転職チャレンジ!〜会社を辞めたい人の為の仕事の探しとやめ方まとめ

偉人の仕事術

錦織圭さんに学ぶ仕事術と名言~日本テニス界の伝説の働き方

更新日:

1.錦織圭さんから学べる仕事術と要チェックの名言を厳選紹介!

錦織圭さんといえば今や日本だけでなく世界中から注目されるトップテニスプレイヤーです。そんな錦織さんの実践する仕事術や名言がサラリーマンの方にも響くと話題になっています。

今回はそんな錦織圭さんから学べる仕事術や心に刻み込みたい名言について厳選してご紹介していきます。興味のある方は是非最後までご覧ください。

2.錦織圭さんとは?

ご存知の方も多いかと思いますが、まずは簡単に錦織圭さんとはどういう人物なのかをご紹介します。

錦織圭さんは、前述した通りプロのテニス選手です。5歳でテニスを始めてから、全日本ジュニア史上5人目となる全国制覇3冠、アジア人初のグランドスラム準優勝という輝かしい成績を収めています。

フォアハンドを得意とし、エアケイ(Air K)と呼ばれる長い時間滞空し続けるジャックナイフショットは錦織選手の代名詞となっています。今後も世界中から注目が集まるテニスプレイヤーと言っても過言ではないでしょう。

3.錦織圭さんに学ぶ仕事術

錦織圭さんがどのような人物であるか分かったところで、早速錦織さんから学べる仕事術についてご紹介していきます。一般的なサラリーマンの方でも参考になるものを厳選して取り上げますので、是非実践してみてください。それでは見ていきましょう。

【自分の自信になる武器を身につける】

錦織さんにとってのエアケイ(Air K)のように、自分にとって誇れる武器を身につけることはテニス選手にとってもビジネスマンにとっても同じように強みになります。何か一つそういった武器を身につけることができれば、競争の激しい世界でも戦い抜くことができるでしょう。

一般的なサラリーマンの方で、自分にはそのような武器は無いと思われる方も多いと思います。しかし、人にはそれぞれ得意なこと不得意なことがあるように、武器になりうる可能性のあるものは必ず持っています。

周りの人は苦労してるけど自分にはそんなに難しく思えないもの、楽にできることはありませんか?落ち着いて今までの自分を振り返るとそのような武器の原石が一つは見つかるでしょう。それを見つけられれば後は徹底的に磨き抜いて武器として活用してください。

【上向きの気持ちで物事に取り組む】

錦織さんはどんな時でも上向きの気持ちで物事に取り組むようにしていると言います。実際にプロスポーツ選手にとっては致命的とも言える怪我を経験した時も、メンタル面を強化する一つの機会として捉えたそうです。

ビジネスマンとして失敗をしたり、うまく結果に結びつかないといった時期は誰しもが経験することでしょう。これはプロスポーツ選手にとっての怪我や治療期間と同じように捉えることもできます。

こういった苦しい経験も錦織さんのように上向きの気持ちで捉えることで、これからの自分にとってプラスになる要素を見出すことができるでしょう。逆にネガティブに捉えると精神的に落ち込むだけで何も生み出すことができません。全ては自分の捉え方次第だということです。

【自分のやれることに集中する】

仕事で結果を残すために何をすれば良いのか悩む方も多いでしょう。そんな中で、錦織さんはとにかく自分のやれることに集中することが重要だと考えています。

テニスの試合であれば一球一球、目の前のボールに集中して自分のベストのプレーを積み上げていく、そうすることで自然と結果はついてきます。

ビジネスの世界でも同様で、あの人に勝つために、一番に出世するために、といったような余計な考えは捨てて、目の前の仕事に自分のベストの力をぶつけることだけに集中することが大切です。それが結果的にあなたを成功に導くでしょう。

一つの仕事が終われば、自分はベストを尽くせたかどうか振り返るようにしてください。そしてベストを尽くしたと自信を持って断言できる仕事をコツコツ積み上げていってください。

