転職チャレンジ!〜会社を辞めたい人の為の仕事の探しとやめ方まとめ

会社の評判

テクノプロの評判って?プロが教える年収や待遇、転職・採用情報

更新日:

スポンサードリンク

1.テクノプロの評判を徹底リサーチ!

エンジニアや研究職として働く方であれば、テクノプロという企業名を耳にしたことがある方も多いでしょう。

今回は、そんなテクノプロの評判について詳しく取り上げていきます。

『テクノプロへの就職を考えているけど、評判について知りたい』『テクノプロのグループ企業の評判について知りたい』

このような方は、是非最後までご覧ください。

2.テクノプロってどんな会社?

まず初めに、テクノプロがどのような会社なのか簡単にご紹介します。

テクノプロは、機械や半導体、ITインフラなどの幅広い技術系サービスを提供する会社です。

具体的には、以下のようなサービスがあります。

・技術者派遣サービス
・請負業務
・技術コンサルティング

まさに技術系サービスに関するプロフェッショナル企業と言えるでしょう。

3.テクノプロの評判【年収・待遇編】

それではさっそく、テクノプロの評判について見ていきます。

まずは年収や待遇面に関する評判です。

1.月給は高め

テクノプロでは、月給がやや高めという声があります。

顧客も大企業が多いため、契約内容によってはしっかりとした給料が期待できるでしょう。

ただし、ボーナス支給月が決まっていないため、ボーナスが支給されない年もあることに注意が必要です。

2.中小企業並のボーナスはもらえる

支給されるボーナスは決して高いわけではありませんが、それでも中小企業並みの額はもらえるようです。

基本的には配属された顧客先との交渉で額が決まるため、顧客からしっかりと評価を獲得できれば、それなりのボーナスも受け取れるでしょう。

また、残業代はしっかりと管理されているようなので、残業の多い配属先では高収入も期待できます。

3.休みはしっかり取れる

テクノプロがコンプライアンスを重視する企業のため、休みはしっかり取れるという声もあります。

仕事もプライベートも充実させたいという方にはおすすめの企業でしょう。

ただし、好き勝手に休みが取れるわけではなく、同じチームメンバーとうまく調整する必要があることも覚えておいてください。

4.自分に合った客先に配置されれば昇給が期待できる

自分に合った顧客先に配置されれば、しっかりとした昇給が期待できるという声もあります。

通常の昇給はなかなか見込めないため、給料アップは顧客が契約金額を引き上げてくれるかどうかで決まります。

そのため、定期的に契約金額を見直してくれる顧客先に配置されれば、それなりの昇給は見込めるでしょう。

一方で、顧客先が変わり契約金額が下がれば、当然給料も下がることになります。

5.年収は配属先の社員と比較すると低い

年収に関しては、ややネガティブな意見が多くなっています。

特にテクノプロから派遣されて顧客先で働く場合、その企業の社員と同じ仕事をしていたとしても、給料にかなりの差が出るという声があります。

また、役職は付かないため、手当なども期待できないでしょう。

6.昇給はなかなか見込めない

前述した通り、テクノプロからの昇給はほぼ見込めないという声が多いです。

金額としては、1年間で約500円程度の昇給、つまり10年間就業して5000円程度の昇給しか期待できないようです。

テクノプロに就職して昇給を目指すのであれば、やはり顧客先から評価され、契約金額を定期的に見直してもらうしか方法はないと言えるでしょう。

7.技術力があっても必ずしも給料に反映されない

ほぼ未経験のような技術者と長年スキルを積み上げてきた技術者で、給料がほぼ変わらないという点を気にする方も多いです。

つまりは、顧客先との交渉力で給料は決まるということです。

技術者として、自分のスキルに見合った給料が欲しいという方は注意すべき点でしょう。

4.テクノプロの評判【労働時間・残業編】

次に、労働時間や残業に関する評判を見ていきましょう。

1.配属先によっては早く帰宅できる

労働時間や残業も、基本的には配属された顧客先によって変化します。

つまり、配属先によっては残業もなく、早く帰宅することも可能です。

顧客先と直接交渉することで、ワークライフバランスを実現することもできるでしょう。

2.残業代や深夜手当などの手当はきちんと請求できる

