転職チャレンジ!〜会社を辞めたい人の為の仕事の探しとやめ方まとめ

転職コラム

AIに奪われる仕事20選と将来への対策~AIの活用でなくなる仕事をプロが解説

更新日:

スポンサードリンク

1.AIが奪う仕事について詳しく解説!

『このままAIが発達すれば、いずれ仕事を奪われるのではないか?』という話を耳にしたことがある方は多いでしょう。

そこで今回は、AIに奪われる可能性が高い仕事と、そうならないための対策について詳しくご紹介していきます。

簡単に本記事の主な内容をまとめると、以下のようになります。

・AIに奪われる仕事20選
・AIに奪われない仕事15選
・AIに仕事を奪われないための5つの対策

『自分の仕事の将来性について知りたい』『AIに仕事を奪われないために身につけるべきスキルって?』

このような疑問をお持ちの方は、是非最後までご覧ください。

2.AIとは?

まず初めに、そもそもAIとは何なのか簡単に説明しておきます。

AIとは、「artificial intelligence」の略で、一般的に人工知能と訳されます。

簡単に言うと、人工的に人間と同じような知能を生み出すこと、と考えれば良いです。

AIは昨今の目玉技術でもあり、今後さらに注目度は高まると予想されます。

3.AIに仕事が奪われる理由

それではなぜAIが発達すると仕事が奪われると言われているのでしょうか?

理由としては、単純にAIが発達することで、これまで人間が行っていた仕事をロボットやコンピューターが代わりに行えるようになるからです。

特に毎回手順が決まっているような機械的作業であれば、AIに記憶させることで、人間よりも正確により短時間で済ませることができます。

また、AIを導入することで、人件費を削減することができ、企業の経営的な視点から見てもメリットがあるのです。

4.AIに奪われる仕事20選

それでは続いて、実際にAIに奪われる可能性が高い仕事をご紹介していきます。

【1.小売店販売員】

今では買い物にネットを使う方が非常に多いです。

AI技術が発達することで、あなたの生活に必要な日用品や嗜好品などをコンピューターが学習し、わざわざお店に出向かなくても必要なタイミングで自動発注してくれるような未来がやってくるでしょう。

このように考えると、お店で買い物をする方が激減し、それに伴って小売店販売員の需要も小さくなっていくのです。

【2.プログラマー】

プログラマーの仕事は、プログラミング言語という決まったルールを使って行われます。

そのため、AIにプログラミング言語を記憶させることで、プログラマーの仕事を代わりにこなせるようになるのです。

クリエイティブなソフトウェア開発などの一部の仕事を除き、AIに奪われてしまう可能性は非常に高いと言えるでしょう。

【3.保険の査定担当者】

保険の査定担当者の仕事は、保険に入っている方が保険金請求を行った際に、規約を確認した上で適正な保険金額を提示することです。

こちらも規約という決まったルールに従って行われる仕事なので、AIに規約を記憶させることで、自動的に適正金額を算出してくれるでしょう。

AIの技術が発達することで、人が行うよりもはるかに早く正確に査定ができるようになるため、保険の査定担当者の需要も徐々に小さくなっていくと考えられます。

【4.飲食店の接客係】

飲食店の接客業務も、オーダーを確認し、料理を運ぶという繰り返し業務になるため、AIが発達することで代替されていくでしょう。

また、顧客がタッチパネルで自由に料理を注文し、出来上がった料理はカウンターに自動で運ばれてくるというお店も増えてきています。

AIやロボット技術の進化により、このような流れが加速することで、接客業務のニーズは激減するでしょう。

高度な接客スキルが求められる高級レストランなどを除き、飲食店の接客係は無くなる可能性が高いです。

【5.通訳】

今ではスマートフォンのアプリなどでも手軽に翻訳ができるようになりました。

今後技術が発達することで、ほぼ同時通訳と同じようなサービスが開発されるでしょう。

地域特有の言い回しなどをAIに記憶させることで、対応エリアも徐々に広がり、いずれ多くの外国人と通訳を通さずに話せる時代が来ると予想されます。

【6.工場作業員】

工場の仕事は、比較的単純な繰り返し作業が多くなりがちです。

そのため、すでに工場での作業の機械化は進んでいます。

そこにAIが加わることで、より高度で複雑な仕事もロボットがこなせるようになってくるでしょう。

そう遠くない未来に、機械を管理する人材以外の工場作業員は無くなると予想されます。

【7.会計士】

かなり複雑ではあるものの、会計士の仕事も決まったルールに従って行われるものです。

そのためすでにAIの技術を搭載した会計士ロボットを採用している企業もあります。

現在ではまだまだ会計士のサポート業務に留まっていますが、今後技術が発達することで、人が担っていた会計業務もロボットがこなせるようになってくるでしょう。

【8.家政婦】

今や家のお掃除はルンバがやってくれているという方も多いのではないでしょうか?

