転職チャレンジ!〜会社を辞めたい人の為の仕事の探しとやめ方まとめ

プロが教える仕事術

商売とは~起業したい人が今からしておく9つの事とおすすめの商売

更新日:

1.将来商売を成功させるなら今から準備を始めるべき!

今は雇われサラリーマンだけど、いずれは独立して商売を始めたい、そんな目標をお持ちの方も意外と多いのではないでしょうか。言うまでもなく商売を成功させるためにはしっかりとした準備とコツがあります。

今回は、将来商売を成功させたい方々のために、今から始めるべき準備と商売成功のために必要なことをまとめてご紹介していきます。興味のある方は是非最後までご覧いただければと思います。

2.商売を成功させるために必要なこととは?

それではさっそく、商売を成功させるために必要なことについて詳しく解説していきます。今後商売を始める上できっと役に立つと思いますので、是非参考にしていただければと思います。

【小さな資本で始められること】

商売を成功させるためにまず重要なことといえば、小さな資本で始められる商売を選ぶということです。

当然ですが、あなたが始めた商売が将来的に成功するかどうかは誰にも分かりません。そんな中で初期投資に莫大な費用をかけて、多額の借金を抱えた上で商売をすることのプレッシャーは計り知れないでしょう。言うまでもなく商売がうまくいかなければ残るのは多額の借金のみです。

これだとあまりにもリスクが大き過ぎます。一方で小さな資本で始められる商売であれば、リターンが少ない代わりにリスクも小さくて済みます。もし失敗したとしても後で立て直すことも十分できるでしょう。

リターンが小さい商売だと儲からないと考える方もいらっしゃるかもしれませんが、このような商売をコツコツと長い年月をかけて積み上げていくことで、いずれは大きな商売に成長していくのです。

【他にはない付加価値をつける】

他にはない付加価値を提供するというのも商売で成功するために必要なことです。

例えば何かモノを売るとしても、他でも買えるようなモノであればわざわざあなたのところで買う必要はありません。あなたのところでしか買えない付加価値をつけた商品やサービスを提供することで、それを求める顧客を独占することができるのです。

どうすれば付加価値を付けた商品を作ることができるかというと、それはライバルの商品を徹底して分析するしかありません。この世にない新しいものを創り出すことができればそれは市場を独占することができますが、そうでない場合はライバルの商品を分析することで他にはない価値を見出すしかありません。

【在庫を持たないこと】

続いてご紹介する商売を成功させるために必要なことは、ずばり在庫を持たないということです。

在庫を持つ商売は初心者向きではありません。在庫を持つことで、その分の商品をきっちり販売しないと利益が出ないというプレッシャーがズッシリとのしかかってきます。

例えば一時的なブームなどで火がついた人気商品を大量に仕入れた後にブームが終わり、在庫と大幅な赤字だけが残ってしまうというのはよく聞く話でしょう。在庫を持つということはそれだけリスクの高い商売だということです。

在庫を持たずにできる商売を見つけることは成功への第一歩になるでしょう。

【他よりも安く売る】

あなたの販売する商品を他よりも安く売ることができれば、それは商売の成功にもつながると言えます。

この商売の特徴は、特に特別な商品を生み出さなくても良いという点にあります。ありきたりなものであっても値段が安ければ売れるというわけです。

例えばマクドナルドやユニクロの商品がこれだけ人気になったのもいくつか理由がありますが、その中でも圧倒的に安いという点は大きな理由の1つでしょう。

あまりにも品質が悪いという場合でない限り、顧客としても安い商品を手に取りがちです。値段にスポットを当てて商売の戦略を立てるのも1つの方法です。

【ニッチな需要を探す】

あまり注目されていないニッチな需要を見つけ出すことも商売を成功させる上で有効なポイントでしょう。

ニッチな需要ということは、まだ誰もそこに手をつけていない可能性が高いです。自分の商品やサービスをうまく展開できれば、市場を一気に独占することができます。

もしかするとあなたの商売を見ていたライバル達が続々と参入してくるかもしれませんが、先に始めていたあなたの優位性は非常に高いと言えます。日頃からどういう所に需要があるのか探してみると良いでしょう。