【仕事を楽しいと思える工夫をする】

仕事は仕事だと割り切っている方もいらっしゃいますが、人生の時間の中でも大きな部分を占めるものなので可能な限り楽しむ工夫をすると良いでしょう。

錦織さんも試合で勝つだけでなくテニスそのものを楽しむ工夫をしていると言います。もちろん楽しみ方は人それぞれです。

例えばビジネスシーンで、積極的に仕事に取り組むことで周りから感謝を告げられる機会が増えると楽しい気持ちになる人もいれば、自分のできる仕事の幅が広がり、成長を実感することに楽しみを感じる方もいるでしょう。

今までの自分の仕事を振り返ってみて、楽しいと少しでも感じた出来事を書き出してみてください。そこに仕事を楽しむためのヒントが隠されています。

【とにかく結果にこだわる】

テニスの世界でもビジネスの世界でも大切なのはやはり結果を出すことです。錦織さんも結果にはとにかくこだわるようにしています。どんなにボロボロでカッコ悪くても勝つことが一番大事だと言っています。

普段仕事に取り組む中で何がなんでも結果を出すという意気込みで仕事に向き合う方は多くはないでしょう。気持ちが結果に与える影響は大きいです。

もし仮に自分に誇れるスキルや経験がなかったとしても決して気持ちで負けてはいけません。何がなんでも結果を出すという強い気持ちがあれば、必ず勝利への突破口が開けてくるでしょう。

【あえて居心地の悪い環境に身を置く】

スポンサードリンク

人はついつい居心地の良い環境に身を置きたくなるもの。しかし、錦織さんは逆に居心地の悪い環境に身を置くことで自分の成長につなげることができると考えています。

居心地の良い環境に身を置いている場合は、気持ち的にも楽で頑張る気力も起きにくいでしょう。逆に居心地の悪い環境に身を置いている場合は、自分にストレスがかかるため、そのストレスから解放されるために頑張る努力をします。

よく例として英語の勉強が挙げられますが、日本の学校で文法や単語まで丁寧に教えてもらうよりも、日本語が通じない英語のみの環境に放り込まれる方が圧倒的に英語をマスターするスピードが早いです。これは英語を話せないと生死に関わるという大きなストレスが自身の成長を推し進めているためです。

もしビジネスマンとしての自分の成長を第一に考えるのであれば、あえてストレスのかかる居心地の悪い環境に身を置くのも一つの方法です。

【常に貪欲に学ぶ姿勢を忘れない】

こちらも自己成長に関わるものですが、錦織さんはどんな些細なことからも自分にとってプラスになるものはないかと貪欲に学ぶ姿勢を忘れないようにしています。

結論から言うと、どんな些細なことからも学ぶべきことは必ずあります。大事なのは自ら学ぼうとする姿勢があるかどうかです。私達の何気ない日常の中でも新しい学びにつながるきっかけはたくさん転がっています。何気ない日常で終わってしまうのは、何より学ぼうとする姿勢が足りないからだと考えてください。

ちょっとした学びから人生が大きく変わる可能性もあります。そう考えると、どんなに小さな事柄でも見逃さず注意深く観察し、深く考える習慣を身につけておくと、思わぬことがあなたの成長を促してくれるでしょう。

4.錦織圭さんの名言を厳選紹介

錦織圭さんの仕事術についてご紹介しましたが、参考になりましたでしょうか?続いては一般的なサラリーマンの方の心にも留めて置いていただきたい錦織さんの名言について取り上げていきます。明日からの活力になる名言を多くご紹介しますので、是非最後までチェックしてみてください。

【復帰当初は全く思うようにプレーができず、かなり悩みました。でもそれにはひとつひとつ積み重ねていくしかないんですよね】

まず初めにご紹介するのはこちらの名言です。一般的なサラリーマンの方で、頑張っているけど思うような結果につながらないの悩んでいる方も多いでしょう。それは錦織さんのような世界的な選手であったとしても同じです。

そんな時は一つ一つ自分のできることを積み重ねていくしかないと錦織さんは考えています。プロスポーツの世界でもビジネスの世界でも常に結果を出し続けるということは非常に難しいです。良い結果が出る時期もあればその逆もあるというのが普通でしょう。