AIの技術が発達すれば、掃除以外にも洗濯や洗い物、料理など決まった手順で行える家事はロボットが担当できるようになります。

そうなることで、家政婦の需要も低下していくと考えられます。

ただし、AIに小さな子供の面倒は見れないため、子供の面倒も見てくれる家政婦の場合は需要があるでしょう。

【9.ライター】

AIの優れたところは、膨大な量の情報を短時間でインプットできることです。

つまり、今のインターネット上に溢れている情報をAIにインプットさせれば、人が書いたものと同じような文章が書けるようになるのです。

実際に海外ではAIが書いた記事がどんどん公開されています。

いずれライティングはAIが担当し、人間はその記事をチェックするという棲み分けがなされる可能性もあるでしょう。

【10.スポーツの審判】

驚く方もいるでしょうが、スポーツの審判も機械化が可能だと言われています。

人間の審判の場合、どうしても誤審の問題が出てきますが、ここをAIに任せることで誤審を引き起こす可能性がグッと減るのです。

AIにこれまでの正確なデータをインプットすれば、かなりの高確率で正しいジャッジを下せるようになるでしょう。

【11.動物のブリーダー】

AIの発展により、間接的な影響を受けるのが動物のブリーダーです。

犬や猫などのペットの需要は高いですが、AIの技術が進歩することにより、ロボットペットが今後急速に普及し始めます。

それに伴い、ペットの需要は徐々に低下し始めるでしょう。

結果的にペットの出産や繁殖を手がけるブリーダーの仕事も少なくなってしまうのです。

【12.コンビニのレジ係】

AI技術の進化により、コンビニのあり方も大きく変化していくでしょう。

特に分かりやすいのがレジです。

今でも多くの場所でセルフレジが普及し始めており、コンビニのレジ係もいずれ無くなってしまうでしょう。

コンビニ内の商品管理までもAIロボットに任せてしまえば、完全なる無人コンビニが出てくる可能性もあります。

【13.事務職】

一言で事務職と言っても様々な仕事がありますが、数値の照合やデータの入力業務などの単純作業はほぼ間違いなく無くなるでしょう。

ただし、事務職の仕事内容もかなり幅広いため、AIと人間がうまく協力し合いながら共存していく流れが強まると予想されます。

【14.タクシーやトラックの運転手】

最近では自動運転車の走行テストのニュースが世界中で注目されています。

人が運転する車よりも、自動運転車の方が事故のリスクも小さいことから今後本格的に普及していくと考えられるでしょう。

このような事故のリスクを考慮すると、将来的には人が運転する車の方が少なくなる可能性もあります。

そうなれば当然、タクシーやトラックの運転手などの仕事も無くなってしまうでしょう。

【15.ビルの管理人】

ビル管理の仕事にもAIの導入が進められています。

例えば、『粗大ごみを出したい』『駐車場を使いたい』といった入居者の要望に対する回答をAIにインプットすることで、コンピューターが管理人の代わりに対応してくれるようになるのです。

