転職チャレンジ!〜会社を辞めたい人の為の仕事の探しとやめ方まとめ

会社での悩み

仕事楽しくないのは当たり前?専門家が伝授する転職活動すべき7つの理由

更新日:

1.仕事が楽しくない人は早めに転職すべき?

『仕事が楽しくないからって転職してもいいの?』といった疑問を抱えている方もいるでしょう。

結論からお伝えすると、そういう方は早めに転職すべきです。

理由としては以下の7点が挙げられます。

・仕事が楽しくなくて転職する人は意外と多いから
・最終的には我慢できなくなるから
・ストレスで体調を崩してしまうから
・仕事へのやる気が起きず成果に結びつかないから
・給料が上がりにくいから
・楽しいと思える仕事は必ず見つかるから
・人生がつまらなくなるから

今回は、仕事が楽しくない人ほど早めに転職すべき理由について詳しくご紹介していきます。

『毎日会社に行くけど、仕事が全然楽しくない』『仕事がつまらなくてノイローゼになりそう』といった悩みを抱えている方は是非最後までご覧ください。

2.仕事が楽しくない理由って?

そもそも仕事が楽しくない理由とは何なのでしょうか?

まず初めに取り上げていきます。

【仕事内容に興味が持てない】

一つ目に挙げられるのは、単純に仕事内容に興味が持てないからという理由です。

一般的には会社に入社する前に、どんな仕事に携わるのか確認しますが、想像していた仕事とは違ったというケースも多いです。

また、高額な給料に惹かれて、特に仕事内容を確認せずに入社を決めてしまったという方もいるでしょう。

今の仕事を好きになれないのは、単純に仕事内容に興味がないからという可能性も高いです。

【仕事がただのお金を稼ぐ手段になっている】

続いては、仕事が単なるお金を稼ぐ手段になっているからという理由です。

こちらは生きていくための一つの手段として働いている人々を指します。

こういった人々にとって、仕事はお金を稼ぐための方法であり、それ以上でも以下でもありません。

そこに仕事は楽しいものという考え方は存在しないのです。

【仕事で成果が出せない】

仕事でなかなか成果が出せないという方も、仕事を楽しくないと感じる傾向があります。

人には誰しも周りから認めてもらいたいという欲求があり、仕事はその承認欲求を満たす機会にもなります。

仕事で成果を出すことができれば、周りから評価され、認めてもらえるでしょう。

それが楽しくてさらに仕事を頑張り、より大きな成果を出すという良い流れを作り出すことができます。

しかし、仕事で成果が出せない場合は、真逆になります。

周りから評価してもらえず、仕事はどんどんつまらないものになっていくのです。

【仕事を通して成長を実感できない】

成長意欲の高い方にとって成長を実感できない仕事することは苦痛でしかないでしょう。

仕事を通して成長することで、できることが多くなり、そのスキルを活かしてまた新しい仕事に挑戦する。

このように自分の可能性がどんどん広がっていくことが、仕事を楽しくさせるのです。

しかし、仕事で成長を実感できない場合、いつまでたっても同じような仕事をすることになります。

特に変化がなくマンネリ化してしまい、仕事を楽しむこともできなくなるのです。

【職場の人間関係が悪い】

仕事が楽しくないと感じる方の中には、仕事そのものが直接的な理由でない場合もあります。

特に多いのが、職場の人間関係が悪いというケースです。

一般的に会社にはほぼ毎日行かなければならないため、職場の人間関係が悪いとそれだけで大きなストレスを抱えることになります。

また人間関係によるトラブルを自分の努力で改善することは難しく、多くの場合は黙って我慢するしかありません。

そういった状況が続くと、次第に仕事そのものが楽しく感じられなくなるのです。

【待遇が悪い】

最後にご紹介するのは待遇が悪いからという理由です。

頑張っても頑張っても待遇が良くならない場合、徐々に仕事に対するストレスが溜まり始めます。

