転職チャレンジ!〜会社を辞めたい人の為の仕事の探しとやめ方まとめ

転職コラム

パナソニックの転職求人条件と募集タイミング~就職したい人必見!

更新日:

1.パナソニックの転職求人条件&募集タイミングを解説

日本が世界に誇る家電メーカーといえば真っ先にパナソニックをイメージされる方も少なくないでしょう。経営の神様と呼ばれた松下幸之助氏が設立した会社として、その名を知らない方はいないと言っても過言ではありません。

今回はそんなパナソニックに転職したいと考えている方向けに、パナソニックの転職求人条件と募集しているタイミングについて詳しくご紹介していきます。是非最後までご覧いただければと思います。

2.パナソニックとは?

まず初めにパナソニックがそもそもどういう会社なのか簡単に触れておきたいと思います。

パナソニックは前述した通り松下幸之助氏によって設立された総合家電メーカーです。

1918年に設立され、日本の中でもいち早く家庭用電化製品の量産化に踏み切り、ラジオやテレビ、洗濯機などの家電ブームを巻き起こした会社としても有名です。

今現在では、多くの子会社や関連会社を設立し、日本の家電業界を牽引する代表的な企業として人々から親しまれています。

3.パナソニックの転職求人条件とは?

パナソニックがどんな会社か分かったところで、さっそく転職求人条件について見ていきたいと思います。

パナソニックに転職するためにはどんな人材を求めているのか事前に知っておくことが欠かせません。是非参考にしてみてください。

【攻めの姿勢で何事にも挑戦し続ける人材】

パナソニックが人材に求める最も大切な要素とは、ずばり攻めの姿勢で何事にも挑戦し続けるということです。

パナソニックは日本を代表する総合家電メーカーとして、世界中の人々の願いをカタチにするという使命を掲げています。

この使命を体現するためには未知の世界を自ら切り開いていくような挑戦心を持った人材が必要なのです。

逆に言えば仕事は与えられるものだという受け身な姿勢で仕事に取り組んでいる方はパナソニックの社風には合わないと言えるでしょう。

今の現状に満足せず、自ら仕事を生み出していくようなタイプの方は是非パナソニックの求人に応募してみてください。

【何か一つ秀でた強みを持っている人材】

続いてのポイントは何か一つ他の人よりも秀でた強みを持っているということです。つまりは広く浅く何でもできる人材よりも、できないこともたくさんあるけれどこれだけは負けないというものを持っている方を採用したいのです。

仮にパナソニックが創業したてのベンチャー企業であれば、何でもできるオールラウンダーを求めるでしょう。しかし、今のようにたくさんの子会社や関連会社を持つ大所帯になれば、苦手な分野はそれを得意とする人材で補完すれば良いという方法が取れます。

それよりも何かに特化したスキルを駆使することで、今までにないような新しいサービスを生み出すことを求めていると考えられます。まさに挑戦し続ける社風とも合致していると言えるでしょう。

【チームワークを重視できる人材】

パナソニックはチームワークをとても大切にする会社としても有名です。チームワークを乱すようなタイプの方はパナソニックへの転職は難しいでしょう。

どんなに優秀な人材であっても一人でやれる仕事には限界があります。競争の厳しいビジネスの世界で勝ち抜いていくためには、周りの仲間と協力し合いながらチームで戦うことが欠かせません。このチームワークをとことん強化していくことで、強烈な競争力の高さを生み出しているのです。

チームワークを重視できる人材とは、言い換えると周りを尊重できる人材です。自分の強みと弱みを正確に把握した上で、周りと補完し合いながら仕事を進めることができる人材をパナソニックは求めているのです。

スポンサードリンク

【結果にとことんこだわる人材】

最後にご紹介するのはしっかりと結果にこだわることができるということです。

言うまでもありませんが、ビジネスは遊びではありません。特に中途採用で入社する方には即戦力としてしっかりと結果を出すことが求められます。世界で戦うための競争力を付けるには社員一人ひとりがビジネスオーナーとして結果にこだわり抜く意識を持つことが欠かせません。

そういう意味でもパナソニックへ転職したい場合は前職でしっかりと結果を残すことが大切です。具体的な数字で示しながら、客観的に誰が見ても納得できるような結果を残すことができれば、採用面接も突破できる可能性が高まるでしょう。

4.パナソニックが募集している転職求人の職種は?

