転職チャレンジ!〜会社を辞めたい人の為の仕事の探しとやめ方まとめ

みんなの転職体験談

アパレル企業に転職成功!人生を充実させるためには、いい職場を選ぶこと

更新日:

インターンシップでお世話になった会社に就職したけど3年半で退職

専門学生時代、3年生と4年生の時に2回、計3ヶ月インターンシップでお世話になった会社に正社員として入社しました。

インターンシップ先には絶対行きたくないという同級生が多かった中、3ヶ月インターンシップしてみてそんな風には一度も思わなかった為、ごく当然に受け、採用して頂きました。

お給料が安いことはインターンシップ時に先輩に聞いて知っていましたが、まずは3年頑張ろうと思っていました。

結果的には、3年半勤めて辞めました。

一番の原因はお局様の存在です。

インターン時とは違う部署に勤務になり、そこはそのパートのおばさんが牛耳っている部署でした。

その人がいなければ、今でも勤めていたかもしれないと思うほどです。

内容は省略しますが、とにかくその人と同じ空間で働くのが苦痛で、ストレス性の蕁麻疹を発症していました。

職場の人間関係がいいところに転職したいけど、内情を知るすべがない

目安にしていた3年を経過し、このままずるずる続けていては、人生の半分以上を損してしまうと思い、転職活動に踏み切りました。

一人暮らししていたことや、親のことを考えるとすぐに辞めることは出来ず、次の会社を決めてから辞めようと思いました。

泣くほど会社に行きたくない日もありましたが、次を決めて辞めてやるんだ!と思えば、なんとか勤め続ける事が出来ました。

まずは転職サイトに登録し、転職先を探しました。

収入、勤務地、残業、社風・・・自分はアパレルの専門職でしたが、アパレル業界に未練はありませんでした。

しかし、専門学校しか出ていない自分を、その業界以外の会社が受け入れてくれるのか。

仮に受け入れてくれる会社があったとして、自分にその仕事が出来るのか。

また、自分が会社を辞めたい一番の理由は人間関係でしたが、必ずしも次の職場の人間関係が良いかはわかりません。

ある程度の雰囲気はつかめたとしても、実際には勤めてみるまではわからないでしょう。

本当は、自分に堪え性がないだけで、どこへ行ってもダメなのかもしれない、という不安も常にありました。

それでも、出来れば今より通いやすいところ、サービス残業はないところ、お給料が良いところが良いという欲もあり、妥協したくない部分と、どこで折り合いをつければ良いのか、悩みながらの転職活動でした。

転職先として選んだのは学生時代の友人から紹介されたアパレル企業

結局、いくつか受けて落ちたところで、専門時代の友人の紹介で、別のアパレル企業に勤めることになりました。

スポンサードリンク

知っている業界だし、何より友人がいてくれる、という安心感があった反面、だからこそ友人に迷惑をかけないようしっかりと働ける人材でなければいけない、もし友人と仲がわるくなってしまったり、上手くやっていけなかったらどうしようという不安もありました。

しかし、一番の決め手もやはり『友人が紹介してくれた』ということです。

私は、以前勤めていた会社を友人に紹介しようとは到底思えません。

(紹介したとしたら、それは友人ではなく嫌いな人でしょう。)

それくらい、『人に自分の会社を勧められるってとてもすごく、良いことだな』と思ったのです。

もちろん、良くない部分もあらかじめ教えてもらっていましたが、それでもメリットの方が大きいと思えました。

それに、友人に紹介されたのだから、もし上手くいかなくても、やれるだけやってみよう、という前向きな気持ちになれたのです。

転職して正解!人生の大半を費やす仕事で我慢をしすぎるのは良くない!

結果的に、私の転職は成功でした。

友人の紹介なんて参考にならないと思われるかもしれませんが、転職活動で一番大切なのは、やはり会社のことを良く知ることだと思うのです。

求人情報には載っていない、実際に働いている人の本音。

転職活動中に、私も以前勤めていた会社の求人情報をみましたが、やはり求人サイトには良い部分を誇張して載せています。

人材が欲しいのだから当たり前ですが、裏の部分、良くない部分は求人サイトからは知る事が出来ません。

今は、実際に勤めていた方が記入する会社の評判やクチコミのサイトもありますから、そういったサイトを利用するのも良いと思います。

全部が全部事実ではないでしょうし、部署や職種によって違うということもたくさんあるとは思いますが、出来るだけたくさんの情報を知って、その中で自分の求める条件と照らし合わせていくのが良いと思います。

転職してから、気持ちが随分と軽くなりました。

プレッシャーもありましたが、プラスになったことの方が多いです。

わからないことを気軽に聞ける先輩は、友人だけではありません。

皆気さくで優しい人ばかりです。

朝泣くほど会社に行くのが嫌な日もありません。

サービス残業もなく、家に帰ってから自分の時間も確保出来ています。

気持ち的にも、時間的にも余裕が出来ました。

何故、あんなに嫌な会社に勤めていたんだろうと、今では不思議に思います。

人生の7割くらいは仕事に費やしている人が殆どだと思います。

仕事が充実していることは、人生の充実に繋がると、強く感じています。

悩んでいる方に是非良い転職先が見つかると良いなと思います。



2017年現在の今は転職の絶好のチャンスです。タイミングを逃すと転職が難しくなるのは間違いありません。

就職氷河期と比べ、好景気の今は完全な売り手市場。

企業も積極的に採用を進めており、条件面も格段にアップしています。

しかし、好景気には必ず終わりが訪れ仕事が無くなる時が必ず来ます。

実際に、『オリンピック前には状況がガラっと変わる。』と予測する専門家も少なくありません。

また、年齢とともに転職が難しくなるのは言うまでもないですよね。

将来的な転職を考えているのであれば、人生を失敗しない為にも、1日でも早く行動をする事をおすすめします。



<よく読まれている人気記事>


-みんなの転職体験談

Copyright© , 2018 AllRights Reserved.