初めは仕事に対する不満がなかったとしても、待遇が悪いことで生活を切り詰め、我慢しなければならないことが多くなるにつれて、怒りの矛先が仕事に向いていくのです。

『こんなに頑張ってるのにどうしてこれだけの給料しか貰えないんだ』という不満がいつ爆発してもおかしくない状況で、仕事を楽しいと思えるわけがありません。

3.仕事が楽しくない時に実践すべき対策

仕事が楽しくないと感じる原因が分かったところで、そんな方に是非実践してほしい対策についてご紹介していきます。

【なぜ仕事が楽しくないのか原因を考える】

まず初めにやるべきことは、なぜ仕事が楽しくないのかという原因を考えることです。

当然ながら仕事が楽しくない原因は人それぞれです。

その原因がハッキリしない限り、適切な対策を打つことはできないでしょう。

まず仕事が楽しくない原因が、仕事そのものにあるのか、それとも周りの環境にあるのかを明確にします。

その後により細かく原因を深掘りしていくと良いでしょう。

【上司に相談する】

思い切って仕事が楽しくないことを直属の上司に相談してみるのもアリです。

あなたの仕事のパフォーマンスが上がるようにサポートするのも上司の仕事です。

あなたが仕事を楽しむことでより成果が出せるようになれば、上司の評価も高まることになります。

そう考えると、上司に相談すれば親身に改善策を考えてくれる可能性も高いでしょう。

万が一、直属の上司が相談に乗ってくれるような方でない場合、他のチームの上司や気軽に話せる先輩などに相談するのも良いでしょう。

【仕事をイベントだと考える】

続いてご紹介するのは、仕事を一つのイベントだと考えることです。

学生時代に学園祭の準備で夜遅くまで友達と作業をした経験は誰しもあるでしょう。

やっていることは単純作業でつまらないものですが、学園祭というイベントを成功させるために、皆が楽しんで割り振られた仕事に取り組みます。

仕事もそのようなイベントだと考えてみるのです。

どんな仕事にも目標があります。

その目標を達成するためにチーム一丸となり目の前の仕事に取り組んでいると考えれば、嫌な仕事も楽しくなってくるでしょう。

【仕事をやりきった後にご褒美を用意する】

仕事をやりきった後にご褒美を用意するというのも、仕事を楽しむ効果的な方法です。

『今日仕事が終わったら大好きなケーキを食べよう』『今週の休みは趣味に没頭しよう』などちょっとした楽しみを事前に用意しておくことで、仕事も頑張れるようになるでしょう。

直接的に仕事を楽しむ方法にはなりませんが、少なくとも仕事に対して前向きに取り組めるようにはなります。

その結果、仕事の魅力にも気付き、いつの間にか仕事そのものを楽しめるようになるでしょう。

【仕事を楽しんでいる人の話を聞く】

実際に仕事を思いっきり楽しんでいる人の話を聞くと、自分の気持ちも前向きになってくるものです。

同じ会社で楽しんでいる方がいればその人に、もしいなければ他の会社で働いている方でも構いません。

仕事を楽しんでいる人はエネルギーに満ち溢れている場合が多いです。

接するだけで元気になり、自分も仕事に前向きに取り組めるようになるでしょう。

また、元気を貰うだけでなく、仕事を楽しむ秘訣も得られれば一石二鳥です。

【ゲーム感覚で目標に挑戦する】

どんな仕事でも『誰かにやらされている』という気持ちで取り組めばつまらなくなるものです。

仮に仕事上のノルマを設定されていたとしても、自分なりの目標も一緒に設定し、ゲーム感覚で挑戦してみると、仕事も楽しくなるでしょう。

今の仕事に『自分という人間をプレイして目標をクリアする』というゲーム要素を組み込んでみるのです。

特にゲーム好きの方は試してみてください。

【仕事道具を新調してみる】

新しいノートを買うとなんだか勉強したくなる、新しいトレーニングウェアを買うと嫌なジム通いも楽しみになる。

こういった経験はありませんか?

