転職チャレンジ!〜会社を辞めたい人の為の仕事の探しとやめ方まとめ

みんなの退職体験談

理想と現実は違った!憧れだった幼稚園の先生を退職した理由

更新日:

スポンサードリンク

憧れの保育士として働くようになったが、初回から担任をすることに

私は小さい頃から幼稚園の先生に憧れていました。

その夢を叶えるために高校、短大と保育の勉強をして資格を取り、卒業後念願だった幼稚園に就職をすることができました。

1年目はフリーとしてバスに乗ったりクラスの補助をしたりするので、そのために事前の研修で準備をし、初日に向けて同期のみんなと頑張っていました。

ところが入園式の1週間前に、ある先生が突然退職することになり、1人クラスの担任が足りないという事態に。

そこでなぜか私がその先生の代わりに担任を任されることになりました。

7人同期がいる中で1人は最初から担任を任されていた子がいたのですが、その子は事前に他の先生たちのクラスで勉強をして入園式に向けて準備をしていました。

一方私はバスの準備を任されていたのでクラスのことは全く分からず、しかも1週間後には入園式が控えているという状況にパニックでした。

でも任されたからにはしっかりやりたいと思い、休みなしで準備をしました。

なんとか入園式には間に合い、子どもたちや保護者の方とも顔を合わせ無事に新学期をむかえることができました。

もちろん何もわからずスタートしたので1年目はほんとに苦労しました。

ミスばかりで園長から怒られる日々。

毎日毎日うまくいかないことばかりで私の気持ちは折れてしまいました。

でも、子どもたちの可愛いさや保護者の方からの温かい言葉のおかげでなんとか1年目を終えることができました。

ただ、あまりの大変さに理想と現実は全く違うということに気付き2年働いたら辞めよう。と決心しました。

担任を外されてしまい自信をなくし、ストレスで精神的に弱ってしまった

2年目。新学期に向けてのクラス発表がありました。

まさかのフリー。

担任をおろされ、もっと勉強しなさいと言われました。

いや、いきなり何も知らない状況で担任にさせたのはお前だろ!と心の中でつぶやきながら2年目がスタート。

担任というプレッシャーからは解放され、気持ちや体力的にはとてもラクでした。

でも、担任をおろされたということで私はダメなんだ。

何もできない。と考えるようになり、職場に行くと呼吸がうまくできない状態になってしまいました。

普段はストレスを感じたり、精神的に弱ったりする方ではなかったのでその時は何か病気かなと思っていました。

しかし病院で診察を受けるとストレスだと診断され安定剤を出されました。

その時点であなたは弱い人間だと言われたような気がして、とても悔しくなり、2年で辞めようと決心していた気持ちが園長を見返してやる!という気持ちに変わりました。

スポンサードリンク

3年目で担任復帰!しかし苦情の多い保護者が毎回クレームを入れてくる

3年目からはまた担任に戻ることができ、園長からもあまりぐちぐちと言われることがなくなりました。

しかし、3年目のクラスがそれはそれは大変でした。

子どもたちも個性的で保護者の方も少し面倒な方が数名。

おまけに発達障害がある子どもが1人。

ある保護者からは毎日毎日苦情のお手紙を入れられ、電話で謝罪。

電話をしてもでなかったときは連絡がなかったとまた苦情。

とても理不尽なことで苦情を入れられ私も限界がきていました。

でもそこで助けてくれるのはやはり子どもたち。

どんなに大変でも子どもたちの可愛い笑顔を見ると頑張れました。

私の味方をしてくれる保護者の方がいたり、先生たちも話を聞いてくれたりする中でなんとか3年目頑張ることができました。

勤務時間の長さと残業代が出ないことを不満に感じ、幼稚園の仕事を退職

なんだかんだ、4年目もいろいろありながら働くことができ、5年目に入りました。

それまでの間、園長に怒られたり保護者に苦情を言われたり本当に大変で何度も何度も辞めたいと思いました。

でも1番辞めようと思ったきっかけは幼稚園の仕事内容です。

朝早くから夜遅くまで働き、残業代はゼロ。

おまけに帰ってからの仕事もたくさん。やってもやっても終わらない仕事にもう嫌気がさしていました。

でも、せっかく5年頑張ってきた職場を気まずい雰囲気でやめたくない。そのためには辞める理由が必要。

そこで思いついたのが、寿退社でした。

1番円満に辞める理由になるからです。

当時付き合っていた彼氏とはまだ結婚をするつもりがなかったので、彼氏にはただ仕事を辞めるということだけを伝えていました。

ただ職場には結婚すると言ってしまったので、辞めた後に結婚していないことをどう説明するかも必死で考えていました。

ところが彼に仕事を辞めると伝えてから数ヶ月後。

なんと彼からプロポーズされました。

私が仕事を辞めると言ったことで、結婚を催促されてると勘違いしたらしく、必死でお金を貯めて指輪を買ってくれたみたいです。

まさかの展開にはなりましたが、そのおかげで本当に寿退社をすることになり、円満に辞められたお陰で今でもその職場には顔を出しに行っています。

幼稚園教諭という仕事は、本当に大変です。

しかしやりがいもあります。

最初は2年で辞めると言っていた私ですが、結果5年は働くことができ、多くの人と出会い、貴重な経験をたくさんすることができたこの職業に就けてよかったなと思います。

ただもう2度と戻らないと思いますが、、笑



2017年現在の今は転職の絶好のチャンスです。タイミングを逃すと転職が難しくなるのは間違いありません。

就職氷河期と比べ、好景気の今は完全な売り手市場。

企業も積極的に採用を進めており、条件面も格段にアップしています。

しかし、好景気には必ず終わりが訪れ仕事が無くなる時が必ず来ます。

実際に、『オリンピック前には状況がガラっと変わる。』と予測する専門家も少なくありません。

また、年齢とともに転職が難しくなるのは言うまでもないですよね。

将来的な転職を考えているのであれば、人生を失敗しない為にも、1日でも早く行動をする事をおすすめします。



<よく読まれている人気記事>


スポンサードリンク

-みんなの退職体験談

Copyright© , 2018 AllRights Reserved.