転職チャレンジ!〜会社を辞めたい人の為の仕事の探しとやめ方まとめ

転職ノウハウ

面接苦手な人のための内定を勝ち切る11の方法をプロが徹底解説!

投稿日:

1.面接が苦手な人必見!解決策をご紹介!

就職や転職活動で多くの人がぶつかる壁が面接でしょう。

『応募書類は通るけど、面接がなかなか通らない』と、頭を悩ませる人も少なくありません。

今回はそんな面接に苦手意識を持っている人向けに、おすすめの解決策をご紹介していきます。

先に本記事で取り上げる解決策をまとめると、以下の通りです。

《面接が苦手な人におすすめしたい内定を勝ち取る方法》
・流暢に話そうとしない
・第一印象をできるだけ良くする
・面接中は相手の目を見ながらうなずく
・企業が求めている人材を意識する
・用意していた話をそのまま話そうとしない
・話すことよりも聞くことを意識する
・面接を受ける企業についてはできるだけ下調べをする
・嘘はつかない
・頭が真っ白になった時の対策を考えておく
・面接時に自分の声をレコーダーで録っておく
・面接の場数を踏む

『なぜ面接に受からないのか原因が分からない』『次こそは面接を突破したい』

このような人は、是非最後までご覧ください。

2.面接を苦手だと感じてしまう原因

それではまず、そもそもなぜ面接を苦手だと感じてしまうのか、その原因について見ていきましょう。

1.質問にうまく答えなければいけないというプレッシャーを感じる

面接に苦手意識を持つ方に多いのが、面接官の質問に対して完璧に答えなければいけないと思い込んでいることが挙げられます。

『うまく答えなければ落とされてしまう』というプレッシャーが余計な焦りを生み、落ち着けば答えられるような質問もちぐはぐな回答になってしまうのです。

2.面接官にどう思われているのか気にしすぎる

次に挙げられるのが、面接官にどう思われているのか気にしすぎてしまうということです。

例えば、笑顔で自分の話を聞いていた面接官から笑顔が消えてしまった場合、『今の回答は良くなかったのかな?私の話はつまらないのかな?』と、余計なことを考えてしまいます。

このように考えても答えが出ないことをあれこれ考えてしまい、面接に集中できなくなってしまうのです。

3.自分に自信が持てない

自分に自信が持てないことも、面接に対する苦手意識が芽生える原因になるでしょう。

『自分にはアピールできる経験が何もない』『どうせ自分なんて採用されない』と、悲観的な態度で面接に臨んでもなかなかうまくいかないでしょう。

また、このような自信のない雰囲気は面接官にも伝わってしまうので、ますます採用される可能性が低くなってしまうのです。

4.そもそも人と話すのが苦手

面接が苦手だという人の中には、そもそも人と話すことが苦手だという人も多いです。

ただし、人と話すことが苦手だからといって、面接から逃げていては内定は獲得できません。

次の章でご紹介する方法を参考に、面接対策を実施しましょう。

3.面接が苦手な人におすすめしたい内定を勝ち取る11の方法【就職&転職】

それでは早速、面接が苦手な人におすすめの対策をご紹介していきます。

1.流暢に話そうとしない

まず一つ目にご紹介したいのが、流暢に話そうとしないことです。

面接は、質問に対してスラスラと答えられる人が受かるものではありません。

言うまでもなく、大切なのは質問をどう受け止め、どう答えるかです。

そのため、多少噛んだり詰まったりしても気にせず、自分が伝えなければいけないことを伝えることに集中しましょう。

2.第一印象をできるだけ良くする

初対面の人の評価は第一印象で決まるといっても過言ではありません。

そのため、口下手でどうしてもうまく話す自信がないという人は、とにかく第一印象を良くすることに力を注ぎましょう。

例えば、笑顔で元気な挨拶をする、清潔感のある髪型にする、といったことが挙げられます。

第一印象で高評価を獲得できれば、その後の面接も評価されやすくなるので、是非実践してみてください。

3.面接中は相手の目を見ながらうなずく

面接は上手に話すことばかりに目を向けがちですが、面接官はしっかりと人の話を聞けるかどうかも見極めています。

そのため、面接官が話している時はしっかりと相手の目を見て、適度にうなずきながら話を聞くことで、好印象を与えることができるでしょう。

緊張から相手の目を見れないという人もいますが、視線を合わせられないと『この応募者は自分の話を聞いてないのかな?』と疑われてしまう可能性もあるので、注意してください。

