転職チャレンジ!〜会社を辞めたい人の為の仕事の探しとやめ方まとめ

会社への不満解決策

会社辞めたい病が深刻になる前に今すぐ転職を考える3つの理由と方法

更新日:

1.会社辞めたい病を軽く見てはいけない!

ビジネスパーソンであれば、『仕事に行きたくない』『会社をやめたい』といった会社辞めたい病を一度は経験するでしょう。

『会社を辞めたいだなんて甘えるな』と一括する方もいますが、この会社辞めたい病を甘く見てはいけません。

今回はそんな会社辞めたい病が深刻化する前に転職を考えるべき理由についてご紹介していきます。

先に理由についてまとめておくと、以下の3点が挙げられるでしょう。

・ストレスを抱え込みすぎて身体を壊す可能性があるから
・あなたにぴったりの仕事や会社はきっと見つかるから
・転職することで会社辞めたい病が改善されることも多いから

『会社を辞めたくて仕方がないけど我慢した方がいいの?』『会社辞めたい病を克服したいけどどうすればいい?』

このような疑問をお持ちの方にはぴったりの内容になっていますので、是非最後までご覧ください。

2.会社辞めたい病が起こる原因とは?

【1.職場の人間関係が悪い】

会社辞めたい病を引き起こす大きな原因の一つに、職場の人間関係が悪いというものが挙げられます。

人間関係によるトラブルはどの会社でも起こり得ます。

相手の性格的な要素が大きく関わり、自分の力ではどうすることもできないケースも多いため、結果として退職する方が多くなるのです。

【2.仕事内容が自分に合っていない】

単純に今の仕事が自分に合っていないからという原因も考えられます。

一般的には一日8時間、週5日は仕事に時間を費やす必要があるため、仕事内容が自分に合っていないとかなり大きなストレスを抱えることになるでしょう。

特に20代などの若い世代であれば、これから長く働くことを考えて、自分に合った仕事へ転職する方も少なくありません。

【3.仕事に見合った給料が貰えない】

働く上でお金がモチベーションになっている方も多いでしょう。

そんな方にとって、自分の仕事に見合った給料がもらえなかった場合、大きな不満につながることは言うまでもありません。

自分のスキルに自信がある方ならなおさら今の会社をさっさと辞めて転職するでしょう。

【4.長時間労働が常態化している】

慢性的な長時間労働で身体や心が疲れ切っている方も、会社辞めたい病にかかりやすい傾向があります。

『仕事している時が一番幸せ』といった方でない限り、十分な休息が取れないまま働き続けることは、身体を壊すことにつながりかねません。

最悪の場合、過労死や過労自殺などに至るケースもあります。

このようなケースを避けるためにも、本能的に会社を辞める選択を取る方が多いのです。

【5.性格が社風に合わない】

最後にご紹介するのが、会社の社風が自分の性格に合っていないという理由です。

例えば、『入社してみたらゴリゴリの体育会系な雰囲気で、おとなしい性格の自分は周りに馴染めなかった』というケースなどが挙げられるでしょう。

社風と性格が合っていなければ、会社の方針についていけないだけでなく、気の合う仲間もできにくいでしょう。

徐々に居場所がなくなり、最終的に会社辞めたい病を発症してしまうのです。

3.会社辞めたい病を発症した時に試したい克服方法

『会社辞めたい病を発症してしまったけど、可能なら克服したい』

このような悩みを抱えている方も多いでしょう。

こちらでは、そんな方のために会社辞めたい病を克服したい時に試して欲しい方法をご紹介していきます。

【1.なぜ会社を辞めたいのか理由を明確にする】

まず初めに試していただきたいのは、なぜ会社を辞めたいのかという理由を明確にすることです。

それは職場に苦手な方がいるからかもしれませんし、単純に仕事がつまらないからかもしれません。

会社を辞めたいと思う理由がはっきりすると、それに合わせた改善策を実施できる可能性があります。

例えば、職場の人間関係が理由なら別のチームへの異動を申し出るなど、状況を改善するための行動を取ることができるでしょう。

【2.自分の今後のキャリアについて考えてみる】

会社を辞めるかどうかを判断する際に、会社に残るメリットが何かを考えてみましょう。

会社に残ることが、自分の今後のキャリアにプラスになるのであれば、会社辞めたい病を解消するきっかけになる可能性もあります。