AIには学習能力があるため、徐々に細々とした業務内容を記憶させていけば、いずれほとんどのビル管理業務はAIのみで対応できるようになるでしょう。

【16.コールセンタースタッフ】

iPhoneのSiriのように、話しかけると受け答えをしてくれる技術も徐々に発展してきています。

このようなAIがさらに進化し、人間と同じようにある程度の質問に受け答えできるようになれば、コールセンタースタッフも徐々に減っていくと考えられます。

最低限のコールセンタースタッフのみを残し、AIでは対応できない特殊な質問だけは対応することになりますが、基本的な業務はAIに任されるようになるでしょう。

【17.調理スタッフ】

ここでいう調理スタッフとは、指示されたとおりに調理するスタッフを指します。

これまでご紹介してきた通り、AIは決まった手順であれば簡単に再現することができます。

つまり自らクリエイティブに料理を生み出していくような人材でない限り、AIに仕事を奪われてしまう可能性が高いでしょう。

【18.秘書】

現在ではAI秘書というものも出てきています。

人間の秘書と同じように、仕事の進捗状況などを管理し、通知してくれるのです。

このままAI技術が進歩すれば、人間の秘書のニーズは減少していくでしょう。

いずれは社長や役員クラスだけでなく、一般社員の方もAIによる秘書を持つ時代が来ると予想されます。

【19.案内係】

ショッピングモールやテーマパークなどの案内係も徐々に無くなっていくと考えられます。

施設の地図と目的地の場所をAIに記憶させることで、目的地を聞かれても瞬時に回答できるようになるでしょう。

日本にもAIの案内係を設置する施設が登場し、今後この流れはますます加速していくと予想されます。

【20.アナリスト】

昨今では、市場調査にAIを活用する動きも出てきています。

今後はAIを主軸にした市場分析が主流になっていくでしょう。

AIの中に膨大なデータが蓄積されるほど、より正確な分析が可能になるのです。

5.AIに奪われにくい仕事の特徴

ここまでAIに奪われてしまう仕事をご紹介してきましたが、一方でAIであっても奪えない仕事もあります。

それは、人と心を通わせる必要がある仕事です。

スポンサードリンク

どれだけAIが優秀になっても、AIは人間にはなれません。

そのため、人同士のコミュニケーションを重要視する仕事は、AIには対応できないのです。

むしろ、AIがどんどん普及することにより、より一層人とのコミュニケーションのニーズが出てくる可能性もあるでしょう。

6.AIに奪われない&増える仕事15選

それでは次に、AIに奪われる可能性が低い仕事、また、今後増えていくことが予想される仕事について取り上げていきます。

【1.AIや3Dプリンター関連の業者】

AI以外に、今注目されている技術の一つとして、3Dプリンターが挙げられるでしょう。

AI技術の発展とともに、3Dプリンターも今以上に普及していきます。

それに伴いAIや3Dプリンター関連の業者はどんどん増えていくことが予想されます。

特に定期的に行う必要のあるメンテナンス関連のニーズは高まっていくでしょう。

【2.税理士】

複雑な税率計算はAIの得意とするところですが、税理士の仕事は計算業務だけではありません。

会社の状況に合わせた節税対策のアドバイスなど、経営的な視点が求められる業務もあるため、AIだけに仕事を任せることは難しいでしょう。

複雑な計算などAIに任せられる部分はAIが対応し、それ以外は人間が引き続き担当するという棲み分けがなされると考えられます。

【3.医者】

医療現場におけるロボット技術の進歩には今後も注目が集まると思われますが、医者の仕事はAIが得意とする単純業務ではありません。

患者さんと深くコミュニケーションを取りながら、病気を引き起こしている原因を見極める必要があります。

患者さん一人ひとりによって生活習慣も特徴もバラバラなので、この仕事をAIが代わりに担うことは難しいでしょう。

【4.ソーシャルワーカー】

困っている人や助けを求めている人の状況というのは、本当に人それぞれです。

したがって、このような人々の相談に乗り、最適な改善策を導くソーシャルワーカーの仕事も、AIには難しいと考えられます。

部分的にはAIがサポートに入ることはできても、完全に置き換えられることはないでしょう。

【5.営業マン】

昨今では、多くの商品をインターネット上で購入できるようになりましたが、営業の本質は顧客自身が気付いていないニーズを引き出し、商品やサービスを提案することにあります。

