転職チャレンジ!〜会社を辞めたい人の為の仕事の探しとやめ方まとめ

転職成功者のアドバイス

40代未経験でも転職出来るチャンスはある!中高年8つの転職成功術

更新日:

1.40代のための転職術をまとめてご紹介

40代で転職しようと決意したとしても、まず間違いなく『無謀だからやめた方がいい』と引き止められるでしょう。

確かに、40代の転職はかなりハードルが高いと言えます。

ただし、世の中には40代でも理想の転職を成功させる人もいます。

40代でも転職に成功する人々に共通するのは以下の8つのポイントでしょう。

・求人の有無に関わらず自ら会社にアプローチする
・マネジメントスキルを磨く
・年収を高望みしない
・譲れない条件を一つに絞る
・転職エージェントの活用
・会社の口コミを調べ尽くす
・仕事以外の時間は全て転職活動に使う
・諦めずにやり抜く強い意志を持つ

今回の記事では、上記の8つのポイントに加えて、40代で転職する方向けに知っておいてほしい情報をまとめてご紹介していきます。

『40代で転職を成功させたい』『40代で転職活動に行き詰まってる』といった方々は是非最後までご覧ください。

2.40代の転職が難しい理由とは?

まず初めに、そもそもなぜ40代の転職が難しいと言われるのか、その理由についてご紹介します。

【そもそも40代の求人が少ない】

一つ目に挙げられるのは、40代の求人自体が少ないからです。

日本の会社の中には、まだまだ年功序列制を採用しているところも多く、若いうちに採用し、長期的に育てていくという風土が強く残っています。

そのため、40代での求人は20〜30代と比較してかなり少なくなります。

求人そのものが少ないことで、競争率も高くなり、結果として転職が難しくなるのです。

【即戦力orマネジメントスキルが求められる】

続いての理由として、40代の転職者には即戦力として活躍する力や、高いマネジメントスキルが要求されるからです。

どの会社にも言えることですが、年齢が上がるにつれて、求められるスキルは高まっていきます。

20代のように年齢が若ければ、求められるスキルも曖昧で、『やる気と体力があれば採用する』といった会社もあります。

これは年齢が若い分、じっくり教育していく時間が取れるからです。

一方で40代になると、求められる要件も明確になり、『ピンポイントで良い人材がいれば採用する』という会社が増えてきます。

年齢が上がるにつれて、求める人物像のストライクゾーンが狭くなっていくイメージです。

そのため、客観的にみて評価されるようなスキルを磨き、実績を積み上げてきた方でないと、なかなか採用されることは難しいでしょう。

【高い報酬を用意しなければいけない】

年功序列制を採用している会社が多いこととも関係しますが、40代の転職者には、それなりの高い報酬を用意しなければならない点も理由として挙げられます。

現在では、40代会社員の平均年収は550万円前後です。

一方で20代はというと350万円前後。

20代と比較して、40代の転職者には約1.6倍の報酬を用意しなければなりません。

これは求められるスキルや経験がハイレベルになるという理由からですが、資金的に余裕のない会社はなかなか40代の採用に踏み切れないでしょう。

【会社の風土に染まりにくい】

最後にご紹介するのは、会社の風土に染まりにくいという理由です。

40代ともなれば、一般的に社会に出て20年前後のキャリアがあることになります。

複数の会社を経験した方なら、真っ白な紙の上に、様々な会社の色が重ね塗りされているような状態です。

そのため、新しい環境になかなか馴染みにくいという難点があります。

高い報酬を用意して採用したのに、会社の風土に馴染めず退職されたら会社としては大損です。

こういったリスクを回避するために、40代の採用にはかなり慎重になるのです。

3.40代のための転職術8選

40代の転職が難しい理由についてご紹介しましたが『それでも転職に挑戦したい』と考えている方もいるでしょう。

こちらではそんな方のために、40代で転職を成功させるための8つのポイントを取り上げます。

【1.求人の有無に関わらず自ら会社にアプローチする】

まず一つ目に、求人の有無に関わらず自ら会社にアプローチするということです。

ただでさえ求人の少ない40代の転職活動は、受け身な姿勢だと失敗します。

転職先をリサーチしている中で良いと思う会社があれば、例え求人が出ていなくても電話してみてください。

特に大手企業などは、経営上の理由もあり転職サイトなどでは求人を募集しないところもあります。

そのため求人が出ていないから諦めるというのは機会損失につながっている可能性があるのです。

注意点はメールではなく必ず電話でアプローチすること。

メールだと熱意が伝わりにくいためスルーされる可能性が高いでしょう。

アプローチは必ず電話で行なってください。

【2.マネジメントスキルを磨く】