顧客先によっては残業が増えることもありますが、残業代や深夜手当などの手当はきちんと請求できるようです。

テクノプロの顧客の多くは大企業のため、サービス残業などを強制されることはありません。

基本給が低かったとしても、上記のような手当を含めると、それなりの給料が期待できる場合もあります。

3.毎月特別休暇が与えられる職場もある

職場によっては、毎月特別休暇が与えられるケースもあるようです。

前述した通り、テクノプロの取引先は大手企業が多いため、こういった制度面が充実しているケースも少なくありません。

運の良い職場に配属されれば、一般的な企業よりも休日数が増える可能性もあるでしょう。

4.36協定はしっかり守られている

職場によっては残業や休日出勤を求められるケースもありますが、36協定はしっかりと守られているため、あまりにも過酷な労働環境にさらされるような心配はないようです。

残業代などもしっかりと請求すれば、きちんと支払われます。

5.フレックス制のため自分で一日の予定を決められる

テクノプロでは、コアタイムのないフレックスタイム制を取り入れているため、一日の予定を自分で決められる点を評価する声もあります。

つまり、仕事さえきちんと進めていれば、自分の都合で自由に休みなどを入れてよいのです。

仕事もプライベートも両方充実させたいという方にはぴったりの環境でしょう。

6.顧客の都合に合わせて働くケースが多い

フレックスタイム制で働けると上記で説明しましたが、配属される顧客先の影響を受けやすいという声もあります。

つまり、ある程度は融通がきくものの、顧客の都合も考慮しなければならないため、結果的にはそれほど自由ではないということです。

やはり配属される顧客先によって、労働環境が大きく変化するということでしょう。

7.有給が取りづらい職場や時期がある

こちらの声も職場によりますが、なかなか有給が取りにくい職場に配属される可能性もあるようです。

職場によっては、残業が続いたり、休日出勤を求められるようなケースも当然あります。

そのような職場に配属された場合、なかなか有給を申請する勇気が出ないのでしょう。

8.休日出勤が断りにくいケースもある

休日出勤を依頼された場合、なかなか断りにくいという声も挙がっています。

テクノプロから派遣され、顧客先で働くという仕組みになっているため、顧客からの依頼はなかなか断りにくい雰囲気があるでしょう。

プライベートな時間もしっかり確保したいという方は、休日出勤がない顧客先を選ぶようにしてください。

9.約2ヶ月に一回のペースで定例会がある

テクノプロの顧客先には、休日出勤を求める企業はそこまで多くないようです。

ただし、約2ヶ月に一回のペースで、テクノプロの定例会が土曜日に開かれるため、その日だけは休日でも出社しなければなりません。

もし欠席すれば、査定に響くという声もあります。

5.テクノプロの評判【人事制度・教育編】

続いて、人事制度や教育制度に関する評判をご紹介します。

1.自社で研修用のスクールを持っている

まず初めに、自社で研修用のスクールを持っている点について評価する声があります。

ただし、受講は主に平日になるため、顧客先に派遣されて働いている方が受講する場合は有給を使用する必要があるようです。

そのため、現在ではWebを使った研修サービスも整備されています。

2.未経験者向けの研修は充実している

未経験者向けの研修が充実している点も高評価を獲得しています。

未経験から技術者として働きたいという方には非常に嬉しい制度と言えるでしょう。

また、技術面だけでなく基本的なビジネスマナー研修などもみっちり実施してくれるようです。

3.研修というよりは現場で仕事を覚える

研修自体をそこまで重要視していないという評価をされる方も少なくありません。

研修というよりもどちらかと言えば現場の仕事を通して自分で学ぶことを重視する傾向にあるようです。

そのため、自力で学ぶ力が弱い方は苦労する可能性があるでしょう。

4.評価基準が曖昧

人事評価に対するネガティブな意見として、そもそもの評価基準が曖昧だという声があります。

派遣として働いているにも関わらず、上長が現場の状況をしっかりと把握しないまま評価が下される場合が多く、何を根拠にそのような評価になったのかよく分からないというケースが少なくないようです。

