転職チャレンジ!〜会社を辞めたい人の為の仕事の探しとやめ方まとめ

転職を成功させる方法

20代は転職出来る1番のチャンス!良い会社に就職する5つの方法

更新日:

1.20代には転職のチャンスがたくさんある!

多くの方が社会人として働き始めるのが20代です。

日々の仕事にやりがいを感じながら働いている方がいる一方で、早くも転職を検討する方も出てきます。

そんな方々の中には『20代の転職は難しいのでは?』『納得のいく会社に転職できる自信がない』など、様々な不安を抱える方もいるでしょう。

しかし、結論からお伝えすれば20代には転職のチャンスがたくさんあります。

納得のいく転職を実現するためには本記事でご紹介する以下の5つのポイントを押さえておくと良いでしょう。

・自分にとって良い会社の基準を明確にする
・将来のキャリアプランを立てる
・スキルアップに役立つ資格を取得する
・転職先の口コミをチェックする
・転職エージェントを活用する

『20代で転職を成功させる方法が知りたい』『転職がなかなかうまくいかない』という方は是非最後までご覧ください。

2.20代に転職のチャンスが多い理由

まず初めに、そもそも20代に転職のチャンスが多い理由について簡単に説明しておきます。

【年齢的に新卒とあまり変わらないから】

最も大きな理由は年齢的に若いからということです。

一般的に大学を卒業して、社会人として働き始めるのが22〜23歳でしょう。

大学院を卒業していたら24〜25歳で新卒として働き始めることになります。

このように考えると20代であれば、中途採用であっても大して新卒入社の方と年齢が変わらないのです。

日本の会社には長期的な視点で人材を育成しようと考えているところも多く、そういう意味でいえば年齢的に見て、20代の転職市場価値は高いと考えられます。

【新卒よりも即戦力として使いやすいから】

年齢的なメリットに加えて、新卒よりも即戦力として使いやすい点も理由として挙げられます。

多くの会社では、新卒で入社してきた方々に研修を用意しています。

こういった研修には、会社に関する情報以外に、電話の取り方や顧客対応の仕方、資料の作り方など基本的なビジネススキルに関する内容も含まれます。

20代で転職する方の多くは、上記のような基本的なスキルを既に身につけている場合が多く、新卒よりも早く仕事現場へ送り出しやすいのです。

人材を教育するのにもコストがかかるため、余計なコストを削減するためにも20代の転職者は受け入れられやすいと考えられます。

【仕事への意欲が高い人材が多いから】

最後に、20代の転職者の中には仕事への意欲が高い方も多く含まれることが理由として挙げられます。

会社に入社した多くの方は、少なからず現実と理想のギャップを感じるものです。

このギャップを受け止めながら働いていく中で、本当に自分のやりたいことが分かり、転職に踏み切る20代も少なくありません。

そういう意味では明確な目標を持って転職活動をしている20代も多いと考えられます。

このような人材は、人一倍仕事へも意欲的に取り組み、周囲の社員にも良い影響を与えてくれるでしょう。

以上、大きく3つの理由から20代の方には転職のチャンスがたくさん転がっていると考えられるのです。

3.20代で良い会社に転職するための5つのポイント
20代が転職におすすめな年代であることが分かったところで、さっそく20代で良い会社に転職するためのポイントについて解説していきます。

【1.自分にとって良い会社の基準を明確にする】

まず初めに押さえておくべきポイントは、自分にとって良い会社とはどういう会社なのかという基準を明確にするということです。

当然ながら人によって良いと感じる会社は異なります。

『思いっきり仕事に打ち込みたい』と考えている方には、若くして裁量権を与えられる会社が良いでしょう。

一方で『プライベートの時間をきちんと確保したい』と考えている方には、残業が少ない会社がおすすめでしょう。

このように自分にとって譲れない条件を明確にすることで、転職が成功する確率も高くなります。

注意点としては、条件を挙げすぎると転職先の候補が少なくなってしまうことです。

そのため、どうしても譲れないポイントを一つだけ絞り込むようにしましょう。

【2.将来のキャリアプランを立てる】

続いてご紹介するポイントは、将来のキャリアプランを立てるということです。

『自分はそもそも何のために転職するのか?』『転職した後にどうしたいのか?』という今後のキャリアが明確であれば、転職先でもその目標に向かって突き進むことができます。

