転職チャレンジ!〜会社を辞めたい人の為の仕事の探しとやめ方まとめ

会社への不満解決策

ブルーマンデーを乗り切る為の17の方法

投稿日:

1.ブルーマンデー症候群を乗り切る方法伝授!

土日が休みの会社員の場合、日曜日の夜に憂鬱な気分になることはありませんか?

今回は、そんなブルーマンデー症候群を乗り切るための方法について詳しくご紹介していきます。

本記事でご紹介する対策をいくつか先にピックアップすると、以下のようになります。

・週の後半にいくに連れて仕事の目標を高くする
・日曜日もいつも通り起きる
・日曜日はポジティブな人達と過ごす
・日曜日の夜に軽く仕事をする
・月曜日は少し早めに起きる
・月曜日の朝に軽い運動をする
・月曜日にちょっとした楽しみを作る
・平日の予定をしっかり立てる
・好きな仕事に転職する

『日曜日の憂鬱な気分を何とか改善したい』『自分がそもそもブルーマンデー症候群にかかっているのか知りたい』

このような悩みや疑問をお持ちの方は、是非最後までご覧ください。

2.ブルーマンデー症候群とは?

まず初めに、そもそもブルーマンデー症候群がどういうものなのか簡潔に説明します。

ブルーマンデー症候群とは、仕事が始まる月曜日のことを考えてしまい、日曜日の夕方から夜にかけて憂鬱な気分になる症状を指します。

日本では、国民的アニメであるサザエさんが日曜の夕方に放送されることから、サザエさん症候群と呼ばれることもあります。

症状として、憂鬱な気分になるだけでなく、ひどくなると頭痛や吐き気、不眠などの症状が出ることもあります。

3.ブルーマンデー症候群を引き起こす原因

続いて、ブルーマンデー症候群がなぜ引き起こされるのか、その原因について見ていきましょう。

1.楽しい休日と嫌な仕事のギャップ

最もオーソドックスな原因としては、やはり楽しい休日と楽しくない仕事とのギャップを受け入れられないということが考えられます。

特に仕事があまりうまくいっていない方は、このギャップがより大きくなるため、重度のブルーマンデー症候群にかかってしまう可能性が高いです。

2.日曜日をダラダラ過ごしてしまう

多くの方にとって、日曜日は今週最後の休日になります。

そのため、いつも以上に遅くまで寝ていたり、家の中でダラダラと過ごしてしまうというケースも少なくないでしょう。

しかし、このような休日の過ごし方をしてしまうと、身体が改めて仕事をする生活リズムに切り替えなければならなくなるため、負担がかかってしまいます。

『今日はゆっくり寝られたのに、明日はまた早起きしなければいけない』という気分が、ブルーマンデー症候群につながっていくのです。

3.日曜日に夜更かししてしまう

いつまでも休日気分を引きずって、日曜日に夜更かししてしまうのも原因の一つです。

休日気分を長く引きずれば引きずるほど、明日から始まる仕事とのギャップを受け入れにくくなります。

また、夜更かしすることで睡眠時間が短くなり、万全の体調で出社できなくなることも問題です。

4.月曜日に大きな仕事がある

休日で身体と心を休めた後、仕事モードに切り替えるのはそう簡単なことではありません。

そのため、月曜日にいきなり大きな仕事が入っている場合は、どことなく不安な気持ちが湧き上がりやすく、それがブルーマンデー症候群を引き起こしている可能性も高いです。

徐々に身体と心を仕事モードに切り替えられるようなスケジュールを立てることが大切になります。

5.平日に楽しみがない

楽しかった休日が終わった後、辛い仕事の平日が続くだけの場合、多くの方が憂鬱になるでしょう。

ブルーマンデー症候群にかかっている方の中には、土日の休みにしか楽しみがないという方が多いです。

そういう意味では、いかに平日に楽しみを作れるかがポイントだとも言えるでしょう。

6.仕事が自分に合ってない

ブルーマンデー症候群にかかっている方は、単純に今の仕事が自分に合っていないだけという可能性も考えられます。

今の仕事が自分に合っている場合、『仕事が嫌だ』『会社に行きたくない』と思うケースも少なくなるので、ブルーマンデー症候群を発症する可能性も低くなるでしょう。

仕事が憂鬱であるということは、今の自分に合っていないというサインの可能性もあるのです。

7.職場の人間関係が悪い

