく結果を得られるでしょう。

【3.求人ごとに条件のマッチ度を数値化する】

気になる求人を見つけたら、なんとなくで選ぶのではなく、求人ごとに条件のマッチ度を数値化するという方法も効果的です。

一言で自分に合う仕事といっても、様々な見極める条件があります。

仕事内容はもちろん、給料や仕事の将来性、労働時間など、人によって条件は様々です。

これらの条件を求人ごとに5段階評価でポイント付けし、総合点の最も高い仕事が最適な仕事だと判断するのです。

なんとなくの感覚で仕事を決めてしまえば、後々後悔するリスクも高まります。

具体的な条件ごとに数値化してみることで、より正確に自分に合う仕事を選ぶことができるでしょう。

【4.頑張らなくても評価されることを仕事にする】

最後にご紹介するのは、頑張らなくても評価されることを仕事にするという方法です。

『好きな仕事こそが自分に合っている仕事』だと思われる方もいますが、それ以外に評価されやすい仕事というのも、あなたに合っている仕事の可能性があります。

特に自分では頑張っているつもりはなくても、気づいたら周りが評価してくれることはありませんか?

スポンサードリンク

頑張らなくても評価されるだけの結果を残せるというのは、あなたの持って生まれた才能を上手に活かせているからだと考えられます。

周りから評価されれば自信にもなり、その仕事のことが好きになるケースも多いです。

このように、初めから好きな仕事ではなくても評価されやすい仕事に従事することで、最終的にそれが自分に合う仕事になるというパターンも十分あり得ます。

4.仕事を変えるかどうか悩んだらまずは相談

ここまで仕事を変えるべき人の特徴や、自分に合う仕事に変えるための方法をご紹介してきましたが、まさに今現在、仕事を変えようかどうか悩んでいるという方もいるでしょう。

そんな方はまず一人で悩むことをやめて、近くにいる方に相談してみてください。

仮に今の会社の仕事が辛かったとしても、社内に信頼して相談できる方が一人はいるでしょう。

まずはその方に今の悩みについて打ち明けることから始めてください。

仕事に関する悩みを一人で抱え込んでも、なかなか解決できない場合が多いです。

誰かに相談することで思わぬ解決策が見つかることもあります。

『思い切って仕事を変えよう』と決断するきっかけになる可能性もあります。

もしどうしても社内の方には相談できないという方は、転職エージェントに相談すると良いです。

専属のキャリアコンサルタントが、マンツーマンであなたの今後のキャリアについてアドバイスをしてくれるでしょう。

5.仕事を変える前にやっておきたいこと

続いては、『仕事を変えよう』と決断された方向けに、仕事を変える前にやっておいてほしいことをご紹介したいと思います。

【今の仕事で実績を作る】

まず初めに、今の仕事で客観的に評価される実績を作るということです。

仕事を変えるには、転職活動をしなければなりません。

例え自分に合う仕事が見つかったとしても、特に評価できる実績のない場合、採用してもらえる可能性は低いでしょう。

大切なのは自己満足の実績ではなく、客観的に評価される実績を作るということです。

『売り上げをいくら伸ばした』『商品をいくつ売った』のように数字で示すことができれば、採用面接時にもアピールポイントになるでしょう。

仕事を変えたいと思った方の中で、特にアピールできるような実績がない場合は、まず今の会社でしっかり結果を残すことを優先してください。

【仕事に活かせる資格を取得する】

次に仕事に活かせる資格を取得することも是非やっておくべきです。

資格も転職活動をする上で分かりやすいアピールポイントになります。

また、資格は転職活動でのアピールポイントだけでなく、仕事のスキルアップにもつながるでしょう。

特に自分に合った仕事であれば、どんどんスキルアップを目指したいものです。

このように絶えずスキルを磨いていくことで、仕事のチャンスもグッと広がっていくでしょう。

【貯金する】

最後にご紹介するのは、貯金をしておくということです。

仕事を変えるためにいざ転職活動を始めたとしても、なかなか次の転職先が決まらないといったケースも起こり得ます。

今の仕事を継続しながら転職活動する場合はいいですが、仕事を辞めてから転職活動をする場合はしばらくの間無収入でも生活できるだけの貯金が必要です。

また、自分に合う仕事に転職できたとしても、すぐには今までと同じ給料が貰えないということも考えられます。

このようなリスクを考えると、仕事を変える前にある程度余裕を持って生活できる貯金をしておくと良いです。

6.仕事を変えると決めたら何をすべき?