顧客先に直接課題や問題点をヒアリングするような行動も特にないようです。

5.役職者が急に平社員になることもある

テクノプロの中では、今まで役職が付いていた人材が急に平社員になったりと、驚くような人事が行われることもあるようです。

ただし、このようなケースも、なぜそのような人事が行われたのか評価基準が曖昧のため、理由がよく分からないままという状況になっています。

納得のいく評価を受けられる企業で働きたいという方は、特に注意が必要です。

6.研修の中身は的外れな場合がある

未経験者向けの研修は充実しているとご紹介しましたが、経験者向けの研修は必ずしもそうとは言えないようです。

研修の内容そのものが、実際の業務で使うスキルとはかけ離れたものになっており、あまり役に立たないという声もあります。

技術者としてどんどんスキルアップを目指したいという方は注意が必要でしょう。

7.定例会への参加が評価基準になっている

評価基準が曖昧だという評判をご紹介しましたが、実際の業務とは無関係の定例会への参加が評価基準になっているという話もあります。

つまり、約2ヶ月に一度開かれる定例会へ参加しないと、評価が下げられる可能性があるということです。

しっかりと実力を評価して欲しいと考える方にとっては、このような評価基準に納得できない方も少なくないようです。

6.テクノプロの評判【仕事のやりがい・キャリア編】

次に、仕事のやりがいやキャリアに関する評判を取り上げていきます。

1.未経験者にとっては成長しやすい環境

まず一つ目に挙げられるのが、未経験者にとって成長しやすい環境であるという評判です。

配属先にもよりますが、比較的難易度の低い業務も用意されているため、未経験者やスキルレベルの低い方がコツコツとキャリアを積み上げるのには最適な環境だと言えるでしょう。

