転職チャレンジ!〜会社を辞めたい人の為の仕事の探しとやめ方まとめ

会社の評判

ヤクルトレディの仕事内容と年収、ノルマはあるのか徹底解説!~口コミ評判まとめ~

更新日:

1.ヤクルトレディの仕事内容や年収に迫る!

小さいお子さんがいるお母さんでも働きやすい仕事としてヤクルトレディが有名です。しかし、実際にどんな仕事をするのか、どれくらい稼げるのかよく分からない方も多いでしょう。

そこで今回はヤクルトレディの実際の仕事内容や平均年収まで幅広くご紹介していきます。ヤクルトレディの仕事に興味のある方は是非最後までチェックしてみてください。

2.ヤクルトレディとは?

ヤクルトレディとは、1935年にスタートしたヤクルトの商品を直接手渡しでお届けする組織です。

その名からも分かるように担当するのは女性になります。これは一般家庭に商品をお届けする際に、受け取る方がほとんど主婦だったため、同じ女性の方が親しみやすいのではとの理由からです。今では日本だけでなく世界でもヤクルトレディが活躍しています。

では続いて、ヤクルトレディの実際の仕事内容について詳しく見ていきましょう。

3.ヤクルトレディの仕事内容について

ヤクルトレディの実際の仕事内容は、前述した通り企業や個人のお家にヤクルトの商品をお届けすることがメインになります。バイクや車、自転車などを使って自分が担当しているエリアを回り、定期的に商品を配達します。

初心者の方でも最初は先輩ヤクルトレディが一緒に回ってくれるので安心です。慣れてきたら一人でエリアを任されるようになります。

中にはご高齢でヤクルトレディの訪問を楽しみにしているお客様もいらっしゃいます。ただ商品を配達するだけでなくお話相手になってあげるのもお仕事の一つと考えておくと良いでしょう。

また、契約して頂いているお客様には、商品をお届けするだけでなく新しい商品を紹介したり、新規顧客を開拓するために一軒一軒インターホンを押して営業活動をすることもあります。営業スキルを活かして働きたい女性にはぴったりのお仕事と言えるでしょう。

4.ヤクルトレディの年収ってどれくらい?

ヤクルトレディの仕事内容が分かったところで、続いて気になるのがどれくらい稼げるのかという収入面でしょう。

結論からお伝えすると、手取りでおおよそ7〜8万円程度が多いようです。年収でいえば100万円前後になり、扶養の範囲内で働きたい方にはぴったりです。

ヤクルトレディの雇用形態は業務委託になるため、パートやアルバイトとは違い、個人事業主として仕事することになります。そのためご自身での確定申告も必要になります。

最初の数ヶ月は収入補償があるので全く稼げないなんてことはありません。ただし、収入補償が無くなると売り上げの2割が収入になるため、より多くの収入を稼ぐためには新しい顧客を開拓するか、固定客に新商品をおすすめするなどして売り上げを上げていく努力が必要です。

逆にいえばパートやアルバイトなどの時給労働とは違い、自分の努力次第でグッと収入を上げることも可能になります。

5.ヤクルトレディの魅力

ヤクルトレディの仕事内容や年収について分かったところで、ヤクルトレディとして働く魅力について触れておきたいと思います。

それではさっそく見ていきましょう。

【子供を預ける託児所がある】

一つ目の魅力は子供を預ける託児所があるということです。これは小さなお子さんがいるお母さんにとって非常に嬉しいポイントでしょう。

また驚くべきはその価格の安さです。なんと月6000円程度(エリアによって変わる可能性あり)で子供を預かってもらえます。

託児所も仕事場のすぐ近くなので安心して働けます。年中行事やお外遊びなどもしっかりしてくれて、値段の割にサービスが充実していることも見逃せない魅力ポイントです。

【最初の2〜3ヶ月は収入補償がある】

続いての魅力は前述した収入補償が受けられる点です。こちらはおおよそ最初の2〜3ヶ月が対象になります。1日3000円〜5000円程度の補償になり、勤務した日数分支給されます。

