転職チャレンジ!〜会社を辞めたい人の為の仕事の探しとやめ方まとめ

転職成功者のアドバイス

退職する時は計画的に!引き継ぎをして始めてわかった自分の仕事量

更新日:

15年勤めた会社を退職!長く続けた会社ほど辞める時は大変 !

よく結婚は簡単で離婚はそれ以上のエネルギーが必要と言われるが、仕事も長年勤めれば勤めるぼど責任があるポジションにあり、辞めるのは難しくなると思います。

私は今月に15年勤めた会社を辞めました。

15年間ほぼ同じポジションで私一人で会社のお金の管理、会計をやっていたので辞めるには相当のエネルギーを要しました。

辞めようと思った理由は家のローンが年内に終わること、仕事が週6日勤務で体力的にきつくなってきたこと、子供の手が離れ自由な時間ができるようになり、もう少し仕事以外のことをやりたくなったこと等があります。

1年前から辞めることを計画し、退職3ヶ月前から引き継ぎを開始した

辞めるにあたり、1年前から計画を実行するシュミレーションを立てました。

まず私の代わりの人を探してもらう。

同じ部署の人にそれとなく退職をにおわせる。

普通辞める場合2週間前の通告でひきつぎ業務等が終わるのですが、私の場合、色々とやることがあり時間を要するため3ヵ月前から引継ぎ業務が始まりました。

最初は少しずつ教えて行きあまり大変なのを強調すると次の人がやる気をなくしてしまうので、そんなに難しいことはない、慣れれば大丈夫と安心してもらい覚えていってもらいました。

やってみると意外に多くのことを私ひとりで担っていたことがわかり、初めての人には到底こなせられない仕事量をやっていたことを認識して、自分でびっくりして、そんなに働いていたのかと思う反面、これではいけない、誰でもができるような仕事にしないとあとが続かないことを実感しました。

会社は一人の人に全面的に仕事を任せるのはよくない、仕事はシェアしなければといいますが、人数に限りがありどの部署も手いっぱいの状態です。

これをどのように分担してやっていくのがこの会社の今後の課題だと思いました。

また15年も働いた私が退くよい機会なのだと思いました。

一度は跡継ぎの人がさじを投げかけて私には無理ですと言い出しました。

上司は話し合いをもち私一人でやっていた仕事を新しい人の負担にならないよう、分散しようと提案し納得してもらいました。

私が辞めると言い出したために色々な人に迷惑をかけている。

それが心苦しかったですが、そうでもしないといつまでたってもここを辞めることはできないと言い聞かせました。

新しい人をトレーニングすると、こんな簡単なことがなんでわかってもらえないのだろうとか、私ならこの方法でやるのにとか自分との仕事の微妙なやり方の違いを感じることが多々ありました。

スポンサードリンク

でも自分は自分、彼女は彼女と考えこんなやり方も間違ってはいない、彼女なりのやり方なのだと考え方を変え、あまり細かいことに口だしするのは、やめにしました。

基本が間違ってなければ到達点にどんなやり方でもつけばいいのです。

私のやり方の方が古臭く感じることもあるだろうし、雑な点もあるかもしれない、自分のやり方を押し付けるのはよくないことだと、つくづく思いました。

完全な退職ではなく、一旦会社を辞め、改めてパートとして勤務し始めた

私自身会社を辞めてどうしようと考えました。

収入が減少するし生活も変わってきます。

できればフルタイムからパートタイムに変わってこの会社に留まりたいと考えました。

慣れた仕事ならストレスを感じることなく続けられると思ったからです。

しかしこれは私だけのわがままで会社は去っていく人には見切りをつけるというか、重要な仕事は、まかせてくれません。

私と言う人はもういないのを前提に仕事を進めていかないといけないのであくまでパート的な誰でもできる軽作業的な仕事しか与えてくれませんでした。

これは私には予想外で私の甘いところでした。

盛大に退職パーティまでやってもらい涙のお別れをした翌日にパートとして出勤してみると今までとは180度違う部署になり、やることも身のない内容ですっかりやる気をうせてしまいました。

会社の言い分はあなたは長く働いてきたのだからこれからはゆっくり働いてもらうためにストレスのない仕事を用意した、とのことでした。

今までと同じ仕事がしたいといってもそれは所詮私のわがままで、だったらどうして辞めるなんていうの?という姿勢をひしひしと感じ全面的に会社とはかかわらないことにして辞めることにしました。

自分がいないと駄目、なんてことはない!会社は1人退職しても問題ない

15年勤めた会社を辞めてみると、長いようなあっけなかったなというのが実感です。

私がいなければ会社が回らないなんてお門違いの考え方です。

私なんかがいなくても会社は十分回っていくのです。

それを痛感しました。

色々な仕事にいままで関わりこの会社が人生で一番長く勤めました。

色々なことを学び、仲間とも知り合い楽しかった毎日でした。

よいことを覚えておき辞めるときのごたごたはなるべく忘れるようにして今後の糧にしていきたいと思います。

社長始め幹部の人とはけんか別れではなく、また機会があれば交流できるようによい関係をたもっていきたいと思います。

ただ今後私から仕事をまたしたいとか媚びるようなことは避けたいと思います。

お互いが対等の立場で関わっていけるように勤めたいと思います。



2017年現在の今は転職の絶好のチャンスです。タイミングを逃すと転職が難しくなるのは間違いありません。

就職氷河期と比べ、好景気の今は完全な売り手市場。

企業も積極的に採用を進めており、条件面も格段にアップしています。

しかし、好景気には必ず終わりが訪れ仕事が無くなる時が必ず来ます。

実際に、『オリンピック前には状況がガラっと変わる。』と予測する専門家も少なくありません。

また、年齢とともに転職が難しくなるのは言うまでもないですよね。

将来的な転職を考えているのであれば、人生を失敗しない為にも、1日でも早く行動をする事をおすすめします。



<よく読まれている人気記事>


-転職成功者のアドバイス

Copyright© , 2018 AllRights Reserved.