基本スキルの研修制度が充実している点にも注目です。

2.一般的な企業では採用されにくい年齢層でも採用してもらえる

テクノプロには比較的簡単な業務も用意されているため、他の企業ではなかなか雇ってもらえない年齢層でも、採用されやすいという傾向があるようです。

例えば、30代後半などで技術職に転職したいと考えている方などにはもってこいの企業と言えるでしょう。

技術職の転職先がなかなか見つからないという方は、要チェックです。

3.モノ作りが好きな方はやりがいを感じる

テクノプロの仕事では、ハード面からソフト面まで、様々なモノ作りに携わることができます。

そのため、モノ作りが好きだという方は、日々やりがいを感じることができるでしょう。

実際に製品が完成した時の達成感が忘れられないという声も非常に多いです。

4.入社難易度の高い大手企業でも働ける

『一度でいいから大手企業で働いてみたい』と思う方は多いでしょう。

テクノプロの取引先には名の知れた大手企業が多いため、必然的に大手企業で働けるチャンスも多いです。

大規模な仕事の一員として、仕事を任されることにやりがいを感じる方も少なくないようです。

5.自分のスキルに合わせて仕事が選ばれるため成長しにくい

一方、ネガティブな意見としては、自分のスキルに見合った仕事が割り振られるため、現状以上の成長が見込めないという声があります。

つまり、自分を成長させるようなチャレンジングな仕事にはなかなか携われないということです。

自分のスキルを高めたいという向上心のある方にとっては、やや物足りなく感じる可能性が高いでしょう。

6.配属先によって業務レベルや仕事内容に大きな差がある

これまでの評判の中でも取り上げてきたように、業務レベルや仕事内容も配属先によって大きく変化するようです。

つまり、どの企業に派遣されるかによって、充実した仕事に携われる場合もあれば、そうでない場合もあるということです。

もし自分に合わないような企業に配属されたとしても、数年間はその企業で働き続けなければいけないことに不満を感じる声も多く挙がっています。

7.給料の高さがやりがいにつながる方には難しい

給料が徐々に上がっていくことこそ仕事のやりがいにつながるという方には、テクノプロはあまりおすすめできません。

理由としては、どんなに仕事を頑張ったとしても、その功績が評価に反映されにくいからです。

前述したように、給料は配属先企業との契約を見直すことでしか基本的には上がっていきません。

そのため、将来的にバリバリ稼いでキャリアアップしたいという方は注意が必要です。

7.テクノプロの評判【福利厚生・オフィス環境編】

続いて、福利厚生やオフィス環境面に関する評判をご紹介していきます。

1.全国規模で利用できる福利厚生がある

まず初めに、全国規模で利用できる福利厚生を評価する声があります。

特に家族がいる方であれば、子供が喜びそうなプールや水族館、動物園といった施設を格安で利用できる点は大きな魅力と言えるでしょう。

休日の家族サービスで活用される方も多いようです。

スポンサードリンク

2.引っ越しなどの費用も負担してもらえる

テクノプロの顧客は全国にあるため、業務都合で数年ごとに引っ越しが必要になる方も多いです。

そのような際には、引っ越しにかかる費用や交通費などを会社が負担してくれるようです。

また、引越し先の寮なども格安で利用できるため助かったという評判もよく耳にします。

3.年に一度家族で参加できるようなイベントがある

年に一度開催される、家族で参加できるような大規模のイベントを評価する声もあります。

非常にフレンドリーな雰囲気で開催されるようで、会社への帰属意識を高めることにつながるでしょう。

他にも、事業所レベルでのイベントは比較的たくさん開かれているようです。

4.配属先によってオフィス環境に差がある

設備や快適さといったオフィス環境は、配属先によって差があるようです。

研究所で働く場合、オフィスは綺麗で設備も整っている傾向がありますが、工場や地方勤務になると、そのレベルはガクッと下がると評判になっています。

配属先はご自身のスキルレベルによって決まるため、必ずしも環境の整った職場に配属されるとは限らないでしょう。

5.福利厚生の申請手続きが面倒

福利厚生の種類は幅広く用意されているものの、それを利用するための申請手続きが面倒だという声もあります。

気軽に利用できる福利厚生ばかりではない点に注意が必要です。

8.テクノプロの評判【会社の将来性編】

続いて、テクノプロの将来性に関する評判を見ていきましょう。

1.会社そのものは成長している感じ

まず初めに、会社そのものは成長しているという声が多いです。

特に技術者派遣のニーズが高まってきているため、派遣先もどんどん増加傾向にあるでしょう。

ただし、今の成長をいつまで維持できるかは分からないという声もあります。

2.派遣という雇用形態がある限りは安泰

テクノプロが全国規模で展開している大手企業であることを考えると、派遣という働き方が存在する限り安泰であるという見方をする方も多いです。

無事に東証一部への上場も果たし、会社としても軌道に乗っていると言えるでしょう。

3.能力のある人材がどんどん転職している

一方、悲観的な評判として、能力のある人材がどんどん転職している点を気にする意見があります。

言うまでもなく人材は企業の将来性を決める大きな要素です。

優秀な人材の流出を止める策を講じなければ、将来的にも厳しくなっていくでしょう。

4.昇給がほとんどないため将来性が不安

長く働き続けても、基本的に昇給がないことを不安に感じる方が多いようです。

給料がガクッと下がることはないようですが、ボーナスは支給されない年もあります。

このような点を考慮すると、長く安心して働ける企業とは断言できないようです。

5.年齢に見合ったスキルがなければ安定しない

こちらは他の企業にも当てはまることですが、やはり年齢に見合ったスキルを持たない場合、解雇される可能性があるようです。

具体的には、紹介できる派遣先が見つからない場合、退職の手続きを進められます。

貪欲に自分のスキルを磨き続ける姿勢がないと、生き残るのは難しいでしょう。

6.会社の安定性はあるが社員の安定性は疑問

そもそも派遣社員という働き方に安定性がないと考える方も多いです。

長く安定して働くためには、派遣先に評価され、契約を更新し続けてもらわなければなりません。

もし契約を更新できなかった場合、スキルがなければ次の職場も見つかりにくいでしょう。

特に年齢が高くなってくると、より厳しい現実に直面するようです。

9.テクノプロ・R&Dの評判は?

次に、テクノプロ・R&D社の評判についてご紹介していきます。

テクノプロ・R&D社は、化学やバイオ分野に特化した研究開発事業や医薬分野における臨床開発事業を展開している会社です。

詳しい口コミに関しては以下のようになっております。

1.自分に合った顧客先に配属されれば働きやすい

テクノプロ・R&D社もテクノプロと同様、特定の企業に派遣されて働くことになるため、配属先によって仕事内容や労働環境は大きく変化するようです。

つまり、自分に合った顧客先に配属されれば、日々充実感を得ながら働くことができるでしょう。

一方で、プライベートな時間を確保したい方が、残業が常態化しているような企業に配属される可能性もあるので、注意が必要です。

2.産休や育休などは取りやすい

こちらも配属先によって変化しますが、基本的に産休や育休などは取りやすい傾向にあるようです。

仕事だけでなく出産や育児も頑張りたい女性にとっては、嬉しい魅力ポイントと言えるでしょう。

3.配置転換は必ずしも希望が通らない

一方、ネガティブな意見としては、配置転換の希望がなかなか通りにくいという声が挙げられます。

テクノプロ・R&D社では、顧客先に派遣されて働くことになりますが、この派遣先企業となかなか合わない場合、配置転換の希望を出すことができます。

しかし、この配置転換の希望がなかなか通らず、結果的に数年間はそのまま働き続けなければいけないというケースも少なくないようです。

4.会社からの評価は曖昧

最後にご紹介する評判は、会社からの評価が曖昧だということです。

社員一人ひとりが現場でどのように働いているのか把握しきれないまま評価が下されるようになっており、社員としてもなぜそのような評価になっているのか納得できないという方も多いようです。

しっかりと正しい評価をしてもらえる企業で働きたいという方には、あまりおすすめできません。

10.テクノプロ・デザイン社の評判は?

