転職チャレンジ!〜会社を辞めたい人の為の仕事の探しとやめ方まとめ

転職を成功させる方法

転職活動は働きながら?辞めてから?在職中に活動を勧める5つの理由

更新日:

スポンサードリンク

1.転職活動は働きながら?辞めてから?気になる疑問を徹底解消

転職を検討している方がよく抱えている疑問に、『転職活動は働きながらするべき?辞めてからするべき?』というものが挙げられます。

そこで今回は、転職活動を働きながらするべきか、辞めてからするべきか、どちらがおすすめなのか見ていきましょう。

結論から先にお伝えすると、働きながら転職活動する方がおすすめです。

理由については以下の5点が挙げられます。

・お金の心配をせずに転職活動ができる
・経歴に失業期間ができない
・自分の希望にマッチした転職先をじっくり選べる
・上司からの引き止めを防ぐ効果がある
・自己管理ができないと自堕落な生活に陥ってしまう

ただし、人によっては辞めてから転職活動をスタートする方が良い場合もあります。

『自分はどっちのパターンで転職活動するべき?』『働きながら転職活動する際に注意すべきことは何?』

このような疑問をお持ちの方は、是非最後までご覧ください。

2.転職活動は働きながら行うべき5つの理由

それでは早速、働きながらの転職活動をおすすめする理由について見ていきましょう。

【1.お金の心配をせずに転職活動ができる】

まず転職活動中にお金の心配をしなくて済むという点が挙げられます。

転職活動を始めたからといってすぐに転職先が見つかる保証はありません。

もし退職した後に転職活動を始め、なかなか転職先が見つからなかった場合、無収入の状態が続いてしまいます。

これでは生活するだけでなく、精神的にもかなり苦しい状況に追い込まれていくでしょう。

このようなリスクを排除する上でも、働きながらの転職活動がおすすめなのです。

【2.経歴に失業期間ができない】

退職した後に転職活動をスタートし、なかなか転職先が決まらなかった場合、自分の経歴に長い失業期間ができてしまいます。

当然ながら企業の採用担当は、長い失業期間を持つ求職者をネガティブにとらえる傾向があるので、ますます転職活動が不利になっていくのです。

経歴の面で少しでもアドバンテージを作るなら、働きながらの転職活動を選びましょう。

【3.自分の希望にマッチした転職先をじっくり選べる】

働きながら転職活動をすることで、転職先が決まらなくても無職にはならないという安心感が生まれます。

このような心の余裕があるからこそ、本当に自分にマッチした転職先を見極めることができるのです。

失業している状態で、転職先も見つからず、貯金がどんどん減っていくのを見ていると、『とにかくどこでもいいから就職しなくては』といった焦りを生んでしまうでしょう。

このような状態では、本当に自分に合った企業に転職できる可能性は低くなります。

【4.上司からの引き止めを防ぐ効果がある】

働きながら転職活動を行うことで、上司からの引き止めを防ぐ効果もあります。

今の会社を退職する際に、上司を説得することは、一つの大きな壁とも言えるでしょう。

上司からの強烈な引き止めに合い、転職を断念したという方も少なくありません。

上司に退職したいことを伝える際に、ほぼ間違いなく聞かれるのが『次の転職先は決まっているの?』という質問です。

在職中に転職先を決めておくことで、『次が決まってるなら仕方がないな』と上司も納得せざるをえないでしょう。

【5.自己管理ができないと自堕落な生活に陥ってしまう】

特に自己管理に自信がない方は、働きながら転職活動をおすすめします。

辞めた後に転職活動を始める方の中には、自由な時間が多い現状に甘えてしまい、自堕落な生活を送ってしまう方もいます。

これでは転職活動の成功も遠のいてしまうでしょう。

働きながら転職活動を行うことで、『限られた時間を有効に使わなければ』という意識と集中力が芽ばえ、結果的にスムーズに転職先が見つかったという方も多いのです。

3.転職活動を働きながら行う際の注意点

転職活動は働きながら行う方がおすすめだと紹介しましたが、注意しなければいけない点もあります。

こちらで詳しく見ていきましょう。

【1.仕事に時間を取られて転職活動を中途半端にしないようにする】

まず注意しなければいけないのは、今の仕事が忙しすぎるという方です。

仕事に時間が取られすぎるという方は、転職活動も中途半端になりがちです。

例えば、中途半端な企業研究で選考に臨み、落ち続けてしまったり、面接に遅刻してしまったり、といったことが挙げられます。

働きながら転職活動を行う場合は、プライベートの時間を全て転職活動に当てるという意気込みが欠かせません。

【2.モチベーションをしっかり維持する】

意外と難しいポイントがこちら。

働きながら転職活動をするメリットとして経済的な余裕ができることをご紹介しましたが、逆に言うとその余裕があるからこそ、なかなか本気になれないといった方も出てきがちです。

