転職チャレンジ!〜会社を辞めたい人の為の仕事の探しとやめ方まとめ

会社の評判

サイバーエージェントの転職採用求人条件と募集タイミング~就職したい人必見!

更新日:

1.サイバーエージェントの転職求人条件と募集タイミングをチェック!

今後も成長が見込めるインターネット業界において日本の中でも一際存在感を放つ会社がサイバーエージェントでしょう。

今回はそんなサイバーエージェントに転職を考えている方向けに、サイバーエージェントの転職求人条件と募集タイミングを詳しくご紹介していきます。是非最後でご覧ください。

2.サイバーエージェントってどんな会社?

サイバーエージェントの転職求人条件について取り上げる前に、そもそもサイバーエージェントがどのような会社なのか簡単に紹介したいと思います。

サイバーエージェントは、前述したようにインターネット産業を基盤にメディア、広告、ゲームなど様々な事業を展開している会社です。特に2004年からブログを中心にサービスを開始した「Ameba」は多くの芸能人なども利用しており、非常に有名でしょう。

特に軸足を置いているのがインターネット広告で事業で、スマートフォンの普及により拡大しているインターネット広告の市場において、日本でのシェアは20%を超えています。まさに日本のインターネット広告市場を牽引していると言っても過言ではありません。

変化の目まぐるしいインターネット産業において、サイバーエージェントが今後どのように仕掛けていくのか、目が離せません。

3.サイバーエージェントの転職求人条件について

さて、サイバーエージェントがどのような会社か分かったところで、さっそく転職求人条件について見ていきましょう。いずれサイバーエージェントに転職したいと考えている方はマストでチェックしてください。

【条件は基本的には職務経験のみ】

日本におけるインターネット産業を牽引しているサイバーエージェントで働くとなれば、高水準の条件が多数設定されているのかと思われがちですが、実はそうではありません。

募集している職種によって微妙な違いはありますが、基本的には担当する業務の職務経験さえあれば選考に参加することができます。

また、募集している職種も非常に幅広く多いため、インターネットに関する仕事に携わっている方であればきっと自分の希望に当てはまる職種があるでしょう。そういう意味では採用に関して非常に間口の広い会社だと言えます。

【職務未経験でも応募は可能?】

また、驚くべきことに場合によっては職務未経験であっても応募が可能な職種もあります。

サイバーエージェントの採用ページをチェックすると、経験やスキルが仮に不足していたとしても、高いコミュニケーション能力などでそれらを補い、即戦力として活躍できると判断した場合は採用の可能性もあると記載されています。

このように、単純なスキルや経験のみで採用の可否を決めず、しっかりと人を見ようとする採用へのスタンスから非常に人材を大切にしている会社であると分かります。

4.サイバーエージェントが転職者に求めるスキルや意識とは?

サイバーエージェントが採用に対して広い間口で受け入れていることが分かったところで、続いては具体的にどんな人物を求めているのかについて詳しくご紹介します。

具体的な求める人物像については、一つの職種ごとに細かく設定されているため、こちらでは特に共通している要素をピックアップしていきます。是非参考にしてみてください。

【ベンチャーマインドを持っている】

まず一つ目に紹介するポイントは、ベンチャーマインドを持っていることです。

サイバーエージェントは今でこそたくさんの関連会社を持つ大所帯になりましたが、変化の激しいインターネット産業で生き抜いていくためには、ベンチャー企業時代の勢いを忘れずに挑戦し続けることが大切です。

そのため、事業を動かしていく社員一人ひとりにビジネスオーナーとしてのベンチャーマインドを求めるのです。

具体的には高い志を持ち、前のめりになって仕事に取り組んでいく姿勢と言い換えても良いでしょう。仕事は会社から与えられるものだという受け身な姿勢では、サイバーエージェントの社風に馴染むことはできません。

【高いコミュニケーション能力がある】

どんな会社であってもコミュニケーション能力は求められるスキルですが、サイバーエージェントでは特に高いコミュニケーション能力を求めています。特に重要視しているのが、周りとうまくコミュニケーションを取って協調していく力です。

コミュニケーション能力といえば、自分の意見をしっかりと発信していく力のイメージがあります。当然このような発信力も大事ですが、チームワークを尊重するサイバーエージェントでは相手の意見をしっかりと受け入れて上手に協力し合いながら仕事を進める力を重視します。

自分の意見を押し通そうとするワンマンプレータイプの人材は、サイバーエージェントで働くことは難しいでしょう。

【論理的思考力と数値分析力がある】

成長を続けるサイバーエージェントですが、その成長の秘密は徹底して数字をもとに分析し、論理的に考え抜かれた施策を実行し続けているからこそでしょう。

スポンサードリンク

そのため転職者にも論理的に物事を考える力と今の現状を数値化して客観的に分析する力が求められます。その両方の力を駆使することで、結果を出し続けることができるのです。

また、サイバーエージェントはチームワークを重要視すると紹介しましたが、チームメンバーに協力してもらうためにも論理的思考力は欠かせないでしょう。

論理的に説明できない仕事を勢いだけで進めようとしても周りは納得してくれません。チームでスムーズに仕事を進めるためにも論理的思考力と納得性を高める数値分析力は必要だと考えられます。