収入補償を受けられる期間中に仕事に慣れることができれば、補償期間が終わった後も収入を落とさずに働くことができるでしょう。

【ノルマは特にない】

ヤクルトレディの仕事内容には営業も含まれますが、特にノルマなどは設定されない点にも注目です。

営業といえばノルマの達成に追われながら仕事をするイメージがありますが、ヤクルトレディに関してはそのようなことはないと言えるでしょう。ノルマに追われながらの仕事が苦手な方でも安心して働ける点は魅力です。

ただし、全く気にせずに仕事をしているだけだと、収入に結びつきにくいので、しっかりと稼ぎたい方は自分の中で目標を設定することをオススメします。

【9時〜15時頃までと働きやすい時間帯】

ヤクルトレディの仕事はおおよそ9時〜15時頃までとなっており、主婦として家の仕事と並行しながら働きたい方にとっては非常に働きやすい時間帯だと言えます。

朝はご主人を見送った後に、お子さんと一緒に出勤し、仕事終わりには買い物を済ませ夕飯の準備をしてご主人の帰宅を待つといったスムーズな生活リズムを作り上げることができるでしょう。

家の仕事と外の仕事をしっかりと両立させたい方にはぴったりです。

【営業が得意な人はたくさん稼げる】

繰り返しお伝えしてきましたが、ヤクルトレディの仕事は営業の要素が強いです。

そのため、もともと営業職としてバリバリ働いていたけど、結婚や出産といったライフイベントを経て家庭に入ったというような方にはもってこいの仕事だと言えるでしょう。培ってきた営業スキルを生かすことで、一般的な主婦のパートなどに比べて多くの収入を得ることも可能です。人によっては月に数十万円を稼ぐ方もいます。

スポンサードリンク

自分のスキルを存分に活かしたい方は是非挑戦してみてください。

6.ヤクルトレディの悪い点

ヤクルトレディの魅力についてご紹介してきましたが、当然良い面だけではありません。

こちらではヤクルトレディの仕事に関する悪い点について取り上げていきます。興味を持った方も良い点悪い点の両方を把握しておくことをおすすめします。それでは見ていきましょう。

【残業や早出がある】

ヤクルトレディの魅力のところで働く時間が9時〜15時頃までとご紹介しましたが、配達などの関係で残業が発生したり、場合によっては早出が必要になったりするケースもあります。常に9時〜15時というわけにはいかない点に注意が必要です。

ただし、自分の工夫次第では残業をなくすことも可能でしょう。もし配達の遅れが原因で残業することになった場合、何が原因で配達が遅れてしまったのか必ず振り返るようにしてください。

原因さえ分かれば、適切な対策を取ることで残業も極力減らすことができるでしょう。

【配達に使うガソリン代は自腹】

続いてご紹介する悪い点は、配達で使うバイクや自動車のガソリン代が自腹であるという点です。

車で配達する方の場合、週5日勤務でおおよそ一万円はガソリン代に消えると言われています。車だけでなく、電動自転車をレンタルすることもでき、その場合はレンタル代を支払う必要があります。

自宅の自転車で配達しても構いませんが、当然車で配達する場合と比較して効率が落ちてしまうため、どちらが結果的に収入に結びつくのか自分で判断する必要があります。

営業が得意な方であればどんどん新規のお客様を開拓し、スピーディーに車で配達する方が良いですし、固定客をじっくり配達する場合であれば自転車を使うと良いでしょう。自分に合った配達方法を模索してみてください。