一時的な感情に流されるのではなく、冷静に将来について考えた上で結論を出すことをおすすめします。

【3.尊敬できる人に相談してみる】

会社辞めたい病を発症した際に絶対避けたいのが、一人で悩みを抱え込んでしまうことです。

会社を辞めたいと悩んでいる時は、考えもネガティブになりがちで、自分を客観視できなくなることも少なくありません。

その時の感情だけで退職し、後で後悔したという方も実際にいます。

会社内に尊敬できる人がいれば、思い切って相談してみましょう。

会社辞めたい病を改善するためのアドバイスを貰える可能性もあります。

【4.イキイキと働いている社員の話を聞く】

冷静に周りを見渡してみると、あなたが辞めたいと思っている会社でイキイキと働いている社員もいるでしょう。

そんな方に一度話を聞いてみるのも効果的です。

『イキイキと働けている理由は何なのか?』『自分とは何が違うのか?』など、どうすれば自分もイキイキと働けるようになるのかヒントを貰ってください。

実行できそうなポイントがあれば、すぐに試してみましょう。

【5.仕事を何でも引き受けない】

会社辞めたい病にかかる方の中には、真面目すぎる性格の方が意外と多いです。

そんな性格が災いし、仕事を一人で抱え込みすぎてしまうことで疲弊し切っているのです。

このようなケースを防ぐためには、単純に仕事を何でも引き受けないようにすることが重要でしょう。

仕事を頼まれた際に、それは本当に自分がやるべき仕事なのか見極める癖をつけるだけでも、疲弊による会社辞めたい病を防ぐことができるのです。

【6.会社を辞める自分なりの条件を設定する】

会社辞めたい病を発症した段階では、まだ会社を辞めるという意思が固まっていないため改善できるチャンスはあります。

そんな中で試していただきたいのは、会社を辞める自分なりの条件を設定することです。

例えば、『次の人事評価で昇格しなければ辞める』『次の人事異動で希望の部署に行けなかったら辞める』といったものが挙げられます。

会社を辞めるためのラインを明確に引いておくことで、そこまでは頑張ろうという気持ちが湧いてくるでしょう

【7.思い切って長期休暇を取る】

仕事の頑張りすぎが原因で会社辞めたい病を発症した場合、思い切って長期休暇を取ることも有効です。

身体と心が疲れている時は、発想もネガティブになりがちなので、会社辞めたい病を発症しやすくなります。

長期休暇を取って、身体と心をリフレッシュすることで、改めて仕事を頑張る活力が湧いてくるでしょう。

会社辞めたい病は、身体と心が休息を求めているサインでもあるのです。

【8.会社を辞めた後の生活を想像してみる】

次の転職先が決まっていない状態で会社を辞めてしまうと、ほとんどの方は経済的に苦しい思いをすることになるでしょう。

そのような生活を想像してみると、会社を辞めたいという気持ちに変化が出る可能性があります。

特に家族を養っている立場の方であれば、家族を苦しめたくないという思いから、会社辞めたい病を克服できるでしょう。

守らなけれないけないものがある方は、まっ先に試していただきたい方法です。

4.会社辞めたい病が深刻化する前に転職を考えるべき3つの理由

会社辞めたい病を克服する方法を実践しても変化がなかった場合、早めに転職活動を始めるべきです。

こちらではその理由について詳しく見ていきます。

スポンサードリンク

【1.ストレスを抱え込みすぎて身体を壊す可能性があるから】

会社を辞めたいというストレスを決して甘く見てはいけません。

ズルズルと今の会社に残り続けることで、最終的に身体を壊してしまう危険もあります。

うつ病などの精神的な疾患に発展した場合、採用してくれる企業も少なくなるため、転職難易度がグッと高まってしまいます。

早めに行動に移さないと今の会社から抜け出せなくなってしまうでしょう。

【2.あなたにぴったりの仕事や会社はきっと見つかるから】

会社辞めたい病を発症しながらも、『自分に合った仕事や会社が分からない』と悩む方も少なくありません。

ただし、結論から言うと、あなたにぴったりの仕事や会社は見つけることができます。

それには正しい転職活動を行う必要があるのです。

具体的な転職方法については、次の章で詳しくご紹介します。