【すぐに儲かる商売をする】

続いてご紹介する大切なポイントは、すぐに儲けが出る商売を始めるということです。

例えば継続して商売をし続けていくとあと半年で利益が出そうだと分かったとしましょう。しかし、初心者の場合、こういう商売はあまりおすすめできません。あと半年で利益が出そうだということは、これから少なくとも半年間は利益が出ない状況が続くということです。

この間にも生活をしていくための資金を別で用意しておく必要があります。それに、あと半年で利益が出そうだというのはあくまで予想であって確実ではありません。もし半年経った後にやっぱりこの商売はダメだとなったら、結局のところ赤字で終わってしまいます。

繰り返しますが、商売で大切なのは始めてすぐに利益が出ること。そういう商売を積み上げていくことで継続性の高い商売につながっていくのです。

【全ての業務を自分でこなせる商売を選ぶ】

これからどんな商売を始めようかと悩んでいる方は、あなた1人でも完結できる商売を選ぶべきです。

商売をスムーズに展開していく上で、誰かを雇うことは大切なのことでしょう。しかし、その従業員にできてあなたにできない仕事が存在している状態は非常に危険だと言えます。

万が一、何か問題が起きてその従業員がいなくなった場合、あなたの商売はそこでストップしてしまうことになります。あなたが全ての仕事をこなせる状態であると、こういった緊急事態にもなんとか対応することはできますが、そうでない場合は商売を継続することができなくなるでしょう。

急に他の誰かを採用しようとしてもそう簡単には見つかりませんし、人を採用するのにもコストがかかります。商売を大きくしていくとそれだけ人手が必要になってきますが、まずは自分1人でもなんとかこなせる程度の商売からスタートすることをおすすめします。

【継続してできる商売を選ぶ】

最後にご紹介するのは、継続してできる商売を選ぶということです。これはビジネス的にというより体力的にという意味です。せっかく始めた商売も継続することができなかったらもったいないでしょう。

例えば肉体労働のような商売である場合、若い時にはできたとしても、年齢を重ねるにつれ続けられなくなってきます。継続してできる商売というのは年齢に関係なくできる商売と言い換えてもよいです。

例えばWeb上に掲載する記事の執筆を代行する商売などは、継続性があります。執筆という仕事は年齢を重ねれば重ねるほど知識や経験が増えるため、むしろ品質は高まっていくでしょう。このように継続すればするほどサービスも良くなっていく商売を選ぶことをおすすめします。

3.将来商売をしたい人が今からしておくべき事9選

商売を成功させるために必要なことについてご紹介してきましたが、続いては将来的に商売を始めたいと思っている方が今からしておくべきことについて取り上げていきます。

今はサラリーマンでも後々は独立して商売を始めたいと考えている方は是非最後までチェックしてみてください。

【自分の家族に了承を得る】

まず初めにやるべきことは自分の家族に了承を得るということです。

特にサラリーマンを辞めて商売を始めるということは、生活がガラッと変わることにつながります。独身の方であれば特に問題ありませんが、家族を持っている方であれば自分1人の考えで決断することは許されません。

すでに将来的に商売を始めることを決めている方であれば、できるだけ早い段階で相談してみることをおすすめします。その際にはどのようにして生活を保障していくのかという点についてしっかりと話し合うべきです。

貯金はどれくらいあるのか、もし無収入になったとしてどれくらい生活できるのか、商売で結果が出なかった場合いつ身を引くのか、といった最悪のケースまでしっかり話し合っておくことで、揉め事なく商売を始めることができるでしょう。

【自分の得意なこと&好きなことを明確にする】

どうせ商売を始めるのなら、自分の好きなことや得意なことで成功したいと思うでしょう。しかし、今の自分の得意なことや好きなことがいまいちよく分からないという方も少なくありません。まずは自分の得意なことや好きなことを事前に明確にすることをおすすめします。

スポンサードリンク

時間を忘れて没頭してしまうものはないか振り返って考えてみてください。もし自分でどうしても分からない場合は、身近にいる方に聞いてみるのも良いですし、Web上で無料で受けられる適職診断などを活用してみるのもおすすめです。

必ずしも自分の得意なことや好きなことが商売に結びつくとは限りませんが、もしそれで商売が成り立つ場合は非常に充実した時間を過ごすことができるでしょう。自分の好きなことであれば商売を成功させるための日々の努力や苦労にも耐えることができるのです。

