転職チャレンジ!〜会社を辞めたい人の為の仕事の探しとやめ方まとめ

転職を成功させる方法

求職者必見!面接に向けて採用を勝ち取る為の11つのポイント

更新日:

1.求職者に知っていて欲しい採用を勝ち取るポイントをご紹介!

今勤めている会社を退職し、転職活動を始めようと検討されている方の中には、無事に採用を勝ち取ることができるか不安に感じている方も少なくないでしょう。

今回はそんな求職者の方のために、採用されるために必要なポイントについて詳しくご紹介していきます。是非参考にしてみてください。

2.求職者に押さえてほしい採用される為にできる11のポイント

それではさっそく求職者に押さえてほしい採用されるために今から準備しておくべきポイントをご紹介していきます。全てのポイントを完璧に押さえることは難しいですが、可能な限りクリアしておくことで、採用される可能性が高まるでしょう。

【リーダーシップを身につける】

どんな会社であってもリーダーシップのある人材は喉から手が出るほど欲しいと思うものです。リーダーシップは一朝一夕で身につくものではありませんが、日頃の業務に携わる中で自ら意識することで徐々に身についていくでしょう。

求人を出している会社としても、将来の会社を支える人材をできるだけ確保したいと考えています。リーダーシップを発揮してプロジェクトを成功させたような経験を持つ方であれば、かなりの魅力ポイントになるでしょう。

今はまだそのような経験を持っていない方も、できるだけ意識してリーダーシップを取るようにしてみてください。

【数字で示せる実績を作る】

ポテンシャルを見る新卒採用に対して、中途採用で重視されるのはこれまでにどんな実績を残してきたかです。転職活動をする際の採用試験の場で必ずといってよいほど過去の実績について質問されるでしょう。

大切なのは客観的な数字で示せる実績をアピールすることです。あいまいに「売上アップに貢献しました」や「◯◯をたくさん売りました」のように話しても、それがどれだけ凄いことなのか相手には伝わりません。

具体的にいくらの売り上げを作ったのか、商品をいくつ売ったのかという数字を示すことで説得力のあるアピールができるのです。このような具体的な数字で示せる実績が多ければ多いほど、採用される可能性は高まっていくでしょう。

【アピールできる資格を取得する】

数字で実績を示すことと同様に、具体的な資格もアピールポイントになります。特に取得難易度の高い資格であればあるほど強いアピールポイントになるでしょう。

資格を持たないと働けない仕事であれば言うまでもありませんが、持っておくと仕事をする上で役に立つ資格などもあります。会社によっては資格手当などを支給しているところもあるので、転職を希望する会社の募集要項をチェックしてみてください。

【決断力を身につける】

決断力のある人材というのも採用される可能性は高いと言えます。理由としては、責任のあるポジションに就く人材を採用したいと考えている場合、その仕事には決断力が欠かせないからです。

管理職などのポジションを経験された方であれば分かるかと思いますが、仕事を進めていく上で決断を求められる場面も少なくありません。優柔不断であればそれだけ決断が遅れてしまい、トラブルや失敗につながることもあるでしょう。

そういう意味でも、特にある程度のポジションの採用試験を突破するためには、決断力のある人材であることをアピールする必要があります。そのためにも自らの決断で仕事を動かしていく経験を積んでおくと良いでしょう。

【清潔感のある見た目】

採用試験を受けるとなれば持っているスキルや経験に目が行きがちですが、初めの第一印象も同じくらい大切です。

例えばあなたが面接官だったとして、髪の毛がボサボサでだらしのない格好で面接を受けに来た求職者にどんなイメージを持ちますか?おそらく一緒に働きたいと思う方はいないでしょう。

見た目がだらしないと、細かい部分まで気を回せない人材であるというレッテルを始めの段階で貼られてしまいます。そこから挽回するのはとても難しいでしょう。

採用試験に臨む際は相手に好印象を与えるよう、清潔感のあるきちんとした身だしなみで臨むようにしてください。

【円滑なコミュニケーションを心がける】

どんな仕事も一人だけで完結することはありません。必ず他の人とのコミュニケーションが求められます。

そういう意味で考えると円滑なコミュニケーションが取れるということも採用されるためには欠かせないポイントでしょう。具体的には質問に対して的確な返答ができること、きちんと話を整理した上で相手に伝えられること、相手の話をきちんと聞けることなどが挙げられるでしょう。