さて、仕事を変える前にやっておくべきことについて取り上げましたが、最後に仕事を変えると決めた後の具体的な行動についてご紹介したいと思います。

【次の仕事を見つける】

まず初めにやらなければならないのは、次の仕事を見つけることです。

今回の記事でご紹介した方法を参考にすれば、きっと自分にぴったり合う仕事を見つけることができるでしょう。

特におすすめなのは転職エージェントの活用です。

転職活動は、企業のリサーチから履歴書の作成、選考日時の調整など、やらなければならないことがたくさんあります。

こういった細々とした準備も、転職エージェントがサポートしてくれるので、独自で転職活動をするよりもスムーズに進むでしょう。

何より転職のプロのアドバイスを無料で聞くことができるので、気持ちの面でも心強いです。

キャリアコンサルタントのアドバイスを参考に、二人三脚で自分にぴったりの仕事を見つけてください。

【会社に退職することを伝える】

次の仕事が決まったら、今の会社に退職することを伝えます。

ここで大切なのは、引き止められない退職理由と綿密な仕事の引き継ぎスケジュールを立てた上で、退職の旨を伝えることです。

上司に会社を辞めたいと伝えれば、ほぼ間違いなく退職理由について聞かれます。

ここで上司をうまく説得できないと、引き止められて、退職を阻止されてしまうでしょう。

おすすめの退職理由としては、挑戦したい新しい仕事があるというものです。

特に会社の悪口を言うわけでもなく、今の会社ではできない新しい仕事に挑戦したいという理由ならば、上司もなかなか引き止めることができません。

また、退職理由と一緒に準備しておきたいのが、今の仕事の引き継ぎスケジュールです。

退職するからといって、今の仕事を周りに丸投げしては、円満退社は望めません。

今の仕事のボリュームを明確にし、いつまでに誰に何を引き継ぐのかというスケジュールを提出することで、スムーズに退職できるでしょう。

【まとめ】自分に合う仕事に変えると人生が楽しくなる

なかなか自分に合う仕事を見つけられないという方も、具体的な仕事の探し方について理解していただけたかと思います。

最後に、今回の記事でご紹介した、自分に合う仕事の見つけ方をおさらいしておきます。

・転職エージェントを活用する
・無料の適職診断を受ける
・求人ごとに条件のマッチ度を数値化する
・頑張らなくても評価されることを仕事にする

こちらの4つの方法を是非試してみてください。

どれか一つの方法を実践するのもいいですが、いくつか組み合わせて試してみることで、より自分に合う仕事を見つけやすくなるでしょう。

時間に余裕がある人は、全ての方法を試してみるのもおすすめです。

日々取り組む仕事が充実すれば、驚くほど人生が楽しくなるでしょう。

『今の仕事がつまらない』『仕事はお金を稼ぐ手段として割り切ってる』という人も、今回の記事を参考に、自分に合う仕事を探してみてください。



2017年現在の今は転職の絶好のチャンスです。タイミングを逃すと転職が難しくなるのは間違いありません。

就職氷河期と比べ、好景気の今は完全な売り手市場。

企業も積極的に採用を進めており、条件面も格段にアップしています。

しかし、好景気には必ず終わりが訪れ仕事が無くなる時が必ず来ます。

実際に、『オリンピック前には状況がガラっと変わる。』と予測する専門家も少なくありません。

また、年齢とともに転職が難しくなるのは言うまでもないですよね。

将来的な転職を考えているのであれば、人生を失敗しない為にも、1日でも早く行動をする事をおすすめします。



<よく読まれている人気記事>


スポンサードリンク

-転職を成功させる方法

Copyright© , 2018 AllRights Reserved.