ここまでパナソニックの転職求人の条件についてご紹介してきましたが、こちらでは今現在どのような職種が募集されているのかを簡単に取り上げたいと思います。

まずパナソニックが募集している求人職種は大きく「エンジニア系」と「スタッフ・営業系」に分類することができます。

エンジニア系でいうと例えば化学物質を分析するような品質管理の仕事や現在注目度が高まっている自動運転車に活用するシステム開発、サイバーセキュリティ技術の開発など非常に多くの職種で募集が出されています。

スタッフ・営業系ではどの会社でも共通する財務経理系の仕事や人事総務、経営企画などこちらも幅広く募集が出ています。パナソニックの中にはきっとあなたのこれまでの経験を生かすことができる仕事があるでしょう。

5.パナソニックの転職求人はいつ募集している?

パナソニックが募集している転職求人が分かったところで、続いて募集しているタイミングについてご紹介していきます。

パナソニックの採用ページを見ると2017年は、技術系の職種は4月、6月、7月に選考があり、スタッフ・営業系の職種は6月、7月に選考があるスケジュールになっています。

それぞれエントリーシートの受付期間が設けられているので、期間内に提出できない場合は次回の選考まで待たなければならなくなります。パナソニックへの転職をお考えの方はこちらのスケジュールを参考にして、早めに対策を立てましょう。

6.パナソニックに転職するなら転職エージェントを活用!

ここまでパナソニックの転職求人について見てきた方の中には、是非パナソニックに転職したいと思われた方もいるでしょう。そういった方々にまずやっていただきたいのが転職エージェントへの登録です。

転職エージェントに登録すると専属のキャリアコンサルタントがあなたの転職をサポートしてくれます。最初に行われるキャリアコンサルタントとの面談時にパナソニックへの転職を希望していると伝えてください。

キャリアコンサルタントに相談することで、あなたのこれまでのスキルや経験、適性を考慮した上でパナソニックへの転職が可能かどうかを判断してくれます。

場合によってはもう少し今の会社でキャリアを積むことを勧められるかもしれません。厳しい現実を突きつけられることもあるでしょうが、転職のプロから見た自分の転職市場価値をしっかりと受け止めることが大切です。

【まとめ】パナソニックには自分の力を活かせる仕事がきっとある!

パナソニックの転職求人条件と募集のタイミングについて詳しくご紹介してきましたが、参考になりましたでしょうか?

2018年に創業100年を迎えるパナソニックは、次の変革の時期に差し掛かっていると言えます。日本の家電業界を牽引するリーディングカンパニーとして、世界をあっと驚かせるイノベーティブな人材を求めています。

周りの仲間たちと協力し合いながら常に攻めの姿勢で仕事に取り組める方は、パナソニックで次のキャリアを築いていくのも良いでしょう。多種多様な職種を募集しているパナソニックの中には、きっとこれまでのあなたの経験やスキルを活かせる場所があるはずです。

この記事をきっかけにパナソニックで働くことに興味を持っていただければ幸いです。



2017年現在の今は転職の絶好のチャンスです。タイミングを逃すと転職が難しくなるのは間違いありません。

就職氷河期と比べ、好景気の今は完全な売り手市場。

企業も積極的に採用を進めており、条件面も格段にアップしています。

しかし、好景気には必ず終わりが訪れ仕事が無くなる時が必ず来ます。

実際に、『オリンピック前には状況がガラっと変わる。』と予測する専門家も少なくありません。

また、年齢とともに転職が難しくなるのは言うまでもないですよね。

将来的な転職を考えているのであれば、人生を失敗しない為にも、1日でも早く行動をする事をおすすめします。



<よく読まれている人気記事>


スポンサードリンク

-転職コラム

Copyright© , 2018 AllRights Reserved.