4.企業が求めている人材を意識する

面接で不合格が続いてしまい、苦手意識が強くなる人も少なくありません。

このような人に多いのが、企業が求めている人材とはかけ離れた回答をしてしまっているケースです。

面接を突破する上で大切なのは、どれだけ企業が求めている人材を意識できるかでしょう。

実際に企業内で活躍している人材などを調べておき、自分との共通点を見つけてアピールすることで、面接も通りやすくなります。

5.用意していた話をそのまま話そうとしない

面接のスムーズな受け答えができない人に多いのが、事前に用意していた話をそのまま話そうとしているケースです。

言うまでもなく、面接は会話を通して行われるものなので、必ずしも予想通りの質問がくるとは限りません。

そのため、用意していた答えをそのまま話すだけでは、違和感のある会話になってしまうのです。

回答を準備するのも、あくまで伝えるべきポイントを整理するだけに留めておき、あとはその場の自然な会話の流れを意識して答えるようにしましょう。

6.話すことよりも聞くことを意識する

前述した通り、面接では話すだけでなく、相手の話を聞く姿勢も重要な見極めポイントになってきます。

そのため、話すのが苦手だと言う人は、とにかく相手の話をしっかり聞くことを意識しましょう。

自分が話す番には、できるだけ要点を絞って30秒以内でまとめて話すようにし、あとは面接官の話を聞くことに集中してみてください。

7.面接を受ける企業についてはできるだけ下調べをする

自信を持って面接に臨めない人の中には、企業の下調べが圧倒的に不足している人も多いです。

『深く突っ込まれたら答えられないかも』という不安が、自信の低下につながっているのです。

そのため、面接を受ける企業については、可能な限り下調べを済ませておきましょう。

闇雲に面接の数を増やすより、しっかりと情報を集めた企業を2〜3社受ける方が、面接の通過率も高まります。

8.嘘はつかない

面接に苦手意識を持つ人に意外と多いのが、嘘をついて自分を良く見せようとしている人です。

なかなか面接を突破できないため、少しでも有利に面接を進めるために嘘をつくのです。

しかし、嘘をつくと、その嘘をごまかすためにさらに嘘をつく必要があり、結果的に辻褄が合わなくなって不採用になる可能性が高まります。

仮に面接を突破したとしても、嘘が発覚した時点で内定は取り消しになるので、絶対に嘘をつくことはやめましょう。

9.頭が真っ白になった時の対策を考えておく

ここまで苦手な面接を克服する対策をご紹介しましたが、それでも緊張して頭が真っ白になってしまうこともあるでしょう。

そのため、頭が真っ白になってしまった時の対策も考えておくべきです。

おすすめなのは、『申し訳ありません。緊張で頭が真っ白になってしまいました。もう一度質問をお聞かせいただけますか?』と、正直に伝えることです。

面接官も、応募者が緊張していることは十分承知なので、下手にごまかそうとするよりも素直に伝えた方が好印象でしょう。

10.面接時に自分の声をレコーダーで録っておく

面接に対して苦手意識が芽生える大きな原因として、なぜ自分が不採用なのか理由を教えてもらえないからというものが挙げられます。

そのため、こっそりとレコーダーを胸ポケットに入れておき、面接官と自分の会話を記録しておくという方法もおすすめです。

家に帰って聞き直すことで、うまく答えられたと思っていた受け答えが、実は的外れな回答になっていたりと、意外なミスを見つけることができるでしょう。

ただし、記録した内容はあくまで自分の復習のみに活用し、決して悪用などはしないでください。

11.面接の場数を踏む

面接の苦手意識を克服する上で最も効果的なのは、やはり面接の場数を踏むことでしょう。

そういう意味では、第一希望の企業の面接をいきなり受けるのではなく、第三希望や第四希望の面接を先に受けておき、面接慣れしておくことをおすすめします。

どこの企業もだいたい同じような質問をしてくるため、場数をこなせばこなすほど、自然と受け答えもスムーズになってきます。

なかなか面接を受ける機会がないという人は、後述する転職エージェントを活用すると良いでしょう。

4.面接の苦手意識を克服できる人とは?

