転職チャレンジ!〜会社を辞めたい人の為の仕事の探しとやめ方まとめ

転職を成功させる方法

会社の辞め方と手順~退職するまでにする事と嘘とバレないいいわけ6選

更新日:

1.会社の辞め方&いいわけをまとめてご紹介!

終身雇用制度が崩壊し、転職が当たり前になった昨今において、スマートな会社の辞め方を知っておくことは非常に大切だと言えるでしょう。

今回はそんな会社の辞め方から辞める際のいいわけまで詳しくご紹介していきます。会社を辞めることを考えている方はもちろん、今のところ辞める予定がない方も知っておいて損はないので、是非最後までご覧ください。

2.会社の辞め方には注意が必要

会社を辞める理由については、ポジティブな理由からネガティブな理由まで人それぞれです。ただし一つ言えることは会社の辞め方には注意が必要だということです。

自己都合退職の場合、多かれ少なかれ会社に迷惑をかけてしまうことは間違いありません。会社の辞め方を間違えてしまうだけで、退職する本人に対する評価がガラリと変わり、揉め事に発展するケースもあります。

どうせ辞めるのであればスマートに円満退社したいものです。さっそく次の章でスムーズな辞め方について見ていきましょう。

3.会社のスムーズな辞め方&退職までにするべき事

こちらでは会社をスムーズに辞めるための方法&退職までにするべき事についてご紹介していきます。是非参考にしてみてください。

【なぜ会社を辞めたいのか理由について考える】

会社を辞める際に必ずと言ってよいほど聞かれるのが、なぜ会社を辞めたいのかという理由です。

まずはこの理由についてしっかりと自分で整理しておく必要があります。もし今の会社に対して不満があるのならそれは何なのか、なぜ自分はそれに不満を感じるのかといったイメージで、しっかりと深く考え抜くことが大切です。

会社を辞めたい理由について考え抜くことで、退職理由を伝える際の説得力も増しますし、次の転職先の条件もより具体的になるでしょう。

【抱えている仕事や引き継ぎのことを考慮して会社を辞める日程を決める】

会社を辞める理由について考え抜いた後は、今抱えている仕事の納期や引き継ぎにかかる時間を考慮した上で、会社を辞める日程について決めていきましょう。

ここで注意したいのは、早く辞めたいからといって無理な退職スケジュールを組まないことです。大切なのはできるだけ周りの方に負担をかけずに辞めること。しっかりと自分の仕事や引き継ぎを終わらせることで、揉め事に発展するリスクを極力小さくすることができるでしょう。

繰り返しますが、できるだけ余裕を持った退職スケジュールを作るように意識してください。

【余裕を持って早めに上司に相談】

会社を辞める日程とスケジュールが出来たタイミングで、直属の上司に一度相談してみてください。ただでさえ忙しい上司の時間を頂いているという意識を忘れずに、事前に用意していた退職理由と退職までのスケジュールを簡潔に説明するようにします。

ここが円満退社にたどり着くまでの第一関門です。今抱えている仕事と引き継ぎにかかる時間などを具体的な数字で示しつつ、周りには極力迷惑がかからないように注意することをしっかりと伝えましょう。

特に退職理由に関してはこのタイミングで上司から深掘りされる可能性が高いです。ある程度想定される質問にはしっかりと答えられる準備をしておいてください。

【退職届を提出する】

直属の上司に会社を辞めることを伝えた後は正式に退職届を提出しましょう。

退職届の書き方にもマナーがありますので、書籍やインターネットの情報を参考にしながらルールに従って仕上げてください。

退職理由については詳しく書く必要はなく「一身上の都合」と書くだけで問題ありません。パソコンなどは使わずに、必ず手書きで仕上げるようにしてください。

【お世話になった方へ直接お礼を伝える】

無事に退職届が受理されれば、残りの仕事と引き継ぎをしっかりとこなしつつ、お世話になった方々へ直接お礼を伝えに行ってください。

どうしても距離が遠く、直接挨拶に出向けない方には電話などで伝えても構いませんが、同じ社内にいる方であればできるだけ直接お礼を伝えることをオススメします。

ここで大切なのは、例えソリの合わなかった上司などであってもお世話になったのであれば必ずお礼を伝えることです。ソリの合わない方への挨拶には気が進まないという気持ちも分かりますが、お礼をきちんと伝えに行ったという事実が大切なのです。

もしかしたら会社を辞めることがきっかけで関係が改善する可能性もあります。必ず忘れずにお礼を伝えてください。

4.会社を辞める理由を考える上での注意点

会社をスムーズに辞めるための具体的なステップと準備しておくべきことについてご紹介しましたが、参考になりましたでしょうか?