【3.転職することで会社辞めたい病が改善されることも多いから】

人が環境から受ける影響は想像以上に大きいものです。

そのため思い切って転職すると、嘘かのように会社辞めたい病が改善したという方も少なくありません。

とにかく早く会社辞めたい病から解放されたいという方は、今すぐに転職活動をスタートさせましょう。

5.会社辞めたい病が発症した方の転職方法

転職と言っても具体的にどのような方法で行えば良いのでしょうか?

おすすめの方法をこちらでご紹介します。

【転職エージェントを活用する】

転職を成功させる上で、マストで活用したいのが転職エージェントです。

転職エージェントを使うことで、あなた専属のキャリアアドバイザーがマンツーマンであなたの転職をサポートしてくれます。

会社辞めたい病の原因について、キャリアアドバイザーと話し合うことで、そのような病とは無縁の会社を紹介してくれるでしょう。

また、応募書類の添削や面接対策なども行ってもらえるため、自力で転職活動するよりも内定を獲得しやすいとも言えます。

求職者の場合、無料で転職エージェントを使えるので、是非気軽に登録してみてください。

6.会社辞めたい病がきっかけで転職する際の注意点

【次の転職先を見つけてから退職する】

転職活動する際の注意点として必ず守りたいのが、次の転職先を決めてから退職するということです。

転職エージェントを使ったとしても、すぐに転職先が見つかるという保証はありません。

転職先が決まる前に退職すると、『早く転職先を決めないと生活できなくなる』という精神的なプレッシャーが変な焦りを生み、面接などで自分の力を発揮できないといった悪影響を及ぼすのです。

ただし、うつ病に近い症状が出ているなど、今すぐにでも会社を辞めないとこれ以上耐えられないといった方は、例外ですぐにでも退職すべきです。

このような方はすぐに転職活動をするのではなく、まずは休息を取って身体の調子を元に戻すことから始めましょう。

7.会社辞めたい病を社会人1年目で発症したらどうする?

会社辞めたい病を発症するのは、社会人経験の長い人ばかりではありません。

意外と多いのが社会人1年目で発症するケース。

このような場合どのような対応をすべきか、こちらでご紹介していきます。

【早めに転職活動をスタートするべき】

結論から言うと、早めに転職活動を始めるべきです。

なぜなら、社会人1年目の場合、第二新卒枠として採用してくれる企業が多いからです。

日本の企業の中には、長期的な人材育成を目指している企業も多いため、若さは転職活動の際に大きな武器になります。

早めに転職エージェントに登録し、キャリアアドバイザーのアドバイスを受けながら、理想の企業に転職しましょう。

8.トラブルなく円満退社する具体的なステップ

転職するということは、今の会社を退職するということです。

会社辞めたい病を発症したとは言え、一度はお世話になった会社なので、できれば円満退社を目指したいでしょう。

特に同じ業界で転職活動する際には、ケンカ別れすると何かと不便です。

こちらではトラブルなく今の会社を円満退社できる方法について見ていきます。

【1.退職理由を考える】

どんな会社であっても、退職の際に必ずと言ってよいほど聞かれるのが退職理由です。

そこでまず初めに退職理由についてしっかりと準備しておきましょう。

ポイントは、『給料が低い』『仕事内容がつまらない』『職場の人間関係が悪い』などの、会社を悪者にするような理由を使わないことです。

このような理由を使ってしまうと、場合によっては『給料アップを検討するから残ってくれ』『部署を異動させるから残ってくれ』と引き止めに合う可能性があります。

こちらが挙げている退職理由を解消してもらえるとなれば、なかなか退職しにくくなります。

おすすめは『新しく挑戦したい仕事ができた』というような、自分を軸とした退職理由を伝えることです。

このような理由であれば、会社としても認めざるを得ないでしょう。

【2.退職スケジュールを作る】

退職理由を準備できたら、続いて具体的な退職スケジュールを作ります。

退職スケジュールを作る際には、まず退職希望日を設定し、そこから逆算しながらいつ転職活動をスタートさせるのか、仕事の引き継ぎにかかる期間はどれくらいか、いつ上司に伝えるのか、といったスケジュールを引いていきましょう。