今の仕事は自分に合っていたとしても、職場の人間関係が悪い場合、ブルーマンデー症候群にかかってしまうことがあります。

人間関係の問題は、自分の力ではどうしようもできない場合が多く、特に精神的なストレスにつながりやすいです。

『明日からまたあの職場に行かなければいけないのか』というネガティブな気分が、ブルーマンデー症候群につながってしまうのです。

4.ブルーマンデー症候群を改善する17の対策

それでは続いて、実際にブルーマンデー症候群にかかっている方向けの対策をご紹介していきます。

1.週の後半にいくに連れて仕事の目標を高くする

まず一つ目におすすめしたいのが、月曜日に大きな仕事を入れないようにすることです。

前述したように、月曜日は休日から仕事に切り替わる初日になるため、いきなり大きな仕事が入っていると、精神的なストレスがかかってしまいます。

そのため、休日モードを引きずりがちな月曜日は軽めの仕事にし、週の後半に連れて徐々に仕事の目標を高くするようなスケジュールがおすすめです。

2.日曜日もいつも通り起きる

ついダラダラと遅くまで寝てしまいがちな日曜日ですが、できるだけいつも通り起きることが大切です。

日曜日の生活リズムが崩れてしまうと、月曜日からの生活リズムに戻すのが大変だからです。

平日と変わらない生活リズムを維持することで、ブルーマンデー症候群も改善しやすくなるでしょう。

3.日曜日はポジティブな人達と過ごす

日曜日の憂鬱な気分がなかなか晴れない場合は、できるだけポジティブな人達と過ごすようにすると良いでしょう。

元気は伝染するため、ポジティブな人達と時間を過ごすことで、気分も徐々に明るくなっていきます。

気分が明るくなれば仕事へのモチベーションも高まり、ブルーマンデー症候群も改善されていくでしょう。

4.日曜日は好きなことに没頭する

休日に好きなことに没頭することも大切です。

ブルーマンデー症候群は、休日をしっかり楽しめていないという自己嫌悪感から引き起こされることもあります。

そのため、休日に好きなことに没頭することで、気分もリフレッシュし、次の日からパチっと仕事モードに切り替えやすくなるのです。

5.日曜日の夜に軽く仕事をする

月曜日からの仕事モードになかなか切り替えられないという方は、思い切って日曜日の夜から仕事してみるという方法もアリです。

ただし、頭を使うような難しい仕事ではなく、スケジュールやタスクの整理、メールチェックといった簡単な仕事でOKです。

このように軽く仕事に慣れさせておくことで、よりスムーズに仕事モードに移行でき、月曜日の憂鬱な気分を改善することができるでしょう。

6.日曜日は早めに寝る

できるだけ休日に浸っていたいからと言って、夜遅くまでダラダラと起きていては逆効果です。

睡眠時間が短くなってしまうと、精神状態が不安定になり、ブルーマンデー症候群を引き起こすきっかけになります。

そのため、特に日曜日は早めに就寝し、しっかりと疲れを取り除くことで、スッキリとした気分で月曜日を迎えましょう。

7.月曜日は少し早めに起きる

月曜日の朝はいつもより少し早めに起きると良いです。

日曜日に早めに寝ることで、月曜日は普段よりも早起きしやすくなるでしょう。

早起きすることで時間的にも余裕ができ、ゆっくりと朝食を食べたり、音楽を聴いたりと朝の時間を楽しむことで、ブルーマンデー症候群も改善しやすくなります。

8.月曜日の朝に軽い運動をする

ブルーマンデー症候群のような憂鬱な気分を解消するために、軽い運動を習慣化するのも効果的です。

特に気分が落ち込みやすい月曜日の朝に軽く身体を動かすことで、気分がスッキリするでしょう。

なかなか運動する時間が確保できないという方は、月曜日だけ自転車通勤してみたり、2駅前で降りて歩いたり、といったように意識的に身体を動かすようにすると良いです。

スポンサードリンク

9.月曜日の朝には熱めのシャワーを浴びる

早起きした月曜日の朝には、熱めのシャワーを浴びてみましょう。

交感神経が働くので、憂鬱な気分もスッキリしやすくなります。

逆に日曜日の夜には、熱すぎない湯船にしっかりと浸かって、身体の疲れを取り除くことが大切です。

10.月曜日はお洒落な服を着て出社する

会社員の方の中には、お洒落が大好きな方もいるでしょう。