続いて、特に重要な会社を辞める理由を考える上での注意点について解説していきます。

【会社への不満を退職理由にしてはいけない】

会社を辞める理由は人それぞれで、もしかしたら会社への不満があって退職を決めた方も多いかもしれません。

しかし、まず大前提として会社への不満を退職理由にしてはいけません。もし、会社への不満を退職理由にしてしまうとなんとか改善するから辞めないで欲しいと引き止められる可能性があるからです。そうなってしまった場合、辞める理由が無くなってしまいます。

会社側が改善してくれるのであれば残っても良いと考えている方であれば問題ないですが、絶対会社を辞めたいと考えている方にはオススメできません。

【嘘をつきすぎない】

会社を辞める際に会社への不満を理由にしてはいけないとご紹介しましたが、とは言っても嘘をつきすぎることは逆効果です。

確かに会社への不満が本当の退職理由であれば、他の理由を探す必要があり、ある程度の嘘は必要になるでしょう。しかし、全く心にもないことを嘘の理由として伝えてしまうと、深く突っ込まれた際に答えられなくなってしまいます。

もう一度よく会社を辞める口実になりそうなことはないか考えてみてください。

【ある程度深掘りされても答えられる準備をする】

自己都合退職というのは会社にとっても迷惑を被る場合が多く、強く引き止められるケースも少なくありません。浅い退職理由ではあっさりとひっくり返されてしまうでしょう。

会社を辞める理由をしっかりと仕上げた後には、自分が上司になったつもりで、その退職理由の穴を探すテストをしてみると良いでしょう。もし穴が見つかったのであればそこを突かれても大丈夫なようにさらにブラッシュアップしてください。

繰り返しになりますが、この退職理由の完成度が甘いと全てが台無しになってしまうので、ここはしっかりと時間を使うようにしましょう。

【会社の力ではどうにもならない理由を考える】

前述しましたが、会社の力で改善できる退職理由であった場合、改善するから辞めないで欲しいと引き止められる可能性が高いです。

例えば職場に苦手な人がいるといった理由の場合、部署を変えるから残って欲しいと言われるでしょう。給与が低いという理由でもある程度であれば考慮してくれるかもしれません。

スポンサードリンク

こういったパターンを避けるためにも会社の力ではどうにもならない理由を考えるようにしましょう。

5.会社を辞めるときのいいわけ6選

会社を辞める理由を考える上での注意点についてご紹介しましたが、続いて実際にそのまま使える会社を辞める時の理由の例を取り上げていきます。

迷った際の参考にしてみてください。

【親の介護が必要になり実家に戻ることになったため】

一つ目の理由は、親の介護が必要になったため実家に戻らなくてはいけないというものです。

家族の事情であれば、会社も強く引き止めることはできません。また、親の介護が嘘だったとしても会社としては深く聞きにくい理由のため、そのまま納得してもらえることが多いです。

注意したいのは、会社内に自分の親のことを知っている方がいる場合です。会社内に知り合いがいる場合は、そこからバレてしまう危険性があるので注意してください。

【家業を継ぐことになったため】

もしあなたの実家が家業を営んでいる場合、その家業を継ぐことになったという理由も効果的です。こちらも両親が体調を崩していることを合わせて伝えることで、あまり深くは聞かれないで済むでしょう。

しかし、こちらも家業を営んでいる場所が会社の近くであったり、会社内に知り合いがいたりすると、すぐにバレてしまう危険性があるので注意が必要です。

家業を営んでいる場所が、会社とは全く関係のない地方である場合などにはオススメです。

【将来やりたいことができて学校に通うため】

会社を辞める理由もできるだけポジティブである方が、会社としても引き止めるよりも応援しようという気持ちが強くなるでしょう。

今の会社で働かせて頂いた中で、自分が将来やりたいと思うことが見つかったと伝えれば、なかなか強く引き止められることもないです。また、将来やりたいことの準備のために学校に通うと伝えるのも効果的です。

ただし、こちらも嘘の場合は将来何をやりたいと思ったのか?学校はどこに通うのか?といった質問も予想されるので、しっかりと準備しておいてください。

【転職してキャリアアップするため】

ポジティブな退職理由として、キャリアアップしたいからというのもよく使われます。今までの自分のキャリアを生かして次はこのような仕事がしてみたい、といったイメージで伝えてください。

ただし、こちらの退職理由を使う場合にも注意が必要です。それは、そのキャリアアップしてやりたい仕事が今の会社ではできないということ、さらに次の転職先が既に決まっているということです。

もしキャリアアップして挑戦したい仕事が今の会社でもできるのなら当然引き止められますし、転職先が未定なのであれば、転職先が決まるまで残るように言われるでしょう。

しっかりと次のステップに進む準備をした上で話すようにしてください。

【今以上のお金が必要になったため】

特に将来やりたいこともない方が会社を辞める際には、無難に経済的な理由を挙げることも多いです。

しかし、今の会社である程度の給与アップを検討してくれることもあり得るので、どうしても辞めたい場合は今の会社では対応しきれない金額の給与アップが必要になったことを伝えてください。

