転職チャレンジ!〜会社を辞めたい人の為の仕事の探しとやめ方まとめ

転職成功者のアドバイス

会社に迷惑をかけたくない!合わない仕事を続けるよりは潔く退職を選ぼう

更新日:

新卒でコールセンターに就職!全く向いておらず毎日汗だくで働いていた

今から何年も前、新卒の私が初めて就職したのはコールセンターでした。

通信販売の会社で、顧客の方からの問い合わせに答える仕事です。

私は自分で言うのもナンですが、割りと愛想が良く社交的で、TELの対応も嫌いではありませんでした。

ですから、向いていると思ったのですが……結論から言うと、全く向いていませんでした。

仕事だとガチガチに緊張してしまい、噛んだり、言い間違えもしばしば。相手に笑われると更にあがってしまい、毎日汗びっしょりでした。

発声練習をしたり、しゃべり方を研究したり、毎日工夫を重ねましたが、結局最後まで、電話が苦手で、下手なままでした……。

また問い合わせ内容も複雑なモノが多く、失敗をして周りの方に迷惑をかけたことも。

同じことを繰り返さないよう、目につく場所に書いたり、努力を重ねましたが……自分は会社のお荷物ではないか、という意識が、常にありました。

就職直後はまだしも、2年、3年経ってからは、周りの同期に比べて、自分だけが頼りなく思えて情けなく、密かなコンプレックスが膨らんでいきました。

それでも辞めなかったのは、努力を続ければ今に、苦手を克服出来るのではないか、と思っていたこと。

あとは職場の人間関係がとても良く、恵まれており、これ以上良い環境は、二度と見つからない気がしていたからです。

初めての就職で、辞めるのに多大な勇気が必要だったのも、理由の一つ。

ですが今思えば、もっと早くに辞めれば良かったのです。

5年も居座って、会社にあれだけ迷惑をかけるよりは……。

コールセンターから入力業務へ異動したが、被害妄想が酷くなり退職に至った

そんな状態のままで、気付けば入社から丸5年。

大勢いた同期も一人ずつ減り、残りは私と、もう一人だけになっていました。

その同期がとても苦手な人だったので、余計に辛かったのですが……。

後輩が出来て、教えることも増えましたが、その先輩が汗びっしょりでミスも多いのではと、情けなく、後ろめたさがありました。

まして、後輩の方がしっかりしているとなると……。

自分なりの工夫と努力を重ねていたものの、あまり効果が表れず、焦りを募らせていました。

そんな中、とうとう私は、いつにない酷いミスをおかしてしまいました。

お客様からの問い合わせに誤った回答をしてしまい、それが大問題になって、上司の方が先方の会社へ、謝罪に行く事態になってしまいました。

申し訳なさに、身の置き所もなく……。

上司も問題に感じたのか、今までのコールセンターから、入力業務への移動を提案されました。

それなら出来るかも、と思うと同時に、見限られたように感じて、情けなく思いました。

今思えば会社は、なんとか私にも出来る仕事を探してくれていたのでしょうが……。

見捨てずにいてくれることを感謝せねばならないのに、その時は周りの視線が気になり、そんなことを思う余裕はありませんでした。

スポンサードリンク

更に新たな業務である入力センターがあるのは、今までいたコールセンターと同じフロアで、すぐ近く、背中合わせの場所でした。

自分のお荷物ぶりが恥ずかしく、元同僚や、新しいチームメイトの目がひたすら気になっていました。

意識し過ぎて、過敏になっていたのかもしれませんが……。

新たな入力業務は、以前のコールセンターほどではないものの、やはり大変でした。

素早く入力しつつ、間違いが無いよう、チェックもしなければならないのです。

早く慣れようと、毎日必死でやっていましたが、クタクタでした。

同僚は皆、親切でしたが……。

なんとかここを自分の居場所にしよう、と毎日仕事をこなしていましたが、時にはミスをしてしまうことも。

当然ながら、上司の叱責が堪えました。

そしてある日の、昼休憩のことです。

休憩室で昼食を摂っている時……入力チームの同僚数名が、その場にいない上司のことを、かなり手酷く、悪く言っているのが耳に入りました。

上司本人の前では皆、友好的な態度なのに……。

その時、唐突に思ったのです。

特にミスなどしない上司がこれだけ酷く言われるのだから、5年経ってもお荷物な私は、陰で相当、酷いことを言われている違いない。

今まで私が知らなかっただけなのだ、と。

今思えば、思い詰めていたのかもしれませんが、その時はもう、辞めたい!という考えでいっぱいになってしまいました。

もう、ここには居られない、と。

どうしても退職したかったため転職先が決まっていると嘘をついた

辞めることを決意してから、まず私は部署の一番偉い上司に、相談しました。

ガチガチに緊張しながら、ご相談したいことがあるのですが……と切り出した私に、上司は面談の時間を設けてくれました。

会議室で二人になり、私はお荷物になっているのが心苦しいこと、あともう一つ、新たな就職先が見つかった、ということを告げました。

実際にはまだ何も決まっていなかったのですが、そうでも言わないと、話が進まない気がしたのです。

面接に受かって、すぐにでも新たな職に就ける、と出任せを言ってしまいました。

実在する企業名を挙げて……。

それを信じたのかは不明ですが、退職希望は通り、翌月の末に、退社することが出来ました。

さんざん迷惑をかけたのに、頑張ってと送り出してくれた上司には頭が下がりました。

当時は、色々な物から解放された安堵感で、呆然としていました。

1ヶ月後別の会社への転職に成功!自分に合う仕事内容で安心した

退社から1ヵ月の間に、諸々の退職手続きをし、本当に就職活動もして、次の仕事がスタートしました。

そこは電話越しではなく、直に人と接する仕事で、以前のような辛さはありませんでした。

ミスをしても繰り返さず、仕事も覚え、きちんと役に立っていると自負出来ています。

どんなに頑張っても苦手な、向かない仕事があり、時には潔く辞めることも必要なのだと、今になって思います。



2017年現在の今は転職の絶好のチャンスです。タイミングを逃すと転職が難しくなるのは間違いありません。

就職氷河期と比べ、好景気の今は完全な売り手市場。

企業も積極的に採用を進めており、条件面も格段にアップしています。

しかし、好景気には必ず終わりが訪れ仕事が無くなる時が必ず来ます。

実際に、『オリンピック前には状況がガラっと変わる。』と予測する専門家も少なくありません。

また、年齢とともに転職が難しくなるのは言うまでもないですよね。

将来的な転職を考えているのであれば、人生を失敗しない為にも、1日でも早く行動をする事をおすすめします。



<よく読まれている人気記事>


-転職成功者のアドバイス

Copyright© , 2018 AllRights Reserved.