一般的に転職活動にかかる期間は、おおよそ3〜6ヶ月と言われています。

上司へ退職したいことを伝えるのは、少なくとも退職希望日の2ヶ月前までに行いましょう。

これらの項目を一つずつスケジューリングしながら、計画を立ててください。

【3.転職先を決める】

退職までのスケジュールが作れたら、上司に相談する前に転職先を決めましょう。

これは上司からの引き止めを防ぐ効果もあります。

上司へ退職することを伝える際に『もう次の転職先が決まっている』と伝えれば、さすがに引き止められることはないでしょう。

転職先を見つけるのは、前述した通り転職エージェントを活用してください。

事前に用意しておいた退職スケジュールを担当のキャリアアドバイザーに見せて、期間内で転職先を見つけられるように進めてください。

【4.上司に辞めることを伝える】

無事に転職先が決まったら、いよいよ上司に退職することを伝えましょう。

ここでは事前に準備しておいた退職理由と、自分の仕事の引き継ぎスケジュールを伝えてください。

上司としては、あなたがいなくなった分の仕事をどう穴埋めするか考えることに頭を使うので、しっかりと引き継ぎの準備をしていることを伝えるとかなり好印象になります。

ただし、注意すべきは少しでも悩むような素振りを見せないことです。

このような素振りを見せれば、まだ可能性があると見て全力で引き止めに来ます。

毅然とした態度で、自分の気持は変わらないことを伝えましょう。

【5.引き継ぎを行う】

上司への報告が済んだら、さっそくスケジュールに沿って仕事の引き継ぎを進めていきます。

ここはできるだけ丁寧に行ってください。

引き継ぎ方が雑だと、転職した後に仕事のことで転職先に連絡が入る可能性もあります。

また、仕事を丸投げして退職しようとしているというレッテルを貼られてしまい、円満退社どころではなくなるでしょう。

【6.お世話になった方へ挨拶回りを済ませる】

仕事の引き継ぎが終われば、ほぼ退職の準備は整ったといっても過言ではありません。

最後に、今までお世話になった方へ挨拶回りをしておくと、周りもあなたを気持ち良く送り出してくれるでしょう。

可能な限り直接挨拶しに行くことをおすすめします。

その際には、ちょっとしたお菓子などを贈ると良いでしょう。

転勤や退職などで直接挨拶できない方には電話で退職することを伝えてください。

【まとめ】会社辞めたい病は誰にでも起こる

会社辞めたい病を引き起こす原因は人それぞれですが、一つだけ言えるのは誰にでも起こりうるということです。

症状が初期の頃であれば、自分なりの克服法で改善できる可能性もありますが、なかなか症状が改善しない場合は思い切って転職することをおすすめします。

最後にもう一度、会社辞めたい病が深刻化する前に転職すべき理由についておさらいしましょう。

・ストレスを抱え込みすぎて身体を壊す可能性があるから
・あなたにぴったりの仕事や会社はきっと見つかるから
・転職することで会社辞めたい病が改善されることも多いから

会社辞めたい病はあなたの身体と心の声でもあるので、決して甘く見ずに、しっかりと向き合うようにしてください。



2017年現在の今は転職の絶好のチャンスです。タイミングを逃すと転職が難しくなるのは間違いありません。

就職氷河期と比べ、好景気の今は完全な売り手市場。

企業も積極的に採用を進めており、条件面も格段にアップしています。

しかし、好景気には必ず終わりが訪れ仕事が無くなる時が必ず来ます。

実際に、『オリンピック前には状況がガラっと変わる。』と予測する専門家も少なくありません。

また、年齢とともに転職が難しくなるのは言うまでもないですよね。

将来的な転職を考えているのであれば、人生を失敗しない為にも、1日でも早く行動をする事をおすすめします。



<よく読まれている人気記事>


-会社への不満解決策

Copyright© , 2018 AllRights Reserved.