転職チャレンジ!〜会社を辞めたい人の為の仕事の探しとやめ方まとめ

転職失敗者のアドバイス

転職活動はこうして失敗する!面接での失敗例と9つの敗因パターン

更新日:

1.転職の失敗例を見れば成功に必要なことが見えてくる

転職を試みる際に『失敗したくない』と思うのは誰しもに共通することでしょう。

どうすれば転職が成功するのか知ることも大切ですが、同じくらいどうすれば転職が失敗するのかという失敗事例を学ぶことも重要です。

今回は、以下に取り上げている9パターンの失敗事例を詳しく解説していきます。

・転職理由が曖昧
・自分の能力を過大評価している
・転職先の下調べ不足
・無職で転職活動を始める
・未経験業界への転職
・条件を妥協できない
・誰にも相談せず一人で転職活動を行う
・転職のタイミングを見誤った
・自分の魅力をしっかりアピールできない

失敗事例を詳しく知ることで、自ずと成功するために必要なものが見えてきます。

『これから転職活動を始めようと思っている』『今現在、転職活動がうまくいっていない』という方は特に最後までご覧ください。

2.転職で失敗するとどうなる?

転職の失敗例をご紹介する前に、そもそも転職に失敗するとどういう目に合うのか知っておくべきです。

【会社の雰囲気に馴染めない】

まず初めに会社の雰囲気に馴染めないというのが挙げられます。

特に大手企業から創業間もないベンチャー企業に転職する場合などに多いケースで、制度やルールが整備されていない中で働くことに戸惑ってしまうのです。

他にも、想像以上に体育会系の会社でノリについていけないなどもあるでしょう。

【仕事が自分に合わない】

続いて挙げられるのは、担当する仕事が自分に合わないというケースです。

当然、仕事内容については転職する前に確認しているはずですが、想像していたものと違っていた場合に起こります。

こうなってしまうと、日々ストレスを感じながら働かなければならなくなります。

【年収がガクッと下がる】

想定外に年収が下がってしまった場合も、転職に失敗したと言えるでしょう。

もちろん、あらかじめ年収が下がることを想定した上での転職ならば問題ありませんが、そうでない場合は違います。

想定外に年収が下がると、これまでと同じ生活は送れなくなってしまいます。

【長時間労働で身体を壊す】

続いてご紹介するのは、長時間労働で身体を壊してしまうことです。

ハードワークな会社から脱出するために転職したのに、前職以上に長時間労働で疲弊しきっているというケースは非常に多いです。

転職したばかりですぐに辞めることもできず、身体を壊してしまう方も少なくありません。

【転職先が決まらない】

最後にご紹介するのは、次の転職先が決まらないというパターンです。

転職活動には時間だけでなく、交通費など意外とお金もかかります。

また、長期化することで体力面だけでなく精神的にも疲弊していくでしょう。

家庭を持っている方なら家族のサポートも必要になってきます。

転職先が決まらないことは、自分だけでなく周りも巻き込んでしまうのです。

3.転職のよくある失敗パターン9選

転職に失敗するとどういう目に合うか分かったところで、さっそく転職に失敗する人達の特徴について詳しく解説していきます。

【1.転職理由が曖昧】

まず一つ目に挙げられるのが、転職理由が曖昧であるということです。

転職理由は転職活動をする上での地図のようなもので、転職理由がぼんやりしていると、どんな会社を目指して転職活動をすれば良いのか分からなくなります。

そんな状態で闇雲に転職活動を行い、運良く内定を貰ったとしても、その会社があなたにとっての最適な転職先である可能性は低いでしょう。

今勤めている会社よりも悪い環境で働かなければならない可能性もあります。

転職活動をする際には『なぜ自分は転職したいのか?』『本当に転職する必要があるのか?』と自分自身に聞いてみてください。

明確な答えが出ない場合は、転職を踏みとどまるべきです。

【2.自分の能力を過大評価している】

自分の能力を過大評価しがちな方も、転職に失敗するケースが多いです。

当然ながら、求められるスキルや経験は会社によって変わります。