特に多いのが子供にかかるお金が大きくなるため、といった理由です。こちらも今以上の給与が約束されている会社へ転職が決まったことを合わせて伝えられると引き止められることはほぼありません。

【身体を壊してしまったため】

今の時代には一見元気なように見える人でも実は精神的な疾患を抱えている場合も多いと言われています。ハードワークによる疲れと仕事のストレスが大きく影響していることは言うまでもありません。

もし今の会社で慢性的に長時間労働が続いていたり、過度なストレスで精神的に鬱状態になっている社員さんがいる場合は、身体を壊してしまったという理由も十分退職理由として認められます。

過労死や過労自殺のような最悪のケースは会社も避けたいのが本音なので、身体を壊した社員を無理に引き止めて働かせるようなことは考えにくいです。

医師の診断書があればより説得力は増しますが、無い場合でも身体が限界であることを伝えると無理には引き止められないでしょう。

6.会社を辞める祭に知らないと損すること

会社を辞める際の理由についてご紹介したところで、続いては会社を辞める際に意外と見落としがちな注意点を取り上げていきます。

知らないと損してしまうケースもあるので、是非チェックしてみてください。

【有給はしっかり消化した上で辞める】

正社員として一定の期間以上勤めた場合には有給休暇が付与されます。この有給は退職するまでにしっかりと消化するようにしてください。

方法はまず自分の有給が何日分残っているのか確認します。その後は今の自分の仕事と引き継ぎにかかる時間、有給の日数を考慮して退職日を決めるのです。

最もシンプルな例は、有給がまるまる一ヶ月分残っているとすれば、前月の月末までに仕事と引き継ぎを終わらせ、次の月をまるまる有給消化月にし、その月の月末に退職日を設定する方法です。

有給休暇もあなたが今まで働いて手に入れたものなので、しっかり使い切った上で退職しないと損になります。

【退職金が発生する会社の場合はしっかり金額を確認】

退職金制度がある会社であれば、自己都合退職であっても退職金が発生するので、しっかりと人事部に確認した上で退職してください。

会社の退職金規定に従って自分で退職金の額を試算してください。そして人事部の方が提示する金額と相違がないかを確認した上で受け取りましょう。

会社側の勝手な判断で退職金を受け取らずに退職してしまうケースもあるので、必ず自分自身で規定を確認することをオススメします。

7.転職するなら転職エージェントを活用!

ここまでスムーズに会社を辞める方法から会社を辞める際のいいわけ例まで詳しくご紹介してきました。

最後に会社を辞める際にスムーズに転職するための方法を簡単にご紹介します。それはずばり転職エージェントを活用するということです。

もし今の会社に何か不満があって辞めたいと思っている方であれば、同じことを繰り返さないためにもしっかりと理想の仕事環境が整った会社を探す必要があります。

こういった細かい情報収集は自分一人の力では限界があり、転職のプロである転職エージェントを活用することが最も有効的だと言えます。

利用料金も無料ですし、無理やり転職を勧められることもないので気軽に相談してみてください。

参考⇒転職エージェントを使って転職活動をしないと損をする3つの理由

【まとめ】会社の正しい辞め方を知ることは今の社会人にとって必須

会社のスムーズな辞め方から退職のいいわけ例まで幅広くご紹介してきましたが、参考になりましたでしょうか?

会社の辞め方を誤るとドロドロとした揉め事に発展してしまうことも十分あり得ます。しっかりとした事前準備と適切なステップを踏むことが肝心です。

会社で何か嫌なことがあったとしても、決して感情的に会社を辞めようとしてはいけません。それは結果としてあなた自身が不利益を被ることにつながります。

これから会社を辞めようと考えている方は、今回ご紹介した内容を是非参考にして頂き、円満退社を目指してください。



2017年現在の今は転職の絶好のチャンスです。タイミングを逃すと転職が難しくなるのは間違いありません。

就職氷河期と比べ、好景気の今は完全な売り手市場。

企業も積極的に採用を進めており、条件面も格段にアップしています。

しかし、好景気には必ず終わりが訪れ仕事が無くなる時が必ず来ます。

実際に、『オリンピック前には状況がガラっと変わる。』と予測する専門家も少なくありません。

また、年齢とともに転職が難しくなるのは言うまでもないですよね。

将来的な転職を考えているのであれば、人生を失敗しない為にも、1日でも早く行動をする事をおすすめします。



<よく読まれている人気記事>


-転職を成功させる方法

Copyright© , 2018 AllRights Reserved.