転職チャレンジ!〜会社を辞めたい人の為の仕事の探しとやめ方まとめ

会社辞めたいと思った体験談

メモ禁止?!教え方を知らない会社で起きた最悪のパワハラ

更新日:

頑張ろうと思う心を砕く!入社1週間でパワハラが始まる

私は働いてみたいと思っていた職業に就くことができ、頑張ろう!と心に誓っていました。

その会社は企業全体で6人しかいない小さな会社で、半数以上が親族です。

そのうち2人はほとんど会社に出てこないので、実質4人で働いていました。

人数が少ないので1人1人の仕事の量が多くなっています。

社長と男性社員は、やらなくてはいけない仕事が膨大な量あるので、ひたすら捌いているように見えました。

入社初日に「慣れるまで約1年かかる仕事だから、焦らないで覚えて行って。」と言われていたので、1つずつコツコツ覚えて行こうと考えていました。

気合いはあっても未経験の業種なので、何をしたらいいのか、何が出来るのかが分かりません。

そこで、私の教育係りとなってくれたのが80歳近い婆さんでした。

婆さんは半世紀この仕事をしているので、呼吸をするくらい簡単に無意識でも作業が出来ます。

ですから、新人の私が分からないと思うことが理解出来ないようでした。

それでも最初の2~3日は丁寧に教えてくれていたと思います。

1週間経つ頃になると、分からない私に嫌気が差してきたのか、態度と口調が変わって来ました。

入社に週間でパワハラが始まる!メモを取るは禁止?!

入社して2週間目に入り、掃除やパソコンの立ち上げ、簡単な事務作業など、毎日やることには慣れてきました。

そして、新しい仕事を婆さんが教えてくれるのですが、ここで私がとても困ってしまったのです。

私は、教えてくれたことを忘れないようにメモしていたのですが、「メモ取るの止めなさい。聞いて覚えなさい。」と言われたのです。

メモを取らなくて怒られることは聞いたことがありますが、メモを取って怒られるのは初めてですし、聞いたこともありません。

初めての仕事ですし、手順もいっぱいありますし、最終的にお金に関わってくることなので、私が1人でやるときに間違いが無いようにメモを取りたいのです。

しかし怒られたので、とりあえずメモを取るのは止め、言われたことを聞き逃さずに覚えられるよう聞いていました。

婆さんの説明が終わり、「じゃあこれ1人でやってみて」と言われたとき、まず固まります。

一通り説明されるので、長いんです。

すると、どんなに一生懸命聞いていても最後の方の印象が強くて、1番最初にどこから手を付けるのかが分からなくなってしまうんです。

これで出来ないと「さっきも言いましたけど」と言われてしまうので、どうしたらいいのか分からなくなってしまいます。

他に聞ける人もいません。

仕事中はもちろん誰にも相談できず、休憩も1人だったので仕事のことも婆のことも相談できず、たった2週間ですがこの時点で「嫌だなぁ」と思い始めていました。

そんな婆さんに我慢していたある日、専門的なことについて社長が勉強会をしてくれることになりました。

そこでも、せっかく教えてくださるのだからこの時間をムダにしないように、教えてもらったことはメモを取っていました。

すると「書かなくていいよ」と言われました。

確かに今すぐ私が仕事で使う内容じゃないかもしれないけど、社長は時々問題を出してくるので今度質問されるかもしれないし、せっかく聞いた話なら覚えたいんです。

社長には「書いておかないと忘れちゃいそうで」と伝えましたが、覚えていられないのが不思議そうに「忘れちゃうかぁ」と呟いていました。

スポンサードリンク

以前婆が自分の家族について話していたのですが、皆役所務めか教員をしているそうで、頭が良いことを自慢しているようでした。

だからきっと、1回聞いただけでは覚えられない馬鹿な私を見ていて腹が立つんでしょうね。

たった2週間で毎日嫌味を言われていました。

そして皆外出してしまって会社に婆と私の2人になったとき、「あなたこの仕事自分で出来ると思う?向いてないんじゃない?どう?」ときつい口調で言われました。

悔しかったです。まだ始めたばかりで、やっと会社の人や雰囲気に慣れ始めて来たところなのに…。

私は頑張ると決めていたので、「今はまだ難しいですけど、慣れれば出来ると思います。」と答えました。

すると更に「そう?私には向いてないように見えるけど」と言われました。

どうして欲しいのでしょうか。

私に辞めて欲しいのでしょうか。

だったらまだ試用期間中なので、ハッキリ言えばいいと思うのですが。

パワハラはさらに加速!ちょっとしたミスに怒鳴られる

「向いてない」と言われ落ち込んでいましたが、それでも負けずに出勤していました。必ず任される仕事もあり、自分に出来る仕事があると思うと少し前向きになれました。

婆さんは高齢なので、私達よりも1~2時間早く退社していました。

すると、残りの時間は会社に3人しかいなくなります。

そこでお客様が立て続けに来店されると、やりかけの仕事があっても3人でバタバタ動きます。

私も2人の邪魔をしないよう出来ることをすぐにやるようにしていました。

バタバタしてあっという間に退社時間になってしまい、帰るように言われたので慌てて片付けをしました。

そのときは気付きませんでしたが、資料を戻す場所を間違えてしまい、1つ隣にしまってしまいました。

次の日、婆さんに資料がないけどどこにやったのかと聞かれました。

私はちゃんと戻したつもりだったので確認したら、1つ隣にありました。「ありました。すみません、間違えて隣に入れてしまいました。」と謝りましたが、「すみませんで済む問題じゃないでしょう!!」と、皆の前でそれは大きな声で怒鳴られました。

まだ覚えてないのかと言われたので、「いえ、覚えています。ミスをしただけです。申し訳ありません。」と再度謝罪しました。

しかし婆の攻撃は止まりません。

ミスをした私が悪いので仕方ありませんが、何度も同じミスをしているなら分かりますが、初めてでそんなに怒ることでもないと思います。

最後のパワハラ!教わっていない仕事をミスって激怒される

こうしてますます私は緊張して萎縮するようになり、そんな私に婆は更に腹が立つという悪循環が続いていました。

ある日、教わっていない仕事を「資料見ながら出来るだけやってみて」と言われました。

やれと言われたので色々な資料や書類と見比べながらやってみました。

それを確認した婆が急に怒り始めました。

「どうしてこうなるの。私にはどうしてこうなるのか分からない。」と。そんなこと言われても、正解を知らないままやったので私にも分からなりません。

しかし婆はこのことに対して午前中3回、午後4回、同じ内容で怒って来るのです。私ももう限界でした。

「辞める!こんなとこ辞めても構わない!」吹っ切れて言い返しました。

ここに書いていない細かな嫌味だったり嫌がらせのことも全部言ってやりました。言えてスッキリしたし、会社も辞めて本当に良かったです。



2017年現在の今は転職の絶好のチャンスです。タイミングを逃すと転職が難しくなるのは間違いありません。

就職氷河期と比べ、好景気の今は完全な売り手市場。

企業も積極的に採用を進めており、条件面も格段にアップしています。

しかし、好景気には必ず終わりが訪れ仕事が無くなる時が必ず来ます。

実際に、『オリンピック前には状況がガラっと変わる。』と予測する専門家も少なくありません。

また、年齢とともに転職が難しくなるのは言うまでもないですよね。

将来的な転職を考えているのであれば、人生を失敗しない為にも、1日でも早く行動をする事をおすすめします。



<よく読まれている人気記事>


-会社辞めたいと思った体験談

Copyright© , 2018 AllRights Reserved.