転職チャレンジ!〜会社を辞めたい人の為の仕事の探しとやめ方まとめ

みんなの退職体験談

ボーナス後に退職する事はできる?退職願を出すタイミングと5つの準備

更新日:

1.ボーナス後に退職するならそれなりの準備が必要!

ビジネスパーソンの大きな楽しみの一つと言っても過言ではないのがボーナスです。例え今の会社を退職することになったとしても、しっかりとボーナスをもらった上で退職したいと考える方も少なくないでしょう。

そこで今回は、ボーナスをもらった後に退職するための必要な準備について詳しくご紹介していきます。ボーナスを貰って退職するためにどんな準備が必要なのか分からないという方は、是非最後までご覧いただければと思います。

2.ボーナスが支給される理由を知る!

退職前にボーナスを貰うための準備について触れる前に、まずはそもそもボーナスがどういう理由で社員に支給されるのか知っておくと良いでしょう。

ボーナスにはあなたの働きに対する報酬とこれからの期待という2つの意味が込められています。会社からの感謝とこれからも会社に貢献して欲しいという気持ちだと理解しておくと良いでしょう。

ここで注目すべきはこれからの期待という要素がボーナスに含まれている点でしょう。そのため、ボーナスを受け取った後に早々と退職することは、会社に対する一つの裏切り行為と取られる可能性があります。それではボーナスを受け取った後に退職することはいけないことなのか、次の章で見ていきます。

3.ボーナス後に退職するのは非常識なのか?

【ボーナスを受け取ることは社員の権利】

ボーナスを貰った後に退職することはいけないことなのでしょうか?結論からお伝えすると、ボーナスを受け取ることは社員の権利でもあるため、全く問題ありません。

しかし、前述した通り、ボーナスに含まれるこれからの期待という部分を裏切ることになるため、会社に対して最大限配慮することは欠かせないでしょう。

きちんと退職に向けて準備をしておかないと、まるでボーナス泥棒であるかのような悪印象を周りに与えてしまうことにもなりかねないので、次の章でご紹介する準備について、しっかりと理解しておく必要があります。

4.ボーナス後に退職するためにしておくべき5つの準備

それではさっそく、ボーナスを受け取った後に退職するための準備について詳しく解説していきます。今の会社を退職しようと考えている方は特に参考にしてみてください。

【賞与支給規定でボーナスを受け取るための条件を確認】

まず初めに確認すべきは、あなたがボーナスを受け取る条件を満たしているのかという点です。ボーナスを支給する会社には、ボーナスを受け取るための条件を記した賞与支給規定というものがあります。

ボーナスを受け取ったタイミングで退職する場合、例えば条件として「ボーナス支給日に在籍していること」といった規定があれば、ボーナスを受け取った後に退職の手続きを取らないといけません。逆に会社によってはボーナス支給日前に退職の手続きを取っても問題なく受け取れるところもあります。まずはあなたの会社のボーナスがどういう規定の元で支給されているのかきちんと把握しておく必要があるでしょう。

【今の会社でいつボーナスが支給されるのか確認する】

ボーナスが支給される条件を確認した後は、実際にボーナスが支給されるのがいつなのかを確認しましょう。年に2回のボーナスが支給される会社であれば、夏がおおよそ6月〜7月、冬が12月に支給されるケースが多いです。

このように具体的にいつボーナスが支給されるのか把握することで、それに合わせた退職スケジュールを立てることができるのです。

転職活動を行う方であれば、ボーナスの期日から逆算して転職活動をスタートさせる必要があります。転職活動にかかる期間や転職先への入社日などをこのボーナス支給日に合わせて調整してください。

【ボーナスが支給されたらすぐに退職手続きが取れる状態にしておく】

ご自身の会社の賞与支給規定に合わせて退職のスケジュールを立てるべきですが、きっちりボーナスを貰った上で退職するためには、ボーナスを受け取った後に退職の手続きを取ると良いでしょう。

というのは、早めに退職のことを伝えてしまうと、ボーナスが減額される可能性があるからです。これは前述した通り、ボーナスに含まれるこれからの期待の部分がなくなってしまうからです。

もちろん退職の有無に関わらずボーナスが支給される会社であれば問題ありませんが、競争の厳しいビジネス社会の中でそのような会社は少ないと見ておいた方が賢明です。

【周りに迷惑をかけないしっかりとした引き継ぎの準備をする】

具体的な退職の手続きといえば退職届の作成などをイメージされる方も多いかと思いますが、何よりも大切なのはあなたの仕事の引き継ぎです。

退職することで少なからず周りには迷惑がかかってしまうことは確実です。この迷惑の度合いを極力小さくすることが円満退社のコツと言って良いでしょう。ボーナスをきっちり貰えたから後はどうでもいいといった無責任な態度で退職すると、非常に悪い印象でお別れすることになります。

ボーナスが支給されるまでの間、周りに気づかれないように自分の仕事のマニュアル書を整備するなど、できるだけスムーズに引き継ぎができるよう準備を進めておくと良いでしょう。

スポンサードリンク

【これまでの感謝の気持ちを表すものを準備しておく】

ボーナスも受け取り、引き継ぎもスムーズに終われば、いざ退職となるわけですが、最後に今までお世話になった方々に感謝の気持ちを伝えることを忘れてはいけません。

あまりにも高額なものは必要ありませんが、ちょっと高級なお菓子などを人数分用意しておいて、最後に感謝の気持ちと併せて渡してあげると良いでしょう。特にお世話になった方には別に仕事で使える小物などを贈るのも良いです。大切なのはしっかりとこれまでの感謝の気持ちを伝えること。退職するにあたり周りには確実に迷惑をかけてしまいますが、しっかりと感謝の気持ちを周りに伝えることで、笑顔であなたを送り出してくれるでしょう。

5.ボーナス後に退職することにはメリット&デメリットがある?

