転職チャレンジ!〜会社を辞めたい人の為の仕事の探しとやめ方まとめ

会社辞めたいと思った体験談

退職者が続出!ずさんな管理体制の会社に不信感を抱いて退職

更新日:

職場への不信感で退職!初めて就職した会社感じた違和感

私は数回ほど転職しています。

2回目は完全に家の事情だったので出来るならまだ続けたかったのですが、1回目は入社した会社に不信感を覚えたので完全に自分の意思で退職をしました。

その会社ではHP管理・パンフレット製作などの仕事をしていました。

社会に出て働くということが初めてのことだったのですが、仕事をしていくうちに日に日に「なんか変だなぁ」と感じることが増えていきました。

その変だなと感じることが以下の通りです。

正社員なのに社会保険に入れてくれない!

ハローワークの求人で応募したのですが、その求人内容には「社会保険検討中」といったような内容が記載されていました。

「株式会社だし、NTTの子会社だから入れてくれるだろう」と思っていました。

しかし、いざ入社して経理の人に社会保険について聞いてみると「その話はなくなった」との返答でした。

「え、正社員なのに?株式なのになんで??」と疑問でした。

あとから社員の方から聞いた話だと、本当は社会保険にしないといけないけど社長が渋っているとのことでした。

どんどん人が退職していくので業務を教えてくれる人がいなくなった

会社のHP管理などをしていた方が辞めるので、その後任として入社したのですが「もし分からないことがあったらあの人に聞いてくれ」と引き継ぎの際に言われたのですが、その人が社長と対立したそうで、私が入って数週間後に辞めてしまいました。

そのため、仕事で分からないことがあっても聞ける人がいなくなってしまいました。

他にも事務で辞める人が出たり、1ヶ月に1人辞めるペースでした。

求人情報と全く違う業務内容!信用できない社長に不信感

会社のHP管理やチラシ作りが求人に書かれていた仕事の内容だったのですが、実際に入社してからは会社が運営している保育所のHP管理やチラシ作りがメインでした。

これに関しては会社側としても「保育所側がもうちょっと自分達でやってくれたらなぁ」「保育所の責任者がうちの社員に仕事まわし過ぎ」といった感じでした。

他にも社長が仕事を急かすことがあったりしたので、自分には荷が重い仕事だなと感じていました。

家族に相談したところ「次々に人がやめていくってあんまりいい会社じゃないんじゃない?」との意見でした。

自分もその点が気になっていたので、入社して数ヶ月でしたが辞めることにしました。

いきなり辞表はまずいと思っていたので、まずは教育係の人に1ヶ月後に辞めるむねを伝えると「そっかぁ。課長に言っておくからちょっと待ってて」と言われ、後日課長に呼び出され思っていたことなど全て話しました。

スポンサードリンク

それから数日後、社長が私のところにきて「辞めるんなら早いほうがいい」とのことでした。

「まぁ戦力になってないのは分かってたからいいけど、バッサリ切る感じがなんか;」と、少しぶっきらぼうな言い方だったのでイラつきましたが、会社を辞めると決めてからのほうがストレスがなくのびのびと仕事をすることができました。

あとは辞めるまでに、私の後任の方が入ってきたのでその人に仕事内容とパソコン上のフォルダの説明等をしました。

と言っても後任の人は私がしていた仕事をこの会社で以前していた方だったので、説明することがそんなにありませんでした。

しいて言えば前任の方が追加していったフォルダの場所の説明とかでした。

結局はほんの数ヶ月で足を引っ張ってばかりでしたが、教育係の人や他の社員の方達はお昼に誘ってくれたり凄くいい方ばかりでした。

「仕事の内容が違うからそっちのアドバイスとかは出来ないけど、なにかそれ以外で困ったことがあったら相談してね」と何かと気にかけてくださいました。

教育係の方は私の仕事のフォローを出来る人がいなくなってしまい、孤立してしまっているのが気になっていたので社長に一度言ってくださったそうなのですが、特になんの対応もありませんでした。

「一般社員はいいけど上がちょっとねぇ;」の典型か?と思いました。

会社を辞めてからも更に不信感が増した出来事もありました。

退職後までいい加減な対応が判明!辞めてよかった!

これは会社をやめてから知ったことなのですが、たまたまハローワークに行ったら雇用保険の番号が2つあることを知りました。

1つは再就職先で発行された番号で、もう1つは辞めた会社で発行されていた番号でした。

普通は辞めたら会社から雇用保険の番号が書かれたカードが送られてくるのですが、私の場合は送られてきませんでした。

特に会社のシステムとか全然分からない時だったので、雇用保険に自分が入っているかも分かりませんでした。

結局番号を1つに統一してもらうことになったのですが、辞めてからも「おいおい;本当にあの会社は何なんだ;」と思いました。

NTTのビル内に入っていた会社なのですが、私が辞める際にそのビルを出て別の場所に移転する話しになっていました。

その為、私が勤務していたところとは別の場所になっていると思うのですが、社内では「NTTビル内に入っているから信用があるのに、移転して大丈夫なのか?」と心配の声も上がっていました。

その後、この会社がどうなったのかは分かりませんが、私個人的にはあのまま無理に勤務してストレスで体調を崩すこともあったかもしれないので辞めて良かったと思っています。



2017年現在の今は転職の絶好のチャンスです。タイミングを逃すと転職が難しくなるのは間違いありません。

就職氷河期と比べ、好景気の今は完全な売り手市場。

企業も積極的に採用を進めており、条件面も格段にアップしています。

しかし、好景気には必ず終わりが訪れ仕事が無くなる時が必ず来ます。

実際に、『オリンピック前には状況がガラっと変わる。』と予測する専門家も少なくありません。

また、年齢とともに転職が難しくなるのは言うまでもないですよね。

将来的な転職を考えているのであれば、人生を失敗しない為にも、1日でも早く行動をする事をおすすめします。



<よく読まれている人気記事>


-会社辞めたいと思った体験談

Copyright© , 2018 AllRights Reserved.