スポンサードリンク

面接の苦手意識を改善する方法についてご紹介しましたが、実際には苦手を克服できる人と、そうでない人に分かれます。

こちらでは、面接の苦手意識を克服できる人の特徴についてご紹介していきます。

1.失敗しても自分を責めない

まず一つ目に挙げられる特徴が、例え失敗したとしても自分を責めないということです。

何が原因で失敗したのか反省することは大切ですが、必要以上に自分を責めてしまうと、どんどん自信をなくしてしまい、行動できなくなってしまいます。

『次はきっとうまくいくだろう!』と、ポジティブな気持ちで行動し続けることが、苦手意識を克服する上でとても大切になるでしょう。

2.初対面の人と話す訓練をする

面接の苦手意識を克服した人は、日常的に初対面の人と話す訓練をしています。

例えば接客業のアルバイトなどで、初対面のお客様に話しかけてみたり、他にも転職フェアなどに参加して、企業の人事担当者と話してみたり、といったことが挙げられます。

面接も言うなれば初対面の人との会話なので、このような訓練を積めば自然と上達していくでしょう。

5.面接で苦手科目を聞かれた際の対処法【例文あり】

それでは続いて、多くの人が回答に困ってしまう実際の質問と回答例を見ていきましょう。

まずは、『あなたの苦手な科目は何ですか?』と質問された場合の回答例です。

1.苦手な理由と克服する努力をアピール

苦手科目を聞かれた際の回答ポイントは、なぜその科目が苦手なのか、そしてそれをどう乗り越えようとしているのか、という点を押さえることです。

面接官はこの質問を通して、苦手な仕事が発生した際のあなたの対処法を見極めています。

具体的な例文は以下の通りです。

私の苦手科目は英語です。

柔軟な発想力を活かして問題を解くのが大好きな私にとって、淡々と英単語を覚えるという作業が苦手でした。

そこで、関連性のある英単語をセットで覚えたり、クイズ風の英単語帳を自作したりと、独自の工夫を凝らしながら、なんとかテストでも平均点まで取れるようになりました。

時間をかけて勉強した割にはなかなか点数は伸びませんでしたが、独自の工夫で苦手科目を平均点まで取れるようにした経験は大きな自信になりました。

2.苦手科目の中にも楽しさを見出せたことをアピール

私の苦手科目は数学です。

特に公式を丸暗記しなければいけない作業に苦手意識がありました。

しかし、数学は問題を解く上で方法が一つではなく、様々なアプローチの仕方があることを知り、自分なりの解答を作り上げることに楽しみを感じるようになりました。

この経験から、苦手なものでも自分なりに楽しめるポイントを見つけることが大事だと学びました。

6.面接で苦手なことを聞かれた際の対処法【例文あり】

続いて、『苦手なことは何ですか?』と質問された時の回答例をご紹介します。

1.仕事に悪影響を及ぼさない回答を心がける

苦手なことを聞かれたからといって、正直に何でも答えてはいけません。

例えば営業職の採用面接の場で、『私は人とコミュニケーションを取ることが苦手です』と答えてしまっては、ほぼ間違いなく不採用になるでしょう。

このように、直接的に仕事に影響しない回答を意識するようにしてください。

具体的には以下の通りです。

私の苦手なことは、体調管理です。

好きなことにのめり込むと、寝食を忘れて没頭してしまう傾向があり、体調を崩してしまうことも多かったです。

今では一日の食事と睡眠のスケジュールを作成し、体調管理に気をつけるようにしております。

また、週に一度フィットネスクラブで汗を流すようになってから、体調を崩すこともなくなりました。

2.『苦手なことはありません』はNG

苦手なことを答えてしまうとマイナス評価を受けると考え、『苦手なことはありません』と答える人もいますが、これは絶対にやめましょう。

前述したように、面接官はこの質問を通して、苦手なことにどのように向き合っているのかを見極めています。

『苦手なことはありません』と答えてしまえば、何も評価できずに終わってしまうため、採用にはつながらないでしょう。

7.面接で苦手な人のタイプを聞かれた際の対処法【例文あり】

次に、苦手な人のタイプを聞かれた時の回答例を見ていきましょう。

1.苦手な理由を必ず説明

苦手な人のタイプを聞かれた際には、なぜ苦手なのかという理由もセットで説明しましょう。

また、批判的になりすぎないよう意識することも重要です。

具体的には以下の通りです。

私は、約束を守らない人が苦手です。

約束の時間に来なかったり、平気で仕事の納期を遅らせてしまったりする人を見ると、正直腹が立つこともあります。

しかし、これから様々な人と一緒に働くことになるので、苦手な人ともうまく付き合っていかなければいけません。

具体的には、『明日は13時からよろしくお願いします』『明後日までの作業の進捗はいかがですか?』と、こまめにこちらから連絡を取ることで、約束を何度も認識してもらえるようになると考えています。

