転職チャレンジ!〜会社を辞めたい人の為の仕事の探しとやめ方まとめ

転職成功者のアドバイス

転職を考えたら副業に挑戦してみよう!実績を積めば転職への足がかりになる

更新日:

正社員?非正規社員?働き方が合うかどうかはその人のライフスタイルによる

会社を辞めたいランキングとして、先ずに思いつくのが給料の高さだと思われますが、それは思いのほか高くなく、大概は会社の上司や先輩たちとの人間関係が上手く行かなかったり、労働時間や環境の不満が上位にランク付けられます。

なので、本当にあなたにとってその会社が合うのか、事前に下調べする必要があるのです。

同じ仕事を40年間も続けるのはとても難しいもの。

特に、自分の意思ではなく周りに勧められて社会人になった場合は、時によっては自分を見つめ直す時期が必要になるかもしれません。

現在働いている仕事は、自分の意思で入社した訳ではないため、何か違和感が感じるのが本音でもあります。

出来れば、労働時間や雇用形態にもこだわりたいものですね。

正規社員のメリットは、一言でいえば安定ではありますが、その安定さも時代の変化により崩れています。

例えば、大手電機メーカーはその典型的な例ですね。

一生、その組織に捧げる働き方をしているため、リストラされた時には、行き場を失っているのが現状でもあります。

その反面、非正規社員はとても雇用が不安定ではありますが、大きな武器は「時間」ではないでしょうか。

ほぼ確実に、勤務時間内に仕事が終わるので、自由な時間が確保しやすく、正に副業が趣味や人生な人にとっては理想的な働き方のひとつも言えます。

それに加え、あまり組織に縛られたくない人にとっても、向いている働き方であることから、将来的には今の会社を辞めて収入の複線化を計画立てている所です。

よく、正社員を辞めて非正規社員に鞍替えしたら、自分の時間を取れるため幸せになったという話もよく聞こえてきます。

正社員の時と比べると、人間関係がドライであるため、ある意味働きやすい環境かもしれません。

正社員として働いているものの、毎日規則どおりに一日の大半を好きでもない仕事のために、人生の大半を過ごすのが本当に幸せな生き方なのでしょうか。

趣味が楽しく感じられなくなったら要注意?仕事のストレスで不調なのかも

最近は、現代病のひとつに鬱がありますが、精神的に追われた環境の中で毎日を過ごせば、身体が不調になってしまうのも不思議はありません。

そんな私も、最近通院で心療内科に通っていますが、ストレスの元凶は元々合っていない仕事内容が原因にあるかもしれません。

今まで堪能してい趣味が、ある時を境にして楽しく感じ取られなくなりましたので、内心おかしいなと感じたため、思い切って病院へ行きました。

スポンサードリンク

先生からは、自律神経失調症と診断されたので、長年体に無理を与えていた仕事生活がひとつの原因にあると思われます。

どうしても、辛くなった時は決して無理をしないで、心の安らぎの場や空間を持つことが必要なのかもしれません。

毎日働きづめの生活を送っていれば、やがて多少なりとも心身に影響を与えるのは必至です。

本業以外に投資とクラウドソーシングで副業開始!行動することが重要

その他にも、労働時間や人間関係が引き金となり、仕事中に倒れてしまいあの世へ逝かれた方が、間近にいるので人生について見直すきっかけのひとつでもありました。

自分を変えるには、小さなことでも良いから、自分で行動することに尽きますね。

それをすることによって、新しい世界を開拓し自分の道が開ける良い経験となります。

昨年から、本業以外にできる範囲から副業を始めましたが、取り組めば取り組むほど成果となりそれが報酬なりと形として返ってくるのは、本業では決して味わえない魅力です。

主に投資とクラウドソーシングを中心に取り組んでいますが、投資の調子が良い時は副業収入が月に5万円を超えるようになりました。

正直、そこまで稼げるとは思いませんでしたので、自分から積極的に行動する重要さを知ることができました。

しかも、自分の性格にも向いている内容であるため、副業の時間は、労働させられている感じはありません。

今後は、副業のテリトリーを増やし、転売やアフィリィエイトなどにも挑戦していきたいと、日々奮闘中です。

仮に、数ある副業のうちからひとつでも軌道に乗ってしまえば、会社に依存する必要性が低くなるのです。

副業である程度実績を作って自身がついた!転職に踏み切るチャンス?

こういう体制が確立された時こそ、転職の転機ではないでしょうか。

やはり、転職は計画を立てて段取りよく行っていくのがセオリーでもあり、感情だけに任せて行動すれば、後で後悔してしまいます。

世間では、「働き方改革」がひとつのトレンドテーマにもなっているため、周りの家族などを説得する材料にもなるでしょう。

先週に、久しぶりに近くにある実家へ帰省し、新卒から長年勤めていた会社を辞める旨を家族の人に宣言したら、完全否定はされなかったので、今までの鬱憤が解消され何かスッキリした気分にもなりました。

実際に仕事の悩みや問題は、中々親には切り出せない人も多いのではないでしょか。

何せ、親の世代はモーレツ社員であるため、一心不乱に仕事だけに全ての人生を捧げていたから、価値観の相違があるのです。

こういう時こそ、副業などでも良いから既成事実を作ってから、転職の決断をするのが賢明かもしれません。



2017年現在の今は転職の絶好のチャンスです。タイミングを逃すと転職が難しくなるのは間違いありません。

就職氷河期と比べ、好景気の今は完全な売り手市場。

企業も積極的に採用を進めており、条件面も格段にアップしています。

しかし、好景気には必ず終わりが訪れ仕事が無くなる時が必ず来ます。

実際に、『オリンピック前には状況がガラっと変わる。』と予測する専門家も少なくありません。

また、年齢とともに転職が難しくなるのは言うまでもないですよね。

将来的な転職を考えているのであれば、人生を失敗しない為にも、1日でも早く行動をする事をおすすめします。



<よく読まれている人気記事>


-転職成功者のアドバイス

Copyright© , 2018 AllRights Reserved.