またキャリアプランが立っていれば、次の転職先を決める上で、その会社で理想のキャリアを実現できるかどうか事前に確認できるので、納得のいく転職がしやすくなるでしょう。

【3.スキルアップに役立つ資格を取得する】

自分自身が携わる仕事に関する資格を取得してスキルアップに役立てることも大切なポイントです。

特に取得難易度の高い資格を持っていれば、会社によっては待遇を引き上げてくれる場合もあります。

資格を持っておくことで、任される仕事の範囲も広がり、待遇面も優遇されやすくなれば、転職の満足度も高まることにつながるでしょう。

【4.転職先の口コミをチェックする】

20代で転職する際には、転職先の口コミ情報を事前にリサーチすることも忘れてはいけません。

前述しましたが、会社で働く上では入社前と入社後のギャップに注意する必要があります。

採用面接の場などで社風や人事制度面に関する質問をしたとしても、そこで分かる情報はごく一部です。

そのためインターネットを活用し、集められる情報をできるだけ多く集めておくことが重要だと言えるでしょう。

おすすめの口コミサイトは「vorkers」です。

こちらでは実際にその会社で働いていた社員の方々が書き込みをしているので、よりリアルな情報を仕入れることができます。

こういったサイトを活用し、転職先の良い面と悪い面を把握しておくことで、『こんなはずじゃなかった』といった後悔するリスクを小さくすることができるのです。

【5.転職エージェントを活用する】

最後にご紹介するポイントは、転職エージェントを活用するということです。

20代のようにまだ社会人経験が浅い方は、自分の転職市場価値を客観的に把握することが難しいです。

そのため、独自で転職活動を進めると、明らかに高望みすぎる会社を受け続けたり、もっと良い条件の会社があるのに妥協してしまうといった危険があります。

転職エージェントは一言でいうと転職に関するプロフェッショナルです。

そんな転職のプロのサポートを受けながら転職活動をするのと独自で転職活動をするのとでは結果も大きく違ってくるでしょう。

転職エージェントを使う大きなメリットは、一般の求人サイトには載っていない非公開求人を紹介してもらえることです。

あなたの理想の会社は一般的な求人には掲載されておらず、転職エージェントのみで扱われている可能性もあります。

そう考えると転職エージェントは是非活用しておくべきです。

サービスは最初から最後まで無料で受けられるので、気軽に登録してみてください。

4.20代で転職するベストなタイミングとは?

さて、20代の転職を成功させるための方法が分かったところで、さっそく転職の準備に取りかかろうとしている方もいるでしょう。

しかし、ここでもう一つ注意しておきたいポイントを挙げておきます。

それは転職するベストなタイミングを見極めるということです。

『今すぐ転職したいと思うけど、早すぎない?』『今の会社にずっといるつもりはないけど、いつから転職活動を始めればいいか分からない』といった方は、転職タイミングの見極め方について知っておきましょう。

【未経験業界に転職するなら社会人3年目前後】

まずこれから新しい業界に転職したいと考えている方は、社会人3年目前後のタイミングがベストだと言えるでしょう。

この時期の特徴は、今の業界に深入りしすぎてはいないけど、どの業界でも通用する基礎的なビジネススキルは身についている状態です。

基礎的なビジネススキルとは、顧客対応だったり、資料作成スキル、ビジネスマナーなどが挙げられます。

こういった汎用性のあるスキルは次の新しい業界でも生かしつつ、新しい再スタートを切るタイミングとしても遅すぎないベストな時期だと言えるでしょう。

【同業への転職なら社会人5年目前後】

一方で、今と同じ業界に転職する際にはもう少し長くキャリアを積み、専門的スキルと実績を手に入れることをおすすめします。

具体的には社会人5年目前後がベストでしょう。

この時期になると、一人立ちし、ある程度の難易度の仕事を任されている方も増えてきます。

身につけた専門的スキルを活用しながら、第一線で活躍できている時期でしょう。

同業からの転職の場合、即戦力として使えるかどうかが重要な見極めポイントになる点を覚えておいてください。

特に技術系の職種であれば、応募条件に3〜5年以上の職務経験を設定する会社も多いので、5年目前後の時期がベストだと言えます。

スポンサードリンク

【20代でも早すぎる転職は控えるべき?】

さて、ここまで転職のタイミングについてご紹介しましたが、具体的には最低でも3年前後は今の会社で働く必要があることが分かりました。

では『まだ1年しかキャリアがないけど転職したい』と思われる方は、転職できないのでしょうか?