そんな方は、お気に入りの服を月曜日に着て出社する方法を試してみてください。

お気に入りの服を着て出社するというワクワク感が、ブルーマンデー症候群を改善してくれるでしょう。

11.月曜日にちょっとした楽しみを作る

月曜日の憂鬱な気分を晴らすために、月曜日にちょっとした楽しみを作るという方法もおすすめです。

例えば、月曜日の仕事終わりは好きなお店で外食すると決めていたり、スポーツジムで汗を流したり、といったように自分なりの楽しみを用意するのです。

いつしか月曜日が待ち遠しくなり、ブルーマンデー症候群も解消していくでしょう。

12.月曜日に好きな人と会う

月曜日に好きな人と会う予定を立てることもおすすめです。

恋人であったり、気の合う友人であったり、一緒に楽しい時間を過ごせる人と仕事終わりに会えると思ったら、嫌な仕事も不思議と頑張れるものです。

気分が落ち込みやすい月曜日は、積極的に人と交流し、気持ちをスッキリさせると良いでしょう。

13.休日に仕事のことを考えない

ブルーマンデー症候群は、明日から始まる仕事のことを考えてしまうことで引き起こされます。

そのため、休日に一切仕事のことを考えないと決めてしまえば、意外と乗り切ることができるのです。

休日は自分の身体と心を休めることだけに集中してみましょう。

14.平日の予定をしっかり立てる

『明日出社して、何の仕事から手を付ければよいのか分からない』といった漠然とした不安から、ブルーマンデー症候群にかかってしまう方も少なくありません。

そんな方におすすめなのは、しっかりと平日の予定を立てることです。

特に月曜日の予定は、朝から晩まで念入りに立てておき、一日の過ごし方を事前にイメージしておくことで、不安なく出社できるようになるでしょう。

15.とりあえず月曜日だけ頑張ってみる

ブルーマンデー症候群にかかっている方の中には、これから始まる長い一週間を見越して、気分が落ちてしまう方も多いでしょう。

そのような方におすすめなのは、とりあえず月曜日だけ頑張るつもりで出社してみることです。

月曜日さえ乗り切れば良いとハードルを下げることで、ブルーマンデー症候群も解消されていくでしょう。

16.次の休みの予定を立てる

『休日が終わってしまう』というネガティブな感情も、次の週の休日に楽しみがあれば、『来週も頑張ろう!』とやる気が出てきます。

そのため、ブルーマンデー症候群にかかっている方は、気分が落ち込みやすい日曜の夕方頃に次の休みの予定を立てることをおすすめします。

楽しい休日の予定はできるだけ細かく立てることで、ポジティブな気持ちが湧き上がりやすくなります。

17.好きな仕事に転職する

ここまでブルーマンデー症候群を改善するための対策をご紹介してきましたが、どうしても状況が改善しない場合、転職という選択を考えるべきです。

そもそも仕事や職場環境が自分に合っていれば、ブルーマンデー症候群にかかることはありません。

好きな仕事に転職する具体的な方法は、次の章を参考にしてください。

5.ブルーマンデー症候群を改善するために転職するなら転職エージェントを使う

『ブルーマンデー症候群を改善するために、自分に合った仕事へ転職したい』という方は、是非転職エージェントの活用をおすすめします。

転職エージェントを活用することで、転職のプロであるキャリアアドバイザーが、あなたのこれまでのキャリアと適性を見極め、最適な仕事を紹介してくれます。

また、転職エージェントを通さないと応募できない独占求人などもあるため、自力の転職活動では出会えないレアな求人を紹介してもらえる点も魅力です。

求職者は転職エージェントを無料で利用できるため、是非積極的に活用しましょう。

以下におすすめの転職エージェントをピックアップします。

1.リクルートエージェント

どの転職エージェントを選べば良いのか分からないという方は、まずリクルートエージェントに登録することをおすすめします。

リクルートエージェントの魅力は、何と言ってもその求人数の多さです。

非公開求人だけで10万件以上の求人を抱えており、この数は業界トップクラスです。

また、応募先企業に合わせた履歴書の添削や模擬面接といった選考対策にも定評があり、初めての転職で不安だという方にもおすすめできます。

2.DODA