続いてのポイントは、今の会社でマネジメントスキルを磨くということです。

40代の方で管理職としての経験がない場合、転職はかなり難しくなります。

人材の多い大手企業であれば、40代で管理職にならない方も少なからずいますが、一般的な会社ではほとんどが管理職になります。

転職先の候補に一般的な会社も入るのであれば、経験不足を理由に不採用になるでしょう。

管理職を未経験で採用になるには、それをカバーできるほどの特別なスキルを兼ね備えている必要がありますが、あまり現実的ではありません。

まずは今の会社で管理職としての実績を積み上げるようにしてください。

【3.年収を高望みしない】

年収を高望みしないというのも40代で転職を成功させるポイントです。

特に大手企業で働いていた方は、今の会社と同程度の給料を希望される方も多いですが、現実的には難しいでしょう。

40代の転職で年収が高くなる方もいますが、個人でヘッドハンティングされるようなスキルと実績を兼ね備えた方に限ります。

40代の転職はほとんどの場合、年収が下がることを覚悟しておくべきです。

逆にいうと、年収を下げてでも転職したい理由がない場合は、今の会社に残ることをおすすめします。

【4.譲れない条件を一つに絞る】

続いてのポイントは、転職する上でこれだけは譲れないという条件を決めるということです。

40代の転職はただでさえ求人が少ないため、いくつも条件を挙げていれば受けられる会社が無くなってしまいます。

そのため、どうしてもこれだけは譲れない条件を一つに絞り、その条件を軸に会社を選ぶと良いです。

ただし、前述した年収アップを条件にする場合は、それに見合うだけのスキルと実績が求められることに注意してください。

【5.転職エージェントの活用】

特に重要なポイントがこちらです。

40代の転職には転職エージェントの活用が欠かせないといっても過言ではありません。

友人などに相談しながら転職活動を行う方もいますが、転職市場の情報をもって具体的なアドバイスができるのは転職エージェントだけでしょう。

また、転職エージェントを使うことで、専属のキャリアコンサルタントがあなたのこれまでの経験やスキルをもとに、転職市場価値を教えてくれます。

そのため今のあなたに最適な転職先をピックアップすることができるのです。

転職先候補が見つかれば、キャリアコンサルタントがあなたの魅力を会社に伝えてくれるため、書類選考も通過しやすくなるでしょう。

サービスそのものは最後まで無料で利用できるので、40代で転職を検討されている方はまず転職エージェントに登録してみてください。

【6.会社の口コミを調べ尽くす】

続いてのポイントは、転職先候補に関する口コミを徹底的に調べ尽くすということです。

苦労して転職したにも関わらず『思っていたような会社と違った』なんてことになれば、再び転職しなければならなくなります。

特に40代の転職活動は1年以上と長期化するケースも多く、再び転職活動をやり直すとなれば体力的にも金銭的にもかなりの負担になります。

転職先で働いている方と話せる機会があれば良いですが、難しい場合は「Vokers」のような実際に働いていた方の口コミを掲載しているサイトを利用すると良いでしょう。

採用面接の場ではお互いに良い面ばかりを見せ合う傾向があるので、上記のようなサイトを活用して、悪い面も事前に把握しておくことが大切です。

下調べを徹底することでミスマッチも防ぐことができるでしょう。

【7.仕事以外の時間は全て転職活動に使う】

40代で納得のいく転職を実現するためには、それなりの時間を転職活動に割く覚悟が必要です。

転職先が決まるまでは、仕事以外の時間は全て転職活動に使うつもりで臨みましょう。

ただし、当然ながらやみくもに時間を使ってもいけません。

自分が何をすべきか分からないという方は、転職エージェントに登録し、専属のキャリアコンサルタントにアドバイスを貰うと良いでしょう。

転職のプロに準備のアドバイスをしてもらうことで、より効率的に転職活動を行うことができます。

特に働きながら転職活動を行う方は、ダラダラと長期化しがちなので、目標の期限を決めて、短期集中で終わらせましょう。

【8.諦めずにやり抜く強い意志を持つ】

最後にご紹介するポイントは精神面に関することです。

ずばり、諦めずに最後までやり抜くという強い意志を持つことが大切です。

スポンサードリンク

40代の転職活動は、しっかりとした準備を整えた上で臨んだとしても、うまくいかないケースもあります。

書類選考や面接で不合格が続くと、まるで自分はどの会社からも必要とされていないような錯覚に陥る方もいるでしょう。

しかし、決して投げやりにならないでください。

40代で転職に苦労するのはあなただけではありません。

40代で転職に踏み切る方は『転職はスムーズにはいかないだろうけど必ず最後までやり遂げる』といった覚悟を持って臨みましょう。

4.40代の転職に資格は有効なのか?