『無職になるわけではないし、まぁいずれ転職できればいいか』といった気楽な心構えで成功できるほど転職活動は甘くありません。

『絶対に転職を成功させる』という強いモチベーションを維持しながら、転職活動に臨んでください。

【3.転職活動していることを今の会社にバレないようにする】

転職活動していることが今の会社にバレてしまうと、面倒なことに発展する危険があります。

最も多いのが上司からの引き止めです。

部下の退職は上司の責任になることも多いので、あの手この手を使って引き止めようとしてきます。

また、なかなか転職先が決まらず、結果的に今の会社に残ることになっても、「一度転職しようとした社員」としてレッテルが貼られてしまうので、出世コースから外れてしまう可能性も少なくありません。

【4.急な引き継ぎなどで会社に迷惑をかけないようにする】

転職活動はついつい自分中心に物事を考えがちですが、できるだけ今の会社に迷惑をかけないよう注意すべきです。

特に大きいポイントは、今あなたが担当している仕事の引き継ぎでしょう。

雑な引き継ぎで仕事を丸投げしてしまえば、あなたへの印象は最悪になります。

場合によっては、仕事の確認で次の転職先に連絡が入る可能性もあります。

働きながら転職活動をする際には、引き継ぎの準備も並行して進めるようにしましょう。

4.転職活動を辞めてから行う方が良い人もいる

ここまで転職活動は働きながら行う方が良いとお伝えしましたが、冒頭でも述べたように人によっては辞めてから行う方が良い場合もあります。

退職後の転職活動がおすすめなのはどういう人なのか、こちらでご紹介していきます。

【1.しっかり転職活動に集中したい人】

まずおすすめしたいのは、仕事が忙しすぎてとても転職活動の時間が確保できないという人です。

このような方の場合、企業分析に時間をかけられなかったり、企業との面接日程が調整できなかったりします。

このまま転職活動を続けても中途半端になってしまうことが目に見えてる場合は、思い切って退職してから短期集中で転職活動を行いましょう。

【2.無収入でもしばらく生活できる貯金がある人】

スポンサードリンク

経済的にある程度の余裕がある人は、退職してからじっくり転職活動を行う方が良いでしょう。

具体的には約3ヶ月分の生活費が貯金できていると安心です。

しかし、言うまでもなく貯金もいずれ底をついてしまうため、なるべく早く転職先を見つける気持ちで転職活動を行ってください。

【3.自分のスキルや経験に自信がある人】

中途採用の場合、どのようなスキルを持ち、今まででどんな実績を残してきたかが採用の判断基準になります。

そのため自分のスキルや経験に自信があり、すぐにでも採用される可能性が高い人は、辞めてから転職活動をするのも良いでしょう。

ただし、スキルや経験については自己判断するのではなく、転職エージェントを活用するなどして、客観的にお墨付きをもらった上で、退職することをおすすめします。

【4.必要な資格の取得や勉強に時間を使いたい人】

今までとは異なる業界や職種への転職を検討している場合、資格の取得や新しい知識を学ぶための勉強時間を確保しなければいけないでしょう。

このように、働きながらでは必要な準備ができないという人は、会社を辞めてから転職活動を始めてください。

ただし、資格の取得にかなりの時間がかかったり、学校に通う必要がある場合などは、無収入でも生活できるだけの貯金を用意しておきましょう。

【5.今の職場環境が悪すぎて身体を壊しそうな人】

転職活動を検討している方の中には、人間関係のストレスや長時間労働などに苦しんでいる方も多いでしょう。

このように、今の職場にこれ以上いると身体が壊れてしまう危険がある場合、すぐにでも会社を退職することをおすすめします。

転職活動を行う上で大前提となるのは健全な身体です。

仮にうつ病などを患ってしまった場合、身体が元の状態に戻るまで転職活動はできなくなります。

また、このような身体を壊した経歴は、企業によってネガティブにとらえられる可能性もあります。

職場環境に問題がある場合、転職先を決める前に、自分の身体を守ることを優先してください。

5.転職活動にはどれくらいの時間がかかる?

働きながら転職活動をするにしても、辞めてからするにしても、気になるのは一体どれだけの時間がかかるのかという点でしょう。

当然人によって個人差がありますが、求人検索から内定までおおよそ3ヶ月〜6ヶ月の期間が必要だと考えておいてください。

そのため、会社を辞めてから転職活動する場合、少なくとも3ヶ月分の生活費を事前に準備しておく必要があるのです。

ただし、年齢が高かったり、異業界への転職を希望する場合などは、転職に1年以上もの期間がかかる方もいるので、やや厳し目に見積もっておくことをおすすめします。

6.転職活動を始める際に押さえるべきことは?

