転職チャレンジ!〜会社を辞めたい人の為の仕事の探しとやめ方まとめ

転職ノウハウ

高卒が転職活動で良い条件を勝ち取る為の7つの成功ポイント

更新日:

1.高卒が転職を成功させるポイントがある

学歴社会の中で、高卒者が転職を成功させるのはかなり難易度が高いと言えます。

『自分は高卒だから転職は無理』『高卒では納得のいく条件で転職はできない』と諦めている方も多いでしょう。

しかし、そんな高卒の方でもポイントを押さえておけば、転職を成功させることができます。

それが以下の7つのポイントです。

・大卒以上の求人も応募できないか電話で確認する
・ポジティブな転職理由を準備しておく
・専門的な技術を身につける
・即戦力になることをアピールする
・大手企業も諦めずに狙う
・幅広い業界に目を向ける
・転職エージェントを活用する

今回の記事では、これらの7つのポイントについて詳しく解説していきます。

『高卒だけど転職を成功させたい』『今現在、転職活動に行き詰まっている』という方は、是非最後までご覧ください。

2.高卒が転職しようと決める理由とは?

まず初めに、高卒の転職者が転職しようと決める理由についてご紹介していきます。

ご自身の転職理由と照らし合わせてみてください。

【今の仕事が自分に合わない】

一つ目は、今の仕事が自分に合わないからという理由です。

高卒者に限った話ではありませんが、自分に向いていると思っていた仕事が、実は自分に合っていなかったというケースはよくあります。

特に学歴の面で仕事が限定されがちな高卒者の中には、『採用してもらえるならどんな仕事でもいい』と考える方も少なくないでしょう。

こういう場合、就職後に後悔する人が非常に多い傾向があります。

仕事は、一日の中でも大半の時間を占めるものなので、自分に合う仕事を目指して転職することは人生の質を上げる上でも大切だと言えるでしょう。

【給料が低すぎる】

続いての理由は、給料が低すぎるからというものです。

高卒者の場合、20代の給料は月額で20万円を切る場合も多いでしょう。

結婚して家庭を持ちたいと考える男性であれば、将来的にも不安になります。

大卒者ほど昇給するスピードも早くないので、尚更でしょう。

経済的な理由から転職を考える高卒者はとても多いです。

【人間関係が悪い】

職場の人間関係に問題があって転職を検討する方も少なくありません。

どんな仕事に携わるかはもちろん重要ですが、どんな人と一緒に働くかも同じくらい重要です。

働いている期間は、ほぼ毎日職場の人と顔を合わせることになるので、人間関係が悪いと大きなストレスを抱えることになります。

それが原因で体調を崩してしまう人もいます。

人間関係によるトラブルは、どの会社でもあることですが、体調を崩してしまうほどの場合は思い切って転職することをおすすめします。

【新しい仕事を任せてもらえない】

続いての理由は、新しい仕事を任せてもらえないからというものです。

会社によっては、高卒者と大卒者で仕事の役割を明確に分けているところもあります。

そのため高卒者の場合、難易度も低く、単調な仕事を任されることも多いでしょう。

なかなか新しい仕事を任されないということは、成長する機会も与えられないということです。

このような会社に勤めている場合、年を重ねるごとにあなたの転職市場価値は下がっていくでしょう。

そうなる前に転職活動を始めるべきです。

【会社に将来性がない】

最後にご紹介する理由は、会社に将来性がないからというものです。

変化の激しいビジネスの世界では、常に変化の波にさらされているといっても過言ではないでしょう。

例えば現在でいうと、AIのような人工知能やロボット技術の発達により、単純な労働は機会に置き換えられています。

今後もこういった流れは続いていくでしょう。

そんな中で、今現在勤めている会社の将来に不安を感じる方もいます。

徐々に業績が悪化し、社員の給料やボーナスがカットされるようになると、経営的にもかなり危ないと言えます。

こういった会社にしがみつくよりも、思い切って転職活動に踏み切る方がおすすめです。

3.高卒が良い条件で転職を勝ち取る7つのポイント

高卒者の転職理由が分かったところで、さっそく良い条件で転職を勝ち取るためのポイントをご紹介していきます。

【1.大卒以上の求人も応募できないか電話で確認する】

まず初めにご紹介したいのは、例え求人の応募条件が大卒以上であったとしても、選考に参加できないか電話で確認してみるということです。

高卒で転職活動をする際にまずぶつかる壁が、学歴によるフィルターでしょう。

求人を見ていると大卒以上を応募条件にしている会社が非常に多いことに気付きます。

しかし、実はこのような会社の多くは、決して大卒の人材が欲しいわけではなく、優秀な人材を欲しがっています。

大卒の方が比較的優秀な人材が多いというだけで、高卒であっても優秀であれば採用される可能性は十分あります。

