転職チャレンジ!〜会社を辞めたい人の為の仕事の探しとやめ方まとめ

会社への不満解決策

仕事を変えたいと思ったらするべき事7選~環境や職種で人生は変わる

更新日:

スポンサードリンク

1.仕事を変えたいと思ったらまず何をすべき?

社会人として働かれている方であれば一度は今の仕事を変えたいと思ったことがあるのではないでしょうか?しかし、いざ仕事を変えたいと思っても何から手をつければ良いのか分からない、そんな方も意外と多いです。

今回はそんな仕事を変えたいと思うけど、まず何をしたら良いか分からない方向けに準備すべきことをまとめてご紹介していきます。是非参考にしてみてください。

2.仕事を変えたいと思う人が押さえておくべき注意点

まず初めに仕事を変えたいと思う人がやるべきことは、仕事を変えることのリスクについて知ることです。仕事で何か嫌なことがあり、その場の感情で仕事を辞めてしまう方がたまにいらっしゃいますが、後々後悔するケースも少なくありません。

まずは仕事を変えることによるリスクを把握し、本当に自分は仕事を変えるべきなのかどうか判断してください。それではさっそく見ていきましょう。

【今よりも収入が落ちる可能性がある】

まず初めに押さえておかなければいけないのは、今よりも収入が落ちる可能性があるということです。今の仕事を辞めて転職し、収入がアップすることも当然ありますが、その逆の可能性も考えておくべきです。

ある程度の貯金があったり、パートナーの収入などで家計的に余裕があるならば問題ありませんが、もし金銭的に余裕がない場合はあなたが仕事を変えることによって生活がままならなくなるケースも想定されます。

このお金に関するリスクはあなただけでなく家族も巻き込むことになるため、しっかりと見極めることが大切です。

【スムーズに転職活動が進まない可能性がある】

続いて考えておくべきリスクは、スムーズに転職活動が進まない可能性があるということです。今の仕事が嫌になり転職活動を始めたものの、なかなか次の転職先が決まらないというのはよく起こりがちなパターンです。

特に年齢が若ければ何とかなるだろうと楽観的に考えがちですが、現実はそう甘くはありません。自分自身の転職市場価値を知らないまま勢いに任せて仕事を辞めてしまうと、後で取り返しのつかないことになる可能性もあります。

仕事を変えたいと思ったら、まずは今の自分のスキルや経験を整理してみてください。そして客観的にみて次の転職先が見つかりそうかどうか判断することが大切です。

【より職場環境が悪化する可能性がある】

今の職場環境に嫌気がさし、仕事を変えたいと思っても、次の職場環境が今よりも良くなるとも限りません。仕事は実際に働いてみないと分からない部分も大きいです。そういう意味でいうと、むしろ今よりも職場環境が悪化してしまう危険性も考えておくべきです。

事前に転職先の職場環境をリサーチしようとしても限界があります。仕事を変えるということは、ある意味このような博打的な要素も含むということを知っておくべきでしょう。仕事を変えれば全てうまくいくという考えは甘いのです。

3.仕事を変えたいと思ったらまずするべき事7選

仕事を変えたいと思う方が知っておくべき注意点についてご紹介しましたが、それでも今の仕事を変えるという選択をされる方はこちらでご紹介する7つの準備を進めましょう。スムーズに仕事を変える上では事前の準備が欠かせません。是非参考にしてください。

【家族に相談する】

もしあなたが結婚して家族を持っている身であれば、あなただけの判断で仕事を変えることは難しいでしょう。あなたの収入が家族の生活を支えている場合は尚更です。

仕事を変えたいと思った時に何より先にやるべきは自分の大切な家族に相談することです。今の自分の気持ちを素直にぶつけて理解してもらってください。家族に内緒で仕事を変えてしまうと、トラブルの原因になってしまいます。

特に今後の生活面をどう保障していくのかが大切なポイントになってくるので、その点については事前に自分の考えをまとめておくべきです。

何の考えもなしに仕事を変えたいと言ってもほとんどの場合は却下されるでしょう。しっかりと今後の生活のことも考慮した上で、相談を持ちかけるようにしてください。

【今の仕事で実績を作る】

仕事を変えるということは、転職活動を行うということです。そして転職活動を行う上で企業が重視するのはあなたの実績でしょう。

新卒採用のようにこれからキャリアを積んでいくような場合は、ポテンシャルの高さを見て判断しますが、実際にビジネスパーソンとして働いていた方の場合は、前職での実績が大きな判断材料になります。