【体力的にキツイこともある】

とにかく楽にお金を稼ぎたいという方にはヤクルトレディの仕事は難しいでしょう。基本的に外回りの仕事になるので、体力的にキツイことも当然ながらあります。

特に自転車で配達される方は、真夏の日差しが強い日だったり、逆に真冬の寒い日であっても外で仕事をしなければなりません。

そのためある程度身体が強く、体力的にも自信のある方におすすめできる仕事です。逆に体調を崩しがちな方には少々厳しい仕事になります。

【地域によっては売れない所もある】

ヤクルトレディの仕事は自分の担当エリアが割り振られるとご紹介しましたが、この担当エリアによって売れる所と売れない所がある点にも注意が必要です。

ヤクルト商品の売り上げはそのエリアに住んでいる世代や家族構成などに大きく影響を受けると言っても過言ではありません。売りやすいエリアの担当になれば収入もグンと増えやすい一方で、売りにくいエリアの担当になった場合は、なかなか収入に結びつかないこともあります。

こういった運の要素も大きい仕事がヤクルトレディの特徴でもあります。

【天気が悪い日は辛い】

ヤクルトレディの仕事は外回りがメインだと前述しましたが、天気が悪い日であっても当然仕事は休めません。車での配達の方はまだマシですが、自転車やバイクで配達する方は特に悪天候の日は大変です。

顔が雨で濡れてお化粧が崩れてしまったりすることもあるでしょう。雪の日などはスリップして転倒する危険なども考えなければいけません。

しかし、ヤクルトレディの配達を楽しみに待っている方も少なくないので、悪天候であっても休めない点が辛いです。

7.ヤクルトレディに向いている人

さて、ここまでヤクルトレディの仕事内容や給与、良い点悪い点など幅広くご紹介してきましたが、最後にどんな人がヤクルトレディに向いているのかまとめておきたいと思います。是非参考にしてみてください。

【営業が得意な人】

ヤクルトレディの仕事をおすすめしたい人は、やはり営業が得意な方です。

ヤクルトレディの仕事は営業の腕次第で大きく収入も変わってきます。自分の努力に見合ったお金を稼ぎたいという方にぴったりです。そういう意味では以前に営業の仕事を経験したことのある方は特に検討してみると良いです。

厳しいノルマがあるわけではないので、自分のペースで営業スキルを活かした仕事ができるでしょう。

【人と接することが好きな人】

ヤクルトレディの仕事は商品の配達だけでなく、お客様とお話しながら関係性を深めていくことも重要になります。

そういう意味では人と接することが好きな人もこの仕事に向いていると言えるでしょう。お客様とコミュニケーションを取ることで新しい商品の提案につながったりすることもあるので、非常に大切な要素です。

単なるお話相手になるだけでなく、何か困っていることはないか、ニーズをさり気なく探ることができる人はヤクルトレディにぴったりでしょう。

【まとめ】ヤクルトレディはやりがいのある仕事

ヤクルトレディの仕事内容からおおよその年収まで幅広く取り上げてきましたが、参考になりましたでしょうか?

ヤクルトレディの仕事は、単なる配達業務ではなく、深くお客様とコミュニケーションを取りながら新しい商品を提案したり、新規顧客を開拓したりと奥深いやりがいのある仕事です。

業務委託での雇用形態のため、自分の努力次第でたくさんの収入を稼ぐことも可能です。

ただし、一方で体力的な辛さがあったりとネガティブな側面があることも忘れてはいけません。今回の記事をきっかけに、ヤクルトレディの仕事に少しでも興味を持っていただければ幸いです。



2017年現在の今は転職の絶好のチャンスです。タイミングを逃すと転職が難しくなるのは間違いありません。

就職氷河期と比べ、好景気の今は完全な売り手市場。

企業も積極的に採用を進めており、条件面も格段にアップしています。

しかし、好景気には必ず終わりが訪れ仕事が無くなる時が必ず来ます。

実際に、『オリンピック前には状況がガラっと変わる。』と予測する専門家も少なくありません。

また、年齢とともに転職が難しくなるのは言うまでもないですよね。

将来的な転職を考えているのであれば、人生を失敗しない為にも、1日でも早く行動をする事をおすすめします。



<よく読まれている人気記事>


スポンサードリンク

-会社の評判

Copyright© , 2018 AllRights Reserved.