結論から言うと、転職はできるけど満足のいく会社に転職できない可能性も高くなります。

理由としては、以下の2点が大きいでしょう。

・基本的なビジネススキルが身についていないため
・すぐに辞められるという先入観を持たれるため

このような手間とリスクを負ってでも人材を獲得したいという会社でないと採用してくれません。

それだけ自動的に転職先の候補が絞り込まれてしまうのです。

何か理由があって、とりあえず今の会社を辞めたいという方であればいいですが、納得のいく転職をしたい方にはおすすめできません。

5.20代の転職が成功しやすい月がある?

転職を成功させるなら、転職するための最適なタイミングに加えて、一年の中で転職しやすい時期があることも知っておくべきです。

こちらでは一年の中で転職に優位に働く時期について解説していきます。

【会社の募集は2月・3月・9月に増える】

一年の中で会社の求人数がグッと増える時期があります。

それは2月、3月、9月です。

2月と3月に求人が増える理由は、4月に入社してくる新卒と一緒に教育研修を行うことができるからです。

要は教育研修にかかるコストを下げるためだと考えて良いです。

また3月、9月に求人が増える理由としては、この時期を年度末、半期末に設定している会社が多く、一つの区切りとして退職する人が増えるからです。

一般的な傾向として知っておくと転職にプラスに働くでしょう。

【転職する業界によって募集が増える時期は異なる】

また、もう一点知っておくべきポイントとしては、転職する業界によって求人が増える時期が変わってくるということです。

分かりやすい例で言うと、レジャー系の業界であれば長期休暇が発生するゴールデンウィークなどに繁忙期が来るため、その3〜4ヶ月前から求人が増え始めます。

他にも百貨店などの小売業界であれば、年末商戦を乗り切るために、秋口から求人が増えたりします。

このように一年の中で繁忙期がある業界であれば、その3〜4ヶ月前から求人が徐々に増え始めるので、こまめにチェックするようにしましょう。

6.20代で転職する際に注意したいこと
続いては、20代で転職する際に注意すべきことについて解説していきます。

知っておかないと後で後悔することもありますので、しっかりと確認してください。

【ボーナスを受け取った後に転職する】

『退職するのにボーナスをもらってもいいの?』と疑問に思う方もいるかもしれませんが、全く問題ありません。

ボーナスには今まで働いてきたことに対する感謝の意味も含まれますので、受け取ることは社員として当然の権利だと言えます。

転職した後は何かとお金がかかることも多いので、可能であればボーナスを受け取った後に転職することをおすすめします。

転職するということは、今の会社に退職することを伝えなければいけません。

ここで注意したいのが、ボーナスを受け取る前に転職することを会社に伝えると、ボーナスを減額されてしまう可能性があることです。

満額で50万円のボーナスの支給だったのに、それが38万円程度まで減額されたという例もあります。

そのため、転職することは会社にはギリギリまで内緒にしておき、ボーナスが支給された1ヶ月後辺りで伝えるようにしましょう。

もちろん、転職活動もその時期に合わせて進めてください。

【一時的な感情で退職しない】

続いての注意点としては、一時的な感情で退職しないということです。

20代の若い世代であれば、まだうまく自分の感情をコントロールできない方も少なくありません。

上司と意見が噛み合わなかったり、理不尽な扱いを受けた際に感情が高ぶりそのまま辞めてしまうといったことも実際にあります。

しかし、こういったケースのほとんどは、辞めた後に後悔する羽目になります。

理由は、辞めた後のことについて何も準備していないからです。

一時的な感情で退職した場合、その時の気分はスッキリしますが、退職に必要な手続きもできなかったり、後々非常に面倒なことにもなりかねません。

次の仕事も決まらないまま辞めてしまうことで、精神的な焦りもあり、転職もうまくいかないでしょう。

転職を成功させるのであれば、一時的な感情で退職することは絶対に避けてください。

7.20代の転職に多い理由

ここまで20代で良い会社に転職するために必要なことについてご紹介してきましたが、最後に転職するきっかけとしてよく挙げられる理由を取り上げたいと思います。