仕事を変えたいと思ったら、今の会社で誇れるような実績を作りましょう。できれば誰が見ても分かりやすいように、客観的な数字で示せるような実績が好ましいです。

例えば、売り上げをいくら上げたとか、商品をいくつ売った、といったような数字で示せる実績の方が説明する時に説得力が増すので意識してみてください。

【なぜ仕事を変えたいと思ったのか原因を明確にする】

根本的な話ですが、そもそもなぜ仕事を変えたいと思ったのかという原因を明確にすることも大切です。なぜなら理由を明確にしないまま転職すると、また同じようなミスを繰り返してしまう危険があるからです。

いくつか理由がある場合は特に仕事を変える決め手になったものを明確にしてください。理由をたくさん挙げ過ぎてしまうと、今度は逆に転職先の会社の条件を絞り込み過ぎてしまい、なかなか転職活動がうまくいかなくなる危険があります。

どうしても譲れない条件を明確にすることで、納得のいく新しい仕事を見つけることができるでしょう。

【仕事を辞めた後に何をするか考える】

当然ですが、仕事を変えると決めたならば、今の仕事を辞めた後に何をするのかについて事前に考えておくべきです。具体的には前述したように別に会社に転職するのか、しばらく休養するのか、何かを学びに学校に通うのか、などが挙げられます。

特にその場の勢いに任せて仕事を辞めてしまった方などは辞めた後のことを考えていないケースが多く、無駄な時間を過ごしてしまいがちです。貴重な時間を有意義に使うためにも事前に仕事を辞めた後にどういう行動をとるのか、しっかりと計画を立てておくことが重要でしょう。

【転職エージェントに登録する】

もし仕事を辞めた後にすぐ転職活動を始めるのであれば、まず転職エージェントに登録することをおすすめします。転職エージェントに登録することで、専属のキャリアコンサルタントがあなたのスキルや経験、適性を見た上で最適な転職先を紹介してくれます。

転職活動をする上で自分自身の転職市場価値を知ることも大切です。転職エージェントを利用すれば、キャリアコンサルタントがあなたのスキルや経験をもとにどれくらいのレベルの会社が最適なのか教えてくれます。

自分一人で転職活動を始めてしまうと自分の転職市場価値を見誤ってしまい、明らかにスキルの届かない会社に応募し続けてしまったり、逆にもっと待遇の良い会社を狙えるにも関わらず、その一歩手前で転職活動を終えてしまったり、なんてことにもつながりかねません。

転職活動を成功させたいのであれば、転職のプロである転職エージェントを上手に活用すべきです。求職者は最初から最後まで無料で利用できるので、是非試してみてください。

【仕事を辞めるための準備を始める】

仕事を変えたいと思ってもすぐに今の仕事を辞められるわけではありません。仕事の引き継ぎなど、辞めるための準備を始めましょう。

具体的には、まず仕事を変えたいと思った理由を端的にまとめて、なるべく早く上司に相談してみてください。ここで大切なのが、会社を非難するような退職理由を伝えないようにすることです。もし会社を非難するような退職理由である場合、言われる側も気持ちの良い話でない上に、引き止められる可能性があります。

例えば、会社の給料が安いという理由であれば、待遇の改善を検討するから残って欲しいと言われれば、会社を辞める理由がなくなってしまいます。退職理由に関しては、新しく挑戦したい仕事ができた、などの誰も傷つけないポジティブな理由にしましょう。

また、上司に相談するタイミングで今の自分の仕事についてもしっかりと整理しておくべきです。引き継ぎの手順書などをあらかじめ作っておいて、引き継ぎにどれくらいの時間がかかるのかといった部分まで説明できれば大丈夫です。あとは、上司と相談しつつ退職日を決めていくと良いでしょう。

【クレジットカード作りやローンが必要な買い物は先に済ませておく】

最後にご紹介することは、クレジットカード作りやローンが必要な買い物を先に済ませておくということです。ご存知の方も多いと思いますが、クレジットカードの作成やローンを組むことは仕事をしている状態でないと信用されにくいため難しくなります。

また、無事に転職したとしても、転職後すぐの状態でも難しい場合があります。そのため、もしクレジットカードの作成やローンを使った買い物の予定がある場合は、仕事を辞める前に全て済ませておくことが重要です。意外と見落としがちなポイントなので、事前にしっかり確認してください。

4.仕事を変えたいと思うよくある理由

スポンサードリンク

仕事を変えたいと思ったらすぐにやるべきことについてご紹介してきましたが、続いては仕事を変えたいと思う理由について触れていきます。特によくある理由をピックアップしておりますので、自分の理由と照らし合わせてみてください。