最後に、働きながら転職活動するか、辞めてからするかというポイント以外で、是非押さえておいて欲しい注意点をご紹介していきます。

【1.退職理由を明確にする】

まず何と言っても欠かせないのが、転職理由を明確にするということです。

転職理由は、何のために転職するのかという目的とも言えるので、転職理由が曖昧だと、どこを目指して転職活動を進めるのかぼんやりとしたものになってしまいます。

このような状態ではとてもスムーズに転職することはできません。

また、転職理由がはっきりしていることで、目的にあった求人も探しやすくなるというメリットもあります。

【2.転職活動費用を用意する】

転職活動には何かとお金がかかるものです。

例えば、面接会場に行くまでの交通費や、第一印象を良くするための美容室代、場合によってはリクルートスーツなどを購入する必要もあるでしょう。

具体的な金額で言えば、平均20万円程度準備しておくと安心です。

もちろん、退職してから転職活動を行う場合は、さらに最低3ヶ月分の生活費も用意しておいてください。

【3.転職に有利な時期を見極める】

転職に有利になる時期を見極めて転職活動をスタートするのも大切です。

具体的には3〜4月と9〜10月に企業の求人ニーズが高まります。

この時期は多くの企業で年度の切り替えが行われ、退職者が多く出るため、それに伴い人材の補充が行われるのです。

ただし、企業の求人数が増える分、自分の理想の企業を探しやすくなりますが、その分ライバル達の数も増えることを覚えておきましょう。

【4.転職を通して叶えたい条件を一つに絞る】

前述した転職理由を明確にするという点に共通する部分もありますが、転職を通して叶えたい条件を一つに絞ることも大切です。

転職で失敗する方によくありがちなのが、転職希望条件を多く挙げすぎてしまい、結果的に当てはまる求人がほとんどなくなってしまうケースです。

全ての希望を叶えてくれる理想の会社は存在しないことを覚えておきましょう。

例えば、『年収アップを目指したい』という目的がある方は、給料が求人を見る上での鍵になります。

同様に『ワークライフバランスの取れた働き方がしたい』という方は、労働時間が求人を見る上での鍵になるでしょう。

このように、どうしても実現したい条件を一つに絞ることで、しっかりと求人数を確保しながらも、満足のいく転職を実現しやすくなるのです。

【5.今の会社を退職するスケジュールを作成する】

働きながら転職活動する方に言えることですが、無事に内定が決まったとしても、今の会社の退職手続きに時間がかかっていては転職先に迷惑をかけることになります。

このような状況を防ぐために、転職活動を始める際に、並行して今の会社を退職するスケジュールを作成しておくと良いです。

具体的には、まず退職希望日を決めた上で、『いつ上司に報告するのか?』『仕事の引き継ぎはどのように行うのか?』といった退職する上で必要になるものを洗い出します。

その上で一つずつ、スケジューリングしていきましょう。

ちなみに上司への報告は遅くとも退職希望日の2ヶ月前には済ませるようにしてください。

予想外のトラブルが起きても良いように、余裕をもった計画を立てるようにしましょう。

【6.転職エージェントに登録する】

転職活動を成功させるためにマストで行いたいのが転職エージェントの活用です。

転職エージェントに登録することで、転職のプロであるキャリアアドバイザーがあなたの転職活動を全面的にバックアップしてくれます。

具体的には、あなたの希望を聞いた上で、これまで身につけたスキルや経験を活かせる求人紹介や、選考対策、面接日程の調整、入社後フォローなど最初から最後までサポートしてくれます。

特に働きながら転職活動をする方は、転職エージェントを活用することで、より時間を有効に使うことができるでしょう。

求職者の場合、転職エージェントは無料で利用できるため使わない手はありません。

【まとめ】転職活動は働きながら行う方がリスクが小さい

転職活動を働きながらするか、辞めてからするかは、その人の置かれている状況によって変わってきます。

しかし、一般的に考えると働きながら行う方が、様々なリスクを抑えることができるでしょう。

最後にまとめとして、働きながら転職活動を行うべき理由をおさらいしておきます。

・お金の心配をせずに転職活動ができる
・経歴に失業期間ができない
・自分の希望にマッチした転職先をじっくり選べる
・上司からの引き止めを防ぐ効果がある
・自己管理ができないと自堕落な生活に陥ってしまう

自分に合った転職活動の進め方が分からないという方は、まず転職エージェントに登録し、担当のキャリアアドバイザーに相談してみてください。

あなたの転職活動が無事に成功することを祈っています。



2017年現在の今は転職の絶好のチャンスです。タイミングを逃すと転職が難しくなるのは間違いありません。

就職氷河期と比べ、好景気の今は完全な売り手市場。

企業も積極的に採用を進めており、条件面も格段にアップしています。

しかし、好景気には必ず終わりが訪れ仕事が無くなる時が必ず来ます。

実際に、『オリンピック前には状況がガラっと変わる。』と予測する専門家も少なくありません。

また、年齢とともに転職が難しくなるのは言うまでもないですよね。

将来的な転職を考えているのであれば、人生を失敗しない為にも、1日でも早く行動をする事をおすすめします。



<よく読まれている人気記事>


スポンサードリンク

-転職を成功させる方法

Copyright© , 2018 AllRights Reserved.