一般的にコミュニケーション能力が大切であると言われるのは、それだけ仕事をする上で様々な方とコミュニケーションを取ることを求められるからです。上記に挙げたようなコミュニケーション能力を普段から磨いておくことが大事です。

【ポジティブな退職理由を考えておく】

転職活動時の採用面接で、なぜ前の会社を辞めたのかという退職理由についても必ず聞かれるでしょう。その際に、例えば仕事がきつかったから、上司とうまく付き合えなかったからといったようなネガティブな退職理由を伝えることはNGです。

仮にその理由が本当であったとしても、そのまま正直にネガティブな理由を伝えれば、うちの会社でも仕事がきつかったらすぐに辞めてしまうのではといったイメージを持たれてしまいます。

退職理由についてはできるだけポジティブな理由を事前に考えておくべきです。例えば新しい仕事に挑戦したいと感じたから、といったイメージです。うまく採用されるためには本音と建て前を上手に使い分けるようにしましょう。

【その会社でないといけない志望動機を考える】

退職理由だけでなく、必ずといってよいほど聞かれるのが志望動機です。数ある会社の中でなぜその会社を選んだのかという理由について答える必要があります。

よくあるNG例として「社会貢献ができるから」のような志望動機が挙げられるでしょう。単純に社会貢献したいのであれば、必ずしもその会社である必要はありません。肝心なのは、その会社でないといけない要素を盛り込むということです。

スポンサードリンク

社会貢献であっても、その会社でしかできない社会貢献があるのであれば、それを伝えるべきです。他にも他社にはないその会社独自の強みであったり、サービスであったりと、とにかくその会社にしかない特徴を中心にして志望動機を考えるようにしてください。

【失敗や苦難を乗り越える経験を作る】

ビジネスパーソンとして仕事をしていく中で、失敗や苦難を経験する方も多いでしょう。こういった失敗や苦難を乗り越えた経験を持つ方も採用されやすい傾向にあります。

理由としては失敗を乗り越えるだけの打たれ強さがあるからです。仕事で挑戦し続ければ失敗することもあります。そこで求められるのはその失敗をズルズル引きずらず、今まで以上に前向きに立ち向かっていく姿勢でしょう。

また、困難な壁にぶつかった時もすぐに諦めるのではなく、何とかしてその壁を乗り越えようとする前向きな考え方もとても大切です。このように失敗や苦難を乗り越えた経験を持つ人材は、どんな会社にとっても難しい仕事に取り組む上で非常に重宝されるのです。

【負けず嫌いであることをアピールする】

特に競争の激しいビジネスの世界では、負けず嫌いな性格の人材も求められやすいと言えるでしょう。厳しい競合他社との競争を勝ち抜くため、それだけ負けず嫌いで勝負強い社員を採用したいと考えるのは当然です。

こういった人材は勝つためにどういう方法が適切なのか論理的に考えることができます。ロジカルに物事を考えられる人材は貴重なので、会社の中でも優遇されやすいでしょう。

しかし、いくら負けず嫌いだからといって、間違っても同じ社内の仲間の足を引っ張るようなことはNGです。互いに刺激し合える健全な関係を築いていくことが大切です。

【最後までやり抜く力を身につける】

途中で仕事を投げ出すような方はどんな会社でも採用されないでしょう。引き受けた仕事は最後まできっちりやり切ることが大切です。

何か仕事を最後までやり抜いた経験を持つ方であれば、会社からの信頼も高まり、次の仕事も任せやすくなります。例え小さな仕事であってもしっかりと最後まで責任を持ってやり抜く経験を今からでも積み上げていってください。

3.求職者必見!優良企業を見抜くポイント!