次に、テクノプロ・デザイン社の評判について取り上げていきます。

テクノプロ・デザイン社は、機械や電子、電気系の研究開発分野、商品開発分野への技術を提供する企業です。

詳しい口コミに関しては、以下のようになっております。

1.配属先によっては残業がない所もある

テクノプロ・デザイン社の労働環境も、どの顧客先に配属されるかによって大きく変化するようです。

配属先によっては残業がない所もあり、仕事とプライベートを両立しやすいという声もあります。

また、一方で残業や休日出勤を求められるような企業に配属される可能性もあるので注意が必要です。

2.スキルが高ければ高待遇のプロジェクトへ移籍できる

テクノプロ・デザイン社の給料も顧客先との契約によって決まりますが、高いスキルを持つ人材であれば、より高待遇のプロジェクトへ移籍することができるようです。

コツコツとスキルを積み上げてキャリアアップしたいという方にはぴったりの環境と言えるでしょう。

一方で、向上心に欠ける人材の場合、給料アップはあまり見込めないとも考えられます。

3.社内には技術のノウハウが蓄積されており勉強会なども開催される

社内に蓄積されたノウハウを評価する声も少なくありません。

社内には各部門の優秀なエンジニアが多数在籍しており、技術講習や勉強会なども開催されるようです。

技術を吸収し、成長したいと考えている人材にとっては魅力的な環境が整っていると言えるでしょう。

4.新卒者には手厚いフォローがあり安心して働ける

不安と希望を抱いて入社してくる新卒者に対して、テクノプロ・デザイン社は手厚いサービスを用意しているようです。

具体的には、何か困った際に担当のキャリアアドバイザーからしっかりとフォローを受けられる体制が整えられており、未経験の新卒者でも安心して働けるような環境になっています。

このような未経験者へのサポート体制は今後もより整備されていく傾向にあり、これからも期待できるでしょう。

5.オフィス環境は配属先次第

働くオフィス環境は、配属先によって大きく変わるようです。

綺麗に整備されたオフィスで働くこともあれば、冷暖房設備も十分に整っていない環境で働く可能性もあります。

全ては入社後にどの顧客先に配属されるかによって決まるようです。

6.給料アップはあまり期待できない

テクノプロ・デザイン社でも、なかなか給料が上がらないことに対する不満の声もあります。

こちらも評価制度が曖昧のため、どうすれば自分の実力を評価してもらえるのか分からないという方も多いようです。

30代で手取り額が13万円という方もおり、実際の生活は非常に厳しいと予想されます。

7.派遣先でしか通用しないスキルばかり蓄積される可能性あり

派遣先でしか通用しないスキルばかり身についてしまうことを危惧する声もあります。

テクノプロ・デザイン社では、人材が派遣先に固定されてしまう場合があるため、スキルに偏りが出る可能性があります。

このような状況を防ぐためにも、個人で定期的にスキルを見直し、配置転換を願い出るなどの行動が求められるでしょう。

8.福利厚生はあまり充実していない

福利厚生においては、あまり充実していないという声があります。

退職金の額もそれほど多くはないようです。

福利厚生を期待している方は注意が必要です。

11.テクノプロ・キャリアの利用者の評判は?