メーカーなどの大企業への転職を考えている方には、DODAがおすすめです。

リクルートエージェントに次ぐ業界第二位の規模を誇り、大手企業の求人数を豊富に紹介してもらえます。

専門性の高いキャリアコンサルタントも多数在籍しているため、どうしても行きたい業界や企業がある方は、是非利用を検討してみてください。

3.マイナビエージェント

利用者の満足度が高く、最近注目度が高まっているのがマイナビエージェントです。

扱っている求人は中小企業から大手企業まで幅広く、何より応募者一人ひとりに親身に寄り添うカウンセリングが魅力です。

特に、『これからのキャリアについてしっかり相談したい!』という方におすすめできる転職エージェントと言えるでしょう。

4.JACリクルートメント

30代後半以降で、本格的にキャリアアップしたいという方にはJACリクルートメントをおすすめします。

外資系企業や海外進出企業など、グローバルに活躍する求人においては国内No.1の実績を誇ります。

ただし、キャリアや実績が伴わない場合は、サポートを断られる可能性もあるので注意してください。

実力に自信がある方はマストで登録すべき転職エージェントです。

5.ビズリーチ

高年収を目指して転職したいという方には、ビズリーチをおすすめします。

年収700万円以上のハイクラス求人を多数揃えており、これまでの実績を活かしてキャリアアップしたい方にぴったりです。

他の転職エージェントとは異なり、ヘッドハンティング型のサービスを提供しており、登録後に厳選されたヘッドハンターから紹介を受けるという仕組みになっております。

当然ながら、実力が伴わない場合、ヘッドハンターから声がかからないというケースもあり得るので注意しましょう。

6.自分がブルーマンデー症候群に当てはまるかチェック

ここまでブルーマンデー症候群について詳しくご紹介してきましたが、最後にそもそも自分がブルーマンデー症候群に当てはまるのかどうかをチェックしてみましょう。

以下の項目で6個以上当てはまる方は、ブルーマンデー症候群の可能性が高いです。

・周りから真面目な性格だと言われる
・週末は家の中でゴロゴロ過ごしがち
・日曜日の夜は食欲がない
・スポーツやアウトドア活動が苦手
・土日は生活リズムが乱れやすい
・日曜日の夜は寝付きが悪い
・日曜日の夜にイライラしたり不安になることがある
・月曜日は寝起きが悪い
・月曜日は体調を崩しがち
・今の職場環境にストレスを感じている
・うまくストレスを発散できない

もしご自身にブルーマンデー症候群の傾向がある場合は、本記事の対策をすぐにでも実践してみてください。

まとめ.ブルーマンデー症候群に悩むのはあなただけではない!

例え今は順調に働けていたとしても、ちょっとしたことがきっかけでブルーマンデー症候群にかかってしまう可能性はあります。

そういう意味では、ブルーマンデー症候群に悩むのは決してあなただけではないのです。

最後に、本記事でご紹介したブルーマンデー症候群への対策をいくつかピックアップしておさらいしておきましょう。

・週の後半にいくに連れて仕事の目標を高くする
・日曜日もいつも通り起きる
・日曜日はポジティブな人達と過ごす
・日曜日の夜に軽く仕事をする
・月曜日は少し早めに起きる
・月曜日の朝に軽い運動をする
・月曜日にちょっとした楽しみを作る
・平日の予定をしっかり立てる
・好きな仕事に転職する

ブルーマンデー症候群に悩む方が、本記事を参考に症状を改善していただければ幸いです。



2017年現在の今は転職の絶好のチャンスです。タイミングを逃すと転職が難しくなるのは間違いありません。

就職氷河期と比べ、好景気の今は完全な売り手市場。

企業も積極的に採用を進めており、条件面も格段にアップしています。

しかし、好景気には必ず終わりが訪れ仕事が無くなる時が必ず来ます。

実際に、『オリンピック前には状況がガラっと変わる。』と予測する専門家も少なくありません。

また、年齢とともに転職が難しくなるのは言うまでもないですよね。

将来的な転職を考えているのであれば、人生を失敗しない為にも、1日でも早く行動をする事をおすすめします。



<よく読まれている人気記事>


-会社への不満解決策

Copyright© , 2018 AllRights Reserved.