転職チャレンジ!〜会社を辞めたい人の為の仕事の探しとやめ方まとめ

会社での悩み

会社行きたくないのは病気?辞めたい人に贈る13のこと

更新日:

スポンサードリンク

1.会社に行きたくない人が実践すべきアクションをまとめて解説!

会社員であれば、一度は、『今日は会社行きたくないなぁ』と思った経験はあるでしょう。

今回は、そんな会社に行きたくない人に実践してほしいことをまとめてご紹介していきます。

先にポイントについてまとめると以下のようになります。

・会社に行きたくない原因を考える
・自分の中で会社を辞める条件を決めておく
・会社に行くメリットを考えてみる
・周りに積極的に挨拶する
・会社の中に信頼できる味方を作る
・周りと自分を比較することをやめる
・仕事のスキルを磨く
・自分がやる必要のない仕事は誰かに任せる
・仕事の合間にできるストレス解消法を見つける
・しばらく休息を取ってみる
・めまいや吐き気がするなら病院で診てもらう
・いつでも転職できる準備をしておく
・転職活動を始める

『会社に行きたくないと思うことはいけないことなの?』『会社に行きたくないという気持ちを改善したいけどどうすればいい?』

このような疑問をお持ちの方は、是非最後までご覧ください。

 

2.会社に行きたくないと思うのは甘え?

『会社に行きたくないだなんて単なる甘えだ!』と一喝する人もいますが、実際はどうなのでしょうか?

こちらで詳しく見ていきましょう。

 

【1.単なるサボりの場合は甘え】

結論から言うと、甘えのケースもあります。

それは、単にサボりたいという気持ちだけで会社に行きたくないと思う場合です。

『なんとなく気分がノラないから』『面倒くさいから』といった理由で会社に行きたくないと思うのは、自分に甘えているだけでしょう。

 

【2.本気で行きたくないと思うのであれば無理しない】

一方で様々な理由があって会社に行きたくないと思う人もいます。

具体的な原因については次の章で詳しく解説しますが、大きく分けて仕事上のトラブルと人間関係のトラブルを抱えている場合が考えられます。

『自分なりに頑張ってるけど状況が良くならず、会社に行くのが憂鬱になる』といったケースは、甘えとは言わないでしょう。

このような場合は身体や心を壊してしまう危険もあるため、本気で行きたくないと思うのであれば無理しないことをおすすめします。

 

3.会社に行きたくない人がよく挙げる原因

それでは続いて、なぜ会社に行きたくないと思うのか、よく挙げられる理由を厳選してご紹介します。

 

【1.仕事のプレッシャーがきつい】

まず初めに挙げられるのは、仕事のプレッシャーがきついという理由です。

例えば、営業職として毎日厳しいノルマを達成するために、必死に走り回っているという方もいるでしょう。

会社の期待に応えるために、毎日遅くまで残業している人もいます。

このように、毎日仕事のプレッシャーと戦い続けることで、身体も心も疲れてしまい、会社に行きたくないという気持ちが生まれてくるのです。

 

【2.社内ニートになっている】

逆に、会社から全く必要とされないことで精神的なストレスを抱えてしまうというケースもあります。

社内ニートになっている人がまさにそのパターンです。

同僚や後輩が忙しく働いている横で自分は机に座っているだけというのは、想像以上に苦しいものです。

このような状況に陥っている場合も、会社に行きたくないという気持ちが芽ばえてくるでしょう。

 

【3.人間関係が悪い】

最後にご紹介するのは、職場の人間関係が悪いというパターンです。

人間関係のトラブルはどんな職場にもつきものでしょう。

人の性格や行動を変えることは非常に難しいため、人間関係のトラブルはなかなか改善しにくい傾向があります。

結果的にストレスが溜まってしまい、会社にも行きたくなくなってしまうのです。

 

4.会社行きたくない人がとるべき13の行動

それでは続いて、会社に行きたくないという人に実践して欲しい行動についてご紹介していきます。

 

【1.会社に行きたくない原因を考える】

『会社に行きたくない』と思ったら、まずその原因について考える必要があります。

会社に行きたくない原因が分からないと、改善のしようがないからです。

また、原因は一つだけとは限らず、複数ある場合もあります。

一つずつ原因を潰しこんでいき、改善につながる行動を起こしましょう。

 