そのため大卒以上が応募条件であっても、電話で確認したら面接してもらえるといったケースも実際にあるのです。

ポイントとしては、自分のアピールできるスキルや経歴を事前にまとめておき、電話で簡潔に伝えることです。

会社が求める人材にマッチすれば、高卒であってもチャンスはあるでしょう。

【2.ポジティブな転職理由を準備しておく】

続いてご紹介したいポイントは、ポジティブな転職理由を準備しておくということです。

採用面接を受ける際に必ず質問されるのが『なぜ前の会社を辞めたのか?』という退職理由でしょう。

注意したいのは、『上司とうまく付き合えなくて』『仕事がきつくて』のようなネガティブな理由を挙げないということです。

もしネガティブな理由が転職するきっかけであったとしても、それを正直に言う必要はありません。

それは『うちの会社でもちょっとした不満で辞められるのでは?』といったネガティブな印象を与えてしまうからです。

高卒者は学歴の面でも大卒者に比べて不利になりがちなので、これ以上自ら不利な状況を作り出すことは避けるべきでしょう。

おすすめの退職理由としては『新しく挑戦したい仕事があるから』です。

もちろんそのように思った経緯なども聞かれるので、事前にしっかりと準備しておきましょう。

【3.専門的な技術を身につける】

専門的な技術を身につけるということも、転職を有利に進めるポイントです。

特に他の人材では代替できないようなスキルを持っている方は、例え高卒であっても良い条件で採用してもらえるでしょう。

仮に今すぐ転職するつもりがなかったとしても、いずれ転職するタイミングが来るかもしれません。

その時に備えて、今の仕事で身につけられる専門技術を徹底して磨いておくと良いです。

仕事に関する資格などを取得して、知識を深めるのもおすすめです。

し今の職場でそういった専門技術を学べないのであれば、転職活動の際にハローワークの職業訓練を受けると良いでしょう。

実際の仕事現場でそのまま使えるような実践的なスキルを学ぶことができ、場合によってはその後実際の会社で実務経験を積むことも可能です。

高卒者の転職は特に実力勝負になるので、常に自分のスキルを高め続ける意志が欠かせません。

【4.即戦力になることをアピールする】

高卒者の転職が実力勝負であるということは、面接の際にしっかりと自分が即戦力になることを伝えなければならないということです。

面接に臨む前には自分のスキルを棚卸しし、会社の仕事のどういう部分に活かせるのかを簡潔にまとめておきましょう。

もちろん経営理念への共感など会社に対する魅力を伝えることも大事ですが、何より自分を採用するメリットを伝えることが最優先です。

すぐにでも現場に送り出せる人材であることを伝えられたら、きっと採用してもらえるでしょう。

【5.大手企業も諦めずに狙う】

続いてのポイントは、大手企業も諦めずに狙うということです。

高卒で転職活動をする方の中には『自分が大手企業に採用されるはずはない』と最初から諦める人も少なくありません。

しかし、大手企業のように大量に人材を採用する会社は、高卒者の採用にも積極的である場合も多いです。

本社への採用となると大卒以上が条件になることが多いですが、関連会社などでは高卒の求人も多く出ています。

大手企業の関連会社であれば、中小企業に比べて待遇が高く、福利厚生なども充実しているので、最初から諦めずにどんどん応募してみてください。

【6.幅広い業界に目を向ける】

高卒で正社員を目指して転職活動をするのであれば、できるだけ幅広い業界に目を向けることも大切です。

残念ながら高卒者の場合、大卒者ほど正社員の募集は多くありません。

そのため業界を絞り込みすぎると、転職のチャンスを得られない可能性が高いのです。

求人をよく見ると、特に学歴などは関係なく募集している業界もあります。

次の章で高卒者におすすめの業界を取り上げますので、是非チェックしてみてください。

【7.転職エージェントを活用する】

最後にご紹介するポイントは、転職エージェントを活用するということです。

高卒者が転職活動する際に注意したいのが、ブラック企業への転職です。

残念ながら高卒者の求人には肉体労働も多い分、ブラック企業も多く含まれます。

転職エージェントを利用することで、そういったブラック企業を除外してくれるのです。

また、専属のキャリアコンサルタントがマンツーマンであなたの転職をバックアップしてくれる点も見逃せない魅力ポイントでしょう。

高卒者の場合、書類選考で落とされるケースも少なくありませんが、キャリアコンサルタントが推薦書を添付してくれることで、書類選考の通過率もグッと高まります。

求職者は無料で転職エージェントのサービスを受けることができるので、是非積極的に活用しましょう。

スポンサードリンク

4.高卒の転職におすすめの業界・職種は?

