転職チャレンジ!〜会社を辞めたい人の為の仕事の探しとやめ方まとめ

会社での悩み

職場いじめの原因って?もし被害にあってしまった時の5つの対策

更新日:

職場いじめって?原因と対策について

学生時代にひょっとしたらあなたも身近に見聞きしたことがあるかもしれない陰湿な「いじめ」。

まさかそれが職場でも存在したなんて、そしてまさか自分がその被害者になってしまうなんて……。

『大人になってまでイジメなんて。。。自分には関係の無い話だ。』

こう思っていても、【職場いじめ】は、ふとした瞬間に、自分が被害者にも加害者にもなってしまう可能性があります。

実際に、職場いじめが原因でココロと体のバランスが崩れ、精神的に病んでしまう人も急増しています。

今回は、「職場でいじめられる原因とその対策」について考えていきましょう!

職場いじめの原因その1「目立ち過ぎる」場合

ここで言う「目立つ」の意味は、大きく分けて3つあります。容姿が良過ぎて目立つ場合、発言が多過ぎて目立つ場合、最後に仕事ができ過ぎて目立つ場合です。

何事も過ぎると目立ち、目立つとたたかれるという共通のパターンがあるのが、「村社会」である日本の欠点です。

職場いじめの対策について ~容姿が良過ぎる場合~

あなたの容姿が良過ぎると、善良な人はそれを羨ましがりますが、心の卑しい人からは妬まれます。いじめられるのが嫌だからといって、持って生まれたその美しい容姿をわざわざ醜く整形したいですか?

そんなことはないでしょう。

もしそんなことをしたら、今度は「美しい容姿を醜く整形した愚かな人間」だということで、またいじめられます。

この場合の対策は、ありません。あるとしたら、服装はその良過ぎる容姿を強調するようなものではなく、できるだけ野暮ったいものを選ぶなどといったことにとどまります。

しかし、ここに1つ重要なポイントがあります。

それは、「胸の大きい女性の場合は、できるだけそれを隠すような服装を心がける」ということです。胸の大きいのは、嫌でも人の目に入ります。

本人にはそんなつもりはなくても、「嫌らしい」とか「見せびらかしている」「色気過剰」などと陰口をたたかれることさえあります。

こんなことを避けたければ、自慢の胸はできるだけその大きさに気づかれないように、下着の選び方なども工夫しましょう。

職場いじめの対策について ~発言が多過ぎる場合~

これは簡単なことです。よけいなことはできるだけしゃべらないように、努力すればよいのです。もちろん仕事に必要なことは話さなければなりませんが、みんながあなたを嫌っていじめるのは、「いつも何かひとことよけいなことを言う」という点にもあります。

こういう人は意外に多いものですし、また本人はそれに気づいていないものです。

明日からは、「何か口を挟みたくなったら深呼吸しておなかにためる」という癖をつけてみましょう。今までいかに自分がムダ口を多くたたいていたかを知り、いかにまわりにうっとうしがられていたかがわかるでしょう。

職場いじめの対策について ~仕事ができ過ぎる場合~

この場合は、しばらく耐えることです。あなたが人一倍仕事ができることには、もちろんあなたの上司は気づいています。

そして、それが原因でいじめられていることも知っています。上司は観察しているのです。あなたが、この修羅場をどう切り抜けるのかを。

海外で仕事をすることを想像してみてください。人種も言葉も文化も違った人間同士が協力して仕事をしたり、あるいは駆け引きを含んだ取引をしたりといったことには、大変なコミュニケーション能力を必要とします。

あなたの上司は、あなたがこんないじめ程度につぶされてしまうようなひ弱な人間かどうかをじっと見ています。

あなたの切り抜け方を見定めているのです。「いじめられている状況からの脱出能力」も仕事の一部だととらえ、誰よりも仕事のできるあなただからこそチャレンジしてみてください。

「その他大勢たち」に合わせて「仕事のできないフリ」をする必要は全くありません。

職場いじめの原因その2「おとなし過ぎる」場合

さあ、今度は反対のケースです。あなたがおとなし過ぎるからいじめられる。少々露骨にいじめても、あなたは何も言わない。表情も変えない。

スポンサードリンク

本来こういう相手はいじめがいがなくておもしろくないはずなのですが、文句も言わないのでいじめがバレにくいというメリットも、いじめる側からするとあります。

「目立ち過ぎる」人をいじめた場合は、いじめた相手が反撃に出る可能性も大です。

「目立ち過ぎる」人の場合は何をされてもいちいちリアクションが大きいのでいじめる方も楽しいのですが、反撃された場合のダメージを考えると、おとなしいあなたをいじめておく方が安全か、となるのです。