【仕事内容が好きになれない】

まず初めにご紹介するよくある理由として、単純に仕事内容が好きになれないというものがあります。例えば、クリエイティブな仕事に携わりたいと考えていたにも関わらず、毎日単純な繰り返し作業ばかりが続いている、といった方などがそうでしょう。

人生の時間の中で仕事が占める割合は非常に大きいです。どうせ仕事をするのなら自分の好きな仕事に時間を使いたいと思うのは当然でしょう。

仕事は家族を養っていくためのお金を稼ぐ手段だと割り切ることができればそれでも良いですが、そう簡単に割り切れる方は多くないでしょう。

【職場の人間関係が悪すぎる】

こちらも仕事を変えたいと思う理由としては非常に多いです。仕事に関する悩みのほとんどは人間関係に起因していると言っても過言ではありません。

どんなに仕事内容が自分に合っていたとしても、職場の人間関係が悪ければ日々憂鬱な気分になってしまうものです。ビジネスパーソンとしてのキャリアが長い方であれば一度は経験したことがあるでしょう。

人間関係の悪さが原因で精神的なストレスを抱えてしまい、働き続けることが難しくなる方もいます。どんな会社でも起こりがちなことなので仕事を変えたい理由として挙げられるケースが多いです。

【きちんと自分を評価してくれない】

自分の仕事の成果を上司に横取りされたり、自分よりも仕事はできないのにゴマをするのが上手な社員が早く出世したりと、きちんと自分の成果に対する評価をしてくれない会社も事実存在します。

こういった会社で働いている方の中には、きちんと自分を評価してくれないことを理由に仕事を変えたいと思われる方も多いです。自分がしっかり働いたことに対する適正な評価がされない場合、徐々に仕事へのモチベーションも下がってくるでしょう。

【給料が低い】

経済的な面で言えば単純に給料が低いからというのも仕事を変えたい理由として多く挙げられます。生きていく上でお金は絶対必要ですし、仕事はお金を稼ぐための一つの手段と言えます。

給料が低いということは自分自身の生活にも大きく影響を与えるため、生活レベルと照らし合わせて釣り合わなかった場合、仕事を変えたいと思う方も当然出てくるでしょう。中には極端に給料が低すぎて働いているにも関わらず生活がままならないワーキングプアと呼ばれる方々も多く存在します。

また、自分の働きと比較した時に給料が見合わず仕事を変えたいと思う方も多いです。

【会社の社風が自分と合わない】

会社に入った後で気付きがちなのが会社の社風と自分の性格が合っていないということ。採用選考などの場では、お互いにできるだけ情報を開示しますが、当然ながらそれだけが全てではありません。いざ入社してみると会社の社風や職場の雰囲気にうまく馴染めないということも十分あり得ます。

初めのうちは努力して会社の社風に自分を合わせようとしますが、根本的な自分の性格を変えることは非常に難しいものです。無理を続けて身体を壊すよりも早めに仕事を変えたいと考える方も少なくありません。

【労働時間が長すぎる】

業界や業種によっては労働時間が長く、かなりのハードワークを求められるものもあります。こういった仕事に就かれている方の中には、体力的にも精神的にも追い詰められて仕事を変えたいと考える方も多いです。

もちろん仕事に没頭することで周りよりも濃密なスキルや経験を積むことができるメリットもありますが、ワークライフバランスを重視したい方にとっては向いている環境とは言えないでしょう。

何より労働時間が長過ぎるあまりしっかりとした休息がとれず、身体を壊してしまっては元も子もありません。そういった意味で、長く健康的に働くためにも仕事を変えたいと思う方が出てくるのです。

【今の仕事に将来性がない】

最後にご紹介する理由は、今の仕事に将来性を感じないというものです。最近ではAIと呼ばれる人工知能やロボットを職場に導入している会社も出てきました。そんな中で問題視されているのが、今の自分の仕事をAIやロボットに代替されてしまうのではないかというリスクです。

実際に、これまでの技術の発展により消えていった職業もあるでしょう。今でいうと例えば、工場などで行われている比較的単調な作業であればロボットに任せてしまおうという動きもあります。そうなると今まで雇われていた方々は職を失うことになってしまいます。

このように自分の今の仕事に対して将来性がないと考える方の中には、早めに仕事を変えようと行動される方が増えてきています。

5.仕事を変えたい人の中で今すぐ転職すべき人・そうでない人

仕事を変えたいと思う理由についてご紹介してきましたが、そんな中でも今すぐに仕事を変えるべき人とそうでない人がいます。こちらでご紹介していくので参考にしてみてください。