例えば仕事で使う文房具であったり、PCのマウスなど、ちょっとしたものでよいので思い切って新調してみることもおすすめです。

自分のこだわりの仕事道具を揃えれば、仕事へのやる気も俄然高まってくるでしょう。

些細なことかもしれませんが、仕事を楽しむための一つのきっかけになってくれます。

【休息の時間もしっかり確保する】

スポンサードリンク

最後にご紹介するのは、休息の時間もしっかり確保するということです。

仕事が楽しくないと感じる時は、単純に身体が疲れているからということも考えられます。

身体が疲れていると、考えもネガティブになりがちだからです。

一日の中でこまめに休息を挟む方もいれば、一つの大きな仕事が片付いたタイミングでまとまった連休を取るといった休み方をする人もいます。

休息の取り方は最も自分の気持ちがリフレッシュできる方法を選択してください。

休息をしっかり取れるメリハリのある働き方ができれば、気分も前向きになり、仕事もグッと楽しくなるでしょう。

4.仕事が楽しくない人が転職を考えるべき7つの理由

仕事が楽しくない人が実践すべき対策をご紹介しましたが、それでも仕事が楽しくならないという場合、早めに転職を考えるべきです。

こちらでは仕事が楽しくない人が転職すべき理由についてまとめて取り上げます。

【1.仕事が楽しくなくて転職する人は意外と多いから】

まず初めにご紹介したいのは、仕事が楽しくなくて転職を考える人は意外と多いということです。

厚生労働省の平成25年若年者雇用実態調査によると、初めて勤務した会社の退職理由で『仕事が自分に合わない』と回答した人は18.8%と、第3位にランクしています。

こういったデータを見ると『仕事が楽しくないのに我慢して今の会社に残らなければいけない』という先入観はもはや無いことに気付きます。

昔に比べて転職活動も一般的になり、最初に入社した会社に勤め続ける人も少なくなっています。

仕事が楽しくないという心の声は、今が転職のタイミングだと自分に知らせているシグナルだと考えられるでしょう。

【2.最終的には我慢できなくなるから】

会社員として働いている場合、ほとんどの方は一日8時間、週5日働かなければなりません。

定年まで働くとすれば、数十年間こういった生活を続けることになるのです。

楽しくない仕事にこれだけの時間を費やすとなれば、最終的に我慢できなくなるのは目に見えています。

いずれ転職することになるのであれば、早めに楽しいと思える仕事に移ってしまう方が良いに決まっています。

楽しくない仕事から早々と離れるのは、人生をより充実させるためにも必要なのです。

【3.ストレスで体調を崩してしまうから】

楽しくない仕事を続けることは、特に精神面に悪影響を及ぼします。

仕事のストレスで精神をすり減らしてしまい、体調を崩す人も少なくありません。

ひどい場合はうつ病などの精神的な疾患を患ってしまうでしょう。

うつ病を患った場合、今の仕事を続けることはもちろん、転職活動も難しくなります。

このようなリスクを考えると、早めに転職活動に踏み切るべきです。

【4.仕事へのやる気が起きず成果に結びつかないから】

仕事が楽しくなければ、当然仕事へのやる気も起きません。

そしてやる気が起きなければ、仕事で成果を出すことも難しいでしょう。

仕事で成果を出せなければ大きな仕事も任せてもらえず、結果的につまらない仕事ばかりする羽目になるという負のスパイラルに陥ってしまうのです。

バリバリ成果を出せる一流のビジネスパーソンを目指すのであれば、楽しいと思える仕事に転職するのが最も近道と言えるでしょう。

【5.給料が上がりにくいから】

楽しくない仕事に従事しても成果に結びつかないとご紹介しましたが、成果が出せないということは、給料も上がりにくいということです。

いずれ結婚し、家庭を持ちたいと考える男性の方にとって、給料が上がりにくいというのは絶対に避けたい問題でしょう。

逆に楽しいと思える仕事に従事すれば、前向きに仕事に取り組めるため結果も出しやすく、給料も上がりやすいと言えます。

しっかりとお金を稼ぎたいという方ほど、楽しいと思える仕事に転職すべきです。

【6.楽しいと思える仕事は必ず見つかるから】

『そもそも仕事を楽しもうと考えることが間違いだ』といった意見もありますが、それは間違いです。

世の中には仕事を楽しんでいる人も少なからずいます。

そして今の世の中には約3万種類の仕事があると言われており、これだけの数がある中でどの仕事にも全く興味関心がないという方はほぼいないでしょう。

そう考えると、我慢して楽しくない仕事に就き続けることは非常にもったいないと言えます。

自分が楽しめる仕事探しを諦めないでください。

【7.人生がつまらなくなるから】

最後にご紹介したいのは、何といっても人生がつまらなくなるからです。

仕事に費やす時間は人生の中でも非常に大きい割合を占めます。

つまり仕事が楽しくなければ、それだけ人生もつまらなくなる可能性が非常に高いのです。

また、仕事が楽しくなければ、プライベートの時間もつまらなくなりがちです。

例えば土日休みの方の場合、日曜日になると明日からの仕事のことを考えてしまい、家族で出かけているのに何となく楽しめないといった経験はありませんか?