高卒者が良い条件で転職するために必要なことが分かったところで、続いては高卒者の転職におすすめしたい業界や職種について取り上げていきます。

【IT・WEB業界】

まず初めにおすすめしたいのは、IT・WEB業界です。

IT・WEB業界といえば、まだまだこれから伸びていく業界でもあるため、将来性もあります。

また、実力がものを言う業界のため、特に学歴は関係なく、高卒者も大卒者も同じ目線で働ける会社が多いです。

高卒者であっても実力があれば高い年収を狙えます。

働いている方々の年齢層は若く、20〜30代の方でも比較的働きやすい業界と言えるでしょう。

未経験の方でも積極的に採用している会社も多いため、新しく手に職をつけたいと考えている方にもおすすめです。

【製造業界(工場)】

続いて工場で働く製造関係の仕事も高卒者におすすめです。

工場のラインで働いている多くが高卒者になるので、ついつい大卒者と自分を比較してしまうような方にはぴったりでしょう。

周りと協力しながら働くというよりは、目の前の仕事に黙々と集中することが多いため、人付き合いが苦手な方でも特に心配はいりません。

そのため人間関係によるトラブルも比較的少ない仕事だと言えるでしょう。

求人数も多いため、転職しやすい仕事の一つです。

【建設業界】

肉体労働や体力に自信がある方は、建設業界もおすすめです。

特に現場で働くとび職や鉄筋作業員などは高卒で働いている方も多いです。

座ってパソコンを打つような事務作業が苦手な方は、是非注目するべき仕事でしょう。

【運送・旅客業界】

続いてご紹介するのは、運送・旅客業界です。

その中で、トラックやバスなどのドライバーの仕事をおすすめします。

ドライバーの仕事に学歴は関係ありません。

車の運転技術に長けていれば、高卒者であっても問題ないです。

ドライバーの仕事は常に人手不足になっているため、比較的採用されやすい仕事だと言えるでしょう。

特にバスなど公共の交通機関のドライバーは報酬も高めに設定されているため、運転が好きな方にとってはかなり狙い目の仕事です。

大手企業なども高卒以上を条件に多くのドライバーを募集しているので、興味のある方は是非チェックしてみてください。

【介護業界】

慢性的な人手不足が嘆かれている介護業界も要チェックの業界と言えます。

高齢化が進む中で、介護の仕事に従事する人材が不足していることもあり、未経験OKの求人もよく目にします。

気になる点としてはやはり給料が低いということでしょう。

しかし、これだけ報酬の低さが明らかになったということもあり、今後国としても介護業界の報酬に関して何かしらの手を打ってくると予想できます。

介護の仕事は高齢化社会の中で欠かせない仕事だからです。

報酬の低さを理由に介護職に就く人材が不足することになれば、国としても困ってしまうのです。

報酬の低さは今後改善されていくことを期待して、早めに介護業界でキャリアを積んでおくというのも一つの方法でしょう。

【小売業界】

続いて注目したいのは小売業界です。

小売業界の場合は、大手企業でも積極的に高卒者を採用しているところが多いです。

例えば、イオンでは高卒者の採用を行なっていますし、ローソンやニトリなどの大手企業でも学歴による条件指定のない職種もあります。

高卒者であっても、地道に実力をつけていけば出世することも夢ではない業界でしょう。

店舗の店長職に就ければ、報酬もかなりの額が期待できます。

【飲食業界】

最後にご紹介するのは、飲食業界です。

飲食業界は高卒者も多く働いている業界です。

比較的店長などの管理職にもなりやすい会社が多いと言えます。

アルバイトからそのまま社員に登用されるといったケースも少なくないので、何としても正社員で働きたいという方は、マストで求人をチェックすべきでしょう。

ただし、一人のスタッフとして働く場合は給料が15万円前後と低くなるため、「店長候補」のようにいずれ管理職を目指せる会社を選ぶようにしてください。

5.高卒で正社員に転職するのは厳しいのか?

高卒で正社員に転職するのは厳しいという話をされる方もいますが、必ずしもそうとは言い切れません。

高卒者であっても正社員への転職を成功される方はいます。

このような方々の共通点としては『もっと自分のスキルを高めよう』という強い思いを持ち、スキルを磨きながら実績を積み上げていることです。

確かに大卒以上を条件に挙げる会社も多いですが、最も大切なのは学歴ではなくその会社で活躍できるスキルを持っているかどうかでしょう。

高卒者であっても、コツコツと自分のスキルを磨いていけば、転職を成功させるチャンスは大いにあるので決して諦めないでください。

6.高卒で転職するのに有利な資格はある?