もし、なかなか結果に結びつかないスランプに陥った際は、錦織さんのこの名言を思い出して、目の前の仕事の中で自分にできることをコツコツと積み上げていってください。それに集中することでスランプから早く脱出することができるでしょう。

【少しずつ目標を高いところに置いて、徐々に上がって行ければ良いんじゃないかと思います】

続いてご紹介するのは、目標設定に関する名言です。錦織さんはあくまで少しずつ高い所に目標を置いてチャレンジしていくようにしています。いきなり手の届かないような大きな目標を設定しないという点に注目です。

大きな目標設定は、長期的には有効ですが、そこに到達するまでの間にクリアするべき小さな目標も併せて設定することをおすすめします。大きな目標を達成するまでのステップとして捉えても良いでしょう。

人間は不思議なことに、あと少し頑張れば達成できるという目標があるとモチベーションが上がるものです。このプロセスを繰り返していくことで、大きな目標をクリアすることもできるでしょう。

【プレッシャーがない人生より退屈なものはない】

仕事の大きなプレッシャーで精神的に追い詰められてしまうことで体調を崩してしまう方もいらっしゃいますが、プレッシャーが無さすぎる人生も退屈でつまらないものだと錦織さんは言います。

錦織さんがつまらないと感じる理由は、プレッシャーのない環境では成長できないからだと考えられます。つまり、特に仕事を通して成長することが楽しいと思わない方は、わざわざプレッシャーを自分でかけにいく必要はないでしょう。

一方で、仕事を通して自分を成長させたい、仕事を思いっきり楽しみたいと思う方であれば、ある程度自分にプレッシャーをかける方が満足する結果につながりやすいと言えます。

繰り返しますが、自己成長欲の無い方が自分にプレッシャーをかけても逆効果になるので、自分と素直に向き合った上で、どちらの人生が自分にとって合っているのか見極める必要があります。

【ライバルや格上の相手を尊敬し過ぎるなと言われたのを覚えています】

一般的なサラリーマンの方の中には尊敬する上司やライバルがいる方も少なくないでしょう。しかし、いずれ自分はその人達を超えてもっと上に行くんだという気持ちがあるのであれば、尊敬し過ぎることは逆効果になる可能性があります。

尊敬することは良いことですが、尊敬し過ぎてしまうとそれは単なる憧れに変わってしまう危険があります。ただ憧れているだけでは決してその人に追いつくことはできません。

いずれ自分はその人達を超えるんだという気持ちをしっかり持つことで初めてその人達以上の人間になれる可能性が見えてきます。尊敬できる人々を見つけつつも、尊敬し過ぎないように注意してください。

【まとめ】錦織圭さんの考え方を今すぐ実践!

錦織圭さんから学べる仕事術と心に留めておきたい名言を取り上げてきましたが、参考になりましたでしょうか?

愚直に自分にできることを積み上げ続けたことで、様々な快挙を成し遂げてきた錦織さん。一般的なサラリーマンの方にとっても取り入れられる考え方は多かったのではないでしょうか?

プロスポーツの世界とビジネスの世界には共通する要素も少なくありません。プロテニスの世界で成功を収めた錦織さんの考え方を参考に、ビジネスマンとしての成功を是非目指してください。



2017年現在の今は転職の絶好のチャンスです。タイミングを逃すと転職が難しくなるのは間違いありません。

就職氷河期と比べ、好景気の今は完全な売り手市場。

企業も積極的に採用を進めており、条件面も格段にアップしています。

しかし、好景気には必ず終わりが訪れ仕事が無くなる時が必ず来ます。

実際に、『オリンピック前には状況がガラっと変わる。』と予測する専門家も少なくありません。

また、年齢とともに転職が難しくなるのは言うまでもないですよね。

将来的な転職を考えているのであれば、人生を失敗しない為にも、1日でも早く行動をする事をおすすめします。



<よく読まれている人気記事>


スポンサードリンク

-偉人の仕事術

Copyright© , 2018 AllRights Reserved.