転職チャレンジ!〜会社を辞めたい人の為の仕事の探しとやめ方まとめ

みんなの退職体験談

新卒で勤めた農機具の会社を辞めるまで。安い給料と見合わない大量の仕事

更新日:

農機具の製造・商品開発の仕事のはずが、入社後すぐに営業に配属された

はじめに私の前職、やめた際の職種は山形県で農機具の営業をしておりました。

18歳の時に工業高校卒業で製造、商品開発を目的に入社。

やめたのが26歳だったので8年間務め退職しました。

最初の半年間の研修中は製造の方で働いていたのですが、半年後の職場配置では営業に・・・ここがはじめの嫌になったところです。

まあ、18歳で会社に入ってすぐやめるのも評価に関わるし、開発は営業で見分を広めてからやってほしいとの事で営業といっても直接訪問じゃなくルートセールスだからそれほどきつくないないしノルマもないからと言われしぶしぶ了承。

営業になって半年は上司に付いて回ってました。

展示会に出るのが主な仕事なので土日祝日こそお仕事、休日買い取りは年30日までそれ以降は代休。

もちろん年30日の買い取りは使い果たします。

代休の期間は2カ月以内それ以降は消失、代休をとる平日は通常の仕事があり「仕事あるのに休むのか?」と上司にいわれるしまつ。

そのくせ上司は用事があるからと休み、仕事を部下にまかせる。

おかげで2ヶ月間休みなしと当たり前、じゃあ給料がいいかというとそんなことはなく休日手当がないと一桁しか手元に残らない、そこから生活費を払うと小遣いなんかないも一緒。

じゃあ、ボーナスはと思ったら0.5倍下手をすると0.4倍、こんなのボーナスじゃない。

ノルマなしといっていたのに平気でノルマを付けられました。

営業なら歩合制で売った分だけ儲かるのではとよく言われましたが歩合はなし多く売ろうが給料にもボーナスにもヒビキません。

営業手当があるんじゃないと思いきや手当なんかありません。

労働時間外で働いても営業は残業をつけちゃダメ。

営業であるメリットはなく、デメリットだらけの部署でした。

他部署から移動をお願いすると「営業は嫌だ、なるくらいなら辞める」といわれる始末。

営業で全国を飛び回る日々なのに、様々な雑務を指示され寝る暇もない!

販売は全国に及んでいて、北海道から九州までありました。

移動は基本車、電車・飛行機を使うと金がかかると怒られる。

私の担当は山形県、福島県、新潟県、北陸三県、中国地区5県の11県を担当、おかげで年間7~8万キロの車移動です。

移動だけでかなりの時間がかかります。

仕事内容も営業いえどなんでも屋で機械の試運転から修理、しまいには農業指導まがいの事もさせられました。

こんなに担当を持ってると仕事時期がかぶる事が多く、首が回らなくなります。

富山県で仕事をしていたら会社から地元の配達の仕事を頼みたいと、しかも明日。

「いや~今富山県で明日も15時から依頼があって無理なんです。」といったら「じゃあ、どうするの貯まる一方だよ。」と「配達業者にお願いしてくださいよ。」といったら「地元はダメだ。自分で配達しろ」だとさ。

会社で空いている人にお願いといっても誰も外に出たくない、忙しい、17時ぴったりで帰るくせに。

結局、夜の20時から地元に帰り夜中の3時に付いて積み込み、6時に無理を言って納品、そこから富山にトンボ帰り。

寝る時間もありませんけど?

スポンサードリンク

費用から考えても無駄ではと思いながらもやるしかありませんでした。

会社の人間が信用できない!お客様を考えない製造のおかげで仕事が増える

会社と言えば一致団結して仕事をするところと思いますが全然違いました。

先ほども話したとうり、仕事を手伝ってくれないだけならまだかわいいものひどいのは仕事を増やす事。

1つ、製造の納期は守らない。

農機具なので時期ものです。

今、使わないと意味がないものばかり。

6月頭から使用するのに製品出来上がりは6月10日ですとか平気で言うし、だから残業して早くでかすとかしません。

それどころかやっぱできませんでした、納期が1週間遅れますと3日前に言ってくる始末、お客様に頭を下げるの営業なのに製造は間に合わないのは仕方い、そっちの販売計画が悪いといったような態度。

23歳が50歳にブチ切れました。

「できないらな報告しろ!報連相もしらんのか」とそしたら「できないのも相談しても仕方ない、できたものから売ればいいだろう?それが営業だ」あきれてものも言えなくなりました。

製造管理も営業がしないといけなくなっとのです。

2つ、仕事放棄、責任逃れはあたりまえ

修理なのどの仕事を製造にお願いすると「生産で忙しくてできない、今は無理」納期も守らないくせして言うことはいっちょ前です。

仕方なく営業が修理することになります。

おかげで自社商品の修理どころか改造までできるように完全に能力外の仕事です。

製品の製造ミスですら完全に営業の仕事、「現場ではそんなこと絶対ない」と言い張り改善しません。

現物を見せてもはて?というばかり、改善案まで営業が作成。

設計ミスに至っては「使い方が悪い」いい、しぶしぶ対応品を作ってもそれの取り付け作業は営業、普段のセールスに追加で仕事を増やさないでくれ。

3つ、予約品を管理しない

お客様から予約をもらった品を絶対に出すなとお願いしても、「あれ?おかしいな、なくなっちゃった」と言って責任を取ろうともしません。

在庫管理も逐一営業が管理しないと心配でものも売れないしまつです。

会社の人だからと安心するととても痛い目をみる会社でした。

同期の退職が決定打!とても1人ではさばけない仕事量を任されてしまった

それは同期の営業辞めた事から始まりました。

その人が担当していたところが全部、私にきました。

今もっているところは一切減らずに。

私の持っている所は部長のお得意の管轄が多く、新しい所は課長管轄が多い。

とちらも手助けすると言ってましたが一切の手伝いはなし、それどころか部長はこっちが大事だから他のとこの仕事をする暇ないというし、課長も同じことを言う。

お互い距離のある県なので移動時間だけで6~8時間、夜まで仕事して夜中に移動、朝から仕事。

睡眠時間はいつとるの?

休みはと質問しても今は忙しいからの一言、流石に身が持たずに辞める事に。

家庭の事情でやめますと強制的に辞職願を出し、引き継ぎ時間も3カ月くらいはとりました。

まぁ、その3か月も仕事普通の仕事で引き継ぎ作業はありませんでした。

もしやばいと感じたら辞めていいと思います。

自分の身が第一です。

命を削ってまで働く仕事はありません。



2017年現在の今は転職の絶好のチャンスです。タイミングを逃すと転職が難しくなるのは間違いありません。

就職氷河期と比べ、好景気の今は完全な売り手市場。

企業も積極的に採用を進めており、条件面も格段にアップしています。

しかし、好景気には必ず終わりが訪れ仕事が無くなる時が必ず来ます。

実際に、『オリンピック前には状況がガラっと変わる。』と予測する専門家も少なくありません。

また、年齢とともに転職が難しくなるのは言うまでもないですよね。

将来的な転職を考えているのであれば、人生を失敗しない為にも、1日でも早く行動をする事をおすすめします。



<よく読まれている人気記事>


-みんなの退職体験談

Copyright© , 2018 AllRights Reserved.