【人間関係で我慢できない場合は転職すべき】

仕事を変えたいと思うよくある理由でもご紹介しましたが、人間関係の悪さに我慢ができなくなった方は今すぐにでも仕事を変えるべきです。なぜなら人間関係に関するトラブルは自分の努力で改善することが難しいからです。

例えば直属の上司が毎日あなたを理不尽に怒鳴り散らしているとします。そんな上司の性格を改善させることはとても難しいでしょう。あなたが仕事以外にそのような大きな負担を負う必要はどこにもありません。

周りの人間関係が悪いと楽しい仕事にもモチベーションを保てなくなります。周りの性格を改善するために時間を使うよりも、新しい職場でやり直すために時間を使う方が効率的だと言えるでしょう。

【仕事が自分に合っていないと感じる方は転職すべき】

人間関係が悪い職場で働くことと同様に、今の仕事が自分に合っていないと感じる方も今すぐに仕事を変えるべきです。ただしこちらには条件があり、今の仕事に最低でも一年間は従事していることが前提です。

人間には一人ひとり個性があるように、仕事の向き不向きも確かにあります。たくさんの仕事がある中で、たまたま自分に向かない仕事を選んでしまったのであれば、早い段階で自分に合った仕事探しを始めるべきでしょう。

しかし、一方でこの仕事が自分に合っているかどうかを判断するためには、それなりに時間が必要なことも事実です。例えば1ヶ月程度しか働いていない中で自分に合っていないと判断するのは早いでしょう。その仕事の本質や面白さを知らないまま仕事を変えてしまうのはもったいないです。

仕事の面白さを知った時にこれが自分にとって適正な仕事だと感じるケースも多いので、少なくとも一年間は続けてみて、それでも合わないと感じた方は転職活動を始めると良いでしょう。

【ストレスの原因が人間関係以外の場合は様子を見るべき】

一方で仕事でストレスを抱えつつも、それが人間関係の悪さが原因ではない場合、しばらくは様子を見ることをおすすめします。なぜなら人間関係以外の原因は改善できる可能性があるからです。

例えば仕事量が多過ぎて残業が続きがちであるという理由であれば、自分がやる必要のない余計な仕事を引き受けないようにするだけでもましになるでしょう。また、今の自分の仕事に関する手順書などを整理し、他の方にお願いするという方法もあります。

他にも自分の仕事に対する評価に納得できない場合なども、一度直属の上司と話をしてみると良いでしょう。もしそれでも状況が改善できなかった時に仕事を変えるという選択をするべきです。

【体力的に疲れている人は冷静に考え直すべき】

日頃のハードワークで体力的に疲れている方も仕事を変えたいと考えがちですが、一度冷静になって考え直すことをおすすめします。身体が疲れている時は思考もネガティブになりがちなので、一時的な気持ちに身を任せて仕事を辞めてしまうと後で後悔するケースも少なくありません。

このような状況の方はまずゆっくり休息をとることが大切です。ゆっくり身体を休めた上で落ち着いた状態でもう一度考え直してみてください。それでも体力的に辛いというのであれば、その時に仕事を変えるという選択を取りましょう。

【まとめ】仕事を変えたいと思ったら冷静に客観的に自分の現状を見ることが大事

仕事を変えたいと思った方がまずやるべきことについて詳しくご紹介してきましたが、参考になりましたでしょうか?

ビジネスパーソンとして働く方であれば、一度は仕事を変えたいと思うこともあるでしょう。しかし、その時の感情だけで行動してしまうと、後々後悔する可能性が高いので要注意です。

まずは自分の現状について冷静に見るようにしてください。そして本当に自分は仕事を変えた方が良いのか、仕事を変えることが引き起こすリスクについて正しく把握できているかどうかをよく考えてみてください。

仕事を変えたいと思った方々に、今回の記事が少しでもお役に立てれば幸いです。



2017年現在の今は転職の絶好のチャンスです。タイミングを逃すと転職が難しくなるのは間違いありません。

就職氷河期と比べ、好景気の今は完全な売り手市場。

企業も積極的に採用を進めており、条件面も格段にアップしています。

しかし、好景気には必ず終わりが訪れ仕事が無くなる時が必ず来ます。

実際に、『オリンピック前には状況がガラっと変わる。』と予測する専門家も少なくありません。

また、年齢とともに転職が難しくなるのは言うまでもないですよね。

将来的な転職を考えているのであれば、人生を失敗しない為にも、1日でも早く行動をする事をおすすめします。



<よく読まれている人気記事>


スポンサードリンク

-会社への不満解決策

Copyright© , 2018 AllRights Reserved.