2.『苦手な人とは付き合いません』のようなネガティブな意見はNG

苦手な人との付き合い方を答える際に、『苦手な人とは付き合わないようにします』といった回答をする人もいますが、これはおすすめしません。

理由は、仕事では苦手な人とも付き合わなければいけない場面があるからです。

そのため、苦手な人とは付き合わないという発言は、マイナス評価につながる可能性が高いでしょう。

8.面接の苦手を克服するなら転職エージェントの活用も有効

ここまで面接の苦手を克服する方法をご紹介しましたが、『自分一人ではなかなか改善できない』と悩む人もいるでしょう。

そんな人におすすめなのが、転職エージェントの活用です。

転職エージェントに登録することで、専属のキャリアアドバイザーがマンツーマンで面接対策を実践してくれます。

転職エージェントは無料で利用できるため、積極的に活用することをおすすめします。

おすすめの転職エージェントを以下にまとめてご紹介します。

1.リクルートエージェント

まず初めにおすすめしたいのは、リクルートエージェントです。

非公開求人だけで10万件以上という国内トップクラスの求人数を抱えており、転職業界では最大手の転職エージェントになっております。

模擬面接や応募書類の添削といった選考対策に定評があるため、面接に苦手意識がある人はマストで登録すべき転職エージェントと言えるでしょう。

2.Geekly

IT業界への転職を検討している人には、Geeklyをおすすめします。

業界に特化することで、より専門的な面接対策を受けられるでしょう。

特定の企業との太いパイプを持っているため、選考通過率が高いことも注目ポイントです。

3.Spring転職エージェント

面接対策だけでなく、自分にぴったりマッチした求人を紹介して欲しい人には、Spring転職エージェントをおすすめします。

一人のキャリアアドバイザーが求職者対応と求人営業を兼任しているため、非常にマッチング精度が高くなっています。

これからキャリアアドバイザーの数を2.5倍に増員する計画もあり、より質の高い面接対策も受けられるようになるでしょう。

4.DODA

リクルートエージェントに続いて、業界第二位の規模を誇るのが、DODAです。

これまで数多くの転職希望者を支援してきた実績は申し分なく、転職サポートに関するノウハウもしっかり蓄積されています。

在籍しているキャリアコンサルタントは、それぞれに得意とする業界を持っており非常にレベルが高いため、満足度の高いサポートが受けられるでしょう。

5.クライス・アンド・カンパニー

30代で本格的なキャリアアップを目指す人には、クライス・アンド・カンパニーをおすすめします。

年収1000万円前後のハイクラス求人を中心に扱っており、ビジネスパーソンとしてもうひと回り成長したい人ならマストで活用すべき転職エージェントでしょう。

ハイクラス求人の厳しい面接を突破するためのフォローも手厚いため、苦手意識の克服にもつながると言えます。

まとめ.面接の苦手は克服できる!

面接に対して苦手意識を持つ人は多いですが、何が原因で苦手だと感じているのか考えれば、意外と克服できるものです。

まずは自分なりに原因を考え、今回取り上げた対策を実践してみてください。

最後に、本記事で取り上げた面接が苦手な人が内定を勝ち取る対策をおさらいしておきましょう。

《面接が苦手な人におすすめしたい内定を勝ち取る方法》
・流暢に話そうとしない
・第一印象をできるだけ良くする
・面接中は相手の目を見ながらうなずく
・企業が求めている人材を意識する
・用意していた話をそのまま話そうとしない
・話すことよりも聞くことを意識する
・面接を受ける企業についてはできるだけ下調べをする
・嘘はつかない
・頭が真っ白になった時の対策を考えておく
・面接時に自分の声をレコーダーで録っておく
・面接の場数を踏む

今回の記事を参考に、面接に対する苦手意識を少しでも解消していただければ幸いです。



2017年現在の今は転職の絶好のチャンスです。タイミングを逃すと転職が難しくなるのは間違いありません。

就職氷河期と比べ、好景気の今は完全な売り手市場。

企業も積極的に採用を進めており、条件面も格段にアップしています。

しかし、好景気には必ず終わりが訪れ仕事が無くなる時が必ず来ます。

実際に、『オリンピック前には状況がガラっと変わる。』と予測する専門家も少なくありません。

また、年齢とともに転職が難しくなるのは言うまでもないですよね。

将来的な転職を考えているのであれば、人生を失敗しない為にも、1日でも早く行動をする事をおすすめします。



<よく読まれている人気記事>


-転職ノウハウ

Copyright© , 2018 AllRights Reserved.