【2.自分の中で会社を辞める条件を決めておく】

会社に行きたくないという人の中には、『いつまでこの嫌な状況が続くんだろう?』と頭を悩ませている人が多いです。

そのため、『このような状況になったら会社を辞める』という自分なりの条件を先に決めておくと良いでしょう。

この条件は自分の我慢できる限界のラインになります。

このように線引きしておくことで、少しは気持ち的に楽になるでしょう。

 

【3.会社に行くメリットを考えてみる】

『会社に行きたくない』と思いながらも行ってしまうのは、それなりにメリットがあるからでしょう。

そこで改めて、会社に行くメリットを考えてみるというのも効果的です。

『お金が手に入る』『達成感がある』『気の知れた仲間に会える』など、紙に箇条書きで書き出していくと見返すのが楽なのでおすすめです。

できるだけ多く書き出すことで、『こんなにメリットがあるなら、頑張って会社行こうかな』と前向きになる可能性も高いでしょう。

 

【4.周りに積極的に挨拶する】

もし人間関係の悪さが原因で会社に行きたくないと思う場合は、自分から積極的に周りに挨拶するというのもおすすめです。

笑顔で挨拶されて嫌な気持ちになる人は少ないでしょう。

あなたの挨拶がきっかけで、何気ない会話が弾む可能性もあります。

このようなちょっとした積み重ねで人間関係が改善されることもあるので、是非試してみてください。

 

【5.会社の中に信頼できる味方を作る】

会社に行きたくないという人の中には、会社の中に自分の味方が一人もいないというケースも多いです。

このような状況に陥ることで、会社が非常に居心地の悪い場所になってしまうのです。

もし、あなたがこのような状況に陥っているのであれば、一人でも良いので会社に味方を作る努力をしましょう。

同僚でも上司でも部下でも良いので、味方ができれば気持ち的に楽になるはずです。

 

【6.周りと自分を比較することをやめる】

ついつい周りと自分を比較して劣等感を感じることで、会社に行きたくなくなる人もいるでしょう。

このような場合は、周りと自分を比較することをやめてください。

ポイントは、自分の出している成果に注目することです。

ノルマを達成したり、任された仕事をやりきった時には、しっかり自分を褒めてあげてください。

自己肯定感を高めていくことで、自然と会社で働くことが楽しくなってくるでしょう。

 

【7.仕事のスキルを磨く】

仕事でなかなか成果が出せないことが原因で、会社に行きたくないという人もいます。

このような場合は、まず仕事のスキルを磨くことが大切だと言えるでしょう。

直属の上司に、『どうすれば仕事で成果を出せるのでしょうか?』と相談してみるのも良いですし、職場で活躍している人に話を聞いてみるのも良いです。

日々仕事のスキルを磨き続けることで、成果が出せるようになり、会社に行くことが楽しくなってくるでしょう。

 

【8.自分がやる必要のない仕事は誰かに任せる】

スポンサードリンク

『仕事を抱え込みすぎて休む暇がない』『残業や休日出勤が常態化している』といった原因で会社に行きたくないという人は、まず自分がやるべき仕事とそうでない仕事を整理することが大切です。

そして、自分がやる必要のない仕事はさっさと誰かに任せてしまいましょう。

自分のやるべき仕事のみに集中することで、精神的にも余裕が出てきます。

この余裕が仕事の充実につながっていくのです。

 

【9.仕事の合間にできるストレス解消法を見つける】

仕事とストレスは切っても切り離せない関係と言えます。

会社に行きたくないという人の中には、ストレスを溜め込みすぎている人も少なくありません。

このような場合、ちょっとした仕事の合間にできる自分なりのストレス解消法を見つけると良いです。

例えば、好きな音楽を一曲聴いてみたり、こだわりのコーヒーを一杯飲んだり、といったものが挙げられるでしょう。

このようにして、ストレスを溜め込みすぎないようにすることで、会社に行くことも憂鬱になりにくくなるのです。

 

【10.しばらく休息を取ってみる】

疲労が溜まりすぎると、徐々に思考がネガティブになっていくため、会社に行きたくないという気持ちも芽ばえやすくなります。

このような場合は、思い切ってしばらく休息を取ってみるというのも一つの手でしょう。

休息を取っている時は仕事のことはいったん忘れて、身体と心を休めることだけに集中してください。

心と身体がリフレッシュすると、『また頑張って働こう!』とポジティブな気持ちになれる可能性もあります。

 