仮に今の会社で評価されていても、他の会社でその実績が同じように評価されるとは限りません。

大切なのはあなたの能力をアピールする前に、その会社が求めているスキルや経験は何かを把握することです。

そこが食い違っていれば、どれだけアピールしたとしても失敗します。

また、『大手企業に⚫︎年間勤めました』のように、大手企業に勤めたことをアピールポイントとして挙げる方もいますが、特に意味はないのでやめましょう。

【3.転職先の下調べ不足】

続いて、転職先の下調べが不足している場合も失敗しがちです。

特に多いのが、単なる憧れで会社を決めてしまうことです。

『仕事が華やかそうだから』『会社が有名だから』といった理由で転職した場合、ほとんどの人が『こんなはずじゃなかった』と後悔することになります。

これはその会社の良い面しか見えていないからです。

華やかな仕事の裏には想像を絶する厳しいノルマが隠れているかもしれません。

有名な会社も、内部の人間関係は最悪なものかもしれません。

こういったネガティブな部分も事前にしっかりと下調べしておく必要があるでしょう。

おすすめなのは「Vorkers」のようなサイトを使って、リアルな社員の口コミをチェックすることです。

こういったサイトには会社の良い面だけでなく、悪い面も書かれています。

事前の下調べには非常に役立つでしょう。

【4.無職で転職活動を始める】

続いてご紹介するのは、無職の状態で転職活動を始める方です。

転職活動は、今の会社に在籍した状態で始めるのが基本ですが、中には会社を辞めた後に転職活動をスタートする方もいます。

そうなった場合『転職先を早く見つけなければ生活できなくなる』というプレッシャーが非常に大きくなるでしょう。

こういった焦りから空回りしてしまい、なかなか転職先が決まらなかったり、自分の理想とは程遠いような会社に転職し、後悔することになるのです。

落ち着いた状態で転職活動するためにも、今の会社で働きながら行うか、そうでないなら当面生活に困らないだけの貯金をした上で転職活動に踏み切ってください。

【5.未経験業界への転職】

今までの自分の経験を活かせない未経験業界への転職も、失敗に終わる人が多いと言えます。

特に年齢が上がれば上がるほど失敗の可能性も高くなります。

未経験業界への転職がうまくいくのは遅くとも20代後半までだと考えておいてください。

採用する会社の立場で考えれば分かることですが、30代や40代で未経験の人材を雇うメリットはほとんどありません。

20代であれば、教育すれば長く働いてもらえるというメリットがありますが、それ以降は厳しいでしょう。

また、未経験業界に転職するということは、自分が一番下の立場で入社するということです。

年齢が高くなればそれだけ自分よりも若い世代の下で働く可能性が高くなります。

30代以降で未経験業界への転職に成功したとしても、精神的に耐えられず辞めてしまう方も多いでしょう。

【6.条件を妥協できない】

続いて挙げられるのが、条件を妥協できない人です。

スポンサードリンク

自分にとって理想の会社の条件を挙げ出すとキリがありませんが、その全ての条件を満たすパーフェクトな会社など存在しません。

転職先に求める条件が多ければ多いほど、候補の数が少なくなり、転職しにくくなります。

あなたが個人的にヘッドハンティングされるような優秀な人材であれば別ですが、そうでない場合は妥協できないことで転職活動期間が長期化するでしょう。

大切なのは、転職条件の優先順位を明確にすることです。

その上で絶対に譲れない条件と妥協できる条件を線引きしましょう。

注意したいのは、掲げている絶対に譲れない条件があなたの能力に見合っているかどうかです。

理想の年収を掲げていても、それがあなたのスキルに見合わなければ妥協せざるを得ません。

条件に悩んだ際には転職エージェントを活用してみてください。

転職のプロから見て、あなたの条件が適切かどうか判断してくれるでしょう。

【7.誰にも相談せず一人で転職活動を行う】

誰にも相談せずに一人で転職活動を進める方も失敗する可能性が高いでしょう。