【どんな商売に挑戦するのか決める】

自分の得意なことや好きなことを明確にする重要性についてご紹介しましたが、それを踏まえた上でどんな商売に挑戦するのか事前に決めておきましょう。

真っ先に1つに絞り込むのではなく、いくつか候補を出しておくと良いです。昨今は変化の激しい時代なので、1つの商売だけに頼ってしまうと逆にリスキーだと言えます。

いくつか候補を挙げた上で、商売を始めるタイミングで改めてマーケットのニーズを調査し、成功率の高いものから試していくと良いでしょう。

【自分の商売のライバルをチェック】

どんな商売に挑戦するか候補を挙げた後には、その商売のライバルをチェックすることも忘れてはいけません。

わざわざ言うまでもありませんが、何の工夫もせずに成功する商売などありません。特にライバルの多い業界であれば、皆が生き残るためにあの手この手の工夫を取り入れているものです。

そんな中で成功するためにはまず敵を知ることから始めなければいけません。ライバルの存在を知るだけでなく、実際にそこの商品やサービスを購入してみて、どのような価値を提供しているのかといった点まで詳しくチェックする必要があります。そうすることでライバルに勝つための戦略を立てることができるのです。

また、こういったリサーチは商売を始める前だけでなく、実際に商売をスタートさせた後にも継続的に行う必要があります。

あなたの商売のライバル達も日々、商品やサービスのブラッシュアップに励んでいます。このような改善されたポイントなどにも常にアンテナを張り巡らせておく必要があるのです。

【事業計画を立てる】

商売を成功させるためにはしっかりとした事業計画を立てることも欠かせません。どんなに優れた商材があったとしても、無計画に商売を始めて成功できるほど甘くはないでしょう。

特に重要なのは商売を始めた後の売り上げ予測です。あなたが参入していく商売の市場をしっかりと調査した上で根拠のある数字で予測を出してみてください。

そこから自分の収入がどれくらいになりそうかもチェックしましょう。事業計画を立てたとしてもその通りにいくとは限りませんが、できるだけ厳しく見積もっておくことで商売をしていく上で発生する問題などにも対応しやすくなるでしょう。

【商売の師匠を見つける】

どんな仕事においても言えることですが、新しいことを始める時に様々なことを学ばせてくれる師匠を見つけておくことはとても大切なことです。

当然ながら商売をしていく上では数々の問題や壁にぶつかることになるでしょう。中には自分一人だと乗り越えられないものも出てきます。そんな時に相談できる師匠がいるのといないのとでは気持ち的な面でも雲泥の差があるでしょう。

まずは商売を始める前に自分が挑戦しようと考えている分野で活躍されている方にコンタクトを取ってみるのもおすすめです。

他にも自分の目指す商売をしている会社などがあればその企業で修行の意味も込めて一時的に働いてみるのもアリでしょう。これらの行動をとることで、自分にぴったりの師匠を探してみてください。

【情報を発信するメディアを作っておく】

今では個人がメディアを持つ時代になっています。例えばTwitterやInstagram、FacebookなどのSNSで名を上げる方もいるほど、メディアを持つことのプライオリティは高いと言えます。

こういった自身のメディアを早い段階から育てておくと、いざ商売を始めた時に効果的に活用することができるでしょう。

例えば何かの商品を販売する商売であれば、そのメディアを通して商品の販売を告知することもできます。多額の広告宣伝費をかけなくても自分の商売を世間にPRすることができるのです。

商売を成功させる上でどのように顧客を獲得していくかが運命を握っていると言っても過言ではありません。そう言う意味でも自身の強いメディアを育てておくことは商売において1つの強力な武器になるでしょう。

【開業資金を用意する】

続いてご紹介するのは開業資金を用意しておくということです。こちらはどんな商売を始めるかにもよりますが、初期投資のかかる商売である場合は、その分の資金を予め用意しておく必要があります。

もちろん、商売を始めてすぐに利益を上げられるものであれば良いですが、そうでない場合は利益が上がり始めるまでの生活費なども事前に準備しておかなければいけません。

前述した通り、できれば初期投資がかからず、かつすぐに利益を上げられる商売を選ぶと成功しやすくなりますが、それ以外の選択をした場合には事前に資金を見積もった上で準備を怠らないようにしましょう。こちらもできるだけ厳しく見積もっておくことをおすすめします。