【11.めまいや吐き気がするなら病院で診てもらう】

会社に行きたくないという憂鬱な気持ちがひどくなると、めまいや吐き気を引き起こすこともあります。

このような状況の場合、迷わず病院で診察を受けてください。

めまいや吐き気を引き起こしながらも無理に働き続けると、うつ病などの精神的な疾患につながる危険もあります。

必ず医師の指示に従ってください。

 

【12.いつでも転職できる準備をしておく】

『会社には行きたくないけど、今辞めたら生活できなくなる』といった逃げ場のない状態では、精神的にも非常に苦しくなります。

そのため、会社に行きたくないという人は、いつでも転職できるように早めに準備しておくと良いです。

『我慢できなくなったら、すぐにでも転職すればいい』という気持ち的な余裕ができることで、良い意味で気楽に働くことができるでしょう。

 

【13.転職活動を始める】

もうすでに我慢できないという人は、転職活動をスタートさせましょう。

転職活動を始めたからといって、すぐに次の転職先が決まるわけではないので、転職すると決めたら早めに行動すべきです。

次の転職先候補を探す上では、同じ過ちを繰り返さないように、なぜ今の会社に行きたくないのかという理由を明確にした上で探すようにしてください。

具体的な転職方法については、次の章で詳しく解説していきます。

 

5.会社に行きたくない人が転職するなら転職エージェントを使う

会社に行きたくないという人の中には、自分に合った会社を求めて転職するという人もいるでしょう。

そんな人におすすめしたいのが、転職エージェントの活用です。

転職エージェントに登録することで、あなたに最適な会社をキャリアアドバイザーが紹介してくれます。

応募書類の添削や模擬面接などの選考対策もしてくれるため、独自で転職活動するよりも選考通過率が高くなるでしょう。

できるだけ早く今の会社から脱出したいという人は、是非転職エージェントを活用してください。

 

6.会社に行きたくない朝に実践してほしいこと

会社に行きたくないという人へおすすめの転職方法をご紹介しましたが、中には、『会社には行きたくないけど、今すぐ転職はできない』という人もいるでしょう。

こちらではそんな人向けに、会社に行きたくないと感じた朝に実践して欲しい対策をご紹介していきます。

 

【1.とにかく家を出る】

会社に行きたくない朝は、家の中でギリギリまでダラダラしてしまいがちです。

しかし、これでは時間が近づくにつれてどんどん気分がネガティブになってしまうでしょう。

おすすめの対策としては、とにかく家を出るということです。

外に出れば同じように通勤しているサラリーマンに会うこともあるでしょう。

頑張って働いている他の人の姿を見ることで、『自分ももう少し頑張ってみようかな』と思えるようになります。

 

【2.会社の近くで出社するか決める】

家を出たからといって、必ず出社する必要はありません。

必ず出社しなければいけないと決めてしまうと、家を出ることそのものが憂鬱になってしまうのでやめましょう。

おすすめなのは、会社の近くまで来たタイミングで、今日出社するかどうか決めることです。

通勤する間に他のサラリーマンを見ながら、『今日は頑張ろう!』という気持ちが芽生えれば出社すれば良いですし、『やっぱり行きたくない』というのではあれば休みにしてしまいましょう。

 

【3.通勤時間に楽しみを作る】

会社がなかなか好きになれなくても、通勤時間を充実させることは比較的簡単にできます。

例えば、通勤時間に好きな漫画や小説を読んだり、ハマってる携帯ゲームの時間に当てたりすることで、通勤することが楽しくなるでしょう。

このように、一日の楽しみの時間を通勤時間に合わせることで、会社に行きたいという気持ちも少しは改善するはずです。

 

【4.お洒落を楽しむ】

ファッションが好きな人には、お洒落を楽しむというのもおすすめです。

業界や会社の雰囲気にもよりますが、常識の範囲内で精一杯お洒落を楽しんでいるビジネスパーソンも少なくありません。

会社に出社する前夜に、明日のコーディネートを考えることで、早くその服を着て出社したいという気持ちが湧き上がってくるでしょう。

 