40代で転職を成功させるためのポイントについてご紹介しましたが、もう一つ気になるポイントがあります。

それが資格です。

こちらでは、40代の転職に有利に働く資格はあるのか見ていきます。

【40代の転職に資格の有無は関係ない?】

結論からお伝えすると、40代の転職において、資格を持っているからといって優遇されることはほぼありません。

40代の転職で特に重視されるのは実績です。

資格を持っているからといって、それが直接その人の実績を表すことにはならないのです。

しかし、当然ながら資格を持たないと従事できない仕事もあるので、そういった理由で資格を取得するのには意味があります。

例えば、マンションの運営や管理に関するコンサルティングを行うマンション管理士や、タクシーの運転手になるために必要な第二種運転免許などがそうでしょう。

このような資格を除いて、転職に有利になるだろうと資格を取得するのはあまりおすすめしません。

5.40代で転職すべき人

40代で転職に踏み切るきっかけは人それぞれですが、中には『自分は本当に転職すべきなのか?』と悩んでいる方もいます。

こちらでは、そんな方のために40代で転職すべき人について取り上げていきます。

【今の会社に将来性がない】

まず一つ目に、将来性のない会社に勤めている方です。

40代であれば、会社の業績が落ちていたり、身を置いている業界が縮小傾向にあるなど、将来性についても敏感に察知できるでしょう。

特に社員の給料やボーナスをカットしているような会社は要注意です。

将来性のない会社に無理にしがみついたとしても、最終的には転職を余儀なくされるでしょう。

今の会社の将来が危ないと感じた時は、多少年収を下げてでも安定して働ける会社に転職するべく、早めの準備をスタートさせてください。

【人間関係によるストレスが大きい】

続いて、職場の人間関係によるストレスが大きい場合も転職すべきです。

40代に限った話ではありませんが、仕事に関するストレスの多くは人間関係に起因しています。

特に世代別の自殺者の統計を見ると、40代の自殺者は20代のおおよそ2倍もいるのです。

これは立場的にも簡単に会社を辞めることができないからでしょう。

自殺の原因が仕事にあるとは言い切れませんが、一日の大半を費やす仕事が原因である可能性は高いと言えます。

耐えられないほどの人間関係によるストレスを抱えている方は、精神的に追い込まれる前に早めに転職するようにしてください。

【長時間労働が慢性化しており身体が休まらない】

長時間労働が慢性化しており、十分な休息が取れないという会社に勤めている方も、早めに転職すべきでしょう。

仕事が楽しくて休みなんか必要ないという方を除いて、十分な休息も取らずに働き続けると、体力的にも精神的にも消耗していきます。

最悪の場合、うつ病などの精神疾患や過労死の危険もあると言えます。

40代ともなれば20代の時のような無茶な働き方も控えるべきです。

仕事の責任が重くなるにつれて、しっかりとした体調管理が求められます。

そういう意味でも、40代の方にとって長く健全に働ける会社を見つけることは、とても大切なことだと認識しておきましょう。

【年収を下げてでもやりたい仕事が他にある】

最後にご紹介するのは、年収を下げてでも他にやりたい仕事がある方です。

仕事には人生の中でも多くの時間を費やします。

当然ながらやりたくない仕事よりも、やりたい仕事に従事する方が良いに決まっています。

40代といえど、定年までには20年ほどの期間があるので、やりたいと思える仕事に出会えたのであれば転職してでも挑戦すべきです。

家庭を持っている方も多い40代で、年収を下げるという決断には勇気がいりますが、家族としっかり相談した上で決めてください。

6.40代で転職に失敗する人の特徴

ここまで40代の転職について様々な視点からご紹介してきましたが、最後に40代の転職に失敗する人の特徴をまとめて解説したいと思います。

失敗例を学ぶことで、自分の転職活動に活かしてください。

【誰にも相談せず一人で転職活動を行う】

まず多いのが誰にも相談せずに一人で転職活動を行う人です。

40代であれば、ある程度自分のスキルや適性についても理解が深まっていると思いますが、それが転職市場においてどれほどの価値があるのかは、自分では判断しにくいところがあります。

