転職チャレンジ!〜会社を辞めたい人の為の仕事の探しとやめ方まとめ

会社辞めたいと思った体験談

セクハラ&パワハラが横行してる超ブラック会社だったパチンコ店を退職!

更新日:

最低のブラック会社だった個人経営のパチンコ屋

私は20代後半女性です。

もう7年ほど前の話になりますが、パチンコやスロットに通いどっぷりと浸かっていた時期がありました。

そんな私が就職活動で志望したのは個人経営の小さなパチンコ屋でした。

無事に面接も合格し、2年間働いたのですがとんでもないブラック会社でした。

書ききれないほどの問題がありましたので、一部分にはなりますが

下には下の企業がいることを少しでも知ってもらえたらと思います。

1日中トイレ掃除!社長の嫌がらせから始まったパチンコ店勤務

社長は鬱病持ちで機嫌の波が激しい人でした。

眠かったり機嫌が悪い時はひたすら粗探しをして怒鳴り散らしているような人でした。

普段はお店には顔を出さないのですが私が入ってからはしょっちゅう見に来るようになり

出勤した途端に「出勤時間の30分前には来るのが常識」と朝から怒鳴られ、

ホールに立たせてもらえずトイレ掃除や駐輪場の屋根掃除を1日中させられました。

夜の閉店後に掃除のおばちゃんがトイレをキレイに掃除してくれるのにも関わらず、朝の開店時間からお昼まで個室が1個しかないトイレをひたすら掃除させられました。

掃除しかさせてもらえない期間が半月ありました。

社会人になって間もない私は「これは新人時代みんながやることなんだ」と必死に掃除をしましたが、

私より後に入ってくる新人たちがトイレ掃除や駐輪場の屋根掃除をすることはありませんでした。

その時に「あれは私に対しての嫌がらせだった」と改めて実感しました。

風俗&キャバクラ好き、仕事もしないでセクハラ三昧の主任

主任は可愛い顔の女の子が好きで、キャバクラや風俗の話を毎日していました。

自分は偉いからと仕事をサボり私の休憩中に現れ、

毎日風俗雑誌を見せてきてこの子が可愛い、と熱弁してきました。

そして「女の子は顔が全て。お前はブスだなぁ」と毎日言われました。

仕事をサボって競馬を見たりもしていました。

興味のない馬の話を毎日されてもストレスでしかありませんでした。

セクハラ&パワハラの毎日!退職も許さない最低の店長

店長が1番最低最悪な人でした。

頭がよく、仕事はできる人でした。胸に桜の刺青が入っていて気が大きい人でした。

「お前のためを思って言っている」が店長の口癖でした。

よく飲みに連れて行かれました。

断ると「じゃあもうお前とは明日から話さない。それがどういうことかわかっているのか」と脅されました。

飲みに行くと太ももを触られたり、背中に手を入れられたり肩を組まれたり、

顔を近付けてきたり、いきなり殴られたりと、やりたい放題でした。

そして必ず「お前は見た目がダメだけど頭が良いから採用したんだ。見た目だったら落としてた」と言います。

会社の飲み会では2次会はカラオケで次の日が朝7時半から仕事なのに5時まで付き合わされました。

しかも泥酔しているのに「飲酒運転で帰れ」と言い、車に従業員を放置していました。

遅刻した従業員は怒鳴られ、「仕事ナメてるのか?」と胸ぐらをつかまれたりしました。

スポンサードリンク

そういうことをされたり、他の人がされているのを見たりしているうちにストレスが溜まり、私は入社して1年半くらいで原因不明の片頭痛になり、辞めたい旨を店長に伝えました。

すると「お前はこの会社だからうまくやってこれたんだ。お前みたいな人間は他の会社では絶対に通用しない。

逃げてばかりじゃ何もうまくいかない。お前の居場所はここしかない。」みたいな内容の事を言われ、「辞めない」と言うまで何時間でも説得され続けました。

18歳の新人に対する店長の最低のセクハラ

原因不明の体調不良とも闘い、我慢してきた私でしたが辞めるきっかけとなった出来事が起こりました。

18歳の女の子の若い新人が入ってきて、私が教育係になりました。

店長が「3人でスロットの練習に行こう」と言いだし、強制的に連れて行かれました。

スロットの後は勿論、カラオケで飲み会でした。未成年でもお構いなしに飲ませる店長…。

18歳の女の子にセクハラしていたのでやばいなぁと思っていると、店長が女の子にキスしたのです。

泣き出す新人、平気な顔している店長、ドン引きしている私…。

次の日からその新人は仕事に来なくなりました。

店長が電話をかけても一切出ませんでしたが私から電話をしたら出てくれました。

やはり店長からされたことで深く傷つき、怖くなってしまったという事でした。

せっかく可愛がっていただいたのにすみません、と謝ってくれました。

私はその新人をすごく可愛がっていました。やっと成長してきたところでした。

店長に「あんなことするから!」と私は言いました。

しかし店長は「あいつはお前のことが嫌だったんだ。社長にもそう言った」と言いました。

その時に私の中で何かが壊れました。

もうこの店長にはついていけない、と心の底から思いました。

職場のストレスで心身ともにボロボロ!

私の体調と心身状態はみるみる悪化しました。

夜中に過食嘔吐、普通にしていても涙が出る、明らかに異常でした。

親には「これ以上悪くなる前に辞めてくれ」と言われました。

自分が思っている以上に親には心配をかけていました。

朝、布団から起き上がることができなかった日、私はもう仕事には行かない決意をしました。

携帯電話は違う部屋に放置してありました。案の定、絶えずに鳴っていたようです。

父親が出て対処してくれたみたいです。

退職したら体調もどんどん回復して1ヶ月後には次の仕事へ

辞めた後も慰謝料騒ぎなどもありましたがもう関わりたくなかったので何事もなく辞めさせてもらえました。

辞めた途端に全てから解放されて気持ちが晴れました。

不思議なもので、ストレス源がなくなると回復も早かったです。

辞めて1カ月後には転職して平和な日々を過ごす事ができました。

退職していなかったらどうなっていたかわからない!

私のパチンコ屋での2年間は短いようでとても長い地獄の日々でした。

体調を崩してからはもう死にたいと毎日思っていました。

見た目で罵られたりもしたので自分に自信が持てずにいましたが

その頃から支えてくれた人と結婚し、幸せな生活を送っています。

あのまま働き続けていたらもうこの世にいなかったかもしれません。

私の周りの支えてくれた人たちに感謝しながら生きて行こうと思います。



2017年現在の今は転職の絶好のチャンスです。タイミングを逃すと転職が難しくなるのは間違いありません。

就職氷河期と比べ、好景気の今は完全な売り手市場。

企業も積極的に採用を進めており、条件面も格段にアップしています。

しかし、好景気には必ず終わりが訪れ仕事が無くなる時が必ず来ます。

実際に、『オリンピック前には状況がガラっと変わる。』と予測する専門家も少なくありません。

また、年齢とともに転職が難しくなるのは言うまでもないですよね。

将来的な転職を考えているのであれば、人生を失敗しない為にも、1日でも早く行動をする事をおすすめします。



<よく読まれている人気記事>


-会社辞めたいと思った体験談

Copyright© , 2018 AllRights Reserved.