転職チャレンジ!〜会社を辞めたい人の為の仕事の探しとやめ方まとめ

会社への不満解決策

歯科衛生士の資格を生かした転職遍歴!歯科クリニックはお局に注意?!

更新日:

1、いしづか歯科クリニックで歯科衛生士を務める

いしづか歯科クリニック。

開業2年の時に入社して、お局スタッフ1人、その他パート含めて4人いました。

まず人間関係が辛かったです。

お局さんが入社して2週間、社会人2週間の私に「あなたの話し方は社会人らしくない。小さい子どもに話しかけているようなしゃべり方だから失礼。止めなさい。」と言われました。

この時点で心が折れた為、いしづか歯科は半年で退社しました。

転職する時にした事はとにかく求人誌を読み漁って家から車通勤も含めて30分以内で通える所を探しました。

2、かきはら歯科に歯科衛生士として転職

こちらの歯医者は先生も特に怒らないし、他のスタッフも歯科助手しかいなかったので、仕事はやりずらくなく、長続き出来るかなと思ったのですが、そこに通っている業者の男性関係でいざこざがあり、この男性が同じ職場の別の女性にもお付き合いを持ちかけていて、それがみんなにバレて、もう一人の女性スタッフは退社し、その流れで同じ職場でこのいざこざを知っているスタッフ達と仕事していくのが辛くなったのと、この男性に自分の会社の事務仕事をしてみないかと持ち掛けられた事で、別の仕事をしてみたくなり辞めました。

約2年勤めました。転職する時には、一旦歯科衛生士から離れたかったのと、事務職に興味があったので、事務を中心に仕事を探しました。

3、非常勤事務として開発建設部で働いた

非常勤でしたが、開発建設部というところで1年働いていました。

この職場に入れたのは、自分の父親がここで勤めていたからで、コネで入れたと思っています。

未経験だと、他の事務職はなかなか厳しく、まずは経験を積んでみようと思いここに勤めました。

ここの事務仕事は、本当に基本的なことが出来れば誰でも出来るところで、ただ仕事がほとんど無いので、毎日暇でした。

職場の人たちはおじさんばかりなので、自分にはとても優しくしてくれたので、その点は楽しかったです。

契約更新も出来たのですが、あまりに暇なのと給料がパートの給料だったので、生活していけなかったので、辞めました。

3、LSIで電話会社の受電業務を3年

LSIという会社。某電話会社の受電業務をしていました。

約3年近く居たと思います。

仕事は精神的には追い込まれるし、目も疲れるし、体も同じ体勢で仕事をし続けなければいけなかったので、辛い部分はありましたが、人間関係も良好で休みも比較的取りやすかったので良かったのですが、その時に付き合っていた彼氏が歯科衛生士をしている姿を見てみたいと言って来たので、また衛生士として働いてみようかなと思い転職しました。

スポンサードリンク

後は周りで働いているスタッフ達がせっかく資格があるのに、話が出来れば務まるコールセンターの仕事を続けているのは勿体無い、ここの会社には未来が無いと思う。

社員なのに、ボーナスほとんど無いし。

という話を聞いていたので、このままこの会社で働いていく事に不安を覚えて転職を決意しました。

この会社に在籍している時に歯科衛生士の仕事を探していたので、退職する旨を伝える前に次の職場が決まってしまい、とても迷惑をかけてしまいました。

4、歯科衛生士に復帰!札幌口腔科クリニックへ転職

ここは変わった先生で治療の仕方はとても共感できるのですが、ちょっと高飛車というか固定観念が強すぎることと、スタッフに対してセクハラをしてくるので、ここに勤めているスタッフは大体先生とソリが合わず1年未満で辞めてしまうという場所でした。

勤めて居た時に居たスタッフは、年も近く同じ境遇を味わっているので、とても仲が良くこのメンバーで働いていくならずっと勤めていけると思ったのですが、スタッフの一人が賃金交渉をしたところ、給料を上げる程働いていないだろうと言われ、3年経っても1円も上がらなかった為にここで働いていくのは無理だと、自分達に伝えてきたので、一人が欠けてしまうなら、ここでは働けないと思いみんなで揃って退社しました。

次に働く所を探すのと平行して結婚する予定も組み込まれていて、旦那が市外に転勤になる可能性があった為、同じ歯科衛生士の仕事を探せなかったので、派遣の登録をして短期の仕事でつなげて行ってました。

5、派遣での臨時でショップジャパンのコールセンターに1ヶ月勤務

1ヶ月程、派遣の仕事で結婚の予定があり、旦那の職場がどこになるかわからなかった為短期で仕事をしました。

この仕事は電話があるときは本当に忙しいのですが、無い時はずっとショップジャパンのHPや、テレビショッピングのTVを観て商品の勉強をするという作業しかなかったので、本当に眠たく辛い仕事でした。

たったの1ヶ月しか在籍していませんが、もう二度と行きたくない職場です。

6、結婚後はパートでまこまないファミリー歯科クリニック

結局市外への転勤は無かった為、結婚後パートとして勤務しました。

年齢が近いスタッフも居たし、働きやすい環境でしたが、やはりお局のスタッフはいるもので、しかも歯科助手でした・・。

その点だけはいつまでも納得していない点です。歯科助手なのに、主任。

妊娠した為10ヶ月で退社しました。



2017年現在の今は転職の絶好のチャンスです。タイミングを逃すと転職が難しくなるのは間違いありません。

就職氷河期と比べ、好景気の今は完全な売り手市場。

企業も積極的に採用を進めており、条件面も格段にアップしています。

しかし、好景気には必ず終わりが訪れ仕事が無くなる時が必ず来ます。

実際に、『オリンピック前には状況がガラっと変わる。』と予測する専門家も少なくありません。

また、年齢とともに転職が難しくなるのは言うまでもないですよね。

将来的な転職を考えているのであれば、人生を失敗しない為にも、1日でも早く行動をする事をおすすめします。



<よく読まれている人気記事>


-会社への不満解決策

Copyright© , 2018 AllRights Reserved.