【商売に必要な仲間を集める】

最後にご紹介するのは、商売に必要な仲間を事前に集めておくということです。

商売を成功させるために必要なこととして全ての業務を自分でこなせる必要があるとご紹介しましたが、その上で自分の商売を手伝ってくれる仲間を集めることは非常に大切です。特に自分の苦手な分野を得意とする仲間を見つけておくと商売もうまくいきやすいでしょう。

例えばあなたが営業は得意だけどお金の管理に関して素人だった場合、経理系のスキルに長けた仲間を探すと良いです。また、これから一緒に商売を創っていく大切な仲間なので、スキル以外にも一緒に働きたいと思えるかどうかもしっかり見極めましょう。

4.失敗する商売の特徴もチェック!

ここまで商売を成功させるために必要なことや事前に準備しておくべきことについてご紹介してきましたが、実際に商売を始めたけど失敗してしまった先輩方から学ぶことも大切です。

こちらでは失敗する商売の特徴についてチェックしていきます。是非参考にしてみてください。

【今の時代とミスマッチの商売】

まず初めにご紹介するのは、今の時代とミスマッチの商売を始めてしまうパターンです。

例えばスマートフォンが主流になりつつある昨今、ガラケーにスポットを当てた商売を始めようとしてもなかなか難しいでしょう。このように時代の流れに合っていない場所で商売をしようとしても、そもそもの需要が少ないため、成功する確率は小さいと考えられます。

これから始めようとしている商売に、今後需要が小さくなる可能性はないかどうか今一度確認してみてください。

【ライバルが簡単に参入できる商売】

続いてご紹介する特徴は、ライバル達が簡単に参入しやすい分野で戦ってしまうということです。

参入障壁の低い商売というのは、手をつけやすい分、あっという間にレッドオーシャンになってしまいます。そうなるとしっかりとした差別化ができる付加価値を提供しない限り、価格競争に巻き込まれてしまい、資金に余裕のあるライバル企業が参入してきた時点でかなり不利な状況に追い込まれてしまうでしょう。

なかなか難しいところではありますが、ライバル達がそう簡単には参入してこれない分野というのを事前によくリサーチしておくと良いです。

【すぐにキャッシュが入らない商売】

最後にご紹介するのは、すぐにキャッシュが入らない商売です。

よく挙げられる例として出版社のビジネスがあります。出版社の商売は、当然ながら本を出版することで利益を上げていきますが、実はキャッシュが入ってくるのは6ヶ月以上先になります。

つまり、様々なコストをかけて本を作ったにも関わらず、実際に利益を生み出せるのは本を納品してから6ヶ月以上先になるのです。

これはあくまでも一例ですが、こういったすぐにキャッシュが入らない商売というのは当然ながら資金繰りが非常に難しいという難点を抱えています。慣れない初心者が手を出すと一気に資金がショートし、たちまち廃業に追い込まれるケースも多いです。

【まとめ】商売の成功には入念な準備と諦めない強いハートが欠かせない!

将来商売を始めたい方が今から準備しておくべきことについてご紹介してきましたが、参考になりましたでしょうか?

サラリーマンとして働かれている方の中には将来独立して自分で商売をすることに対する憧れもあると思います。

しかしながら、商売で成功するためにはしっかりとした事前準備が必要です。また、事前に準備したとしても、いざ商売を始めてみると予想もしなかったトラブルが発生することもあります。

そんな時にも諦めずにトラブルと向き合い、それを乗り越えようとする強いハートが欠かせません。いずれ独立して商売を始めたいと考えている方は、是非今回の記事を参考にしていただければ幸いです。



2017年現在の今は転職の絶好のチャンスです。タイミングを逃すと転職が難しくなるのは間違いありません。

就職氷河期と比べ、好景気の今は完全な売り手市場。

企業も積極的に採用を進めており、条件面も格段にアップしています。

しかし、好景気には必ず終わりが訪れ仕事が無くなる時が必ず来ます。

実際に、『オリンピック前には状況がガラっと変わる。』と予測する専門家も少なくありません。

また、年齢とともに転職が難しくなるのは言うまでもないですよね。

将来的な転職を考えているのであれば、人生を失敗しない為にも、1日でも早く行動をする事をおすすめします。



<よく読まれている人気記事>


-プロが教える仕事術

Copyright© , 2018 AllRights Reserved.