分かっているつもりでいても、自分のスキルや経験の転職市場価値は、なかなか見極められないものです。

側から見ると無謀ともいえるような会社を受け続けたり、もっと良い条件の会社があるにも関わらず転職を決めてしまったりするのは、自分の価値が分かっていないからです。

自分の転職市場価値を知るには、転職エージェントに登録することが最も効果的です。

転職エージェントに登録することで、専属のキャリアコンサルタントがあなたのこれまでのキャリアをもとに、最適な転職先をピックアップしてくれます。

厳しいアドバイスを受けることもあると思いますが、一人で転職活動を進めるよりは安全です。

転職先に納得いかない場合はもう少しキャリアを積んで、転職のタイミングを考え直すという選択もできるでしょう。

【8.転職のタイミングを見誤った】

続いて、転職のタイミングを見誤った人も失敗しがちです。

特に多いのが、今の会社に対する不満を我慢できず、逃げるようにして転職活動を始めるケースです。

こういうネガティブな理由で転職しようとする人は、大抵が失敗に終わります。

早く今の会社を辞めたいという焦りが透けて見えるからです。

採用の面接担当もプロなので、そういうネガティブな雰囲気は敏感に察知します。

このように考えると、むしろバリバリと活躍できている転職など考えられないような時期こそ、転職に最適なタイミングだと言えるでしょう。

そういう人材は自信に満ち溢れており、他の会社から見ても魅力的に感じるため、転職でキャリアアップできる可能性も高いです。

転職のタイミングをしっかり見極めるだけでも、失敗するリスクを抑えることができるでしょう。

【9.自分の魅力をしっかりアピールできない】

最後にご紹介するのは、自分の魅力をしっかりアピールできないという方です。

どんなに魅力的なスキルや経験があったとしても、それをうまく伝えられなければ採用には至らないでしょう。

転職を成功させるためには、書類選考や面接の場で自分の魅力を的確に伝える練習をしておくべきです。

こちらも転職エージェントを活用することで、履歴書のブラッシュアップから模擬面接までサポートしてもらうことができます。

特に初めて転職活動をする人が、何も準備せずにぶつけ本番で選考に臨んでも失敗するでしょう。

転職に関する経験が不足してる方こそ、転職エージェントを上手に活用すべきです。

4.こんな転職理由は失敗する

転職に失敗する人の特徴についてご紹介しましたが、続いては転職に踏み切る理由として、失敗しやすいものを取り上げます。

今からご紹介する理由で転職を検討している方は特に注意してください。

【上司や同僚に不満があるから】

まず初めに挙げられるのが、上司や同僚に不満があるという理由です。

仕事に関する悩みのほとんどは人間関係によるものといっても過言ではありません。

つまりどんな会社であっても、人間関係によるトラブルは起こりうるということです。

転職したからといってそれが解決するわけではありません。

もし上司や同僚に不満があるのであれば、それを転職によって解決するのではなく、話し合いなど別の方法で解決すべきです。

世の中には自分に合う人もいれば、合わない人も一定数いるものです。

苦手な人がいるたびに転職を繰り返していたら、いずれ相手にしてくれる会社もなくなるでしょう。

それよりも苦手な人とも上手に付き合う方法を見つけるべきです。

【今の仕事に飽きたから】

続いて、今の仕事に飽きたから転職するというのも避けるべきです。

このような理由を挙げがちなのは、総じて受け身な姿勢で働いている方が多いです。

要は言われた仕事しかしないため、いつまでたっても「やらされ感」から抜け出せず、仕事も単調になりがちなのです。

このような人材はモチベーションが低い分、パフォーマンスも悪く、転職しようとしても採用されにくい傾向があります。

今の仕事に飽きたと感じるならば、転職を試みる前に他にやれる仕事はないか探してみてください。

直属の上司に思い切って相談してみることも有効でしょう。

今の職場でやれることは全てやり切ったと自信を持って言えるまで、転職はおすすめできません。

5.転職に失敗したらどうすればいい?

