転職チャレンジ!〜会社を辞めたい人の為の仕事の探しとやめ方まとめ

みんなの転職体験談

日産自動車の転職求人条件と募集タイミング~面接に向けての6ポイント

更新日:

1.日産自動車の転職求人条件と募集のタイミングをご紹介!

日本の大手自動車メーカーといえば日産をイメージされる方も少なくないでしょう。規模的にはトヨタに次ぐ業界第2位の会社です。

今回はそんな日産に転職したいと考えている方向けに、日産の転職求人条件から募集のタイミングまで幅広く取り上げていきます。是非最後までご覧ください。

2.日産とはどんな会社?

日産の転職求人条件について見ていく前に、そもそも日産がどのような会社なのか紹介しておきます。

日産とは、1933年に設立された日本の自動車メーカーです。技術の日産と言われるほど高い技術力を持ち、R32スカイラインやS13シルビアなど歴史に残る名車を数多く世に送り出しました。

また、日産といえばカルロス・ゴーン氏をイメージされる方も多いでしょう。1999年、日産が経営危機に陥りルノーの傘下に入った際に最高執行責任者として経営の再建に取り組みました。

その後、日産の経営は見事V字回復し、今現在は車の販売台数でトヨタに次ぐシェア第2位となっています。

3.日産の転職求人条件

日産がどのような会社であるか分かったところで、さっそく日産の転職求人条件についてご紹介していきます。日産への転職を希望されている方は是非参考にしてみてください。

【4年制大学または大学院を卒業している方】

まず一つ目の転職条件として、4年制大学または大学院を卒業していることが挙げられます。

日産の採用ホームページをチェックすると中途採用向けのキャリアセミナーの情報が掲載されていますが、こちらのセミナーへの参加条件として4年制大学以上の学歴が必要であると記載されています。応募する際にはご自身の学歴をまず確認してみてください。

【職歴が3年以上ある方】

続いての転職求人条件は職歴が3年以上必要であるということです。

かつて技術の日産と言われるほど技術力に定評のある日産で働くには、それなりのスキルを身に付けておくことが欠かせません。

仕事のスキルが身に付くまでにかかる期間は人それぞれですが、日産が求めるスキルに達するまでには最低でも3年のキャリアが必要だということでしょう。

【国内外問わずに勤務できる方】

日産は日本の自動車メーカーの中でも特にグローバル展開を強めている特徴があります。そのため日本だけでなく海外勤務も可能であることが応募の条件になっています。

人生の中で一度は海外で自分の実力を試したいと考えている方にはぴったりの環境でしょう。一方で日本以外の国で働きたくないと考えている方は日産で働くことは難しいです。

【TOEIC600点相当以上の英語力を持っている方】

グローバルで働くということは当然求められるのが英語力です。具体的に転職者向けのキャリアセミナーに応募する条件として日産が提示しているのがTOEIC600点相当以上の英語力となっています。

英語に対してアレルギーがある方や今後英語を勉強する予定のない方は、残念ながら日産で働くことは難しいと考えておいてください。

4.日産が転職者に求めているものとは?

日産に転職するための求人条件についてご紹介しましたが、続いては日産が転職者に求めていることについて取り上げていきます。日産への転職を成功させるためには、日産がどういう人材を求めているのか知っておくことが大切です。それでは見ていきましょう。

【主体的に仕事へ取り組む姿勢】

まず一つ目に挙げられるのが、仕事に対して主体的な姿勢で取り組める人材です。つまり、仕事は会社から与えられるものだという意識で働いている方は、日産の社風には馴染めない可能性が高いでしょう。

目の前の仕事に対し、自分なりの想いを持って主体的に取り組む人材と、受け身な姿勢で取り組む人材では発揮するパフォーマンスに天と地ほどの差が出ます。

日産の採用面接ではこれまで主体的に仕事へ取り組んできた経験をしっかりとアピールしてください。

【柔軟な対応力】

日産のような日本を代表する大企業であれば、当然日々チャレンジングな仕事に取り組むことになるでしょう。このような挑戦を繰り返していればどうしても予定外のトラブルなどが起こることも十分あり得ます。

そのような緊急事態でも落ち着いて柔軟に対応できる方というのは、まさに日産が求めている人材です。日産に転職したい方は、トラブルなどにうまく対応することができるスキルも意識して磨いてください。

【チームワークを重視すること】

日産のような大企業であれば仕事も細分化されており、うまく周りと協力することで事業を動かしていきます。そのために求められるのがチームワークです。

優秀な人材であっても一人でできる仕事には限界があります。しかし、チームで協力しながら仕事を進めることで、そのパフォーマンスは圧倒的に大きくなるでしょう。そういう意味でチームワークを大事にし、周りを生かすことができる方は日産にぴったりの人材だと言えます。

逆にワンマンプレーになりがちな方は日産には向かないでしょう。日産の転職求人に応募する際には自分がどういう仕事の進め方をしがちなのか振り返ってみてください。

スポンサードリンク

【諦めずに最後までやり切る力】

根性論的な話になりますが、日産で働くのであればどんな仕事も諦めずに最後までやり切る力が求められます。

日々進歩し続けている自動車メーカーの中で生き残るために、日産は常に大きな壁に挑み続けています。当然仕事の中でも高い壁が立ちはだかることも多いでしょう。

そんな中でも諦めずに果敢にその壁に立ち向かう多くの社員の力があってこそ、今の日産があると言えます。最後までやり切る力を持てない方は、今の日産で働いてる社員達と同等に働くことは難しいでしょう。