そのため、転職のプロである転職エージェントを活用し、客観的な評価を受ける必要があるのです。

自分の客観的な価値を把握せずに、独自で転職活動を進めても、高望みすぎる会社を受け続けたり、もっと良い条件の会社があるにも関わらず妥協してしまったりします。

40代で納得のいく転職を実現するためには、独自での転職活動は避けるべきです。

【自分の能力を過大評価している】

40代で転職に失敗する人には、自分の能力を過大評価している人も多く含まれます。

今の会社でそれなりの実績を残したとしても、転職先がその実績を評価してくれるとは必ずしも言い切れません。

それは会社によって求められるスキルや経験が異なるからです。

こういった失敗ケースも、客観的な意見を聞かずに独自で判断していることが多いので注意してください。

自分のスキルや実績を求めてくれる会社を見極めることが成功の秘訣です。

【条件を妥協できない】

続いて挙げられる失敗ケースは、条件を妥協できない人です。

転職といえば、今以上に良い条件で働けるキャリアアップを目指す人が多いですが、40代の転職で全ての条件をパーフェクトで満たせることはかなり稀です。

条件を一つも妥協できない理想の高い人は、40代の転職において成功する確率はかなり小さくなるでしょう。

もちろん自分の転職市場価値を下回るほど条件を下げる必要はありませんが、なかなか転職活動がうまくいかない場合、譲れない条件以外を妥協する覚悟も必要になります。

【転職理由が曖昧】

転職理由が曖昧な40代の方も、転職に失敗するケースが多いです。

転職理由が曖昧だということは、転職する目的が不明確であるということです。

そのような状態では、自分にマッチする転職先を選ぶことすらままならないでしょう。

また、転職理由は面接の際にも必ず聞かれる項目です。

多くの部下の管理を任される重要なポジションに、転職理由すらまともに伝えられない人材を採用するはずがないでしょう。

転職理由がはっきりしない方は、転職活動を始める前に『そもそも本当に転職が必要なのか?』と自分の心に聞いてみてください。

【未経験業界へ転職する】

40代で未経験業界に転職しようと試みる方もいますが、失敗する可能性が高いです。

仮に30代であったとしても、未経験業界への転職は難しいです。

ましてや40代ともなれば、現実的ではありません。

未経験業界へ転職するということは、一から仕事を勉強し直すということです。

覚えることがたくさんある上に、配属された新入社員と同じように扱われるため、体力的な問題以上に精神面のストレスが大きくなるでしょう。

ほとんどの場合は途中で挫折してしまいます。

こういったリスクを考えると、会社としても40代で未経験の人材を雇うメリットがほとんどないのです。

【転職の準備不足】

最後にご紹介するのは、単純に転職に関する準備不足の方です。

40代で転職を成功させるにはしっかりとした準備が欠かせません。

具体的には職務経歴書や履歴書の書き方から面接対策など、やることは多いです。

特に初めて転職活動を行うという方にとっては、ぶつけ本番で選考に臨むのは無謀だと言えるでしょう。

転職エージェントを活用すると、こういった選考の対策などもしっかりとバックアップしてもらえるのでおすすめです。

どんなに魅力的なスキルや経験があったとしても、それをきちんと相手に伝えられなければ意味がありません。

もうこれ以上できることはないと自信を持って言えるまで、事前準備をしっかり行なってください。

【まとめ】40代の転職には相当な覚悟が必要

40代の転職を成功させるためには、しっかりとした事前準備と最後までやり抜くという強い覚悟が必要だと、理解していただけたかと思います。

最後におさらいとして、40代の転職を成功に導く8つのポイントをまとめておきます。

・求人の有無に関わらず自ら会社にアプローチする
・マネジメントスキルを磨く
・年収を高望みしない
・譲れない条件を一つに絞る
・転職エージェントの活用
・会社の口コミを調べ尽くす
・仕事以外の時間は全て転職活動に使う
・諦めずにやり抜く強い意志を持つ

この8つのポイントを全てクリアできるよう、早めに準備を進めておけば、転職活動もグッとスムーズになるでしょう。

特に転職エージェントを活用して、専属のキャリアコンサルタントと相談しながら準備を進めることで、より効率的に転職活動を行うことができます。

40代で転職を検討されている方は、是非今回の記事を参考にしていただければ幸いです。



2017年現在の今は転職の絶好のチャンスです。タイミングを逃すと転職が難しくなるのは間違いありません。

就職氷河期と比べ、好景気の今は完全な売り手市場。

企業も積極的に採用を進めており、条件面も格段にアップしています。

しかし、好景気には必ず終わりが訪れ仕事が無くなる時が必ず来ます。

実際に、『オリンピック前には状況がガラっと変わる。』と予測する専門家も少なくありません。

また、年齢とともに転職が難しくなるのは言うまでもないですよね。

将来的な転職を考えているのであれば、人生を失敗しない為にも、1日でも早く行動をする事をおすすめします。



<よく読まれている人気記事>


スポンサードリンク

-転職成功者のアドバイス

Copyright© , 2018 AllRights Reserved.