【Excelなどの基本的なPCスキルがある】

今ご紹介した数値分析力とも関わりがありますが、Excelなどを使いこなせるPCスキルもサイバーエージェントで働くためには欠かせません。

今の現状についてレポートなどにまとめる際には、主にExcelが使われます。特に数値分析をする際にはExcelの関数などを使いこなせると非常に便利です。

他にも文章をまとめるWordやプレゼン資料などの作成に使うPowerPointなどは最低限使えるようにしておきましょう。このような資料はあくまで資料であって、その資料をもとに施策を考えることが仕事です。こういったPCスキルが低いと資料を作るだけで仕事まで手が回らない、なんてことにもなりかねないでしょう。

【柔軟に変化していくことができる】

サイバーエージェントが身を置くインターネット業界は、特に変化のスピードが激しい業界でもあります。つまり、サイバーエージェント自体も時代の変化に順応して、変化し続けてきました。

こういった会社の組織体制の変化に合わせて、自分自身も柔軟に対応することができない方は、サイバーエージェントで働くことは難しいと言えます。

逆にこのような変化を楽しめるような人材であれば、サイバーエージェントのようなインターネット業界に向いていると言えるでしょう。

【インターネット業界に興味関心がある】

目まぐるしく変化していくインターネット業界においては、日々進化していく技術などの情報にも常にアンテナを張り巡らし、自ら積極的に情報を取りに行く姿勢が欠かせません。

もちろん仕事だからと割り切って勉強する方もいますが、そもそもインターネット業界に関する興味関心を持っている方が情報のキャッチアップも早く、何より興味のあることなので勉強していて苦になりません。

そういう意味でも、もともとインターネットに興味関心のある方をサイバーエージェントとしても求めていると考えられます。

【自分なりのキャリアビジョンを持っている】

最後にご紹介するのは、自分なりのキャリアビジョンを持つということです。

サイバーエージェントで働く方は一人ひとりが自分なりのキャリアビジョンを掲げて、日々仕事に取り組んでいます。

なぜ自分なりのキャリアビジョンを持つことが大切かというと、それがあることでより主体的に仕事に取り組もうと思うからです。

サイバーエージェントがベンチャーマインドを持った会社であり続けるのは、一人ひとりの社員が自分なりの目標に向かってアクティブに働いているからでしょう。自分のキャリアについて自分で考えられない方は、サイバーエージェントで働くことは難しいでしょう。

5.サイバーエージェントが転職求人を募集するタイミングは?

さて、サイバーエージェントが求める人物像についてご紹介したところで、自分もサイバーエージェントで働きたいと思った方もいるでしょう。こちらではサイバーエージェントが転職求人を募集するタイミングについて見ていきます。

結論から言うと、サイバーエージェントでは職種によって変わりますが、日々採用活動が行われています。採用ページを見ると募集している職種も非常に多く、採用活動に力を入れていることが分かるでしょう。

また、仮に自分の希望する職種で募集がなかったとしても、採用担当者へ問い合わせをすると、場合によっては会っていただける可能性もあります。

前述した通り、サイバーエージェントはとにかく人材を大切にする会社なので、あなた自身がサイバーエージェントで働きたいという強い思いを示せば、募集がなかったとしても選考してもらえる可能性はあるでしょう。

6.サイバーエージェントへ転職するなら転職エージェントを活用!

最後になりますが、サイバーエージェントに転職したいけど自分一人で準備することに不安がある方におすすめの方法をご紹介します。

それは転職エージェントを活用するという方法です。転職エージェントを使うことで専属のキャリアコンサルタントがあなたの転職活動をバックアップしてくれます。特にサイバーエージェントのようなインターネット業界に精通しているキャリアコンサルタントにお願いすると良いでしょう。

実際にサイバーエージェントへ転職するためのスキルや経験を自分が持っているのかどうかも、転職のプロの視点から見極めてくれます。

他にも必要であれば模擬面接や履歴書のブラッシュアップなどのサービスも受けることができるので、特に初めて転職活動をされる方にも転職エージェントの活用はおすすめです。

転職者は転職エージェントのサービスを全て無料で受けられるので、使わないともったいないです。是非登録してみてください。

【まとめ】アクティブに働くならサイバーエージェントの転職求人に応募!

サイバーエージェントの転職求人条件と募集のタイミングについて詳しく取り上げてきましたが、参考になりましたでしょうか?

サイバーエージェントは日本のインターネット産業を牽引するリーディングカンパニーと言っても過言ではないでしょう。変化の激しい業界だからこそ、これからどのようなビジネスを展開していくのか注目が集まります。

また、人材を大切にする会社でもあるので、採用への間口も非常に広いと言えます。インターネット業界に興味があり、ベンチャーマインドを持った会社でアクティブに働きたいという方には、サイバーエージェントはぴったりでしょう。

今回の記事をきっかけに、サイバーエージェントへ興味を持っていただけたら幸いです。



2017年現在の今は転職の絶好のチャンスです。タイミングを逃すと転職が難しくなるのは間違いありません。

就職氷河期と比べ、好景気の今は完全な売り手市場。

企業も積極的に採用を進めており、条件面も格段にアップしています。

しかし、好景気には必ず終わりが訪れ仕事が無くなる時が必ず来ます。

実際に、『オリンピック前には状況がガラっと変わる。』と予測する専門家も少なくありません。

また、年齢とともに転職が難しくなるのは言うまでもないですよね。

将来的な転職を考えているのであれば、人生を失敗しない為にも、1日でも早く行動をする事をおすすめします。



<よく読まれている人気記事>


-会社の評判

Copyright© , 2018 AllRights Reserved.