モノ作りやIT業界に身を置く方であれば、テクノプロ・キャリアという企業を耳にしたことがあるでしょう。

テクノプロ・キャリアはモノ作りやIT業界に特化した転職エージェントです。

こちらでは、テクノプロ・キャリアの利用者の評判について取り上げていきます。

1.コンサルタントの業界知識が豊富

まず一つ目に挙げられるのが、テクノプロ・キャリアに在籍するコンサルタントの質が高いということです。

テクノプロ・キャリアのコンサルタントには同じ業界出身の方が多く在籍しているため、的確な転職アドバイスを受けることができるのです。

初めて転職活動する方にも、その人に合ったペースで求人を紹介してもらえるようです。

2.求人紹介数が多い

他の転職エージェントでサポートを断られた人材であっても、テクノプロ・キャリアではしっかり求人を紹介してもらえたという声も多いです。

業界に特化している分、他の転職エージェントでは紹介できないような求人を確保していると考えられます。

なかなか思うような求人に出会えないという方は、是非テクノプロ・キャリアを活用してみてください。

3.選考対策が役に立った

テクノプロ・キャリアの選考対策を評価する声もあります。

業界や企業に特化した選考対策をマンツーマンで受けることができるので、自力で転職するよりも選考通過率が高くなるでしょう。

書類や面接で苦戦している方にもおすすめです。

4.年齢が高くスキル不足だと求人紹介数が落ちる

一方、ネガティブな評判としては、テクノプロ・キャリアでも求人を紹介しきれない場合があるということです。

特に年齢が高くなり、かつ年齢に見合ったスキルを兼ね備えていない場合、なかなか求人を紹介してもらえない可能性もあります。

このような方は、担当のキャリアコンサルタントに、今後のキャリアについて改めて相談してみることをおすすめします。

12.テクノプロのリアルな評判を確認するなら転職エージェントを活用

ここまでテクノプロに関する評判についてご紹介してきましたが、『もっと詳しい評判について知りたい』という方もいるでしょう。

そんな方におすすめしたいのが、転職エージェントの活用です。

転職エージェントを使うことで、企業の内部事情に詳しいキャリアアドバイザーが、リアルな評判について教えてくれるでしょう。

求職者の場合、転職エージェントは無料で利用できるため、是非活用してみてください。

以下におすすめの転職エージェントをピックアップしてご紹介します。

1.リクルートエージェント

数ある転職エージェントの中からどれを選べば良いのか分からないという方は、まずリクルートエージェントに登録してください。

転職業界No.1の実績を誇り、圧倒的な求人数を抱えているため、きっとテクノプロに関する詳しい情報も手に入るでしょう。

その企業に合わせた応募書類の添削や模擬面接といった選考対策も評判なので、書類審査や面接に不安があるという方にもおすすめできます。

2.type転職エージェント

20代〜30代の転職者から高評価を獲得しているのが、type転職エージェントです。

一人ひとりにしっかり寄り添うコンサルティングサービスを提供してくれるため、テクノプロに関する詳しい評判もリサーチしてくれるでしょう。

転職業界の中では老舗企業なので、企業人事との太いパイプを持っている点にも注目です。

3.メイテックネクスト

エンジニア職への転職において、国内でトップクラスの実績を誇るのがメイテックネクストです。

業界に特化している分、質の高いサービスが保証されています。

専門コンサルタントならではの企業情報などを得られる可能性もあるでしょう。

4.パソナキャリア

求職者のことを第一に考え、正しい転職を理念に掲げているのがパソナキャリアです。

他の転職エージェントからサポートを断られた方も、見捨てずにしっかりと向き合ってくれる点が魅力でしょう。

企業人事からの評価も非常に高く、パソナキャリアからしか応募を認めない独占求人も多く抱えています。

5.マイナビエージェント

20代〜30代前半の若手人材におすすめしたいのが、マイナビエージェントです。

エンジニア系、モノ作り系の求人を多く抱えており、担当してくれるキャリアアドバイザーの質も非常に高いです。

キャリアアドバイザーがマンツーマンで親身に相談に乗ってくれる点も魅力で、今後の自分のキャリアについて相談したいという方にもぴったりな転職エージェントでしょう。

まとめ.テクノプロの評判はあくまで参考程度に!

ここまでテクノプロの評判について取り上げてきましたが、評判はあくまで評判なので、全てを鵜呑みにしないよう注意すべきです。

というのも、評判は個人の主観によって大きく左右されてしまうからです。

ある人が、『厳しい!』と感じる仕事を、あなたが同じように感じるという保証はありません。

テクノプロという会社を知る上で、本記事を一つの参考情報として活用していただければ幸いです。



2017年現在の今は転職の絶好のチャンスです。タイミングを逃すと転職が難しくなるのは間違いありません。

就職氷河期と比べ、好景気の今は完全な売り手市場。

企業も積極的に採用を進めており、条件面も格段にアップしています。

しかし、好景気には必ず終わりが訪れ仕事が無くなる時が必ず来ます。

実際に、『オリンピック前には状況がガラっと変わる。』と予測する専門家も少なくありません。

また、年齢とともに転職が難しくなるのは言うまでもないですよね。

将来的な転職を考えているのであれば、人生を失敗しない為にも、1日でも早く行動をする事をおすすめします。



<よく読まれている人気記事>


スポンサードリンク

-会社の評判

Copyright© , 2018 AllRights Reserved.