あなたがこれから紹介する理由のうち、どれかの悩みを抱えている場合は転職を検討してみてください。

【就職する前と後のギャップが激しい】

まず一つ目に挙げられるのは、就職する前と後のギャップが激しいということです。

情報の非対称性と呼ばれることも多いですが、現実的には実際に働いてみないと分からないことも少なくありません。

入社した後に『こんなはずじゃなかった』と後悔する方もいるでしょう。

このようなことはどの会社でも起こりうることですが、あまりにも事前に聞かされていたことと食い違う場合は、転職を考えることもアリです。

【激務でプライベートの時間が取れない】

続いて、仕事が激務過ぎるあまりプライベートの時間を確保できないということも理由として挙げられやすいです。

繁忙期などで一時的に忙しくなる場合は仕方ありませんが、年間を通して自分の時間を確保できないほど忙しい場合は考えものです。

しっかりとした休息が取れないと、体力的にも精神的にも追い込まれてしまい、身体を壊してしまうことにもつながります。

このような状況に立たされている方は、早めに転職の準備を進めることをおすすめします。

【人間関係が悪すぎる】

職場の人間関係が悪い場合も転職を検討すべきです。

理由としては、自分を変えることはできますが、人を変えることはなかなか難しいからです。

例えば、職場内で人の足を引っ張るような社員がいたとしても、その人の性格や行動を改めさせることは難しいです。

他にも、理不尽な上司の下で働くことになれば、ほとんどのケースはその上司のペースに合わせなければならなくなります。

このような場合は、相手の対応を変えさせることにパワーを使うのではなく、新しい職場を探すことにパワーを使いましょう。

【給料が低い】

給料が低いという理由も転職のきっかけに挙げられることが多いです。

生活していく上でお金は欠かせません。

特に家庭を持ち、一家の大黒柱として働いている方であれば、より高い報酬を目指して転職することもアリでしょう。

一方で、正社員として働きながらも最低限の生活が送れない、ワーキングプアと呼ばれる方々も事実存在します。

このような方々も早めに転職活動を始めることをおすすめします。

【成長している実感がない】

最後にご紹介するのは、日々仕事に取り組む中で成長している実感がわかないという理由です。

将来のキャリアプランが明確な方であれば、日々の仕事を通して成長し、目標に向けて一歩ずつ前進することは非常に大切なことです。

しかし、毎日一生懸命仕事に取り組んでいるにも関わらず、成長を実感できない場合、それは身を置いている環境に原因がある可能性があります。

仮に一年間働いてみて、それでも成長を実感できない時は、思い切って転職するという判断もアリでしょう。

【まとめ】20代の転職にもしっかりとした事前準備が欠かせない

今回の記事で、20代の転職にはチャンスがとても多いことが分かっていただけたかと思います。

しかし、ただ単に年齢が若いからといって転職活動を甘くみていると失敗します。

チャンスが多い20代だからこそ、しっかりと事前に準備をし、確実に納得のいく良い会社への転職を成功させましょう。

おさらいですが、大切なのは以下の5つのポイントです。

・自分にとって良い会社の基準を明確にする
・将来のキャリアプランを立てる
・スキルアップに役立つ資格を取得する
・転職先の口コミをチェックする
・転職エージェントを活用する

これらの準備を怠らなければ、きっと良い会社に転職できるでしょう。

是非試してみてください。



2017年現在の今は転職の絶好のチャンスです。タイミングを逃すと転職が難しくなるのは間違いありません。

就職氷河期と比べ、好景気の今は完全な売り手市場。

企業も積極的に採用を進めており、条件面も格段にアップしています。

しかし、好景気には必ず終わりが訪れ仕事が無くなる時が必ず来ます。

実際に、『オリンピック前には状況がガラっと変わる。』と予測する専門家も少なくありません。

また、年齢とともに転職が難しくなるのは言うまでもないですよね。

将来的な転職を考えているのであれば、人生を失敗しない為にも、1日でも早く行動をする事をおすすめします。



<よく読まれている人気記事>


-転職を成功させる方法

Copyright© , 2018 AllRights Reserved.