ここまで転職に失敗しがちな特徴をまとめてご紹介してきましたが、最後に転職に失敗してしまった方々がどうすべきかについて取り上げたいと思います。

【失敗の原因を明確にする】

まず初めにやるべきことは、なぜ転職に失敗したのかという原因を明確にすることです。

失敗の原因が分かれば、同じような転職を繰り返さずに済みます。

早く今の会社を辞めたいからといって、焦って転職先を探すのは避けましょう。

短期間で繰り返し転職すれば、定着率の悪い人材であるというレッテルを貼られてしまいます。

失敗の原因を参考に『こういう会社は選ばない』といった軸を持った上で、転職活動を始めてください。

【前の会社に戻るという方法もある】

転職に失敗した人には『より良い条件を求めて転職したけど前の会社の方が良かった』というケースもあります。

こういったケースの場合、思い切って前の会社に戻るという方法もあります。

ただし、当然ながら一度辞めた会社に再就職することはそう簡単ではありません。

円満退社できた人に限定されますし、なぜ出戻りしたいのかという理由もしっかり伝えなければいけません。

また、一度辞めた人間という印象は拭い去れないので、多少なり今後のキャリアが不利になることも考えられます。

こういったデメリットも把握した上で、それでも前職の会社に戻りたいと思うなら、検討してみてください。

【転職エージェントに相談】

最もおすすめなのは、転職エージェントに相談するという方法です。

自分なりに明確にした失敗理由を担当のキャリアコンサルタントに伝えることで、その条件に適した次の転職先を紹介してもらえます。

また、あなた自身が明確にした失敗理由が本当の原因なのかについても、客観的な視点でチェックしてもらうことでより確実になるでしょう。

注意点としては、できるだけ腕の良いキャリアコンサルタントに担当してもらうことです。

見極めるポイントは、しっかりとあなたのキャリアを考えた上で会社を紹介してくれるかどうか。

他にもあなたの希望する業界への知識に長けているかどうかです。

これらのポイントを満たしていない場合は、別のキャリアコンサルタントに変更してもらいましょう。

もし、今回の失敗が転職エージェントを活用した上での失敗ならば、別の転職エージェントを活用することをおすすめします。

【まとめ】転職の失敗例を知ることはとても重要

転職に失敗する人の特徴を知ることは、転職を成功させる上での大きなヒントになります。

反面教師としてしっかりと自分の中にインプットしておいてください。

最後に今回ご紹介した転職に失敗する人の特徴を再度まとめておきます。

・転職理由が曖昧
・自分の能力を過大評価している
・転職先の下調べ不足
・無職で転職活動を始める
・未経験業界への転職
・条件を妥協できない
・誰にも相談せず一人で転職活動を行う
・転職のタイミングを見誤った
・自分の魅力をしっかりアピールできない

これらの9つのポイントに当てはまらないように意識することで、転職活動もスムーズに進めることができるでしょう。

これから転職活動を始める方にとって、少しでもこの記事がお役に立てれば幸いです。



2017年現在の今は転職の絶好のチャンスです。タイミングを逃すと転職が難しくなるのは間違いありません。

就職氷河期と比べ、好景気の今は完全な売り手市場。

企業も積極的に採用を進めており、条件面も格段にアップしています。

しかし、好景気には必ず終わりが訪れ仕事が無くなる時が必ず来ます。

実際に、『オリンピック前には状況がガラっと変わる。』と予測する専門家も少なくありません。

また、年齢とともに転職が難しくなるのは言うまでもないですよね。

将来的な転職を考えているのであれば、人生を失敗しない為にも、1日でも早く行動をする事をおすすめします。



<よく読まれている人気記事>


-転職失敗者のアドバイス

Copyright© , 2018 AllRights Reserved.