採用されるために求められるポイントについてご紹介してきましたが、続いては求職者が数ある企業の中から優良企業を見抜くためのポイントを解説していきます。会社を選ぶ上での参考にしていただければ幸いです。

【他社よりも優れたものがあるかどうか】

まず一つ目に、他社よりも優れたものがあるかどうかを見ましょう。

厳しいビジネスの世界で勝ち残るためには他社よりも優れたサービスや製品を持つことが欠かせません。そういう意味で、ここだけは絶対に負けないという部分があるかどうかを見るべきです。

仮に特に秀でたものが無い場合は、将来的にも経営が不安定になる可能性があります。もちろん自分自身でそのようなサービスや製品を生み出したいと思っている方は特に問題ありませんが、安定した生活を第一に考えている方は、事前の見極めが大切でしょう。

【売上推移や利益率を公開しているかどうか】

続いてチェックしたいポイントは売上推移や利益率を公開しているかどうかです。こちらは主にホームページを見てみると公開されているかどうかが分かります。

売上推移や利益率は会社が展開しているビジネスの堅実性や安定性を示す上での重要なポイントになります。ホームページ上で売上推移や利益率を公開し、誰でも見られる状態にしている会社は、それだけ経営にも自信があるということでしょう。

一方で、売上推移や利益率を公開しない会社もあります。こういった会社には売上推移や利益率を公開できない理由がある可能性があると言えるでしょう。よほど興味関心のある会社でない限り、このような会社は応募を避けることをおすすめします。

もし売上推移や利益率を公開していない会社に応募する場合は、採用面接などの場で確認させてもらうようにしてください。

【どんな会社と取引しているかをチェック】

最後にご紹介するのはどんな会社と取引を行なっているかという点です。こちらも主にホームページなどで公開されているでしょう。

チェックポイントは取引先企業の中に、有名な大手企業や銀行、銀行系のベンチャーキャピタルが含まれているかどうかです。こういった会社は投資に対しても非常に手堅い傾向があるので、このような会社と付き合いがある場合は経営的に見ても安定している可能性が高いでしょう。

もちろん全ての会社が取引先を公開しているわけではないので、興味のある会社であれば採用面接の場で質問してみると良いでしょう。

4.求職者が転職を成功させるには転職エージェントを活用すべき!

ここまで求職者が採用されるために必要なポイントと優良企業を見極めるポイントについてご紹介してきましたが、最後に納得のいく転職活動を行うためにやるべきことについて解説します。

それはずばり転職エージェントを活用するということです。転職エージェントは求職者に対して、これまでの経験やスキル、適性を考慮した上で最適な会社を紹介してくれます。自分のキャリアについて悩んでいる方も、専属のキャリアコンサルタントが相談に乗ってくれるので安心です。

特筆すべきは、全てのサービスを無料で受けられるということです。転職エージェントは求人を出している会社から報酬を受け取るビジネスモデルになっているので、求職者は無料でサービスを受けることができます。転職のプロの意見を無料で聞くことができるのであれば使わない手はないでしょう。

今回の記事でご紹介したポイントを押さえた上で、転職する場合はまず転職エージェントに登録してみてください。

【まとめ】求職者が採用されるためにはこれまでの自分を振り返ることが大切

求職者が採用されるために必要なポイントについて詳しくご紹介してきましたが、参考になりましたでしょうか?

求職者の方が会社に採用されるためには、これまでの自分が身につけてきたスキルや経験などをしっかりと振り返ることが大切です。今回取り上げたようなポイントをまだまだ押さえられていないようであれば、場合によっては転職活動をもう少し先に伸ばすという選択もするべきでしょう。

また、自分自身のことを客観的に見てくれる存在というのも大切です。自分自身のスキルや経験が転職市場でどれくらいの価値があるのか判断するためには転職エージェントを活用すると良いでしょう。不安な方は転職エージェントのキャリアコンサルタントに相談してみてください。

今回の記事が求職者の方にとって少しでも役に立てれば幸いです。



2017年現在の今は転職の絶好のチャンスです。タイミングを逃すと転職が難しくなるのは間違いありません。

就職氷河期と比べ、好景気の今は完全な売り手市場。

企業も積極的に採用を進めており、条件面も格段にアップしています。

しかし、好景気には必ず終わりが訪れ仕事が無くなる時が必ず来ます。

実際に、『オリンピック前には状況がガラっと変わる。』と予測する専門家も少なくありません。

また、年齢とともに転職が難しくなるのは言うまでもないですよね。

将来的な転職を考えているのであれば、人生を失敗しない為にも、1日でも早く行動をする事をおすすめします。



<よく読まれている人気記事>


スポンサードリンク

-転職を成功させる方法

Copyright© , 2018 AllRights Reserved.