【5.午前中だけ頑張ろうという意識を持つ】

会社に行きたくないと思いながら、丸一日頑張って働くことは非常に難しいと考えられます。

そのため、『まずは午前中だけ頑張って働こう』という意識で会社に行くことをおすすめします。

午前中は頑張って仕事をし、お昼休憩を挟んで、あとはのんびり働けば良いのです。

これくらい気楽な気持ちでいることで、会社に行きたくないという気持ちも改善されていくでしょう。

 

【6.仕事終わりにご褒美を用意する】

仕事終わりにちょっとしたご褒美を用意しておくというのも効果的です。

例えば、好きなケーキを一つ食べたり、マッサージを受けたりなど、仕事終わりにぴったりなご褒美を用意しておくと良いでしょう。

日によってご褒美の種類を変えたり、大きな仕事が終わった後には特別なご褒美を用意するのもおすすめです。

『今日の仕事が終わればあのご褒美が待っている』という楽しみな気持ちが、会社に行きたくないというネガティブな気持ちを払拭してくれるでしょう。

 

7.会社に行きたくない時に使いたい休む理由

会社に行きたくない人におすすめしたい対策についてご紹介してきましたが、それでも今日は休みたいという日もあるでしょう。

そんな時に使いたい、会社を休む理由について最後にご紹介していきます。

 

【1.めまいや吐き気といった仮病】

会社を休む際に最もよく使う理由が、めまいや吐き気といった仮病でしょう。

仮病を使う際に、たまに風邪を理由にする人がいますが、次の日に何気ない感じで出社すると、『あれ?もう治ったの?』と不審がられる可能性があります。

そのため、仮病を使う場合は、『朝からひどい頭痛で』『昨晩から吐き気が止まらなくて』といった理由にする方が良いです。

 

【2.家族の病院に付き添う】

一緒に住んでいる家族がいる場合は、家族の病院に付き添うという理由も使えます。

具体的には、『急に家族が入院することになり、付き添いが必要なため休ませてください』と伝えればOKでしょう。

特にどんな病気かまでは確認されないと思いますが、もし確認された場合は急性胃炎と答えれば無難です。

 

【3.住居トラブル】

最後におすすめしたい理由は、水漏れなどの住居トラブルです。

具体的には、『台所で水漏れが起きてしまい、管理会社に対応してもらわなければいけない』と伝えれば良いです。

ただし、住居トラブルの場合、丸一日休む理由としては不十分なので、午前中だけ休みたい時などに使うと良いでしょう。

 

【まとめ】会社に行きたくないなら早めに転職すべき!

会社に行きたくないという理由は人それぞれですが、ほとんどの場合、仕事内容や職場環境が自分に合っていないことが原因でしょう。

そのため、まずは今回ご紹介した対策を実践し、それでも改善しない場合は早めに転職することをおすすめします。

最後に、会社に行きたくないと感じている人に実践してほしいことを再度おさらいしておきましょう。

・会社に行きたくない原因を考える
・自分の中で会社を辞める条件を決めておく
・会社に行くメリットを考えてみる
・周りに積極的に挨拶する
・会社の中に信頼できる味方を作る
・周りと自分を比較することをやめる
・仕事のスキルを磨く
・自分がやる必要のない仕事は誰かに任せる
・仕事の合間にできるストレス解消法を見つける
・しばらく休息を取ってみる
・めまいや吐き気がするなら病院で診てもらう
・いつでも転職できる準備をしておく
・転職活動を始める

会社に行きたくないという気持ちを少しでも解消する上で、今回の記事がお役に立てれば幸いです。



2017年現在の今は転職の絶好のチャンスです。タイミングを逃すと転職が難しくなるのは間違いありません。

就職氷河期と比べ、好景気の今は完全な売り手市場。

企業も積極的に採用を進めており、条件面も格段にアップしています。

しかし、好景気には必ず終わりが訪れ仕事が無くなる時が必ず来ます。

実際に、『オリンピック前には状況がガラっと変わる。』と予測する専門家も少なくありません。

また、年齢とともに転職が難しくなるのは言うまでもないですよね。

将来的な転職を考えているのであれば、人生を失敗しない為にも、1日でも早く行動をする事をおすすめします。



<よく読まれている人気記事>


スポンサードリンク

-会社での悩み

Copyright© , 2018 AllRights Reserved.