これには深いコミュニケーション能力と洞察力が求められるため、AIが代わりに担うことは難しいでしょう。

ただし、営業事務などのバックオフィス業務はAIに取って代わられる可能性が高いです。

【6.セラピスト】

セラピストの仕事も顧客との深いコミュニケーションを通して、顧客一人ひとりに適した処方を見極める必要があります。

そのため、AIがセラピストの代わりになるのは難しいでしょう。

悩みを抱えている方の中には、素直に人に相談できないという方もいます。

このように多くを語れない顧客の本心を見抜くことは、人間にしかできないでしょう。

【7.弁護士】

弁護士という仕事も相談者に寄り添い、親身に話を聞くことが求められる職業です。

そのため、AIではなく人間でないと対応できない仕事も多く含まれます。

将来的には事務的な業務をAIに任せることで、今以上に効率的に働くことができるようになるでしょう。

【8.小学校教師】

小学校教師という仕事も、AIに代替される可能性は低いと言えます。

教師の仕事は、子供たちに勉強を教えるだけでなく、時には相談に乗ったり、危険な行動を取りそうな場合は事前にそれを回避させたりと、状況に応じて様々な対応が求められます。

このような不規則な対応はまだまだAIには難しいでしょう。

学習指導の面においてはAIが発達することでより充実させることができますが、教師という仕事そのものをAIが担うことは無いと考えられます。

【9.保育士】

小学校教師と同様の理由で、保育士の仕事もAIでは担いきれません。

特に保育園に通うような小さな子どもは、時として予測不能な行動に出ます。

そのため、常に保育士の目が行き届いていないと、思わぬ事故につながる可能性も高いのです。

ただし、保育園や幼稚園などに子供の遊び相手としてAIロボットが導入されることは十分あり得るでしょう。

【10.振付師】

振付師の仕事は、テレビなどに出演する歌手やダンサーにダンスの振り付けを教えることです。

リズム感だけでなく、独創性や発想力というクリエイティブな要素が求められるため、AIが代わりに担うことは難しいでしょう。

歌手やダンサーにもそれぞれ個性があるため、そういった個性を踏まえて振り付けを考えられるのも人間の振付師ならではだと考えられます。

【11.栄養士やフードコーディネーター】

栄養士やフードコーディネーターの仕事は、相手の好みを考えながら適した栄養基準を満たす食事を考える必要があるため、単純作業を得意とするAIには向きません。

特に栄養指導を行う場合は、間違った食事のとり方をしている背景から紐解かなければいけないため、やはり人と人とのコミュニケーションが欠かせないでしょう。

ただし、AIを活用した食事サポートサービスなどは今後普及していく可能性が高いです。

【12.セールスエンジニア】

セールスエンジニアはいわゆる営業職の一つなので、こちらも完全にAIに取って代わられる心配はないでしょう。

営業職としてコミュニケーションを取りながら顧客のニーズを引き出し、かつ技術的な提案もできるため、普通の営業職よりも需要は高いと考えられます。

【13.起業家】

起業家はクリエイティブな仕事の典型例といっても過言ではないでしょう。

今までに無かった商品やサービスを開発し、それを武器にビジネスを展開することはAIにはできません。

ただし、起業する際に事務的な仕事も多数発生するため、そのような単純業務はAIに任せてしまうと効率的です。

将来的にはAIとうまく協力しながら働く起業家がどんどん増えていくでしょう。

【14.スポーツトレーナーやパーソナルトレーナー】

高齢化が進む中で、健康な体作りのニーズが高まり、スポーツトレーナーやパーソナルトレーナーの仕事は増加傾向にあります。

スポーツトレーナーやパーソナルトレーナーは、顧客一人ひとりの体調や筋力、癖などを見極め、最適なトレーニングメニューを考える必要があります。

AIの技術が進化することで、大まかなトレーニングメニューを自動的に作ることは可能になりますが、それが必ずしもその顧客に最適なメニューとは限らないのです。

そういう意味でも、スポーツトレーナーやパーソナルトレーナーがAIに仕事を奪われる可能性は小さいと考えられます。

【15.写真家】

写真家のような芸術性や創造性が求められる仕事は、AIに代替される可能性は低いです。

また、人を被写体にする場合は、コミュニケーションを取りながら自然な笑顔の姿を写真に収めるといった技術も求められるでしょう。

このような高度な仕事はAIでは難しいと考えられます。

7.AIに仕事を奪われないための将来の対策

AIに仕事を奪われる可能性がある方の中には、これからどうすれば良いのか頭を悩ませている方も多いでしょう。