大人しすぎる場合の対策について

こういう場合に効くのは、「おとなしい人の思いがけない反撃」です。いじめている相手はあなたのことを「おとなしいからサンドバッグにしてしまえ」と思っていじめているわけです。

そこを反撃に出てこられたらとまどいます。あり得ないことが起きたと思って、どうしていいかわからなくなります。

もともとおとなしいあなたにとっては大変勇気が必要なことかもしれませんが、これは一度で効きます。「論理的な反論を大声で長々と述べ立てる」などということは、あなたにはハードルが高いかもしれません。

それなら、ただ「唐突に大きな声で歌を歌う」などといったことでも構いません。

これにしても勇気は必要ですが、これでいじめから逃れられるとしたらやってみる価値は大いにあります。

いじめている相手に「おっ、これはただのおとなしい人かと思っていたら、とんでもなくアブナイ人だった。こういう人を怒らせたら怖いからやめておこう」と思わせられれば上等です。

どういう歌をどういうふうに歌ってやろうかと考えてみてください。ちょっと楽しくなってきませんか?

なぜ、あなたは職場でいじめられているのか

ここまでで、正反対の特徴がいじめられる原因になるということと、その対策についてお話ししてきましたが、実はいじめられる原因というのは「あってないようなもの」なのです。

その場にいる卑しい人間数人、あるいは十数人の「気分」で、いじめる「対象」がまず決まることの方が多いのです。理由は、後からのつけ足しであることの方が多いのです。

彼らは「いじめたいからいじめる」「暇つぶしにいじめる」「気分転換にいじめる」「自分のストレス解消のために八つ当たり的にいじめ」ているだけです。人の心の痛みがわからない猿以下の人間です。

そんな人間のすることに「理由」などという論理的なものなどありません。いじめられているあなたは、ただただ運が悪かっただけです。あなたのせいではありません。

人間が猿によって真剣に悩まされるなんて、ばかげています。

どういう理由で職場いじめにあっていても効果のある対策について

しかし、今、あなたがいじめられていることは事実です。この状況は、何とかして打開しなければいけません。

ここで一番効果のある方法をお伝えいたします。イソップ寓話の「北風と太陽」を知っていますか?

旅人のマントを脱がせるには、北風でもって吹きつけるよりも太陽の強い日差しの方が効果的だという、あのお話です。

猿以下の人間であっても、あなたの美しい心で照らしてやることによって少しは進化できるかもしれません。

また、「賢者は愚者に学ぶ」ともいいます。猿以下の人間であっても一つや二つはあなたの知らないことを知っていたり、あなたが苦手なことが上手にできるということもあるでしょう。

そんな面を見つけてほめてやりましょう。賢者は愚者からも最大限に学び、「私はあなたを尊敬しています」という態度を取ってやりましょう。

そして、いつもにっこり微笑んで元気にあいさつしてみましょう。

それでも以前とまったく態度を変えずにいじめ続けてくるようなら、相手の心の病み具合も相当なものです。ただし1カ月や2カ月であきらめてはいけません。

最低でも半年、1年と続けてみてください。確実に何かが変わっていくことをお約束します。

職場いじめまとめ

四季が移ろい1年がたつと、多くの人は「そういえば去年の今ごろはこんなことを考えて、こんなことをやっていたな」と振り替えるものです。

いじめていた人たちも気がつくはずです。

1年前の自分がどんなに愚かなことをしていたかに。そして、あなた自身が1年前よりずっと魅力的に変化したことにも気づくでしょう。

憎んでも、恨んでも、呪っても何も変わりません。人は他人を変えることはできませんが、自分で自分を変えることはできます。

自分が変わることによって、他人も変わるのです。

あなたがよりよく変われば、あなたのまわりのすべてが必ず変わります。自分自身の底力を信じてぜひトライしてみてください。



2017年現在の今は転職の絶好のチャンスです。タイミングを逃すと転職が難しくなるのは間違いありません。

就職氷河期と比べ、好景気の今は完全な売り手市場。

企業も積極的に採用を進めており、条件面も格段にアップしています。

しかし、好景気には必ず終わりが訪れ仕事が無くなる時が必ず来ます。

実際に、『オリンピック前には状況がガラっと変わる。』と予測する専門家も少なくありません。

また、年齢とともに転職が難しくなるのは言うまでもないですよね。

将来的な転職を考えているのであれば、人生を失敗しない為にも、1日でも早く行動をする事をおすすめします。



<よく読まれている人気記事>


-会社での悩み

Copyright© , 2018 AllRights Reserved.