【ロジカルな思考】

諦めない精神力だけでなく、冷静に現状を見極めロジカルに物事を考える能力も日産で成果を上げるためには当然必要です。

ロジカルな思考力はチームで仕事をする上でも周りを納得させるために求められます。感情論だけではうまくチームを動かすことは難しいでしょう。

【結果にこだわり抜くこと】

競争の激しいビジネスシーンでは、何より結果を出すことが求められるでしょう。日産で働くためにはとことん結果にこだわり抜く姿勢も大切です。

日産は日本を代表する自動車メーカーといっても過言ではありませんが、まだトップを独走するトヨタには追いつけていません。

そういう意味でもしっかりと結果を出し続けてくれる人材を求めていると考えて良いでしょう。

【英語力(TOEIC730点レベル)】

最後にご紹介するのは英語力です。具体的には社員全員にTOEIC730点レベルを目指して欲しいと言われています。

前述した通り日産は特にグローバル展開に意欲的で、採用ホームページも英語が多く使われています。こういった点からもスムーズに相手と英語でコミュニケーションが取れる人材を求めていることが分かります。

ただし、当然自己学習も必要ですが、日産としても英語の教育機会などを積極的に提供しているので自己成長意欲の高い方にはぴったりの会社だと言えます。

5.日産の転職求人の募集タイミングは?

さて、ここまで日産の転職求人条件や求める人材についてご紹介してきましたが、実際に日産はいつ転職求人を募集しているのでしょうか?こちらでは日産が転職求人を募集するタイミングについて見ていきます。

【募集するタイミングは未定?】

結論からお伝えすると日産が転職求人を募集するタイミングは未定となっています。日産の下請けや関連会社であれば募集が出ている可能性が高いですが、日産本体への転職となればかなりの狭き門になります。

また、日産のような人気企業になれば例えば一般的な転職サイトで募集をすれば応募を集めすぎてしまうため、こっそりと独自のルートで採用をしているという可能性も否定できません。

【ホームページ上にあるキャリア登録制度を活用する】

日産が行なっている独自の採用ルートとは何でしょうか?

例えば採用ホームページ上で登録できるキャリア登録制度がその一つでしょう。キャリア登録制度とは、日産の採用ページにあなた自身のこれまでのキャリア(職務経験・スキル)を登録しておくことで、あなたにぴったりの仕事が発生した際に個別でオファーが届くというシステムになっています。

そうすることでいつ募集があるか分からない日産の転職情報を何度も繰り返しチェックしにいく手間を省くことができるのです。

ただし、このキャリア登録制度も日産の採用ページから誰でも登録することができるため、かなりの人数が登録されている可能性が高いでしょう。そう考えると、たくさんの募集の中から選ばれるだけのキャリアを登録しなければいけません。難易度は変わらず高いということを予め認識しておくべきです。

6.日産に転職するなら転職エージェントの活用がおすすめ!

では具体的に日産へ転職する有効な手段はないのでしょうか?

今考えられる最も効果的な方法は、ずばり転職エージェントを活用することです。転職エージェントとは一言でいうと、あなたのキャリアや適性を見極めた上で最適な転職先を紹介してくれるサービスです。

転職エージェントを活用する大きなメリットは、一般的な転職サイトなどでは募集されていない非公開求人を多く扱っているということです。

前述したように日産のような大企業になれば、募集が集まり過ぎることを避けたり、また経営上の理由もあって一般的な転職サイトには求人を載せないことも考えられます。このような場合、こっそり転職エージェントを通して優秀な人材だけをピックアップして採用している可能性が高いです。

実際に別の自動車メーカーですが、キャリア登録制度では声がかからなかったものの、転職エージェントを通して採用が決まったという方もいます。日産も同じような採用方法を取っている可能性は十分あるでしょう。

また、転職エージェントを活用することで、専属のキャリアコンサルタントがあなたの転職をサポートしてくれます。日産に転職するための相談にも乗ってくれるでしょう。求職者は転職エージェントを無料で利用できるため、是非登録してみてください。

【まとめ】グローバルに活躍したいなら日産自動車への転職はおすすめ!

日産の転職求人条件について詳しく取り上げてきましたが、参考になりましたでしょうか?

社員の持つ高い技術力とカルロス・ゴーン氏の経営再建により今では日本の自動車メーカーとして第2位の座に位置する大企業となった日産。

特にグローバル展開に力を入れている会社でもあり、これから国境を超えてグローバルに活躍したいと考えている方にとってはもってこいの会社だと言えるでしょう。

しかし、転職者に求めている水準は非常に高いことが予想できるので、自力での転職ではなく、転職エージェントを活用することが最も効果的だと言えます。いずれ日産へ転職したいと考えているのであれば、まずは転職エージェントへ登録し、専属のキャリアコンサルタントに相談してみてください。

今回ご紹介した記事があなたのお役に立てれば幸いです。



2017年現在の今は転職の絶好のチャンスです。タイミングを逃すと転職が難しくなるのは間違いありません。

就職氷河期と比べ、好景気の今は完全な売り手市場。

企業も積極的に採用を進めており、条件面も格段にアップしています。

しかし、好景気には必ず終わりが訪れ仕事が無くなる時が必ず来ます。

実際に、『オリンピック前には状況がガラっと変わる。』と予測する専門家も少なくありません。

また、年齢とともに転職が難しくなるのは言うまでもないですよね。

将来的な転職を考えているのであれば、人生を失敗しない為にも、1日でも早く行動をする事をおすすめします。



<よく読まれている人気記事>


-みんなの転職体験談

Copyright© , 2018 AllRights Reserved.