そこでこちらでは、AIに仕事を奪われないための対策についてご紹介していきます。

【1.クリエイティブなスキルを身につける】

前述したように、クリエイティブな仕事であるほどAIに奪われにくい傾向があります。

そのため、これから先は今の仕事の中でもクリエイティブな部分に携わるよう意識し、スキルを磨いておきましょう。

AIが普及してくると、自然とクリエイティブな仕事が残るようになります。

そのような状況でも働ける準備を今のうちからしておくのです。

【2.リーダーシップを身につける】

リーダーシップを発揮して周りを引っ張っていく人材はどの時代でも貴重です。

AIロボットが人間を引っ張っていくことは難しいでしょう。

今のうちからリーダーシップを身につけておくことで、AIとうまく共存していくことができるのです。

【3.副業を始める】

本業以外にいくつか収入源を確保しておくこともおすすめです。

今の時代、気軽に副業を始めることができます。

少しずつ副業での収入を増やしておくと、いざ本業がAIに奪われたとしても収入が途絶える心配がありません。

【4.起業の準備をする】

これまでのご自身の経験を活かして起業する準備を進めておくのも良いでしょう。

前述したように、起業家がAIに代替されるリスクは非常に低いです。

そのため、今の仕事を続けながらも起業の準備をしておくことで、いざ本業が無くなってしまったタイミングで起業するという選択肢を作ることができます。

【5.AIに奪われない仕事に転職する】

ここまで対策についてご紹介しましたが、最も早くて確実なのはAIに奪われない仕事に転職することでしょう。

今回ご紹介したAIに奪われない仕事の中で興味を持った仕事があれば、是非挑戦してみてください。

具体的な転職方法については次の章で説明します。

8.AIに奪われない仕事に転職するなら転職エージェントを使う

『AIに奪われない仕事に転職するためにはどうすれば良いの?』と疑問に思う方も多いでしょう。

そんな方におすすめしたいのが、転職エージェントの活用です。

転職エージェントを使うことで、あなたの適性にマッチした将来性のある仕事を厳選して紹介してくれます。

転職のプロによるアドバイスをいつでも受けられるので、自力で転職活動するよりも成功する確率が高いです。

求職者は無料でサービスを受けられるので、是非積極的に活用しましょう。

【まとめ】AIにより人間の仕事は大きく変化する!

AIという新しい技術により、これからの人間の仕事は大きく変化していきます。

AIに奪われてしまう仕事もたくさん出てくるでしょう。

安心して働くためにも、今のうちから対策を打っておく必要があります。

最後に、本記事でご紹介したAIに奪われる仕事、奪われない仕事、将来のための対策について、再度おさらいしておきましょう。

《AIに奪われる仕事20選》
・小売店販売員
・プログラマー
・保険の査定担当者
・飲食店の接客係
・通訳
・工場作業員
・会計士
・家政婦
・ライター
・スポーツの審判
・動物のブリーダー
・コンビニのレジ係
・事務職
・タクシーやトラックの運転手
・ビルの管理人
・コールセンタースタッフ
・調理スタッフ
・秘書
・案内係
・アナリスト

《AIに奪われない仕事15選》
・AIや3Dプリンター関連の業者
・税理士
・医者
・ソーシャルワーカー
・営業マン
・セラピスト
・弁護士
・小学校教師
・保育士
・振付師
・栄養士やフードコーディネーター
・セールスエンジニア
・起業家
・スポーツトレーナーやパーソナルトレーナー
・写真家

【AIに仕事を奪われないための5つの対策】
・クリエイティブなスキルを身につける
・リーダーシップを身につける
・副業を始める
・起業の準備をする
・AIに奪われない仕事に転職する

AIを恐れるのではなく、これからAIと上手に付き合っていくために、今回の記事を参考にしていただければ幸いです。



2017年現在の今は転職の絶好のチャンスです。タイミングを逃すと転職が難しくなるのは間違いありません。

就職氷河期と比べ、好景気の今は完全な売り手市場。

企業も積極的に採用を進めており、条件面も格段にアップしています。

しかし、好景気には必ず終わりが訪れ仕事が無くなる時が必ず来ます。

実際に、『オリンピック前には状況がガラっと変わる。』と予測する専門家も少なくありません。

また、年齢とともに転職が難しくなるのは言うまでもないですよね。

将来的な転職を考えているのであれば、人生を失敗しない為にも、1日でも早く行動をする事をおすすめします。



<よく読まれている人気記事>


スポンサードリンク

-転職コラム

Copyright© , 2018 AllRights Reserved.