続いては、よく質問に挙げられる『高卒で転職する際に有利になる資格はある?』という疑問にお答えします。

結論からお伝えすると、特に資格を取得しているからといって転職に有利になることはないでしょう。

もちろん自分のスキルアップのために資格を取得することは大事です。

しかし、資格を取得しただけでは不十分でしょう。

大切なのは資格を取得して得た知識やスキルを活かして、どのような実績を残したかです。

面接官が聞きたいのもここです。

面接でアピールするためには、資格を通してどんな知識やスキルを得たか、そしてそれらを活かしてどんな仕事の結果を出したのか、といった点まで伝えましょう。

7.高卒で転職に失敗する人の特徴

ここまで高卒で転職を成功させるために必要なことについてご紹介してきましたが、最後に高卒で転職に失敗する人の特徴について取り上げます。

こちらでご紹介する特徴に当てはまらないようにするだけでも、失敗するリスクを抑えられるでしょう。

【次の転職先が決まる前に会社を辞めてしまう】

まず初めにご紹介するのは、次の転職先が決まる前に会社を辞めてしまうことです。

次の転職先が無事に見つかるという保障がない中、今の会社を辞めてしまうのは非常に危険なので、絶対に避けてください。

初めの頃はいいですが、書類選考や採用面接での不合格が続くにつれて『このまま転職先が決まらなければずっと無職になる』というプレッシャーがのしかかってきます。

このような不安が余計な焦りを生み、さらに転職活動に悪い影響を与えてしまうのです。

落ち着いて転職活動に臨むためにも、今の会社に勤めながら転職活動を行いましょう。

何か職場で嫌なことがあっても、一時的な感情で辞めたりしないでください。

【特に評価される実績がない】

続いてご紹介するのは、特に評価される実績がないということです。

悔しいですが、学歴では大卒には敵いません。

そうなると高卒でアピールできるのは実績しかないのです。

ここで注意したいのは、自分で評価した実績ではなく、客観的に見て評価される実績であるということです。

自分ではアピールになると思った実績でも、周りから見ると大したことではない場合もあります。

そのため、周りから評価される実績を作りましょう。

面接時には数字を使ってその実績をアピールできれば、より信憑性が高まります。

もしこのような実績が残せていない場合は、まず今の会社で実績を作ることに集中すべきです。

【転職理由が曖昧】

転職理由が曖昧な方も転職に失敗するケースが多いです。

転職理由が曖昧であるということは、自分の中で転職する目的がはっきりしていないということです。

目的地がないままフラフラと旅をしているようなものでしょう。

また会社側から見ても、転職理由がよく分からない人材を雇うわけがありません。

転職理由が曖昧な方は、候補として挙げている転職先もバラバラで一貫性がない傾向があります。

これでは自分に合った転職先を絞り込むこともできないでしょう。

【条件を高望みしすぎる】

最後にご紹介するのは、条件を高望みしすぎることです。

転職を成功させるためには、様々な条件を設定する前に、自分自身の転職市場価値を把握することが必要になります。

最も簡単な方法は転職エージェントを使うことです。

転職エージェントに登録すれば、専属のキャリアコンサルタントがあなたのスキルや経験をもとに、転職市場価値を教えてくれます。

自分の理想の転職条件が、高望みしすぎていないかどうかもハッキリするでしょう。

細かい転職条件の設定は転職のプロであるキャリアコンサルタントと一緒に行うと、より確実です。

【まとめ】高卒でも転職を成功させるチャンスは大いにある

自分が高卒であるという学歴コンプレックスを抱える方も多いでしょう。

しかし、高卒であってもしっかりとポイントを押さえれば、転職活動を成功させることはできます。

今回の記事でご紹介したポイントをもう一度おさらいしましょう。

・大卒以上の求人も応募できないか電話で確認する
・ポジティブな転職理由を準備しておく
・専門的な技術を身につける
・即戦力になることをアピールする
・大手企業も諦めずに狙う
・幅広い業界に目を向ける
・転職エージェントを活用する

これらの7つのポイントを意識して転職活動を行えば、間違いなくチャンスはあります。

もし転職活動に行き詰まったり、悩んでいる方は一人で抱え込まず、誰かに相談しましょう。

それは同じ職場の信頼できる先輩でもいいですし、社内の方に相談できないなら転職エージェントに相談するのもアリです。

周りからのアドバイスも受け入れながら、納得のいく転職活動を実現してください。



2017年現在の今は転職の絶好のチャンスです。タイミングを逃すと転職が難しくなるのは間違いありません。

就職氷河期と比べ、好景気の今は完全な売り手市場。

企業も積極的に採用を進めており、条件面も格段にアップしています。

しかし、好景気には必ず終わりが訪れ仕事が無くなる時が必ず来ます。

実際に、『オリンピック前には状況がガラっと変わる。』と予測する専門家も少なくありません。

また、年齢とともに転職が難しくなるのは言うまでもないですよね。

将来的な転職を考えているのであれば、人生を失敗しない為にも、1日でも早く行動をする事をおすすめします。



<よく読まれている人気記事>


-転職ノウハウ

Copyright© , 2018 AllRights Reserved.