仕事に対するネガティブな気持ちは、プライベートの時間も侵食するのです。

心から人生を謳歌するためには、何より仕事を楽しむことが欠かせないでしょう。

5.仕事が楽しくない人が転職するなら転職エージェントを使う

仕事が楽しくない方が早めに転職活動を始めるべき理由についてご紹介しましたが、具体的にどういう方法で転職活動を始めればよいか悩む方もいるでしょう。

自分が楽しいと思える仕事に転職するには、転職エージェントを活用することがおすすめです。

転職エージェントに登録すると、専属のキャリアコンサルタントがあなたのキャリアや適性、スキルなどを考慮し、ぴったりの会社を紹介してくれます。

自分が楽しめる仕事はどういうものなのか、転職のプロにアドバイスを貰いながら探すことで、より確実に見つけることができるでしょう。

求職者の場合、転職エージェントのサービスは無料で利用することができます。

是非気軽に登録してみてください。

6.仕事が楽しくない時にやってはいけないこと

最後に仕事が楽しくない時にやってはいけないことについて簡単にまとめておきます。

【あからさまに楽しくない態度を示す】

一つ目に、仕事が楽しくないという態度をあからさまに示してしまうことです。

そのような態度を取ってしまうと、職場内の雰囲気が悪くなっていきます。

あなた自身、仕事を楽しめていないのは残念ですが、周りを巻き込んではいけません。

ネガティブな態度を撒き散らすような人と積極的に関わりたいという人はいないでしょう。

結果的に仕事だけでなく人間関係までも楽しくないものになってしまいます。

【何も行動を起こさない】

続いて何も行動を起こさないというのもいけません。

何も行動を起こさないということは、諦めて楽しくない仕事をこれからも続けていくということです。

今回の記事でご紹介したように、諦めなければきっと楽しいと思える仕事は見つかります。

やれることから一つずつ行動に移してみてください。

【一人で悩み続ける】

一人で悩み続けるのも結果的に行動に移すことが遅れてしまうのでやめましょう。

仕事が楽しくないという悩みを抱えているのは、あなただけではありません。

周りを見回してみると同じような悩みを抱えている人や、その悩みを乗り越えた人がきっといるはずです。

気軽に相談できる先輩や上司に気持ちを打ち明けて、素直にアドバイスを貰ってください。

【何の準備もなく会社を辞める】

最後にご紹介するのは、何の準備もなく会社を辞めてしまうことです。

仕事が楽しくなければ、日々ストレスにさらされることになります。

そのため、ちょっとしたことで怒りが爆発してしまう人も少なくありません。

しかし、このような一時的な感情で会社を辞めてしまえば、後々後悔することになります。

仕事が楽しくないから会社を辞めるというのは特に問題ありませんが、事前に次の転職先を決めたりと準備をしておく必要があります。

間違ってもその場の感情に流されて行動してはいけません。

【まとめ】仕事が楽しくないのに無理にとどまる必要はない

仕事をしっかり楽しめるかどうかで人生の充実度も大きく変わってくるでしょう。

今回の記事でご紹介した、仕事が楽しくない人が早めに転職すべき理由について最後に再度まとめておきます。

・仕事が楽しくなくて転職する人は意外と多いから
・最終的には我慢できなくなるから
・ストレスで体調を崩してしまうから
・仕事へのやる気が起きず成果に結びつかないから
・給料が上がりにくいから
・楽しいと思える仕事は必ず見つかるから
・人生がつまらなくなるから

一つの会社に骨を埋めるつもりで就職するのは昔の話です。

今では当たり前のように転職活動も行われ、多くの会社でキャリアを積みやすくなりました。

今の仕事が楽しくないなら、無理にそこにとどまる必要はありません。

今の仕事を心から楽しめていない方は、今回の記事を参考に転職活動をスタートさせましょう。



2017年現在の今は転職の絶好のチャンスです。タイミングを逃すと転職が難しくなるのは間違いありません。

就職氷河期と比べ、好景気の今は完全な売り手市場。

企業も積極的に採用を進めており、条件面も格段にアップしています。

しかし、好景気には必ず終わりが訪れ仕事が無くなる時が必ず来ます。

実際に、『オリンピック前には状況がガラっと変わる。』と予測する専門家も少なくありません。

また、年齢とともに転職が難しくなるのは言うまでもないですよね。

将来的な転職を考えているのであれば、人生を失敗しない為にも、1日でも早く行動をする事をおすすめします。



<よく読まれている人気記事>


スポンサードリンク

-会社での悩み

Copyright© , 2018 AllRights Reserved.