転職チャレンジ!〜会社を辞めたい人の為の仕事の探しとやめ方まとめ

転職成功者のアドバイス

こんな時に会社を辞めたくなる!あなたが転職を考える理由は何?

更新日:

スポンサードリンク

長く勤めた会社でも、ふとした時に「退職しようかな」と考えることがある

例えば、長年勤めている会社でも、ふとしたきっかけで、もう辞めたい、転職したいと思うことはありませんか?

何だか職場の雰囲気が変わった、給料が減額されたなど、転職を考える際には、いろんな理由があるかと思います。

この辞めたい、転職したい理由としては、上記に挙げた人間関係や給料などが大抵挙げられますが、他にも以下のような理由もあるようです。

夢にチャレンジするため、また学校に通って学びたいと考えた時

現在では、雇用保険の加入年数によって、給付金などの補助金をもらいながら、専門学校やスクールに通うことも出来るようになっています。

例を挙げれば、雇用保険を二年以上かけると、専門的な学校に行く際にも、六割程度のお金を受け取ることが出来ることもあるようです。

そのため、今まで学費が高い、収入が途絶えるなどの理由から、諦めていた進学や資格取得の道などを、もう一度チャレンジする人も世間では少なくありません。

そうなると、ずっと勤めていた会社でも、学業との両立が難しくなったりする際には、思い切って辞めてしまうこともあるようです。

理由もない理不尽な降格や、人事異動などをされ納得できない時

それに、今まで課長などの役職に就いていたのに、突然に降格を言い渡されたり、もしくは理由もなく、いきなり役職を外されたりと言った理不尽な理由から、会社を辞めて転職を考えるケースもあるでしょう。

でも、仕事でかなりの金額の損失などを出してしまったり、今までの取引先に対して失礼なことをしてしまい、信用を無くしてしまった時などは、ある意味では仕方がないと本人も納得することが出来るかも知れません。

けれど、自分のミスでなく、同僚や上司、部下などの失敗を押し付けられたリ、何もしていないのにいきなり降格を言い渡されたりした場合には、会社に対しても不信感を持ってしまい、自分がいくら努力しても報われないと言うことから、転職を考えることも多いかと思います。

このような場合には、転職したほうが自分にとってもプラスになるかも知れません。

副業が成功して本業よりも力を入れて取り組みたくなったとき

他にも、転職したり、会社を辞めたりする理由としては、様々なものがありますが、現在で珍しくないのが、本業の他にも副業をしていて、そちらのほうが忙しくなり、かなりの収入となるため、副業を本業にすると言うものもあります。

スポンサードリンク

本業を持っている人でも、ネットで自分の作った手芸用品を販売したり、お菓子などを販売したりしている人もいますし、ライティングやイラストなどを描くのが得意で、それを副業として活用している人もいます。

これらの副業の中には、本業を凌ぐほど稼げたりする場合もありますので、そうなると本業に掛けている時間が勿体ない、副業に本腰を入れたいと言う理由から、仕事を辞めてしまうなんてことも多くあるようです。

また、土日の空いた時間などにアルバイトをしていて、そこで社員にならないかと持ち掛けられることもあります。

もし、副業のほうが、本業よりも給料も各段に良く、福利厚生もしっかりとしていて、人間関係にも恵まれているならば、本業を辞めて転職する人も少なからずいるでしょう。

結婚や出産など、自分の環境の変化によって転職せざるを得ない時もある

これら以外にも、自分の環境がガラリと変わり、転職を余儀なくするケースも多いものです。

例えば、男性では、結婚などで扶養家族が出来たり、女性では、妊娠や出産などで会社を休まないといけなくなってしまう場合などは、会社からやんわりと辞めてくれないかと持ち掛けられることもあるようです。

また、しっかりとした福利厚生があるような大手の会社ならともかく、個人経営などの会社などでは、育児休暇などが取れない、急な子供の発熱などでは早退出来ないような所も中にはあります。

そのため、長年勤めていて、給料が申し分ない場合や、本人が納得していない場合でも、自分の家族のために転職せざるを得ないこともあります。

また、家族を養うほど収入が無い時にも、夫婦で働けない時などの場合には、お金のために転職しないといけなくなるかもしれませんね。

このように転職したり、会社を辞めたりする理由は人によって沢山あります。

私が知っている人の中には、長期勤務していた会社でも、海外に行きたい、永住したいと言うことから、定年前に退職したケースもありました。

でも、人間関係に悩んで・・・と言う理由も、転職の際にはやはり多いものです。

ある日突然、いきなり会社で切れてしまい、もう辞めてやると上司に意気込み、その日のうちに退職手続き・・・なんて人も少なくはありません。

そこまで本人が我慢するならば、いきなり辞めてしまうのも仕方ないかも知れませんが、雇っている会社側としては迷惑な話でもあります。

このようなことが無いように、どうしても会社を辞めたいと思ったら、まずはきちんと会社には退職の意をあらかじめ伝え、その日までに次の会社を決めておいたりと、ある程度の段取りを組んでおくほうが良いでしょう。



2017年現在の今は転職の絶好のチャンスです。タイミングを逃すと転職が難しくなるのは間違いありません。

就職氷河期と比べ、好景気の今は完全な売り手市場。

企業も積極的に採用を進めており、条件面も格段にアップしています。

しかし、好景気には必ず終わりが訪れ仕事が無くなる時が必ず来ます。

実際に、『オリンピック前には状況がガラっと変わる。』と予測する専門家も少なくありません。

また、年齢とともに転職が難しくなるのは言うまでもないですよね。

将来的な転職を考えているのであれば、人生を失敗しない為にも、1日でも早く行動をする事をおすすめします。



<よく読まれている人気記事>


スポンサードリンク

-転職成功者のアドバイス

Copyright© , 2018 AllRights Reserved.