ボーナスを貰った後に退職するための準備について取り上げてきましたが、これにはメリットとデメリットがあることを事前に知っておくべきです。その上で自分自身がどのタイミングで退職するのか判断すると良いでしょう。

【メリット①:自分が働いた分のお金をしっかり貰える】

ボーナスを貰った後に退職するメリットは、当然ながらお金が貰えることです。

これまで会社に貢献してきた分の報酬をしっかり受け取ることは社員の権利です。特に退職後に転職活動を始める方にとってお金の不安は切っても切れないものでしょう。次の転職先が決まるまで食い繋いでいかなければならないので、お金はあるに越したことはありません。

また、事前に転職先が決まっている方であっても例えば転職後すぐには試用期間などで満足のいく給料が貰えなかったりする場合もあります。こういった生活に関わる問題を解消する上で、ボーナスを貰った後に退職することは非常に有効だと言えます。

【デメリット①:転職の機会を逃す可能性がある】

続いてデメリットの紹介です。

一つ目のデメリットは転職の機会を逃してしまう危険があるということです。ボーナスを貰うことを第一にスケジュールを組み立てたとして、それが自分の希望する企業の募集期間とうまく重なっていれば良いですが、必ずしもそうとは限りません。

ボーナスを受け取ることと転職活動の成功を両立させるためには、両方の条件がうまく揃う案件を見つける必要があります。このように期間という条件が加わることで、本来であれば最適な転職先の案件を取り逃がしてしまうリスクが付きまとうのです。

【デメリット②:転職者のライバルが増える可能性がある】

続いてのデメリットは転職者のライバルが増える可能性があるということです。

できればボーナスを受け取った後に退職&転職したいという考えを持つのはあなただけではありません。当然ながら、ボーナス支給月辺りの転職者数はグッと増えます。

そのため他の期間に比べて採用の難易度が高まる危険があります。あなたが転職先として選んだ企業が人気企業であれば尚更競争率が高くなるでしょう。ボーナスを貰いたいという気持ちは誰でも同じですが、自分の希望する企業の採用難易度を事前にチェックした上で、しっかりと考えるべきです。

【デメリット③:翌年の税金が増える】

最後にご紹介するデメリットは翌年の税金が増えてしまうということです。

税金は前年度の収入によって決まるためこちらも仕方がないことですが、退職した後も今と変わらない程度の収入が見込めない場合は、注意が必要です。場合によってはせっかく貰ったボーナスも税金に当てなければならないケースも出てくる可能性があります。

退職する際に転職先が決まっている方は、次の企業での収入がどのくらい見込めるのかを事前に確認しておくことをおすすめします。もし、転職先がまだ決まっていない方は、支払わなければいけない税金が増えることは生活に関わってくるので、どう対策をとるのか事前によく考えておくべきです。

6.ボーナスを貰って退職するなら転職エージェントを活用

さて、ここまでボーナスを貰った後に退職するための準備やメリット&デメリットについてご紹介してきました。最後にボーナスを貰って退職したい方で、次の転職先を探す予定の方におすすめの方法をご紹介します。

それはずばり転職エージェントを活用するということです。転職エージェントを活用すると、転職したい方の適性やスキルを見極めた上で最適な企業を紹介してくれます。それだけでなく転職者がスムーズに退職するためのサポートから転職先への入社日の調整までしてくれます。

ボーナスを受け取った後に退職し、次の転職先へ入社したいということを専属で付いてくれるキャリアコンサルタントに相談すれば、きっと良いアドバイスを貰えるでしょう。これから転職を考えている方は是非転職エージェントへ登録してみてください。

【まとめ】ボーナス後に退職するなら事前準備にしっかり時間をかけるべし!

ボーナスを受け取った後に退職するための準備について詳しくご紹介してきましたが、参考になりましたでしょうか?

ボーナスはビジネスパーソンの楽しみの一つでもあり、受け取る権利があるものです。しかし、そこに退職という要素が関わってくることで、メリットだけでなく様々なデメリットも事実発生します。スムーズにボーナスを受け取り、退職するためにはしっかりとした事前準備が欠かせないでしょう。是非今回ご紹介した準備を実践していただければと思います。

また、退職後の転職を成功させるためには、自力の転職活動よりも転職エージェントを活用することをおすすめします。この記事が少しでも今のあなたの役に立てたとしたら幸いです。



2017年現在の今は転職の絶好のチャンスです。タイミングを逃すと転職が難しくなるのは間違いありません。

就職氷河期と比べ、好景気の今は完全な売り手市場。

企業も積極的に採用を進めており、条件面も格段にアップしています。

しかし、好景気には必ず終わりが訪れ仕事が無くなる時が必ず来ます。

実際に、『オリンピック前には状況がガラっと変わる。』と予測する専門家も少なくありません。

また、年齢とともに転職が難しくなるのは言うまでもないですよね。

将来的な転職を考えているのであれば、人生を失敗しない為にも、1日でも早く行動をする事をおすすめします。



<よく読まれている人気記事>


-みんなの退職体験談

Copyright© , 2018 AllRights Reserved.